to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

チーム・バチスタの栄光

2008-02-12 00:19:04 | the cinema (タ行)
               犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。
2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した海堂尊原作の同名ベストセラーの映画化。

原作 海堂尊
上映時間 120分
監督 中村義洋
脚本 斉藤ひろし、蒔田光治
音楽 佐藤直紀
出演 竹内結子/阿部寛/吉川晃司/池内博之/玉山鉄二/井川遥/田口浩正/田中直樹/佐野史郎/野際陽子/平泉成/國村隼

高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子)が適当な報告で締めくくろうとした矢先、厚生労働省から派遣された切れ者役人の白鳥(阿部寛)が現れる。2人はコンビを組んで、“チーム・バチスタ”のメンバーを再調査することになる。(シネマトゥデイ)

劇場で何度か予告を観るうちに、だんだん興味が薄れて、いざ公開前になってみると
スルーしちゃってもいいか~と思っていたのに、「アヒルと鴨~」の後の中村監督作品だったし、
迷いながらも行ってしまった。
で、、なんか微妙というか、普通?・・・・・・?

医療モノは、同じくバチスタを取り上げた『医龍』、『Dr.コトー~』『白い巨塔』など
ドラマでも、スター医師が活躍する手術シーンはそれなりに迫力があるが、
原作者が現役医師の海堂尊だということで、手術シーンはかなりリアルだったのかも知れない。
手術中の映像にしても淡々として医大の教科書ビデオかぁ~?ってカンジ緊迫ムードまるで無し
一応映画なんだし、、、多少の演出は必要かと、、、

だけど、それにしては首を傾げたくなる看護士、大友の存在。
栄光の7人じゃないよ、絶対ーー!かなりシラケました。

そもそも、あの阿部ちゃんの強力キャラと、竹内さんのトロさが、ちっとも面白さを引き出してない。
ムリに田口役を女性にする必要はなく、ここは若手の純情キャラを持ってきたほうが噛み合ったかもと思ってしまった
竹内さんも阿部ちゃんも、嫌いな俳優でないだけにちょっと気の毒。
特に阿部ちゃんは、脇に回った方が独特の濃い、いい味が生かせると思う。
メインになると、なぜかいつも同じに感じて面白くなくなっちゃう

TBS映画なのに、脚本に蒔田光治さんが加わっている為か「トリック」メンバーがキャステイング
ところどころに可笑し味はある、けど、笑えない。

バチスタ手術中の謎の死をめぐるミステリーは、一度もドキドキなしで予測の展開。
容疑者にしても、1~2分の聞き取りで、人物を動物に例えるだけでは不十分。
キーとなる殺人方法についても、前振りの映像もセリフも無く、突如明かされるのは卑怯というもの(笑)
それで謎解きっていわれてもね~
それでも結末は、ミステリー好きの方なら予想通りでしょう。

命を扱う医療ドラマにはあるはずの緊張感もイマイチだったし、
大学病院における医局政治にメスが入るとかっていうのもない。
なんか全て中途半端な感が否めませんでした。。
テレビドラマの域を出てないというか、、、

とにかく個性的な俳優陣がたくさん出ていただけに、勿体なかったな~。
吉川晃司、池内博之、佐野史郎、井川遥、みんなイイ味出してました
個人的にはあのホクロ苦情のおじさんが一番よかった

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜の堂本・・・ | トップ | 死者の学園祭♪ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観ようか迷ってましたが..... (ゆう)
2008-02-12 08:28:22
原作の大ファンなので
公開を楽しみにしていましたが、
イマイチ評判よくないですよね。
ん~~~~、スルーしますっ!!!

こんにちは! (由香)
2008-02-12 10:55:56
TB&コメントありがとうございました。

kiraさんが仰ることはごもっとも!!だと思います。
私は原作の大ファンで、感想を書いた時に満点をつけましたので・・・かなりショックを受けながらの鑑賞になりました。
あれでは薄っぺら過ぎて、何も伝わってきませんし、緊張感も何もあったもんじゃーないですよねぇ~
手術シーンにリアリティが無かったのも痛かったです。
やっぱりベストセラー本の映画化は難しいのかもしれませんね。
ゆうさ~ん☆ (kira)
2008-02-12 22:41:19
ゆうさんは原作の大ファンなんですよね~。。
原作未読、ミステリー好きの私はイマイチでしたが、
海堂尊さん自身満足されているようですので(^^;
どうでしょう、、面白かったという方もいらっしゃいますし
機会があればご覧になってみるのもいいかもしれませんヨー。
由香さん☆ (kira)
2008-02-12 22:54:44
由香さんの原作本のレビューも、もちろん覚えていますよ♪
だから由香さんの感想を読んで、意気消沈された様子が伝わってきました。
ベストセラー本の映画化は難しいのかもしれませんが、
(プレッシャー?)
この作品の場合、バチスタそのものに力入り過ぎだった様に見えました。
「何を見せたいのか」
映画としての面白さが脇に行ってた様に感じましたね
もう少しスリリングな展開があってもよかったですよね~。
Unknown (あかん隊)
2008-02-13 00:10:20
TBとコメントをありがとうございます。
どうにもならなかったんでしょう。スポンサーの意向そのままに製作されたんだろうと想像します。
海堂さんは、「映画化」っていうだけで、「いいですよ~」だったのかもしれません。(爆) 海堂さんのこだわりは、別のところにあるような気がします。>要するに、原作を読んでくれる人が多くなれば、彼の目指している「死体検索」についての理解者が増えるから。

「アヒルと鴨…」は、かなり限定された内容のことだったし、中村監督も共鳴する部分が多かったのでしょう。今回は、よくわからないまま、とりあえず…って感じがぬぐえない。邦画は、誰が作っているのか、このごろ、テレビ局などのスポンサー意向が、あまりにも強くて、大切なことがおざなりにされていると思っています。間違いなく、このままでは、テレビの視聴者→映画鑑賞者(もしくは、逆の構図)を意識する放送メディア業界に牛耳られて、映画は貧相になる一方かもしれません。危機感を感じませんか?

だいたい、まともな番組も作れない放送局に、一体何ができるっていうんでしょう。視聴者をバカにした番組、人気のあるタレントにばかり媚びを売る番組、お金を掛けていないことが丸見えの番組ばかりです。

テレビがなくなっても、何一つ不自由じゃない世の中になりました。もっと謙虚になって、真摯に「映画芸術」を考えて欲しいです。テレビタレントと映画スター、本当は、格段にレベルが違うはずですよね?
Unknown (ぢもと)
2008-02-13 01:11:08
TB、コメントありがとうございました!
ミステリーを全然知らない私でも、
ドラマ好きな私ですから、
予想のつく展開でした。
もっと緊迫感あるかと思ったんですけど。
阿部ちゃんは、脇役の方がおいしいですよね!
あかん隊さん♪ (kira)
2008-02-13 23:57:36
こんばんは!

>海堂さんは、「映画化」っていうだけで、「いいですよ~」だったのかもしれません
舞台挨拶の時の海堂さんのコメントからも、
確かにそんな印象を受けますよね~。
劇場を出た観客が、どんな感想をもって人に話すか、
映画が終ってからが勝負だとも仰っていましたから
作家というよりは、普通の会社の広報マンみたいだなんて思っちゃいましたが(笑)
「死体検索」には思いが及びませんでした。

>テレビ局などのスポンサー意向が、あまりにも強くて
この作品のプロデューサーは同じTBSピクチャーズの『黄泉がえり』の方ですよね。
確かにその局でヒット作を持つ女優を使い、中ってる監督にベストセラーならって感じを受けましたが、
やはり映画館で観る以上、TVでは味わえないモノであって欲しいですよね。
観客が試されてる?という感じはしてますよ♪

中村監督にはもっとのびのび、ダイタンに撮って貰いたかったです♪
ぢもとさん♪ (kira)
2008-02-14 00:08:05
こんばんは!
ユルユルのミステリーでした
なんか主役不在の映画って気もしました~(笑)
私もドラマけっこう好きになったんですよ~。
主婦になってから(笑)
阿部ちゃん、濃すぎて、やっぱり脇にいて笑わせて欲しいです
こんにちわ (睦月)
2008-02-14 17:05:57
kiraさんがおっしゃるとおり。
すっごくいい役者さんそろえているのに、誰一人
としてその魅力が活かされてない感じでしたよね。

ホントにもったいない・・・(苦)。

緊迫感や心理戦といったサスペンス特有の持ち味が
まったく出てなくて、最後までまったりと展開して
いたような気がします。

原作も面白いらしいし、キャストも一流なのに
ホントにインパクトのない作品でした。

『医龍』の映画化を熱望します!
kiraさんも熱望する?・・・ウヘヘヘヘ。
睦月さ~ん☆ (kira)
2008-02-15 21:21:20
こんばんは~!

ホントにバチスタっていったら「医龍」だろ~って(笑)
較べるつもりなんか無かったですけど、、
・・もう~ほんと、終いには、もう誰が犯人でもいいよ
って感じになりましたよね?(笑)

>原作も面白いらしいし、キャストも一流なのに・・・
一体なにが??ってコレかい?謎って(笑)

『医龍』は大好きでしたが、フジのシリーズものの映画化は・・・怖いです
連ドラか、SP希望~
はじめまして (かっぱ)
2008-02-16 21:55:33
はじめまして。

>個人的にはあのホクロ苦情のおじさんが一番よかった
分かります。
私もそう思います

TB&コメント、ありがとうございました♪ (テクテク)
2008-02-17 10:07:06
こんにちは
この映画は、本当に「普通」でしたよね
最初から、
「犯人探しのサスペンス映画」という目線で
観ていたからなのかもしれませんが、
意外性は、あまり感じられませんでした

私は原作を読んでいないので比較は出来ませんが、
同じ病院内の医療スタッフであっても、
院内のゴタゴタは内密にしたい院長や、
手術に参加しなくても外科医の看板でありたい教授、
手術待ちの患者の命を救いたい執刀医、
患者のグチ聞き係の心療内科医などなど…
こういった様々な人間の面々や気持ちの温度差を
映画では描きたかったのかもしれませんね

でも、残念ながら、
それもイマイチ伝わり難い結果になっていたように感じました
かっぱさん♪ (kira)
2008-02-17 14:52:12
初めまして、コメントありがとうございます!
主演のお二人の掛け合い、
かっぱさんは楽しめたようで良かったですね
私が観た回は、3分程の入りという事もあってか、
笑いがおきたのはあのシーンと、なぜかラストの阿部ちゃんのシーンだけでした
テクテクさん* (kira)
2008-02-17 23:03:25
こんばんは!
これって、なんとなく"予感"してたっていうか・・・
なので、それほど期待していた訳じゃなかったんですが、
予想を越えたスリルのなさでした(笑)

「火サス」でももっと短い時間で、犯人に詰め寄って行く面白さはあるよな~って
カメラアングルが単調で、やたらアップが多かったし、
結構途中からだる~くなりました
>意外性は、あまり感じられませんでした
そうですよね~。
結構早い段階であのふたり、解かっちゃいますよね!

ソフトボールのシーンも、紅一点がピッチャーだなんて、違和感ありすぎでした。
笑えなかったです・・・
Unknown (シムウナ)
2008-09-29 23:18:27
TBありがとうございました。小説はまったくの未読ですが、予告編とベストセラーと聞いていたので期待していたのですがサスペンス物としては展開不足かなと思いました。小説を絶賛する人が多いので今度読んでみようと思います。
シムウナさん* (kira)
2008-10-01 08:53:02
こんにちは!

コチラの作品は、かなり大きいスクリーンでやっていたんですよ~。
それでも、結構ダレちゃったので、
これがテレビの2時間ドラマだったら、確実に途中でなにやら席を立ってやっていたでしょうね(笑)
原作の評判はいいようですが、私も未読です~。
キャストも好みの方々だっただけに残念な作品になりました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
チーム・バチスタの栄光 (映画のメモ帳+α)
チーム・バチスタの栄光(2008 日本) 監督   中村義洋    原作   海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』 脚色   斉藤ひろし 蒔田光治 撮影   佐々木原保志 音楽   佐藤直紀 出演   竹内結子 阿部寛 吉川晃司       池内博之 玉山鉄二...
「 チーム・バチスタの栄光 」 (俺の明日はどっちだ)
ご存知、現役医師でもある海堂尊による『このミステリーがすごい!』大賞受賞の同名ベストセラーを映画化したこの作品、決して傑作だとか、怪作だとかといった具合に必要以上に持ち上げる気はさらさらないけれど、いささか消化不良気味である(と個人的には勝手に思ってい...
チーム・バチスタの栄光 (eclipse的な独り言)
 この記事にトラックバックする映画ブロガーはこの記事にコメント入れること。(嘘)
感想/チーム・バチスタの栄光(試写&文庫) (EDITOREAL)
このミステリーがすごくない! 『チーム・バチスタの栄光』2月9日公開。"愚痴外来"と揶揄される科に勤務する医師・田口の元に意外な指令が届いた。それは、病院が誇る「チーム・バチスタ」の内部調査。バチスタ手術26連勝という奇跡的偉業を成し遂げていた彼らが、突如と...
チーム・バチスタの栄光 (せるふぉん☆こだわりの日記)
観てきました~。 今日はチーム・バチスタとLのかけもちだったんで少々疲れました
チーム・バチスタの栄光 (Akira's VOICE)
原作者と,メディア, マスコミの絶賛に納得いかん!
「チーム・バチスタの栄光」 プロ意識と傲慢さ (はらやんの映画徒然草)
命を預かる仕事をしている方々が日々感じているプレッシャーというのはたいへんなもの
チーム・バチスタの栄光 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
くどくて申し訳ないが、海堂尊氏の『チーム・バチスタの栄光』が大好きだ。だから、その小説が映画になると聞いた時に、「ほぅー」と思った。で、キャストを聞いた時には思わず「ゲゲッ」となった。何故なら、本作の主役を務める田口公平の名前が田口公子になっており・・...
チーム・バチスタの栄光 (映画鑑賞★日記・・・)
【チーム・バチスタの栄光】2008/02/09公開(02/10鑑賞)製作国:日本 監督:中村義洋原作:海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』(宝島社刊)出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎、野際陽子、平泉成、國村隼...
チーム・バチスタの栄光 (ネタバレ映画館)
「田口さん!」と呼ぶ度に田口浩正を思い浮かべてしまう・・・
チーム・バチスタの栄光 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2006年第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の同名ベストセラーを映画化。出演は、外科は素人の心療内科医師・田口に、日本を代表する美しさが魅力の女優・竹内結子。厚生労働省のキレモノ役人・白鳥に、常に独特の存在感で観客を魅了する俳優・阿部寛。また監督...
チーム・バチスタの栄光 (Diarydiary!)
《チーム・バチスタの栄光》 2008年 日本映画 東城大学付属病院のバチスタチ
チーム・バチスタの栄光 (Yuhiの読書日記+α)
2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した海堂尊原作の同名ベストセラーを映画化したものだそうです。ミステリーものが大好きな私としては、この原作が以前から気になっていて、ずっと読みたいなと思っていたのですが、なかなか小説を読む機会がなく・・...
チーム・バチスタの栄光 (C'est Joli)
チーム・バチスタの栄光’08:日本 ◆監督:中村義洋「アヒルと鴨のコインロッカー」◆出演: 阿部寛、竹内結子、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎 ◆STORY◆ 東城大学付属病院でのバチスタ手術が3例続けて失敗する。内部調...
チーム・バチスタの栄光 (ぷち てんてん)
映画のはしごで「L」を見た後でこちらも見てきました。今週は邦画ばかりだなあ~~。「団塊ボーイズ」だって見たいし、「潜水服は蝶の夢を見る」だって見たいのにこちらではやらないんだもん、グチグチ・・・☆チーム・バチスタの栄光☆(2008)中村義洋監督海堂尊原作竹....
チーム・バチスタの栄光 (cococo)
こういう脚色を歓迎してよいものか、どうか。判断に悩む。まずは、そう退屈しなかった
手口がずるすぎる/映画「チーム・バチスタの栄光」 (しー、こいこいこい・・・)
原作が「このミステリーがすごい!」大賞受賞。ということで、二転三転のスリリングな展開あるんだろう、面白そうだな、と期待を膨らませていたのですが…。 ずるい。の一言。 <あらすじ> とある大学病院の心臓外科の集団「チーム・バチスタ」は、心臓手術の難関...
「チーム・バチスタの栄光」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
公式HPはコチラ 以下、一応ネタバレ注意。 もちろん(笑)、原作未読。 キャッチコピーの「犯行現場は半径10?。この7人の中に、いる。」には その緊迫感に興奮させられ、 2月のどうしても観たい映画のひとつだったわけですが、 まーーーー、なんとも期待はずれ。 ミ...
チームバチスタの栄光 (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
      チームバチスタの栄光(2008年、東宝) http://www.team-b.jp/index.html 監督:中村義洋  原作:海堂尊 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、佐野史郎、玉山鉄二、他          高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続...
『チーム・バチスタの栄光』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「チーム・バチスタの栄光」□監督 中村義洋 □脚本 斉藤ひろし、蒔田光治□原作 海堂尊 □キャスト 阿部寛、竹内結子、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎 ■鑑賞日 2月9日(土)■劇場 チネチ...
チーム・バチスタの栄光 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年2月9日 公開 「・・・・住んでる。」(・_・;)シラトリサン これはちょっと宣伝に踊らされてしまったなぁ~。 ・・・てか、これ『トリック』でしょ。 阿部ちゃん出てるし、脚本は『トリック』の蒔田光治さんですし。 原...
チーム・バチスタの栄光 / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
「L」より先に。。。(苦笑)観てきました 「チーム・バチスタの栄光」ですSTORY:難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3例続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子)が適当な報告で締めくくろうとし...
「チーム・バチスタの栄光」:大塚四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}花とらないで・・・。悲痛な叫びだな。 {/hiyo_en2/}ほんと、命をとらないで、ってことだもんね。 {/kaeru_en4/}しかも、命を救ってくれるはずの病院で命をとられちゃうこともある。 {/hiyo_en2/}ああ、「チーム・バチスタの栄光」のことね。バチスタ手術と...
劇場鑑賞「チーム・バチスタの栄光」 (日々“是”精進!)
 「チーム・バチスタの栄光」を鑑賞してきました第4回「このミステリーがすごい」大賞を受賞した、現役医師・海堂尊の手によるベストセラー同名小説を映画化。新感覚医療ミステリー!ストーリーは・・・成功率60%といわれる心臓手術、バチスタ手術を26回連続成功さ...
チーム・バチスタの栄光 (花ごよみ)
原作は海堂尊の同名小説。 監督は中村義洋。 心臓手術チームの不審な術中死を巡って、 調査を依頼された女性医師と、 厚生労働省役人のコンビが、 事件の解決をめざし調査をはじめる。 容疑者は7人のチーム・バチスタ。 主演は心療内科医師竹内結子、 厚生労働省役...
チームバチスタの栄光 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  朝田龍太郎を呼べ!  
チーム・バチスタの栄光☆独り言 (黒猫のうたた寝)
TVドラマの『医龍』にちょっとはまってました。まぁ、そういうことで観にいっちゃったのは『チーム・バチスタの栄光』予告で阿部ちゃんが大きな画面で胡散臭げ(笑)竹内結子は愚痴外来の心療内科医師田口チーム・バチスタでの手術が、ここ最近3回も術中死を出してしま...
チーム・バチスタの栄光 (描きたいアレコレ・やや甘口)
犯人はお前だ!ってゆうか...犯人役はこの人かぁ...。 うっ、そうだった!映画だと、血とドクドクしている心臓が映っているんだ...。 心臓手...
チーム・バチスタの栄光 (八ちゃんの日常空間)
田口、ちっとも役に立ってないじゃないか! 最後だけ役にたったけどね。
『チーム・バチスタの栄光』:東宝レーベルの面白さ、ってこと:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
その昔、「家族揃って東宝映画」と謳(うた)っていたことがある、わたしが生まれる前のことだけれど。 本作品は宝島社の「このミス大賞」受賞100万部を超えるベストセラーの映画化であるが、未読です。 多分、原作はかなりシビアな現実を土台にしたミステリィと想...
チーム・バチスタの栄光 を観ました。 (My Favorite Things)
ここ数年、米国をはじめ日本も医療モノは、結構人気ですね…。
やっぱり行き着く先は、ここ。『チーム・バチスタの栄光』 (水曜日のシネマ日記)
有能な心臓手術チームに起きた連続術中死をめぐり、謎を解き明かす医療ミステリー映画です。
映画『チーム・バチスタの栄光』 (頑張る!独身女!!)
これでいんだよね。
チーム・バチスタの栄光 (何書☆ねくすと)
 評価:○          危険な綱渡りと………度:48% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 ...
【チーム・バチスタの栄光】人の命を手にすると言うこと (映画@見取り八段)
もうだいぶ前から予告を見るたび楽しみで、 とりあえず「L」を蹴って、こっちを先に見てきました。 何だか思ったよりもアッサリしてる。...
【映画】チーム・バチスタの栄光 (新!やさぐれ日記)
■動機 原作を読んで映像化作品を観たくなったため ■感想 よしときゃよかった ■満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり ■あらすじ 高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田...
チームバチスタの栄光 (Sweetパラダイス)
ネットカフェからの投稿ですチームバチスタの栄光見て来ました小説は未読です。東城大学付属病院では、難易度の高い心臓移植手術【バチスタ手術】の専門集団【チームバチスタ】を作り100%の確立で成功をおさめていた。ところが最近、三例続けて術中死が発生している。...
『チーム・バチスタの栄光』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
1/23に行った1ヶ月ぶりの舞台挨拶。2008年1発目は、第四回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した現役医師・海堂尊原作『チーム・バチスタの栄光』登壇したのは、竹内結子、阿部寛、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、佐野史郎、中村義洋監督、原作者・海堂尊...
「チーム・バチスタの栄光」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
3月30日、ラジオ番組「伊集院光 日曜日の秘密基地」が終了した。好きで良く聴いていたこの番組。特に「心に引っ掛かっている謎、埋まらない記憶を募集し、リスナーからの情報を元に調査&解明して行く。」という「秘密キッチの穴 」なるコーナーが大好きだった。謎を...
チームバチスタの栄光 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
自分も日頃からお世話になっている病院関連の話には 非常に興味がある。まぁ バチスタ手術の様な特殊な手術が そうそう立て続けに 何件も行われる分けもないけど しかも奇跡的に26連勝って 凄いなぁ。。。ってか 名医の吉川晃司は 太り過ぎててアイドル時代の面...
No.132 チーム・バチスタの栄光 (気ままな映画生活)
原作がベストセラーですがまだ読んでいません。 ちょっと見終わった後に読んでみようかなと思いました。 小説を絶賛する人が、映画ではイマイチという声が 多かったので。原作では、竹内結子が演じた役どころは 女性ではなく男性らしい。
『チーム・バチスタの栄光』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子)が適当な報告で締めくくろうとした矢先厚生労働省の切れ者役人の白鳥(阿部寛)が現れる・・・。感想このミステ...
映画評「チーム・バチスタの栄光」(地上波放映版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり
「チーム・バチスタの栄光」(日本 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
バチスタ手術失敗の陰に潜むのは事故か? それとも殺人か・・・?!