to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

藁の楯 わらのたて

2013-04-28 14:48:02 | the cinema (ラ・ワ行)

製作年度 2013年
上映時間 125分
原作 木内一裕
脚本 林民夫
監督 三池崇史
音楽 遠藤浩二
出演 大沢たかお/松嶋菜々子/永山絢斗/岸谷五朗/伊武雅刀/余貴美子/山崎努/藤原竜也
少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば10億円の謝礼を支払うという新聞広告が出され、身の危険を感じた清丸は福岡県警に自ら出頭。清丸の命が狙われるという状況下、警視庁警備部のSP銘苅(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)は凶悪犯を移送することになる。

クズ〈凶悪犯〉の清丸国秀は、幼女を惨殺し福岡に潜伏していたが、
被害者の祖父が大富豪であり、10億円という賞金をかけてサイトまで立ち上げたから、
身の危険を感じ福岡県警に出頭。
そこで福岡===>東京まで、警備部きっての優秀なSPである二人が護送することになる。
タイムリミットは送検までの48時間。

この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます」という前代未聞の新聞全面広告により
清丸はたちまち全日本国民から命を狙われることとなる。
一般人だけではない。一番恐いのは訓練を受けて、武器を持つ者―
彼ら警官・自衛隊員、誰がどこから清丸を狙ってくるのか?
イヤ、人を殺して大金を受け取ろうという、わらわらと湧いてくる殺人者達とSPとの戦いは始まっていた。


面白いです三池監督らしいエンターテイメント!

幼稚なクズの清丸が、観客の憎悪を一手に引き受けて、
その楯となる5人の警官たちの疑心暗鬼の、日本を縦断する危険な移送を展開していくのですが、
三池監督って、キャスティングが凄いと思う。
ヘラヘラとして幼稚な異常性愛者の清丸を演じた藤原の竜ちゃん
その竜ちゃんにまさかの「おばちゃん」呼びされる松嶋菜々子も、
刑事であってもどこかJINの南方センセっぽい(笑)大沢たかおも、
捜査一課チームの岸谷五朗と永山絢斗も、持ち味を生かせた役回り

 矛盾 と 不条理 と 正義 と 愛 と 欲望 ―・・・
クズ一人の命と引き換えに、命懸けで10億を取りに行くのはどんな人なのか?
賞金首を狙う護るという単純なストーリーも、
近未来でも、開拓時代のアメリカでもなく、現代の日本が舞台の刑事アクションなのですが、
だからこそ説得力を持って問いかけてくる部分もあり、思わず目頭が熱くなるシーンも

完成したばかりでまだ未使用の高速道路を使って撮影されたという護送シーンは圧巻です!
私がどうやって撮影したんだろう?と思ったシーンは、
実は日本の新幹線を改良している海外の本物の車両、本物の駅で撮ったものだったんですね~。
いろいろと本物に拘ったというだけあって迫力のある映像が盛り上げてくれます。

敢えてセリフも無く、正面から捉える事もしない、ラストの映像、、、
三池監督作品のラストはどこかいつも洒落てる

「悪の教典」がダメだった方でも、「十三人の刺客」が楽しめた方ならおススメです
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春ドラスタート♪ | トップ | アイアンマン3 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観たくなりました。 (ゆう)
2013-04-29 11:52:53
先週久々に、本当に久々に映画館に足を運びました。

お目当てはアイアンマン3だったんですが、

ロビーで流れてる藁の盾の映像見て、

食指が動いたんですよ。

こりゃ時間作って観に行かなくては!

こんばんは (kazu)
2013-04-29 21:30:26
TBありがとうございました。

ほんとキャスティング絶妙でした。
本は読んでいたんですが
動く銘苅、清丸を目にして、
本だけで終わらずよかったと思いました。
この映画で泣けるなんて
思ってもいませんでした(笑)
こんばんは (ituka)
2013-04-29 22:42:45
藤原くんでは美形すぎてクズには見えなかったかも(笑)
もっと不細工な見た目ダメダメな俳優さんが演じてほしかったです。
後、気になったのがエキストラのみなさんの共通する大げさな演技とか
細かいことばかりに目が行ってしまい、ストーリーに集中できませんでしたよ。

この犯人役には、柄本明氏の次男坊がお薦め(←おい)^^;
こんにちは。 (たいむ)
2013-04-30 08:07:59
高速道路の大舞台スゴすぎて笑っちゃいました。

役者は悪くないのだけど、綺麗事すぎてちょっとノレませんでしたが。
ゆうさ~ん♪ (kira)
2013-05-01 20:24:11
藤原クン目当てで行ったのですが、
キャストがみんなヨカッタですよ~

札束の山の前の山崎さんの画には、
「富豪刑事」の夏八木さんにみえましたけど(笑)

"正義"ってなんなの?!ですが、
世の不条理と戦い葛藤するニンゲンが切ないです。。。

「アイアンマン」記事にお邪魔しましたよ~~
kazuさん♪ (kira)
2013-05-01 20:30:19
私もこの映画で泣けるなんて、
思ってもみませんでした

白石。設定が変わっていたんですね~。
この辺の原作との変更、最近はよくありますよね~。
でも、どこか母親目線で観ていた所もあるので、
この変更は私的には良かったかも。。。
でも、
やっぱり原作ラストも気になります
itukaさ~ん♪ (kira)
2013-05-01 20:36:18
>藤原くんでは美形すぎてクズには見えなかったかも
ですが、、
だからこそ、ななこサンにあの暴言(爆)が許されるのかも~~

>気になったのがエキストラのみなさんの共通する大げさな演技とか
あ、ソレありますよね~。
逆に、違和感のアル背景になってしまっているエキストラとか

>この犯人役には・・・
ワカリマス、って(←こら)
たいむさん♪ (kira)
2013-05-01 20:43:30
あの大量のパトカー護衛のシーンですね
もう、説明要らないシーンなんだけど、
逆にここまでして訴えたかった護る側の不安。
監督の「画」への拘りとしてナットクしました~(笑)

ノレない時、ノレない監督作って、役者がよくてもだめってワカリマス
珍しく (sakurai)
2013-05-04 22:14:03
試写会あったんですが、これは超当たりでしたね。
三池監督の、当たり外れがありますが、大当たりでした。
監督の本気を感じたです。
悪が悪らしければらしいほど、映画のレベルは上がりますが、ここは竜ちゃんに、軍配を。
水入りの大相撲を演じた大沢かまきりも見事でした。
エンドに台湾が出てきてましたから、新幹線は台湾での撮影だったのでしょうか。
高速道路といい、なかなかの迫力!
やりますねええ。
sakuraiさん♪ (kira)
2013-05-07 12:15:36
こんにちは~
お返事遅れましたっ

ホント、こういう作品って、悪の存在感が大いに作品のデキに影響大ですよね~。
やる気なさそうで、稚拙で衝動的な竜也クンのクズっぷりは流石でした

>エンドに台湾が出てきてましたから、新幹線は台湾での撮影だったのでしょうか
ビンゴです~。
と、いうことはエキストラも台湾の方がおおかったのでしょうね~。
すごい所に着目してたんですね~。日本人にみえたもん
連想 (ふじき78)
2013-05-14 23:41:57
こんちは。
せっかく来たので、記念にくだらない事を書いていきます。

「13人の刺客」の話が出てて、そう言えば稲垣吾郎を運ぶのに、娘をひどい目に会わせたお大尽が大金を払ったら・・・・・・あまり、元の三池「13人の刺客」と変わらないか。侍だと内部の騙し合いがあまりリアリティーがないんだな。

という事はSPと刑事と言う組み合わせよりタイムスリップした侍5人の方が護衛には向いてるかも。・・・・・・どんな映画だよ!
ふじき78さん♪ (kira)
2013-05-16 21:53:49
かなり前にお話したのは、確か時代劇ではなかったか?などと
「必死剣」?「カムイ~」?とか
一生懸命思い出そうとしましたが、この忘れる為についてるような頭ではムリでした(笑)

はい、最近のタイムスリップものは、現代から戦国時代へ~とかのパターンが多いので、
どなたか「ちょんまげぷりん」みたいに、侍をSPに書いてくださると面白いと思うデス

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「藁の楯」 (日々“是”精進! ver.F)
守るものは、何なのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304270002/ 藁の楯 わらのたて Original Soundtrackオリジナル・サウンドトラック ワーナーミュ...
藁の楯 わらのたて (あーうぃ だにぇっと)
藁の楯 わらのたて@イイノホール
「藁の楯」守る価値のない犯人を守った先にみた血で塗られた価値のない10億円と本当に死の裁きを宣告するための手段 (オールマイティにコメンテート)
「藁の楯」は木内一裕原作の藁の楯を映画化した作品で、少女連続殺人事件で仮出所中の犯人が再び少女を殺して逮捕されるも、殺された祖父に当たる人物が殺したら10億円の懸賞金 ...
藁の楯 わらのたて (花ごよみ)
原作は木内一裕の同名小説。 彼は『ビー・バップ・ハイスクール』の作者で、 この作品は小説家としてのデビュー作。 監督は三池崇史。 10億円の懸賞金がかかった凶悪な犯人清丸を 誰がいつ襲ってくるか分からない緊迫感たっぷりの中、、 命がけで移送することになる....
『藁の盾-わらのたて-』 (ラムの大通り)
「正直言います。 実は、この映画については三池崇史監督の新作ということしか知らず、 “また三池か、よく作るな”くらいの感じで臨んだわけだけど、 いやあ、申しわけありませんでした。 これは、ほんとオモシロかった」 ----おっ、正直。 で、どんな映画だったの? ...
No.347 藁の楯 わらのたて (気ままな映画生活)
孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、新聞に「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします」と行方不明の犯人殺害を依頼する全面広告を掲載。日本中が ...
藁の楯 わらのたて (だらだら無気力ブログ!)
警察官としてはどうなんだろ、この人たち。
映画『藁の楯』観てきたΣ(|||;>д (よくばりアンテナ)
三池監督作品。 原作の感想はコチラ。 原作よりも3割増でアクションが派手。 そして、3割増で気持ち悪い。 さらに、3割増で犯人のクズ度が高い。 なので、3割増で面白かった~! さすが...
藁の楯 わらのたて (とりあえず、コメントです)
木内一裕著の同名小説を三池崇史監督が映画化したサスペンスアクションです。 予告編を観て、殺人犯を殺したら10億円なんて一体どうなるのだろうと気になっていました。 予想以上に極悪非道な犯人とたくさんの血が流される展開に、圧倒されっぱなしの作品でした。
藁の楯 わらのたて (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(10) ズバリ言ってリアル感まったくなくて退屈だった。
藁の楯 わらのたて (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/04/26公開(04/11試写) 日本 124分監督:三池崇史出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、藤原竜也、山崎努 [Story]少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば1...
藁の楯 (Break Time)
G/W前半2日間は、風が強く飛ばされそうで・・・
藁の楯 わらのたて (いい加減社長の映画日記)
大沢たかおさん、最近よく観るなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ある日、日本の大手全国紙のすべてに見開き全面で「この男を殺してください。御礼として10億円お支払いします」という新聞広告が掲載された。 それは財界の大物・蜷川隆興が、孫娘を惨殺...
映画「藁の楯/わらのたて」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「藁の楯/わらのたて」観に行ってきました。木内一裕の同名小説を原作とする、大沢たかお・松嶋菜々子主演のサスペンス・アクション作品。少女殺しの凶悪犯を、「DEATH NOTE」2...
「藁の楯 わらのたて」みた。 (たいむのひとりごと)
10億円の懸賞金が掛けられた極悪非道な幼女惨殺犯人:清丸の護送を担当するSPと、様々な理由(主に懸賞金狙い)から清丸の命を狙う不特定多数の人々との攻防戦が描かれたサスペンスアクション映画。法治国家であ
『藁の楯』 (こねたみっくす)
日本の安全神話はモラルで成り立っている。ゆえにモラルの崩壊こそが日本の安全神話の崩壊。 10億円の懸賞金を掛けられたクズを守ることに意味があるのかという問いよりも、誰も信 ...
藁の楯 わらのたて 遣る瀬無さすぎて・・・どないせえちゅうねん! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=24 うち今年の試写会4】 連合のFacebookページ http://www.facebook.com/jtuc.rengo を昨日紹介したが、それ以降「いいね」は2つしか増えていない、このブログの影響力ってこの程度なのか! それとも連合の求心力の問題なのか? ε-(;ーωーA フゥ…  政財界を牛...
No.347 藁の楯 わらのたて (気ままな映画生活)
孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、新聞に「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします」と行方不明の犯人殺害を依頼する全面広告を掲載。日本中が ...
『藁の楯 わらのたて』 この挑戦を受けて立て! (映画のブログ)
 シンプルなのに捻りがある。  作り手はこの設定にした段階で、『藁の楯 わらのたて』は面白いと確信したことだろう。  もちろん、その第一の功績は原作小説にあるのだろうが、主演の大沢たかおさんが数...
藁の楯 (Akira's VOICE)
人間の信を問う攻防戦!  
藁の楯 (ハリウッド映画 LOVE)
監督:三池崇史出演:大沢たかお、松嶋奈々子、岸谷五郎、伊武雅刀、藤原竜也、山崎努・・・
藁の楯 わらのたて (勝手に映画評)
「この男を殺してください、御礼として10億円お支払いします。」 何とも、すごい話です。犯罪者を護送すると言うシチュエーションを描いた映画といえば、『S.W.A.T.』や『16ブロック』などが思い付きます。その中でも特に『S.W.A.T.』に類似している印象です。『S.W.A.T....
藁の楯 (そーれりぽーと)
過激なキャッチコピーを謳ったポスターが印象的と言うか、マジで藤原竜也の命が狙われたらどうするんやろと思っていた『藁の楯』を観てきました。 ★★★★ 「邦画で」と考えた場合の常識外れなスケール感、難しいテーマに真っ向から取り組んだ映画作家さん達全員の熱い...
藁の楯 わらのたて (迷宮映画館)
なかなかの迫力と、葛藤が面白い!
『藁の楯』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「藁の楯」□監督 三池崇史□脚本 林 民夫□原作 木内一裕□キャスト 大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗■鑑賞日 4月29日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5...
藁の楯 (映画と本の『たんぽぽ館』)
四面楚歌、疑心暗鬼             * * * * * * * * * 孫娘を殺害された政財界大物・蜷川(山崎努)が、 新聞に、犯人の顔写真に「この男を殺してください」と添えて広告を出した。 その賞金がなんと10億円。 身の危険を感じたその男、清....
[グウィネスと菜々子、素敵な加齢(『アイアンマン3』と『藁の楯』を観た)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
     ☆今日公開の2作品をハシゴしましたよ^^  <ワーナーマイカル 武蔵村山>はペアディだったので、安く楽しめました^^  先ずは、『アイアンマン3』である。  まあ、完結編ではないでしょうが、一つの区切りらしく、若き頃からの因縁・・・、そして、...
藁の楯 (映画的・絵画的・音楽的)
 『藁の楯』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い、映画館に出かけてみました。  話しは極く単純で、殺人事件の容疑者を、彼が出頭した福岡県警から、捜査本部が置かれている東京の警視庁まで48時間以内に移送するというもの。  ただ....
『藁の楯』を109シネマズ木場7で観て、久々に心地よい疲労ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★よう出来とるのお】 上から目線で偉そうに言うなら「三池も上手くなったもんだ」 そこそこの長尺ながら最後まで目を離せないし面白い。 役者がみん ...
【藁の楯】本物の正義 (映画@見取り八段)
藁の楯    監督: 三池崇史    出演: 大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、山崎努 公開: 2012年4月26日 2013年5月8日。劇場観賞。 スリリングな展開で飽きさせない映画だった。ずっとハラハラしっぱなしで、目が釘付...
「藁の楯 わらのたて」 言い訳 (はらやんの映画徒然草)
しかし、三池崇史監督の作品というのは、いつもいつも大きな熱量を持っているな、と思
映画  藁の楯 (華待月)
あらすじ。。7歳の幼女が惨殺される事件が発生。8年前に少女暴行殺人事件を起こし出所したばかりの清丸国秀(藤原竜也)に容疑がかかり、警察による捜査が行われるが、一向に清丸の足取りは掴めずにいた。事件から3ヶ月後、事態が大きく変わる。殺された幼女の祖父・蜷川...
藁の楯 わらのたて (銀幕大帝α)
2013年 日本 125分 アクション/サスペンス 劇場公開(2013/04/26) 監督:三池崇史『悪の教典』 原作:木内一裕『藁の楯』 主題歌:氷室京介『NORTH OF EDEN』 出演: 大沢たかお:銘苅一基 松嶋菜々子:白岩篤子 岸谷五朗:奥村武 伊武雅刀:関谷賢示 永山絢....
藁の楯 わらのたて (いやいやえん)
この異常な状態の移送劇は、最悪の凶悪犯を守るという葛藤、全国民の目が賞金に向いている恐怖というのが良く描かれているとは思うのですが、銃撃戦も一発で終わってしまうなど明らかにそれはないだろ、と突っ込んで
「藁の楯」 (ここなつ映画レビュー)
これは、私がどうしても観たくて、無理矢理息子を誘った作品。カンヌ映画祭ではあまり好評じゃなかったようだけど、私はかなり満足でした。 まず、藤原竜也がすごくいい。クズをクズとして100%演じ切っている。同情の余地なしのクズ。それに、大沢たかお演じるSP...
藁の盾 わらのたて (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 三池崇史 出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、藤原竜也、山崎努 【解説】 『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。凶悪...
映画 藁の楯 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画      少女に悪戯をし、殺した悪党の清丸国秀を護衛するSP。    さまざまな工作をして蜷川隆興を殺害しようとするが    ちょっとやり方が大げさすぎますね。    清丸...
映画評「藁の楯 わらのたて」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・三池崇史 ネタバレあり