to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

人魚姫

2017-01-22 09:54:48 | the cinema (ナ行)

美人魚 THE MERMAID
上映時間 94分
製作国 中国/香港
監督 チャウ・シンチー
音楽 レイモンド・ウォン/ウェンディ・チェン/ジェリー・リン
出演 ダン・チャオ/ショウ・ルオ/キティ・チャン/ジェリー・リン

強欲な青年実業家のリウは美しい海辺のリゾート開発に乗り出し、邪魔な海洋生物を追い払うために巨大なソナーを設置する。そのせいで人魚族は行き場を失い、リーダーのタコ兄はリウの暗殺を決意する。そして人間に変装させた美しい人魚シャンシャンをリウのもとへと差し向けるのだったが…。

公開2日目に、余裕をもってシネマート新宿に行ったのですが、
それでもその時点で7割方席は埋まっていて、開場前から「立ち見のご案内~」のアナウンスが流れ
激混みでしたが、座れて観れて大満足
然しながら、、私ではこの面白さ、可笑しさを伝えられない~~
「ミラクル7号」から8年。可笑しくてロマンチックなチャウ・シンチー炸裂の
愛すべきラブコメでした~


若き不動産王リウのリゾート開発と、恐ろしいソナーを撤廃させるべく
人魚族のリーダー・タコ兄さん@ショウ・ルオは、
人間界とのパイプ役である、若い人魚のシャンを刺客として抜擢。

若くして成功したリウには、キティ・チャン初め大勢のボディーガードや群がる美女たちが取り巻き、
近づくのさえ至難の業なのだけど、、ピュアな人魚・シャンシャンは果敢に攻めていくのだが(笑)



↑この前に笑いの序章があるのだけど
止まらない二人、観客も止まらない



可笑しさMaxのシーン~




と、何度も笑いの波はやってきます。
普段TVのお笑い番組ではあまり笑えない私が、声を出して吹いてしまったのは、
この笑いに微塵も悪意がないからだと思います。
いつも敵意をもって攻撃しかける側が、ハプニングによってヤラレるのが堪らないのです

でも終盤にやってくる人間vs人魚族の闘いは笑いを封印。
どんなに人間が裕福になろうと、地球が汚され、破壊されてしまえば
人間を含む生物は生きていけないと云うメッセージは、ストレートに伝わってきます。
――それにしてもオープニングの、(恐らくは中国の日常)毒々しい映像が怖い

もっと上映館を増やして欲しい、楽しい作品でした
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下剋上受験 #1 | トップ | 明日の恭子ちゃん❤ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『人魚姫』 人魚対ヘドラ (映画のブログ)
 こういうこともあるのか!  そう驚いたのは、チャウ・シンチー監督・制作・脚本の『人魚姫』を観終わったときだ。  例によってヘンテコなヒロインに魅了され、くだらないギ......
人魚姫 美人魚 (まてぃの徒然映画+雑記)
『少林サッカー』や『ミラクル7号』『西遊記~はじまりのはじまり~』の周星馳チャウ・シンチーが監督、製作、脚本を務め、中国歴代興行収入No.1、コメディやら社会派やらの要素を......