to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

アリス・イン・ワンダーランド

2010-04-22 00:07:40 | the cinema (ア行)
世界はもう、マトモではいられない…。
原題 ALICE IN WONDERLAND
製作年度 2010年
上映時間 109分
製作国・地域 アメリカ
原作 ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』/『鏡の国のアリス』
脚本 リンダ・ウールヴァートン
音楽 ダニー・エルフマン
監督 ティム・バートン
出演 ミア・ワシコウスカ/ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アン・ハサウェイ/クリスピン・グローヴァー/マット・ルーカス
声の出演 アラン・リックマン/マイケル・シーン/ティモシー・スポール/ポール・ホワイト/ハウスバーバラ・ウィンザー/クリストファー・リー

ティム・バートン監督が、ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を基に、19歳に成長したアリスの新たな冒険を、最新の3D映像技術で鮮やかに描き出す冒険ファンタジー大作。
子どもの時に体験した不思議の国(ワンダーランド)での記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス。ある日、好きでもない相手からの突然のプロポーズに困惑していた彼女は、チョッキを着た白うさぎを目に止める。その不思議なうさぎを追いかけて穴に落ちてしまうアリス。辿り着いたのは、アンダーランドと呼ばれているあのワンダーランド。白うさぎをはじめこの世界の奇妙な住民たちはみな彼女の帰りを待っていた。アンダーランドは今や独裁者・赤の女王に支配された暗黒の世界で、アリスこそが年代記が予言する救世主だったのだ。そして、そんなアリスを誰よりも待ちわびていたのが、赤の女王への復讐を誓う謎多き男マッドハッターだったのだが…。

長くかかった目の不調からようやく解き放たれて(笑)いよいよ3Dデビューしました~。
公開初日、IMAX3D版で観ようと思っていたら、案の定の激混み~。
初日はひとりで2D字幕版をみて来ましたが、翌、日曜日はXpanD方式の3D吹替え版での鑑賞
やっぱり病み上がりなので(笑)字幕版は2Dで観ておいて正解だったと思いました!

以前皆さんの感想から、字幕が見難いとか、メガネが重いとかきいていたのでとても参考になりました。
それでメガネは重くないが字幕を追うには席が重要、というIMAX3Dで吹替え版を目指していたのに、
ソレは叶いませんでしたが、
XpanD版、ちょっと画面が暗くなって、目が疲れましたが、まずまず楽しめました
やっぱりこういう可愛い系ディズニー作品でとりあえず3D体験できたのは狙い通りというか、
場所を選ばない(座席の位置)というのも、こういう人気の作品の場合はいいですよね~。結構混みこみ
とはいうもののIMAX3D、いつかは体験出来たらな~と思います♪

で、、、私は色調は2Dの方が明るくて、ブルーの色や赤の色彩が好きです。
アンダーランドっぽいかどうかは別にして、やっぱり暗いと目が疲れる感じがしました。
とはいうものの、皆さんが私のように目が弱い(疲れやすい)訳ではないでしょうし、やはり遠近感がある事の画的な楽しさもまた捨てがたいので、
これは好みと上映時間で決まる問題かも

さてお話的は、
大人になりきれず、さりとて天真爛漫な恐いもの知らずの子供でもなくなった19歳の少女という、
いかにも中途半端な年齢のアリスが、
アンダーランドの危機に際して、勇気を出して自分らしさを取り戻し現実に成長していくというもの。
そもそも19歳のアリスが、まぁ、時代はあるにしてもあまりに幼い描き方が気になりました。
まあ、イマドキの子なら15歳でももっと成熟してるわと、余計なことが気になって(笑)
たしか「魔法にかけられて」も、ヒロインもお相手の男性もかなりお年が気になっていたっけσ(^_^;)

こちらもどの世代をターゲットにしているのか、全体には登場キャラも子供目線でも楽しいし、
そんなにダークでもなく、小さな子供が楽しめる内容だと感じました。
普段ディズニー映画はDVDで十分な派の私ですが、これはジョニーとアン・ハサウェイというキャストをかなり楽しみにしていたし、
イメージ通りのふたり。その点では満足でした♪
 ←アン・ハサウェイ、動きがマリオネット状態~
ただ、ディズニー色が濃いためか3Dに重きを置いた結果なのか、従来のティム・バートン作品の斬新さはなく、
ジョニー・デップファンにはやや内容的には物足りなさが残るかも知れません。
キモ可愛いキャラはたくさん登場しますが、お話自体に新鮮な驚きとか感動が、いまひとつなかったような
13年後にあの世界にアリスが舞い戻る必然性、説得力に欠けていたかな~と、
ワンダーランドの危機自体なら、アリスがもっと幼い方が面白かったように思いますしね。
だって、19歳ですよ~。せめて中学生ぐらいでないと、、ってシツコイですか

アバター」の時にも感じましたが、今回2Dの色合いは個人的には好きでしたが、映画を観終わってまぁ、普通という感じでした。
でも、これが3D鑑賞後となると、画的な楽しさがストーリーの平凡さを凌いでしまうのですよね~(笑)
私は「アバター」を2Dで観ましたので、みなさんの高評価にちょっとついて行けなかったですが、今回両方を観てその訳が実感として解りました。
そういう意味で、本作も3Dで観れば、☆1つぐらいは増しになると思います
ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   トラックバック (66)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いろいろ・・・ | トップ | MENARD 新CM~♪ »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そっかぁ~! (miyu)
2010-04-22 06:50:26
kiraさんは2D字幕と3D吹替えをご覧になられたのですね。
でもって、なぜ本編でそれほどぐっとこなかったのか
分かりました!やっぱり3Dだからですね。
色彩が薄らいでしまったせいかも(;・∀・)
ん~、そのへんのチョイスもこれから難しいなぁ。
でも、3Dがあるとついつい3Dを見たくなっちゃうんですよねぇ。
病み上がり? (ゆう)
2010-04-22 08:56:43
「アリス~」のレビューよりも
>やっぱり病み上がりなので
のところが引っかかりました。
自分が病み上がりのせいなんでしょうね。
深刻なご病気だったのでしょうか?
お互い無理はしないでおきましょう。

2010年になって4ヶ月。
未だ映画を1本も観に行けてません。
普通に映画館へ足を運べることって
幸せなことだったんだな~と思わず
遠い目になってしまってます。

なんだか最近は猫も杓子も3D、3Dで。。。
と、まあこれは3Dデビューを果たしてない
私のひがみなんですけどね。
私の3Dデビューは「パオレーツ オブ~ 4」で
と、心ひそかに決めております。
って、相当先のことになっちゃいますね。

記事に関係ないコメですみませ~~~~ん;;;
Unknown (にくきゅ~う★)
2010-04-23 01:44:02
こんばんは~♪

TBありがとうございました。

3Dは暗いですよね。。。
私も暗いのが気になるんですが、遠近感や飛び出してくる映像は観ていてやはり楽しいです。
でも2Dでも鑑賞したいと思ってます♪

ジョニー・デップファンとしては、ジョニーが楽しんで演じてるのが感じられたので、それだけでも良かったです。(^_-)-☆
最後のダンス(笑)もっと見たかったですけど~♪

確かに今回の作品はティム・バートンらしさが欠けてましたね。
やはりディズニー作品だからでしょうか?
こんにちは♪ (ひらで~)
2010-04-23 15:40:02
TBありがとうございました。

地元の映画館には3D上映の施設がないので
3Dは“〇〇博”などのパビリオンでの上映でしか
体験したことがないのですが、暗いとか重いとか
全てが良いわけではないのですね。
でも、本作のような絵本のような世界は
楽しそうで、観られる環境の方は羨ましいです。
お話は普通でしたが(笑)、
キャラクターは楽しかったので
彼らが立体的に現れるのでしたら、
なおのこと楽しいでしょうね♪
3D・・・ (マリー)
2010-04-23 21:39:32
こんばんは~~♪
眼、治りましたか?
私も眼をやられしばらくコンタクト入れられず、でもアリス公開の前日に根性で治し(笑)無事3D鑑賞出来ちゃった。
こちらの3Dは軽いメガネなので、大丈夫でした~。暗さもそんなに感じなかったよ。どうも、あの重いメガネでの3D鑑賞が一番暗いらしい(アバターの時に知った・・・)

アリスはやっぱりあの極彩色がいいんだし~明るいので見たいよね~。

白の女王とマッドハッターがツボ。2人とも動きが好き♪
miyuさん* (kira)
2010-04-24 20:38:54
miyuさん
3Dのダークな色彩は、アンダーランドの摩訶不思議な世界観に合っていると思えば、
そう思えないこともないんですが、
2Dのスクリーンの自然な色調が個人的には好みです。
この二つの中間の色合いがIMAX3Dではないかと想像してるんですが、
今回皆さんの感想を見た限りではあまりこの色に関する記述は少ないように思いました。
それだけ皆さんはストーリーに入り込めて居たんだと解釈します
ゆうさん~* (kira)
2010-04-24 20:56:50
ごめんなさい
ゆうさんの病み上がりとはレベルがちがうの
ただ、目を傷めていたんですが、これが結構見た目の腫れはともかく、
痛さがハンパなく、ちゃんと両眼が快復するまでかなり不自由でした。

そうなんですよねぇ・・
今はもう子供が成長して、夕飯も要らない日があったり、
かなり自由に時間を使えるようになるまで、
(介護の時期もあったし)
本当に長い期間だったように思います。
それでも、少しずつ家族のタイムテーブルも変わるし、
たまには息抜きで行かれるといいですよね。

今回は3D上映が圧倒的に多いですよね、ウチの地元は特に。
それでもストーリー重視の私は、このキャスティングでなければ、
3Dでなくてもよかったんですが

ゆうさん、お忙しいのにコメントありがとう♪
どうぞ無理しないでね
にくきゅ~う★さん* (kira)
2010-04-24 21:07:49
ジョニーといえば、もう脳裏に浮かぶあのヒトこの人
なかなか纏まった時間が取れずに、お邪魔しても記事を読むのがやっと
コメントも入れずに失礼をば致しております。

完全に3D画像を楽しむ為に、ジョニーの声は2Dで、と決めていました!
この作品は恭子ちゃんファンにとっては本当に嬉しいサプライズでしたし、
もう一度3D吹替え版にいってもいいぐらいです(笑)
>最後のダンス(笑)もっと見たかったですけど~♪
はい私も~
kiraさん (mig)
2010-04-25 01:56:27
こんばんは☆
目の痛みはその後どうですか?

無事upできて良かったねー☆

うん、わたしもアリスが穴に落ちるトコ以外は別に2Dでも良かったナぁって思っちゃった。
字幕だと背景とかじっくりみれないし。
よい週末を、、、、
こんばんは! (アイマック)
2010-04-25 21:00:17
目、大丈夫ですか~?
無理しないでね。

19歳にしてはおこちゃまですよね、、ディズニー仕様なのかなと。
ティム・バートンらしさがなくて、ものたらなかったです。
ジャンルはちがうけれど「アバター」をみてしまうと、あのスケールにはかなわないですね。。3Dにする必要があったのかなって・・
深田恭子の吹き替えは違和感なかったです。
はじめまして (ゴーダイ)
2010-04-25 23:02:11
TBありがとうございます!
本作のベースは1871年の続編『鏡の国のアリス』らしいのですが、その時アリスさんは19歳だったそうです。
それを今回の映画がふまえたかどうかは分かりませんが、おそらく7歳のアリスでは、いかれた不思議の国の住人との(いまいちかみ合わない)会話を延々繰り返して、話が進まないからだったのかと思います・・・。
ひらで~さん* (kira)
2010-04-26 23:35:19
>全てが良いわけではないのですね
そうなんですよ~。
少なくともチョット大き目のメガネをかけた方とかも、
或は私のように、目が疲れやすいひとにも、
画面が暗くなるだけでもかなり疲れますね。
ただ、動きの早いアニメとかでなかったのは救いだったかも
元々が映画はストーリー重視なほうなので、2Dでもかまわない方です。
お話は、どうなんでしょう?原作に思い入れがあるとまた違うでしょうか。
楽しかったけど設定そのもにやっぱり無理を感じてしまって、
いまひとつ乗り切れないところがありました
マリーさん* (kira)
2010-04-26 23:44:14
さすがですね、根性(笑)
>どうも、あの重いメガネでの3D鑑賞が一番暗いらしい
そうなのよね~。でも、IMAX3Dは1館しかなくて、
マイケルの時も全然しばらくは見やすい席が取れなかったので、
この作品はしばらくはダメそうよ~。だって結構小さいシアターらしいし。

ジョニーは予想より登場シーンが多かったわね~。
アンの白の女王はやっぱり綺麗で、可愛かったわ♪恭子ちゃんの声も評判いいし、よかった
migちゃん* (kira)
2010-04-27 00:43:48
おかげさまで、目は完全回復に近いよ♪
長かったです~

けっこう座席が後ろの方だったから、楽しめるところも多かったけど、
画面の暗さは如何ともし難いところでした
「オーケストラ」も普通だったのね、、えへ、全部よんじゃった
migちゃん返コメ遅くてごめんなさいね~
おはグッドモーニング (ボー)
2010-04-27 06:53:29
明るい2Dで観たかった気がしたのでした。私の鉛筆は2Bです。
ブタをこれへ。すいーっ。ぶひ。数少ない、笑えるツボでした。
お話が普通でしたよね。もっと不条理系で。ディズニー、子ども向けにしたんでしょうか。
白アン女王は良かったです。
(あんまり不条理な文にできなかった…)
大丈夫ですか (オリーブリー)
2010-04-27 19:10:51
kiraたん、こんばんは。
忙しくてなかなかお邪魔できませんでしたが、そう言ってる内に、もうGWだわ…(苦笑)

私も2DとIMAX3Dで観てきたけど(どちらも字幕~ごめんね~笑)、感想はkiraたんと同じです。
正直、少し飽きちゃったかな~ティムと言えばジョニーってパターンが…(汗)
でもこの2人のコラボは、とてつもない作品が生まれる可能性が大なので、暫く遠距離恋愛でお互いの気持ち暖めていて欲しいかな~なんてね♪

目をお大事にね。
私も弱い方だから、これと思う作品以外は3D避けてるよ。
そんで、先週は抜歯してきたぁ。
目も歯も折り合いつけながら…そんな年代になっちゃったみたい(爆)
アイマックさん* (kira)
2010-04-27 23:37:41
ご心配、有難うございます♪
もうすっかり完治しました

まだ子供が小さかった頃は、それなりに観ていたディズニー作品も、
オトナの鑑賞に堪えられる作品がどれだけあるかというと、
私的にはもの凄く少ないんですよ、、、
なので、ジョニーだし、ティムだし~と期待しても、良くも悪くも「ディズニー」でしたね。
でも、3Dデビューには持って来いでした
ゴーダイさん* (kira)
2010-04-27 23:45:20
初めまして。
コメント、有難うございます♪

昔、夏休みなどに従妹たちとわくわくして聞いた、
祖母の昔話は、その殆どが彼女の創作昔話でしたが、
子供ってそういうお話は何度でも聞きたいものですよね~。
それにしても、アリスはやはり超~箱入り娘だったのですよね~(笑)
やはり「偉大な人」だったのでしょうか~
ボーさん* (kira)
2010-04-27 23:56:57
そうそう、ちょろっと面白いんだけど、
可笑しいと言うほどではない
私が観た回は2Dが字幕だったし、3D吹替えは夕方という時間帯だったし、
子供の姿はなかったんですよ~。
子供の感想を訊いてみたいですよね?
余り小さい子には、伝わりにくかったんじゃないかと思いましたが、
キャラだけでも楽しめるのかもね
Unknown (zooey)
2010-04-29 16:56:38
目のご病気、大変でしたね。
どうぞお大事に…

私も今度こそIMAX3Dを観ようと楽しみにしていたのですが
川崎ラゾーナでは、それの字幕版は夕方からしかなかったのであきらめて、普通の3Dで観ました。
映像は綺麗でしたが…
やはり原作への思い入れが強すぎて駄目でしたティム・バートンの毒気も少なくて
お子様向けの仕上がりのように感じました。
オリーブリーたん* (kira)
2010-04-30 22:55:27
そのGW,だわよ~(笑)
また違う忙しさでしょう?
おかげ様で、目の方は殆ど完治。でも、もうあんまり無理はだめなのよね(苦笑)

>私も2DとIMAX3Dで観てきたけど(どちらも字幕~ごめんね~笑
あらんファンなら当然です~、ウン

この、内容的にはターゲットは割りに限定されるような気がしました。
「チャリチョコ」のようなオトナにも子供にもという
分かりやすくてインパクトもあるという感じではなかったですね~。
白塗りじゃないジョニー!はい、激しく希望~
で、あんまり怖くないヤツをお願いしたい
zooeyさん* (kira)
2010-04-30 23:45:27
ご心配、有難うございます。
もう大丈夫になりました。

>川崎ラゾーナでは、それの字幕版は夕方からしかなかったので
混んでましたでしょう?
あそこのIMAX3Dは「マイケル」の時も激混みでしたので、私も諦めました。
ティ・バートンらしさがなく、ディズニー的飛び出す絵本にも、
ターゲットが絞りきれてない出来になってしまってましたね~。
13年後・・・にそのムリがあったように感じた私です。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

66 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アリス・イン・ワンダーランド 3D (そーれりぽーと)
ティム・バートン監督最新作は、『フランケンウィニー』以来25年ぶりにディズニーに戻り、ディズニーに留まらずファンタジーの代表格『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の続編を創造。 しかも彼にとっては初めての3D映画と、いつもとは何か違う『アリス・イン・ワ...
アリス・イン・ワンダーランド 3D 字幕/ALICE IN WONDERLAND (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click あくまでも、 ティム•バートンが描く、不思議の国のアリス」{/m_0150/} アリスファンも、バートンのファンも、 そしてバートン×ジョニー・デップ7度...
アリス・イン・ワンダーランド (LOVE Cinemas 調布)
ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」をベースにその後のアリスの新たな冒険を描いた作品。『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督とジョニー・デップの7度目のコンビによる不思議なファンタジーが魅力だ。主演のアリスを『デ...
アリス・イン・ワンダーランド (だらだら無気力ブログ)
ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を基に ヒロインのアリスが19歳に成長し、再びワンダーランドに迷い込んで冒険 する様を描いた冒険ファンタジー。 監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督。 ヒロインのアリ...
アリス・イン・ワンダーランド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『アリス、戦う─ワンダーランドの運命を賭けて。』  コチラの「アリス・イン・ワンダーランド」は、ルイス・キャロルの「不思議な国のアリス」と「鏡の国のアリス」をベースに、その後のアリス(ミア・ワシコウスカ)の冒険を描いた4/17公開のアドベンチャー・ファン...
アリス・イン・ワンダーランド (描きたいアレコレ・やや甘口)
ティム・バートンの美神(ミューズ)はジョニー・デップだと思う。 ヘレナ・ボナム=カーターより...うん、きっと... (^^; ティム・...
アリス・イン・ワンダーランド(2010)3D字幕版 (銅版画制作の日々)
チェシャ猫アンダーランドにやって来たアリスをマッドハッターのところへ案内する。 「不思議の国のアリス」+続編「鏡の国のアリス」の作品を基にして製作されたティム・バートン監督のオリジナルストーリーの「アリス・イン・ワンダーランド」鑑賞して来ました。 東宝...
アリス・イン・ワンダーランド (Akira's VOICE)
「見た目」だけは,かなり面白い!!  
アリス・イン・ワンダーランド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 デカヘッド強烈!このキャラのおかげで最後まで睡魔に襲われずに鑑賞。
アリス・イン・ワンダーランド (風に吹かれて)
ようこそティム・バートンランドへ公式サイト http://www.disney.co.jp/movies/alice監督: ティム・バートン「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をベースにした、オリ
アリス・イン・ワンダーランド (悠雅的生活)
お前はどうかしてる。でもいいことを教えよう。偉大な人はみんなそうだ。【2D字幕版】
映画レビュー「アリス・イン・ワンダーランド」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ALiCE IN WONDERLaND◆プチレビュー◆鬼才ティム・バートンにしてはあまりに凡作。それでもこってりと濃厚な映像美は楽しめる。 【60点】 19歳のアリスは退屈な園遊会を抜け出し白うさぎの後を追って穴に落ちる。そこは不思議なアンダーランドで、住民たちは皆アリスの...
映画感想“アリス・イン・ワンダーランド”... (レベル999のマニアな講義)
内容幼き頃、奇妙な夢を見たことのあるアリス。自分がオカシイのかどうか、、、分からないまま、、、父の言葉だけが耳に残る優れた人は、みんな頭がヘン。。。それから、十数年後。...
【アリス・イン・ワンダーランド】2回目鑑... (猫とHidamariで)
今日公開の【アリス・イン・ワンダーランド】初日に鑑賞~試写会で鑑賞してますので、2回目の鑑賞です初日は混むだろうと前売り券の引き換えは2日前に済ませました。その結果10...
試写会編【アリス・イン・ワンダーランド】... (猫とHidamariで)
アリス・イン・ワンダーランドHPアリス・イン・ワンダーランド シネマトゥデイ英題:ALICEINWONDERLAND製作年:2010年製作国:アメリカ日本公開:2010年4月17日配給:ウォルトディズニ...
アリス・イン・ワンダーランド IMAX-3D版/ジョニー・デップ (カノンな日々)
別に何か根拠があったわけじゃないですけど、いつかティム・バートンが『不思議の国のアリス』を手がけるような気がしてたんですよね。あの世界観はティム・バートンが好きそうだし作風も合いそうに思いましたけど、劇場予告編を観た感じではどうやら私の予想をかなり越え...
アリス・イン・ワンダーランド☆世界はもう、マトモではいられない…。  (☆お気楽♪電影生活☆)
 「不思議の国のアリス」のその後・・・ アリス・イン・ワンダーランド ALICE IN WONDERLAND 2010年 アメリカ(ディズニー) メディア 映画 監督: ティム・バートン 原作: ルイス・キャロル 『不思議の国のアリス』/『鏡の国のアリス』 脚本: ...
アリス・イン・ワンダーランド (Diarydiary! )
《アリス・イン・ワンダーランド》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - ALI
「アリス・イン・ワンダーランド(2D字幕版)」★★★★★ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'09年制作 監督:ティム・バートン  出演:ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ ほか 子供のころから奇妙な夢に悩まされ続けるアリス、19歳。知人のパーティに向かう馬車の中でも、頭の中にあるのは、そのこと...
アリス・イン・ワンダーランド(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
ビリー(息子ちゃん2歳)が「アリスのおっちゃん、観るの!」と言ってくれたので「アリス・イン・ワンダーランド」を初日に観ることができました~。 ( → 公式サイト  ) 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、ア...
[映画『アリス・イン・ワンダーランド(日本語吹替版)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、期待していなかった。  理由は二点。  先ずは、『アリス』の物語は、そもそもが、子供が読むと摩訶不思議な世界を楽しめるのだろうが、理由を求めたがる大人にとっては、非常に不条理で物語を楽しむものではないからだ。  それで、映画として2時間を持たせ...
アリス・イン・ワンダーランド Alice In Wonderland (映画!That' s Entertainment)
●「アリス・イン・ワンダーランド Alice In Wonderland」 2010 アメリカ Walt Disney Pictures,109min.<日本語吹き替え・3D版> 監督:ティム・バートン 原作:ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・...
アリス・イン・ワンダーランド ULTIRA 3D(吹き替え版) (小部屋日記)
Alice in Wonderland(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督: ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ/ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アン・ハサウェイ 世界はもう、マトモではいられない・・。 3月23日にオープンした名古屋にあるワーナー・マイ...
アリス・イン・ワンダーランド (HEAVEN INSITE's Blog)
 最初に一言。アリス原作ファンお断り!  ディズニーがルイス・キャロルの不条理ギャグ(←私の個人的主観)『不思議の国のアリス』をアニメ映画化したのが1951年。それから時は流
アリス・イン・ワンダーランド 予習しとけばよかった~ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=18 -6-】 予習が必要だった。 「ふしぎの国のアリス」は、自分自身が子どもの頃に映画を見た覚えはあるし、娘が小さい時にディズニーの絵本を何度も何度も読み聞かせたことがあるが、正直、もう内容はほとんど覚えていない。(その娘とは昨夜大喧嘩(怒)←...
アリス・イン・ワンダーランド 予習しとけばよかった~ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=18 -6-】 予習が必要だった。 「ふしぎの国のアリス」は、自分自身が子どもの頃に映画を見た覚えはあるし、娘が小さい時にディズニーの絵本を何度も何度も読み聞かせたことがあるが、正直、もう内容はほとんど覚えていない。(その娘とは昨夜大喧嘩(怒)←...
アリス・イン・ワンダーランド (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アリス・イン・ワンダーランド’10:米◆原題:ALICE IN WONDERLAND◆監督:ティム・バートン「チャーリーとチョコレート工場」「スリーピー・ホロウ」◆出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ ◆STORY◆想像...
「アリス・イン・ワンダーランド」ああ、こりゃ楽しい~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワード  “ジョニー・デップ&ティム・バ-トン 7度目のコラボ!”「アリス・イン・ワンダーランド」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ・ジャパン)。「不思議の国のアリス」の映画...
「アリス・イン・ワンダーランド」 (或る日の出来事)
なんだかフツーだったなあ、という印象。
★「アリス・イン・ワンダーランド」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休み(火曜日)に、TOHOシネマズららぽーと横浜で観てきました。 もちろん3Dの字幕版。
アリス・イン・ワンダーランド (心のままに映画の風景)
子供時代に体験した不思議の国の記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス(ミア・ワシコウスカ)は、好きでもない相手からの突然のプロポー...
『アリス・イン・ワンダーランド ( 3D版)』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
想像していた世界が、そのまま美しく楽しく繰り広げられたような気がします。特に役者さんが演じていないCGだけのキャラクターには、飛び抜けて斬新で生きの良い素材がなかったのは、ちょっと惜しかったかなあ。
『アリス・イン・ワンダーランド』 (Cinema + Sweets = ∞)
昨日、有楽町の東商ホールまで行ってきました。 目的は、第48回優秀外国映画輸入配給賞の授賞式後に行われる『アリス・イン・ワンダーランド』の試写会。 18時からスタートして表彰式が30分ほど。 その後、2Dでの上映で観賞しましたー。 ******************** ...
アリス・イン・ワンダーランド■七つの海へ... (映画と出会う・世界が変わる)
このアリスは「戦うアリス」なのである。それも予言された解放者としての戦士なのである。穴の中に落ちていき不思議の国に行くのは原作と同じ設定であるが、そこでの冒険がアリスの...
『アリス・イン・ワンダーランド』・・・ティム・バートン×ディズニー (SOARのパストラーレ♪)
監督としてのティム・バートン作品を久しぶりに劇場で。ルイス・キャロルの原作「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」が持つ摩訶不思議な世界観が、彼ならではの映像表現と3Dでファンタジックに再現されていた。
アリス・イン・ワンダーランド (あーうぃ だにぇっと)
マスコミ試写@ウォルト・ディズニー試写室。 またまた紆余曲折の末見て来たが経緯については書けないのが残念。 3Dバージョン。
「アリス・イン・ワンダーランド」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「アリス・イン・ワンダーランド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー、マット・ルーカス、アラン・リックマン、マイケル・...
『アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト「アリス・イン・ワンダーランド」□監督 ティム・バートン □脚本 リンダ・ウールヴァートン □原作 ルイス・キャロル □キャスト ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ■鑑...
映画「アリス・イン・ワンダーランド 3D(日本語吹替版)」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『アリス・イン・ワンダーランド 3D(日本語吹替版)』を本日鑑賞。客席は40人程度で微妙な入り。 採点は★★★☆☆(5点満点で3点)。70点くらい付けても良い。 ざっくりストーリー 19歳のアリスが、あるパーティでチョッキを着た白ウサギを見つけ、あとをつい...
アリス・イン・ワンダーランド(3D字幕版) (映画鑑賞★日記・・・)
【ALICE IN WONDERLAND】 2010/04/17公開 アメリカ 109分監督:ティム・バートン出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー、マット・ルーカス声の出演:アラン・リックマン、マイケル・シー...
現実もまたワンダーランド。『アリス・イン・ワンダーランド』 (水曜日のシネマ日記)
童話「不思議の国のアリス」のその後を描いた作品です。
アリス・イン・ワンダーランド3D (ケントのたそがれ劇場)
★★★  『不思議の国のアリス』のアリスが成長して、もう一度ワンダーランドに戻り、新しい冒険をするというストーリー展開である。さすがウォルトディズニーだけあって、CGをふんだんに使った美しい映像と、3Dの技術に関しては文句のつけようがない。  ただ通り一...
アリス・イン・ワンダーランド (こんな映画見ました~)
『アリス・イン・ワンダーランド』 ---ALICE IN WONDERLAND--- 2010年(アメリカ) 監督:ティム・バートン 出演: ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ 子どもの時に体験した不思議の国(ワンダーランド)での記憶...
アリス・イン・ワンダーランド (Memoirs_of_dai)
偉人は狂っている 【Story】 子供の時に体験した不思議の国での記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス(ミア・ワシコウスカ)。ある日、...
「アリス・イン・ワンダーランド」 (みんなシネマいいのに!)
 う~ん、実は子供の時に「不思議な国アリス」も「鏡の国のアリス」も読んだのだけど
「アリス・イン・ワンダーランド」:豊洲二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}映画のポスターの向こうに見えるのは? {/kaeru_en4/}キッザニア。 {/hiyo_en2/}どちらも子どもたちにとっては、夢のワンダーランドってことね。 {/kaeru_en4/}でも、ティム・バートン監督の「アリス・イン・ワンダーランド」に登場するのは、19歳になった...
「アリス・イン・ワンダーランド」 (Zooey's Diary)
19歳になったアリスが、意に沿わない求婚を前にして現実から逃げ出し、 白ウサギを追いかけて不思議の国に迷い込むという設定です。 女の子が喜ぶ作品だという意見があるようですが 確かにお洒落な映画です。 アリスが次々に着替える衣装はどれも洒落てるし、 森の...
【アリス・イン・ワンダーランド】大人の国のワンダーランド (映画@見取り八段)
アリス・イン・ワンダーランド~ ALICE IN WONDERLAND ~ 監督:  ティム・バートン    出演: ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレ...
『アリス・イン・ワンダーランド』:あえて2Dで観ました。 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
3Dのスクリーンが多い中、あえて2Dのスクリーンを選んで鑑賞しました。 というのも、
アリス・イン・ワンダーランド (5125年映画の旅)
少女時代に不思議の国を冒険したアリス。それから13年。破天荒なアリスは、周りのしきたりや名家の御曹司からの求婚に戸惑っていた。そんな中アリスは、赤の女王に支配された不思議の国を再び訪れる。住人達から「国を救って欲しい」と頼まれるが、アリスはこれが自...
『アリス・イン・ワンダーランド』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
なんなんだろう? 「不思議の国のアリス」ってこんなお話だったっけ? ・・・・・・と、ずーっと思いながら観てました。 原作の『不思議の国のアリス』と続編『鏡の国のアリス』をミックスしたオリジナル・ストーリーです。 アリスが、”少女”と呼ぶにはちょっと...
アリス・イン・ワンダーランド (Blossom)
アリス・イン・ワンダーランド ALICE IN WONDERLAND 監督 ティム・バートン 出演 ミア・ワシコウスカ ジョニー・デップ      ヘレナ・...
「アリス・イン・ワンダーランド」 変な子の成長物語 (はらやんの映画徒然草)
何かとタイミングが合わず観あぐねていましたが、やっと観てきました。 大好きな監督
アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版... (kaoritalyたる所以)
4/18に観た2本目の映画を、19日の枠でアップします。もう1ヶ月以上経ってますが、現在も興行的にはとても好調のようで、嬉しい反面、新しい映画が揮ってない・・というのは...
観ました、「アリス・イン・ワンダーランド」 (オヨメ千感ヤマト)
21世紀には「不思議の国のアリス」はこうなった。以下ネタバレあります。 不思議体
『アリス・イン・ワンダーランド』(3D)@ワーナーマイカルシネマズ板橋 (映画な日々。読書な日々。)
白ウサギと遭遇したことによって不思議の国へと迷い込んだアリス。そこは、美しくもグロテスクなファンタジーワールドで、トゥィードルダムとトゥィードルディーや、赤の女王とその妹で慈悲深い白い女王たちに出会う。[上映時間:109分] 旦那さんが3Dで観たいと言うの...
アリス・イン・ワンダーランド 3D <ネ... (HAPPYMANIA)
ティム・バートン&ジョニー・デップ 最高っっ ティム・バートンの 世界観が好きな方には めっちゃお勧めな 作品しかも 3Dで観るに限るじぇ ワタクシ すっかりめっきりワ...
『アリス・イン・ワンダーランド』が挑戦したものは? (映画のブログ)
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら...
アリス・イン・ワンダーランド (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アリス・イン・ワンダーランド 制作:2010年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか あらすじ:不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母...
アリス「プディングケーキはだれのもの?」 (虎犇秘宝館)
2008年11月28日初出2010年8月7日リライトしました。王国一の剣士、ライオンのもとに若いユニコーンがはるばる訪れた。「我に剣術を教えたまえ」「よかろう、教えてしんぜよう」「王国一の剣士となった暁は、報酬として王国一のプディングケーキを差し上げよう」「契約成立...
アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワードアリス・イン・ワンダーランド(原題:Alice in Wonderland)キャッチコピー:世界はもう、マトモではいられない…。製作国:アメリ....
【映画】アリス・イン・ワンダーランド…ワシコウスカに萌えるか否か (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告から… 昨日、2010年9月11日(土曜日)は夜勤明けで朝7時頃に寝たにも関わらず、何故か午前中に起床。 で、午後からは娘のリクエストでイオン八幡東ショッピングセンターに行く事に。 私としては特に目的も無...
『アリス・イン・ワンダーランド』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アリス・イン・ワンダーランド 』 (2010)  監  督 :ティム・バートンキャスト :ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・...
アリス・イン・ワンダーランド (RISING STEEL)
映画の日、千円での鑑賞で見ました。 「アリス・イン・ワンダーランド」。今年のGW最大の話題作だ。 ちゃんと読んだこと無いけど(オイ)不思議な国に迷い込んで トランプの兵隊とかに追われたりするん...
喪中映画評「アリス・イン・ワンダーランド」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ティム・バートン ネタバレあり
アリス・イン・ワンダーランド (mama)
ALICE IN WONDERLAND 2010年:アメリカ 原作:ルイス・キャロル 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム・カーター、アン・ハサウェイ、 ...