to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

2010-06-03 23:06:20 | the cinema (ラ・ワ行)
大人が夢見ても、いいんですね。
上映時間 130分
監督 錦織良成
脚本 錦織良成/ブラジリィー・アン・山田/小林弘利
音楽 吉村龍太
主題歌 松任谷由実『ダンスのように抱き寄せたい』
出演 中井貴一/高島礼子//本仮屋ユイカ/三浦貴大/ 奈良岡朋子/橋爪功/佐野史郎/宮崎美子/遠藤憲一/中本賢/甲本雅裕/渡辺哲/石井正則/緒形幹太

次期取締役候補のエリートサラリーマンが、自らの人生を見つめ直し、崩れかけた家族の絆を取り戻すため、50歳を目前に夢だった電車の運転士になる姿を描くハートウォーミング・ドラマ。
大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷へ戻った彼は、一畑電車の運転手になるという幼い頃の夢を思い出し、採用試験に応募してみる。そして、年齢のハンディーを乗り越えて試験に合格した肇は運転手となるが……。

人はいつ、どのようにして自分が大人になったのかを知らない―。
しかし、昔子供だった時の自分を確かに記憶している。

ある時は親の期待に応えるために頑張り、
いつしかそれが自分の為に頑張ることに気づいていく―。
そうして大人になると、最後に親に褒められたのが何時だったかも忘れ、、、自分が親になっている。

一流企業のエリートサラリーマンの主人公は、家族の為と仕事一筋で登りつめてきた男。
勿論会社の信頼は厚いが、家族とは心がすれ違っている。
就活中の娘に「ゆっくりしているヒマはないぞ。社会はそんなに甘くない」と言って逃げられていたのに、
ある事をきっかけに彼は忘れていた夢を思い出し…娘より先に、夢に向かって走り出す。

リーマンショック、当時より、今の方が遥かに不景気であると実感するこの頃。
ある意味ではとてもリアルで、タイムリーな作品だと思った。
ベタな展開アリ、甘いエピソードもありだけど、セリフが結構良いんです。
なにより、がんばる中年、中井貴一さんから元気をもらえます。



親にとって、子供はいつまで経っても子供。
そんな当たり前のことを思い出させてくれ、柔軟に生きることの強さを見せてくれます。
そして、地元ローカル線“一畑電車”の49歳の新人機関士は娘に言ってもらえるんですよね、「お父さんはまだ××じゃない。だって.....」と。

男の子が小さいうちは、大きくは「電車派」と「車派」に分かれて、
親はクリスマスのプレゼントや、イベントに子供を連れて行ったのではないかと思う。
ウチは電車派で、よく買い物帰りに線路脇まで散歩をするのが日課で、そんなちびっ子が沢山いて驚きだった。
この錦織監督も、舞台となった島根のご出身らしいけれど、やっぱり「電車派」だったのではないかとなんとなく、
親になったばかりの頃を思い出して勝手に親近感(笑)。

夕方の回、2割ほどの入りでしたが、いろんな世代の方がいらっしゃいました。
「電車少年」とおぼしき高校生の姿も♪
若い方にも、なにか伝わるものがあると思える(そう信じています)いい作品でした~
そして、帰る故郷があるって、いいなぁ~と思える作品でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KIRIN 新CM~♪ | トップ | 告白 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よかった~~~~!! (ゆう)
2010-06-07 15:46:20
今日観てきました!!
今年の初鑑賞です。
痛み止めと、栄養ドリンク飲んで
映画館に入りました

現実問題、50を前にして子供の頃の夢を
叶えるのはなかなか無理な話なんだけど
絵空事ではなく、もしかしたら今からでも
頑張れば夢は叶うのかも。。。と、
そう感じさせてくれる作品でした。
夢に向かって行動を起こすことができなくても、
頑張ることができなくても、「夢」を忘れずに
生きていかなくちゃ!!と思いました。
心がほっこり元気になれました。
ズタボロ状態の体を引きずって観た甲斐が
あったわ~

中井さんのセリフで
『(仕事が)恥ずかしいくらい楽しい』って
いうのがすっごく印象に残ってます。
運転士に合格したときの
(名前を読みあげられた)
表情もよかったぁ~!!

後日、TBさせていただきますね。





ゆうさん~* (kira)
2010-06-10 07:19:23
そうですよね~。
こんなに不景気な世の中で、彼がそう決断できた環境というのも
あったとは思います。
研修時に、「ハイ、持ち家が・・」とか(笑)

社長の「二十歳の青年が定年になるまで我が社の体力が・・」も、妙にリアルな、思わず納得のセリフでしたよね

これは実話が元の作品らしいですが、こんな(若者も自分の夢を持ちにくい)世の中で、
なんだか、凋んでいくばかりじゃダメだと、
人生を楽しく過ごすことを教えられましたね。
楽な仕事はないかもだけど、楽しくやれる仕事はある♪
胸を張る新人がかっこよかったです
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2010-06-10 18:43:19
kiraさん、お久しぶりです♪
先日は5周年記事へのコメントありがとう
ございました!グダグダしていた1ヶ月間でしたが、昨日のジョニーのお誕生日から復帰いたしましたので、これからもよろしくお願い
します(^_-)-☆

で、この作品ですが、いい作品だとは思いましたが、地味だなあと思っていたら、2割の観客
ですか(^^;良い映画でも、こういう映画のヒットは難しいですよね(^^;
kiraさんは元気をもらえた作品なんですね^^

ちなみにうちのぼくちゃんは、車派でした♪
ひろちゃん♪ (kira)
2010-06-14 22:00:20
ちょっとは落ち着きましたか~?
ロバダウさんは観るつもりで居ますので、ひろちゃんのところで、
画像のみ楽しんできました♪
あまりネタバレないとは思っているけどねー

そこでちょっと気になったのは、今回テレンス・ハワード、出てないんですね?
いや~~ん、スケジュールが?ダメだったの?
ショックぅ・・

で、この作品、めずらしくひろちゃん邦画に参戦(笑)
で、地味目なのはたしかですが、夕方の回でしたからね~。
私はこういう作品、好きなんですよ~。もっとみんな
観にいって欲しいなぁ~

うちもね、小学校に入った頃から車派になったのよ~。
いろんなマシーンを作らされて、大変だった(爆)
やっぱりひろちゃんが居ないと淋しいから、無理なく続けてね
またまたお邪魔します (愛知女子)
2011-02-07 17:16:44
kiraさん拙ブログ記事にトラバ&コメントありがとうございます♪♪
私も電車派です。そして、バスは酔う派です。結末まで上手く行ったから良かったです!少年との心理的な対比が面白かったです。電車映画もっと創って欲しいです。
UNSTOPPABLEはちょっと激しかったですが…。

愛知女子さん* (kira)
2011-02-08 12:42:21
「アンストッパブル」は劇場予告を散々観ているうちに、
なんかもういいや~となってしまった作品(笑)
巷では結構高評価でしたが、
面白いことに、どちらも実話がベースなんですよね~。
これは同世代のガンバル中年の、希望の星的作品で(爆)
この一家の妻や子供も含めて、なかなか良かったです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
RAILWAYS 宍道湖の夕日 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。錦織良成監督、中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、甲本雅裕、遠藤憲一、橋爪功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松之助。公式タイトル「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」が長すぎるので勝手に改題。宍道湖と言えば、美しい...
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」自らリストラし夢だった運転士になった先に待っていた地元の人たちの愛 (オールマイティにコメンテート)
5月29日公開の映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を観賞した。 この映画はエリート街道を歩いてきた 49歳の男がリストラ処理を任され、 工場を閉鎖と人員削減を任され、 母親の病気、友人の死などを契機に自らをリストラして 長年の夢だっ...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (花ごよみ)
ストーリーはというと、 50歳をすぐ目前にして、 仕事に追われる毎日を、 送っていた49歳の男が、 あるきっかけから、 今までの生き方を、 思いめぐらした結果、 子供の頃にあこがれていた、 電車の運転士の夢を、 実現することになる。   監督はこの映画の舞台と...
RAILWAYS (中井貴一さん) (yanajun)
中井貴一さんは、現在公開中の映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に筒井肇 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
インパクトは弱いが、心温まる実話で勇気をもらえる話だ。大手企業で仕事一筋に生きてきた肇は、49歳のとき、友人の死や独り暮らしの母親の病をきっかけに、自らの人生を振り返る。電車の運転手になるという幼い頃の夢を思い出し、思いきって採用試験に応募することに。年...
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運... (masalaの辛口映画館)
 客入りは1階席は満席、2階席は7~8割くらい、客年齢は高い。 RAILWAYSオリジナル・サウンドトラック 映画の話 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしなが...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (だらだら無気力ブログ)
仕事に打ち込み、順調に出世をしてきたエリートサラリーマンが、母親の 病気などをきっかけに、50歳目前にして少年の頃の夢だった電車の運転士に なる姿を描いた感動ドラマ。 主演は『鳳凰 わが愛』の中井貴一、妻役は『犬と私の10の約束』の 高島礼子、娘役は『ス...
映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 (ようこそMr.G)
映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (あーうぃ だにぇっと)
4月23日(金)@よみうりホールで鑑賞。
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語/中井貴一 (カノンな日々)
もしかしてROBOTの制作だから『ALWAYS 三丁目の夕日』を真似てこの題名になったのでしょうか?何となく気になってwikiediaで調べたら仮題は『BATADEN』だったそうです。監督された錦織良成監督の島根3部作の最終作に位置づけられる作品なんだそうですが、残念ながらその前...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (勝手に映画評)
将来を嘱望されていたエリートサラリーマンが、母親の病気や同期の事故などに直面し、これまでの自分の人生を見つめ直して、子供の頃からの夢の「一畑電車の運転手」になると言う話。 物語の舞台となっている一畑電車ですが、島根県出雲市を営業エリアとする鉄道会社です...
『RAILWAYS (レイルウェイズ)』お薦め映画 (心をこめて作曲します♪)
「夢」を追いかける中年男のメルヘンに好感が持て、大きなスクリーンを電車が駆け抜ける様子が何とも言えず心地良い。少年少女の頃に戻って、忘れていた夢を追いかけたくなる作品。
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」□監督・脚本 錦織良成 □脚本 ブラジリィー・アン・山田、小林弘利 □キャスト 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪 功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭...
醸し出す田舎の風情いい役者 (ブログ~鵜の目鷹の目,旅の目で)
『Railways』 は静かな映画であった。画面も、BGMも、登場人物の台詞も。空調の音もなくして、映画に深く没入する気分であった。そうすればするほど内省を誘われていく。 もちろん葛藤や対立はある。娘と父、一人暮らしで病に伏せった母との関係、管理...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (いい加減社長の映画日記)
またも、1週間遅れ^^; 最初予告編を観たときは地味な印象で、パスしようかと思ったんだけど。 なんとなく雰囲気が良さそうな感じを受けたので、土曜日の朝一で「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を鑑賞。「UCとしまえん」は、土曜日としては少なめか...
「RAILWAYS49歳で電車の運転手に... (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「ALWAYS三丁目の夕日」のROBOT企画・制作。一流企業に勤めていた49歳のエリート会社員が、ある事をきっかけに幼い頃からの夢だったバタ電の運転手になろうと決意す...
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 (FREE TIME)
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を鑑賞しました。
『RAILWAYS』:中年一発奮起の物語、ではなく家族の物語 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
映画本編にはついていないが、サブタイトルに『49歳で電車の運転士になった男の物語』とついている。 中年男が、子供の頃の夢を叶えておしまい、なハナシかと思いきや、家族の物語に落とし込んだところに好感が持てた。
今年初!! (武と映画と日常)
2010年の半分が今月で終わりという この時期になって、やっと。。。。やっと。。。。 映画を観に行ってきました(TT)←嬉し泣きね。 家を出る前に鎮痛剤飲み、映画館の駐車場に着いたときに 車中でリ@ビタンDスーパーをゴクっと飲み干し、 (普通のよりもお...
*RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語* (Cartouche)
[[attached(0,class=popup_img_500_333 width=450 height=300)]]        ***STORY***               2010年  日本                大手家電メーカーに勤める筒井肇は、昇進も決まり順風満帆なサラリーマン生活を送...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(’10) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、気になってたこの作品を、英検の帰りに新宿ピカデリーで見てきました。錦織作品は、DVDで「ハート・オブ・ザ・シー」('03)、「白い船」('02)、「ミラクルバナナ」('05)を見ていて、どれも割と好感だったし、今回テーマ曲がユーミン、やはり劇場で流れるのは聞...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (単館系)
大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっか...
『RAILWAYS [レイルウェイズ]』  (『映画な日々』 cinema-days)
大手家電メーカーで仕事一筋にやってきた 主人公が役員入り目前に同期の事故死、 母親の病床が重なり人生を見直す...。 【個人評価:★★★...
mini review 10505「RAILWAYS」★★★☆☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追い求め始める感動ストーリー。監督は『白い船』などで知られる島根出身の錦織良成。主人公の男を『亡国のイージス...
映画鑑賞RAILWAYS(49歳で電車の運転手になった男の物語)TOHOシネマズ (愛知女子気侭日記)
パンフレットの表紙の見開きの真ん中 中井貴一主演 運転手さんかっこいい 一畑電車製のデハニ50形。客室の他に手荷物・小荷物を運ぶ貨物室を持つ電車で、「デハニ」とは「電動車」「イロハのハ(=普...
映画評「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・錦織良成 ネタバレあり
『RAILWAYS 』 BSプレミアム (美容師は見た…)
2/3(日)の放送だったんですけど、録画しておいたBSプレミアムシネマ『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』を観ました。貴一ファンになってから見過ごすことが出来ない私(笑)凄く良かったです。思わず書きたくなってしまうほど。家族の物語として『東京家族』...
railways 49歳で電車の運転士になった男の物語 (のほほん便り)
偶然、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」を見たことから、実は最初の作品が評判良くて作られたパート2だと知り、いつか見てみたいなぁ…と思ってただけに、見ることができて嬉しかったです。 これも、じつに佳作! 映画が夢物語だとしたら、そういうう意味で...