to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

2013-01-27 11:45:19 | the cinema (ラ・ワ行)

なぜ少年は、生きることができたのか。

命を奪うのか、
希望を与えるのか

原題 LIFE OF PI
製作年度 2012年
上映時間 127分
原作 ヤン・マーテル『パイの物語』(竹書房刊)
脚本 デヴィッド・マギー 、ディーン・ジョーガリス
監督 アン・リー
音楽 マイケル・ダナ
出演 スラージ・シャルマ/イルファン・カーン/アディル・フセイン/タブー/レイフ・スポール/ジェラール・ドパルデュー

世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」を、『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リー監督が映画化。
1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残ったパイが命からがら乗り込んだ小さな救命ボートには、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、ベンガルトラが乗っていた。ほどなくシマウマたちが死んでいき、ボートにはパイとベンガルトラだけが残る。残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、空腹のトラがパイの命を狙っていて……。

――という、大海原に、動物!予告で美しい映像にそそられたので、これは3Dで観てきましたが、
予想通り。3Dの迫力が生かされていた映像美に満足でした

ただ、予想に反してパイのサバイバル生活までの前置きが長くて、
しかも、そこに後半への重要な伏線があると予測できる流れで、
インド時代の一家の物語が延々と続くのは想定外ですが、ガマンのしどころです。

物語はパイ・パテルというインド人男性が、小説のネタを探していたカナダ人作家に、
幼い少年の日の一家の想い出やリチャード・パーカーと名付けられたベンガルトラとの出会い、
カナダに移住することになるまで、を話して聞かせる形式で進んでいき―
船中で一家に起きたこと、いよいよ嵐に遭遇し、ボートに乗り込んできた動物達との別れがあり、
そこからリチャード・パーカーとの、太平洋ふたりぼっち(?)の漂流生活が描かれます―。



全編3Dと言うわけではないけれど、序盤の色鮮やかで美しく
臨場感ある動物達のシーンで、すぐさま心を掴まれました
意外なことに漂流生活の舞台では、3D映像は少なかったですが、
取って代わるように今度は丹念で自然なCGの映像美。
というよりも、逆に美しすぎて不自然なまでに神秘的な映像美に息を呑みます。

その、余りに美しく、この世の物とは思えない映像が、
観終わった時に(そうだったのか・・・)となるわけですが……


パイ・パテルが作家に語り終える時、
もう一つの漂流物語が観る者に消えない疑惑を残します。

ともあれ、少年パイの美しくも過酷な漂流生活を、共に味わい、見守り、、
最後の 何故・・・ を考える時、、、心が震えます......

ベンガル・トラの“リチャード・パーカーの名前に関する元ネタ”が公式に紹介されています。=こちらオススメ
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信長のシェフ 第3話 | トップ | るろうに剣心 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2013-01-27 15:42:36
そうなんですよね、逆に美しすぎて不自然さが際立つ・・・ってのが私もありまして。
もちろんそれは素晴らしいと思うのだけど。
前半は本当にガマンでした。
Unknown (mig)
2013-01-28 00:23:23
こんばんは〜あはは、
皆書いてますね、序盤退屈。
少しネムくなりましたもん。
でも船にのってからは全く眠気ふっとびました 笑

>しかも、そこに後半への重要な伏線があると予測できる流れ

そんなに重要な伏線でしたっけ?
名前の由来のとこですよね
たいむさん♪ (kira)
2013-01-28 12:39:42
そうそう。
たとえばあれだけ戦ったり食べたりしているのに
いつも清潔なボート。
違和感を感じたあれこれが、
きっとホントは・・・と思わせますよね〜。
migちゃん♪ (kira)
2013-01-28 12:52:48
>皆書いてますね、序盤退屈
そうですよねぇ〜(笑)
アノ予告から、こんな長いプロローグがあっていいのかあー?でしたよね

そう、パイの名前の由来のエピもあれだけの時間を割いてたし、
リチャード・パーカーとの父親の示した行為、
家族の食卓での宗教絡み
パイの見た気持ちの悪い夢、
船内でのコックとのやりとり、なんかだよね〜。
だから前置きが長くなったんだと思うけど、、
正直、身構えて観たから前半で結構疲れたのよ
こんにちは♪ (yukarin)
2013-01-28 13:17:23
いつもは文句ばかり言ってる3Dですが、
今回は文句なしで美しい映像を堪能しました〜。
本当に前置きは長かったですよね^^;
こんにちは〜。 (オリーブリー)
2013-01-28 16:07:37
序盤を乗り切ることが大きな鍵だよねぇ〜(笑)
謎の島辺りから、うん?と思ったけど、アナザーストーリーには、これまで観てきたファンタジックな映像と違和感に納得だった。
いずれにせよ、こんな苛酷な状況を経験した人が語る物語は、真実だけが全てじゃないのだろう。
なんとも言えない余韻が残る作品でした〜次回は3Dで映像楽しむわっ(笑)
バナナは水に沈んだねぇ (ituka)
2013-01-28 23:50:08
ボートに乗り込んだオランウータンがハイエナに対し怖い怖いしながらの、まさかの一撃必殺は爆笑でした。
顔面に向かってくるトビウオとパーカーの飛ばし尿の2回とも身体が反応しちゃいました(笑)

これ、後のDVD特典かなにかでふたつめの物語りを映像化してほしいですな〜(笑)
yukarinさま♪ (kira)
2013-01-29 12:12:51
>今回は文句なしで美しい映像を堪能しました
{あはは〜私も数年前より画面が暗くないし
特にこの作品は効果的だったと思うわ〜♪
一見関係ないようなハナシが、実は伏線、ってよくあるので
結構力んでみていたかも。だから疲れたのは前半よね〜(笑)
オリーブリーたん♪ (kira)
2013-01-29 12:20:33
>アナザーストーリーには、これまで観てきたファンタジックな映像と違和感に納得だった
うんうん。
一見、サバイバルのガイド本みたいなパイの航海日誌、
あれが流れちゃったのも、上手いわよね〜。
アレさえあれば・・・じゃない?(笑)

3Dでは酔わないようにね(笑)
あと、、、飛んでくるから気をつけて
itukaさん♪ (kira)
2013-01-29 12:27:23
>顔面に向かってくるトビウオとパーカーの飛ばし尿の2回とも身体が反応し
はい私も思わず避けたし、顔を背けましたよ〜(笑)

バナナ、そうですよね・・・
長いストーリーを紹介した後、あんなに早口で語ったパイは、
「あなたならどうする?」って挑んでいるようにもみえたわ
だから、アナザーーストーリーはいいです
前半 (sakurai)
2013-01-31 22:22:31
がおもしろかったあたしは変?かな。
宗教のあたりのくだりがとってもおもしろくて、そこをもっと突っ込んでもらいたかったです。
なんだか漂流しているうちにあやふやになって。
ケムに巻かれた感じ。

3D撲滅委員会会長としては、2Dでの観賞だったのですが、十分きれいでした。
そうそう、きれいすぎるのが難点。違和感を感じさせるのが狙いなら、ぴったりなんですが。。。
sakuraiさん♪ (kira)
2013-02-01 12:46:43
いえ
あまり知ることのないインドの授業風景や、家族間の宗教観の会話、
街での彼女との会話など、ひとつひとつは私も興味深かったですよ
ただ、トラとの漂流生活!という場面のみの予告だったことで
アノ出だしが凄く長く感じられたんですよね〜。

>3D撲滅委員会会長
あはは〜っ実は私も、実写に関しては3Dは要らないクチでしたが、
これはCGと上手く合わせていて、良かったです!

>違和感を感じさせるのが狙いなら、ぴったりなんですが
ワタシ、そう感じています、はい。
映像が美しい (ボー)
2013-02-01 23:18:08
…なんて普段の映画評では、しないのですが、これは綺麗でしたね!
しかもストーリーも最後に、あんな話に!
すべて、なるほど!でした。
序盤も全く問題なし。おもしろかったです。
Unknown (mana)
2013-02-02 15:23:12
私も前半は退屈せずに済みましたけど、
どうしてだろ?面白かったのかと言えばそうでもなくヾ(゚∇゚*)オイオイ
おじさんの逆三角形の体型には笑ったけど(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
そっちの面白いじゃないだろ。
227日のが長いだろ(笑)チガウカ

>序盤の色鮮やかで美しく臨場感ある動物達のシーン
静かにのんびりと心落ち着く始まりは良かったですね〜。
その後の惨劇への序章って感じが逆に恐ろしくもあり…。

>逆に美しすぎて不自然なまでに神秘的な映像美
うんうん。
私はあまりに鮮やかすぎて、クジラのシーンもそれほどでもなく…
どこにでもありそうな満点の星空に心奪われてました(笑)
ここら辺では絶対に見ることが出来ないからこそですかね。

お話の方は、観終わってからの方が色々と考えさせられました。
あまりに深すぎて…
書いてて疲れちゃった〜(ノ*´▽)ノアハハハハ

『テッド』で大笑いしたいです♪
ボーさん♪ (kira)
2013-02-03 19:00:33
そうよね〜
美しい〜は、ボーさんにとってはひたすら女優に捧げる形容だもんねっ
予告の編集による、みんなの思い込みなんだろうけど、
早く遭難して、早く漂流してよ・・・みたいなのって、ね?
想定して観に行かなくても、あの序盤を、
女性より男性のほうが、結構楽しめたのかもね。
これは… (zooey)
2013-02-04 10:54:49
感想書くの難しいですよねえ。
あの結末について書けばネタばれになっちゃうし、
それを書かなきゃ何も始まらないし…
あれを知ってみると
前半のすべてが伏線、すべてがメタファに見えて来ます。
海を〜 (cyaz)
2013-02-04 12:40:56
kiraさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m

ここまでCG技術が進んでくると、動物と人間の古くからのふれ合いを
描く映画が増えてくるのではないかと想像します。
主演の彼は、この映画で海を初めて見たそうで(笑)、
しかも泳ぎはからっきし駄目だったみたいですよ^^
manaさん♪ (kira)
2013-02-04 18:46:32
序盤のいろんな過去のエピは、興味深いけど、
「これは絶対、後に繋がる伏線にちがいない!」という(笑)
そんな構えた見方をしてしまう根性が悲しいわ〜

あのクジラのシーンは、実際漂流した、アドバイザーで参加されている方の
体験をもとに再現されたようですが、「美しすぎ」で、
私も、あの満天の星、光るくらげくんのシーンが好き〜

>書いてて疲れちゃった〜(ノ*´▽)ノアハハハハ
いやん、そんなふうに見えないトコがmanaさんの素晴しいトコだわ
zooeyさん♪ (kira)
2013-02-04 22:10:26
>前半のすべてが伏線、すべてがメタファに見えて
同感ですね
尋常じゃない(笑)美しさは、また
尋常じゃない、生き抜くことの過酷さの裏返しであったのか・・・
最後に早口で語るその真理を深読みせずにはいられませんでした
最後の最後でやられました
cyazさ〜ん♪ (kira)
2013-02-04 22:32:36
お忙しいのに、コメントありがとうです♪

>主演の彼は、この映画で海を初めて見たそうで
あははそうらしいですねー(笑)
そういう意味でもCG技術の進化は、いろんな可能性を拡げてくれますし、
何より動物愛護協会の攻撃を受けずに済むし〜(笑)
今まで観た3D映画の、マイベスト3に入りました〜
どちらが好きか? (ノルウェーまだ〜む)
2013-02-13 23:47:03
kiraさん☆
圧倒的な映像美に感動しました!
今まで3Dキライでしたけど、なるほどこれなら3Dであるべき〜と思ってしまいました。

「どちらを信じるか?」ではなくて「どちらが好きか?」と大人パイが最後に聞くところが、この映画の大きなポイントなのでしょうね。
ノルウェーまだ〜む♪ (kira)
2013-02-14 12:33:41
はい
今まで3D作品にガッカリの人も、このやり過ぎない、
シーンに合った3Dはすごく効果的で、満足された方も多かったようですね。

>「どちらを信じるか?」ではなくて「どちらが好きか?」
全く、仰るとおりです
原作はどんな終わり方なのか判りませんが、映像美に加え、
素晴しい構成、脚本だと思いました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (日々“是”精進! ver.F)
希望は、失わない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301250003/ Life of PiSoundtrack Sony Classics 2012-11-20売り上げランキング : 2018Amazonで詳...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (心のままに映画の風景)
小説のネタ探しをしていたカナダ人ライターは、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性の冒険譚を聞く。 1976年のインド。 動物園を経営していたパイ(スラージ・シャルマ)の一家は、...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (あーうぃ だにぇっと)
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日@ユナイテッドシネマ豊洲
ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日 ジャパン・プレミア (風に吹かれて)
二つの物語あなたが選ぶのは?公式サイト http://www.foxmovies.jp/lifeofpi1月25日公開原作: パイの物語 (ヤン・マーテル著/竹書房)監督: アン・リー小説のネタを探し
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 (こねたみっくす)
トラと漂流した227日に及ぶ神秘の世界。 ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルの小説を映画化したこの作品は、あのラストをどう解釈するかで評価も別れてくるものの、宗教という神秘 ...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(2D字幕)みた。 (たいむのひとりごと)
たぶん、この映画は3Dで観てこそではないかと思われたが、時間の都合もあって2D字幕で鑑賞。原作は未読。アカデミー賞候補に選ばれた作品だし、壮大で非常に困難な撮影を乗り越えて作り出した映像美は素晴らしい
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 IMAX-3D/スラージ・シャルマ (カノンな日々)
カナダ人作家のヤン・マーテルが2001年に発表し 世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたベストセラー小説「パイの物語」をオスカー受賞監督であるアン・リー監督が映画化した作品です。16 ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (Memoirs_of_dai)
散りばめられたπ 【Story】 小説のネタを探していたカナダ人作家(レイフ・スポール)は、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性を訪ね、彼の語る驚愕の冒険話を聞くことになる…。 ...
ライフ・オブ・パイ (Akira's VOICE)
人生って冒険なのよね。  
【ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日】生があることの美しさ (映画@見取り八段)
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日〜 Life of Pi 〜    監督: アン・リー    出演: スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、タブー、レイフ・スポール、ジェラルド・ドパルデュー、アーユッシュ・タンドン、ゴータム・ベルール、アディル・フセイン 公開...
『ライフ・オブ・パイ -トラと漂流した227日-』 2013年1月16日 ユナイテッドシネマズ豊洲 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ライフ・オブ・パイ -トラと漂流した227日-』 を試写会で鑑賞しました。 イベントもありましたが、外は寒かったのでパスしてしまいました。 アン・リー監督ともっくんこと本木雅弘が登壇しました。 【ストーリー】  1976年、インドで動物園を経営するパイ(スライ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (佐藤秀の徒然幻視録)
22/7≒円周率=π(パイ) 公式サイト。原題:Life of Pi。ヤン・マーテル原作、アン・リー監督。スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、ジェラール・ドパルデュー、タッブー、アディ ...
生かされた いのち『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 (Healing )
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 ★★★★★ 3Dの圧倒的映像が語る 想像を絶する海上の日々 パイの人生の227日を約2時間、壮絶に旅して、もうクタクタ。 でも、割と心地よい疲労感です。 ふだん、メガネonメガネになってしまうので すすんで3Dは観ないので...
映画レビュー「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Life of Pi◆プチレビュー◆摩訶不思議なサバイバル劇「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」。圧倒的に美しい3D映像に息を呑む。 【85点】 インドで動物園を経営するパテル ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(13) いろんな解釈のできる映画ならではの語り口の広がり
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (悠雅的生活)
嵐の海。生きること。神への感謝。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (だらだら無気力ブログ!)
幻想的な映像美は見応えあり。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LIFE OF PI】 2013/01/25公開 アメリカ 127分監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、希望を与えるのか [S...
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D字幕) / LIFE OF PI (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click  文学界の権威あるブッカー賞を2002年に受賞した世界的ベストセラー小説『パイの物語』を、 アン・リー監督(「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」)が映画化 来月発表になる、アカデ....
[映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なかなかの傑作でした。  物語展開上、良くも悪くも、あまりにもスムーズに話が進むので、ご都合主義的に思えようが、そこは、私、一種の大人のファンタジーとして見たので、問題はなかった。  私が感動したのは2点だ。  一つには、深海や宇宙空間までも見通せる...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」君は生き延びることができるか? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ライフ・オブ・パイ] ブログ村キーワード  「ブロークバック・マウンテン」で、≪アカデミー賞・監督賞≫を受賞したアン・リー 監督が挑む、3Dアドベンチャー超大作。「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(20世紀フォックス映画)。“ゴールデン・グローブ賞...
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」観に行ってきました。 カナダ人小説家のヤン・マーテル著「パイの物語」を原作とする冒険映画。 第85回アカデミー賞に11部門ノミネートを果たしている作品でもあります。 今作は、映画の原作「パイの物語」の作...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (とりあえず、コメントです)
ヤン・マーテル著の『パイの物語』をアン・リー監督が映画化したファンタジックな作品です。 トラと漂流している予告編を観た時から、一体どうなるのだろうと気になっていました。 美しい映像に魅せられながら、少年パイの冒険に引き込まれていきました。
映画:ライフ・オブ・パイ  当ブログ的には、ぶっちゃけ!! かなりの問題作扱い(笑) ネタバレ注。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
当ブログの歴代ベスト3D映画は「アバター」 その理由は、J キャメロン渾身の3D 映像美だった。 そして! その J キャメロンもが絶賛する3D 映像美がこの映画。 漂流する小舟で主人公が直面する自然=大海 これが厳しくも美しい。 元々こうした「映像美」が得意な...
★ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)★ (Cinema Collection 2)
LIFE OF PI なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、 希望を与えるのか 上映時間 127分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2013/01/25 ジャンル アドベンチャー/ドラマ 映倫 G 【解説】 「ブロークバック・マウンテン」...
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日間 (迷宮映画館)
これはファンタジーと考えていいのでしょうかねえ。見てて違和感を感じた自分はやっぱリアリスト?
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 3D (そーれりぽーと)
全く期待せず、とりあえず映像だけでも楽しめそうなんて思いながら『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ごめんなさい。 映画としてサイコーに面白かったです。 何年も心に残る映画になりそう。 冒頭、信仰についての話が始...
トラと漂流した真実は…『ライフ・オブ・パイ』 (美容師は見た…)
たった1人の生存者・パイ(スラージ・シャルマ)が、保険調査員に語った2つの話。どちらを信じようと、それが真実。。。【少年はどうやって生き抜いたのか】これが気になって気になって〜。トラを食べちゃったのか?妄想は膨らむばかり(笑)思いもよらない、まさかのラスト...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (或る日の出来事)
映像の美しさ。動物、とくにトラの動き。驚きの物語。 映画芸術を堪能させていただきました!
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Life of Pi監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜なぜ少年は、生きることができたのか〜2012年  アメリカ映画  (2013.01.25公開)配給:20世紀フォックス映画   上映時間:127分監督:アン・リー原作:ヤン・マーテル  『パイの物語』(竹書房刊)脚本:デヴィッド・マギー/ディーン・ジョーガリス...
少年と海、リチャード・パーカー 〜『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 【2D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 LIFE OF PI  インド・フランス領区に住む少年パイ(スラージ・シャルマ)は、動物園を営む 家庭に育った。一家でカナダに移住することになったパイは、家族と、動物たち とともに日本の貨...
少年と海、リチャード・パーカー 〜『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 【2D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 LIFE OF PI  インド・フランス領区に住む少年パイ(スラージ・シャルマ)は、動物園を営む 家庭に育った。一家でカナダに移住することになったパイは、家族と、動物たち とともに日本の貨...
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 3D字幕 (pure breath★マリーの映画館)
                  なぜ少年は、生きることができたのか。 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 3D字幕 監督・・・アン・リー 原作・・・ヤン・マーテル 出演・・・スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、ジェラール・ドパルデュ....
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (FREE TIME)
2月1日のファーストデーに話題の映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を鑑賞しました。
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」□監督 アン・リー□脚本 デビッド・マギー□原作 ヤン・マーテル□キャス スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール、      ジェラール・...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  監督/アン・リー (西京極 紫の館)
【出演】  スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  ジェラール・ドパルデュー 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルの元に、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。1960年代、パイはインドで動物園を...
映画『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 (健康への長い道)
 アカデミー賞11部門ノミネートの『ライフ・オブ・パイ』を新宿ピカデリーで鑑賞しました。  最初にこの映画を知ったときは、てっきり“驚きの実話”かと思ったのですが、すぐに小説を原作とするフィクションと知り、関心を失いました。だって、ベンガル・トラと227日...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 だから人は物語る (はらやんの映画徒然草)
世界は無慈悲なまでに人とは関係なく存在する。 圧倒的な世界を前にして、人は自分と
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)◇◆LIFE OF PI 3D字幕版 (銅版画制作の日々)
 なぜ少年は、生きることができたのか。命を奪うのか、希望を与えるのか 好き度:+8点=78点 3D字幕版がお薦めだという噂を聞き、早速その上映されているシアターをチェック。2D字幕版はあるのですが、3Dだと吹き替え版というところも、、、。ようやく東宝シネマ...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」小説は奇なり (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
当初は全く眼中になかったこの作品。 アカデミー賞で11部門もにノミネートされただけでなく、周りの評価も高いものだから、俄然期待が高まっちゃった。 満を持してIMAXで鑑賞してきたyo
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (ルナのシネマ缶)
久々に3Dで鑑賞しました。 3Dの効果はさておき、 (IMAXは凄いらしいですが・・・) 映像は素晴らしかったです。 それにCGのベンガルタイガーも 本当に良く出来ていました。 お互いが生き抜くための 死闘がすごかったです。 1976年、インドで動物園を経営するパ...
ライフ・オブ・パイ   トラと漂流した227日 (映画の話でコーヒーブレイク)
映画館をチェックしたら3Dは吹き替えが多くて・・・字幕版で時間帯もよかったので TOHOシネマズMM横浜で鑑賞しました。 今まで、3D映画は109シネマズで観ることが多かったので、マイ3Dメガネを持参したのですが TOHOシネマズでは専用の重いメガネを着用とのこと...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (いやいやえん)
普通に考えるとトラと漂流したら真っ先に喰われちゃうものと思います。…が、人がもつ生命力というものは凄いものですね。主人公であるパイは自分が襲われないように、トラの腹をすかせないよう工夫しているのです。てっきり漂流という厳しい現実から動物たち(おもに...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (タケヤと愉快な仲間達)
監督  アン・リー 出演 イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール 【あらすじ】 1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (銀幕大帝α)
LIFE OF PI 2012年 アメリカ 127分 アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2013/01/25) 監督:アン・リー 製作:アン・リー 原作:ヤン・マーテル『パイの物語』 出演: スラージ・シャルマ:パイ・パテル(少年) イルファン・カーン『アメイジング・スパイダーマ...
「ライフ・オブ・パイ〜虎と漂流した227日間〜」 (ここなつ映画レビュー)
公開当時「あの虎は全部CGなんだって!!」と、朝のワイドショーの受け売りで息子が興奮して叫んできたので、一緒に観に行く事を決意。 素晴らしい映像美!鮮やかで美しく、ロマンティック。この映像体験を幼い時にできた息子は幸せ者だ。 敬愛するアン・リー監...
映画評「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督アン・リー 重要なネタバレあり。未鑑賞の方、ご注意を。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (のほほん便り)
この映画が紹介された時、あっと驚くメイキング風景(舞台裏)と、実際の映像の美しさに圧倒され主人公が、オーディションで選ばれた新人の少年、だったのにも、びっくり。(たしか、付き添い、だったのが偶然だったんですってね)最初は、驚異の体験の再現ノンフィクショ...