to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

まほろ駅前狂騒曲

2014-10-29 21:04:02 | the cinema (マ・ヤ行)

原作 三浦しをん『まほろ駅前狂騒曲』(文藝春秋刊)
脚本 大森立嗣/黒住光
監督 大森立嗣
主題歌 くるり『There is (always light)』
出演 瑛太/松田龍平/高良健吾/真木よう子/本上まなみ/新井浩文/三浦誠己/古川雄輝/横山幸汰/岩崎未来/麿赤兒/松尾スズキ/大森南朋/岸部一徳/永瀬正敏

三浦しをんのベストセラー小説を実写化した『まほろ駅前』シリーズ第2弾
東京の郊外まほろ市で便利屋を営む多田啓介のもとに、同級生の行天春彦が転がり込んできてから3年。2人で行う便利屋仕事もすっかり板についてきたある日、多田はある難題を抱え込んでしまう。行天に内緒で、彼の実の娘はるの子守りを引き受けてしまったのだ。多田は子ども嫌いの行天にちゃんと伝えられず四苦八苦。そんな中、いつもアブない依頼を持ち込む裏社会の男・星良一に頼まれ、無農薬野菜の栽培&販売をする“家庭と健康食品協会(HHFA)”という団体の調査を始めた多田と行天だったが…。

多田と行天の便利屋コンビの距離感は相変わらず、なのだけど、
そして、謎の多い気味の行天に振り回される多田、というのも相変わらずなのだけど(笑)
この二人の過去の経緯を知らなくても、この物語は楽しめると思います。

この多田便利軒に関わってくる依頼人や、多田をとりまくまほろの街の人たちも、
そこまで「知っていないと理解できない」モノではない。想像して観れば十分

結構マジメな多田。優しくて誠実で.......女性には不器用です。
結構不真面目な行天。不器用を絵にかいたような男なのに、いつも仰天の行動で
多田の心臓を脅かし、、、結果オーライだったり(爆)も相変わらず。が!

今回の事件は意表を突かれる展開に


ゆる~い便利屋が巻き込まれる今回の事件は、やっぱりどこか軽く描かれていて、
暗過ぎず(むしろ明るい)濃すぎず、重過ぎず(むしろ軽いか?)、腹八分目
なので、お腹いっぱいを求めると、ちょっと違うかも。

ユルイんだけどパンチもある
キャストも主演二人のこの空気感に見合った、高良くんや新井くん、大森南朋さん岸部一徳、
そして永瀬くんだもの。ちょっと脱力系強面と言うべきか(笑)

マジメな多田がヤクザな星(高良くん)に○○されるとこで、先ず観客ほぼ全員が声出して笑ったね
いつもふざけてるような行天が、ポイントポイントで美味しい
色々あっても彼らの人生の切り抜け方を、緩い目で見守りつつ楽しみましょう
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜は火・10 の恭子ちゃん~♪ | トップ | ダイハツ公式 ミラ イース「... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2014-10-31 08:02:21
>ユルイんだけどパンチもある
そうそう、内容も実はけっこうシリアスだったりするのだけど、ゆるさで中和している感じ?

相関関係は知らないと最初はん~って感じになりそうだけれど、これ見て前作に遡っても楽しめますよね。

たいむさん♪ (kira)
2014-11-01 11:51:46
>相関関係は知らないと最初はん~って感じになりそう
ですよね~。でも、
コレ、前作観たのに、記事にしなかったのか?まるっと忘れてて、、もうアブナイ私
ただ、観る側もある程度予測、想像してみれば、この作品の愛おしさは伝わると思います

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
まほろ駅前狂騒曲~なぜか1Q84ぽい (佐藤秀の徒然幻視録)
真面目と不真面目の境目のない世界 公式サイト。三浦しをん原作、大森立嗣監督。瑛太、松田龍平、高良健吾、真木よう子、本上まなみ、奈良岡朋子、新井浩文、三浦誠己、古川雄輝 ...
まほろ駅前狂騒曲 (映画好きパパの鑑賞日記)
 三浦しをん作の人気シリーズの映画2作目。その間にテレビドラマもやっており、映画もドラマも好きだった僕としては、瑛太、松田龍平のコンビが見られるだけでうれしいのだけど、肝心の内容が今一つ。ファンサービスと考えればいいのでしょうかね。  作品情報 2014年...
『まほろ駅前狂騒曲』 2014年10月8日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『まほろ駅前狂騒曲』 を試写会で鑑賞しました。 前作も見たけど、内容はさっぱりおぼえてません。 『まほろ駅前 多田便利軒』 【ストーリー】  まほろ市で便利屋を営む多田啓介(瑛太)のところへ、中学時代の同級生・行天春彦(松田龍平)が転がり込んで3年目。行...
まほろ駅前狂騒曲 (花ごよみ)
原作は三浦しをんの小説。 映画「まほろ駅前多田便利軒」、 その続編のテレビドラマ 「まほろ駅前多田番外地」に続きます。 映画としては2作目。 監督は大森立嗣。 主演は瑛太と松田龍平、 それに高良健吾、真木よう子、本上まなみ、 大森南朋など前作の映画版や、 ...
まほろ駅前狂騒曲/瑛太、松田龍平 (カノンな日々)
三浦しをんさんのベストセラー小説を瑛太さんと松田龍平さんのコンビで映画化した人情コメディ・ドラマ『まほろ駅前多田便利軒』はその後TVドラマ版「まほろ駅前番外地」の第2弾へ ...
まほろ駅前狂騒曲/瑛太、松田龍平 (カノンな日々)
三浦しをんさんのベストセラー小説を瑛太さんと松田龍平さんのコンビで映画化した人情コメディ・ドラマ『まほろ駅前多田便利軒』はその後TVドラマ版「まほろ駅前番外地」の第2弾へ ...
『 まほろ駅前狂騒曲 』ライター、子育て、トラウマ、そして小指 (映画@見取り八段)
まほろ駅前狂騒曲      監督: 大森立嗣    キャスト: 瑛太、松田龍平、高良健吾、真木よう子、本上まなみ、永瀬正敏、奈良岡朋子、新井浩文、三浦誠己、古川雄輝、横山幸汰、岩崎未来、水澤紳吾、大西信満、原田麻由、宇野祥平、市川実和子、伊佐山ひろ子、麿赤...
映画 まほろ駅前狂騒曲 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    横中バスが、間引き運転していないか   調査を依頼していた岡。   多田便利軒に仕事がないから   依頼していたと思っていたのに   実は、横中バ...
映画・まほろ駅前狂騒曲 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本原作 三浦しをん「まほろ駅前狂騒曲」 多田(瑛太)&行天(松田龍平)互いを苗字で呼び合う三十路男が二人便利屋と助手(居候)、まほろ市内の中学時代の同級生で共にバツイチ責任感が強く他人を放っておけない性格から客の依頼だけでなく人生まで背...
「まほろ駅前狂騒曲」 みた。 (たいむのひとりごと)
『まほろ駅前多田便利軒』(2011年)、その続編でテレビドラマ化された『まほろ駅前多田番外地』に続くシリーズ第3弾。非凡というほどのこともないけれど、かといって平凡でもない多田と行天の日常を描いた物語
映画『まほろ駅前狂騒曲』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
前作もテレビシリーズも大好き! 多田便利軒が帰ってきました。   『まほろ駅前狂騒曲』(公式サイト)を 観て参りました。
『まほろ駅前狂騒曲』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「まほろ駅前狂騒曲」□監督 大森立嗣□脚本 大森立嗣 黒住光□原作 三浦しをん□キャスト 瑛太、松田龍平、高良健吾、真木よう子、本上まなみ、大森南朋、永瀬正敏■鑑賞日 10月26日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの...
『まほろ駅前狂騒曲』 (beatitude)
東京の郊外にある治安がいいとは言えないまほろ駅前で便利屋を営む多田啓介(瑛太)のもとに中学時代の同級生・行天春彦(松田龍平)が転がり込んでから3年目、多田便利軒には相変わらずあくが強い客や奇妙な依頼が舞い込んでいた。これまで会ったことのなかった行天の実....
まほろ駅前狂騒曲 (昼寝の時間)
公式サイト 原作:三浦しをん「まほろ駅前狂騒曲」(文藝春秋)監督:大森立嗣/脚本
「まほろ駅前狂騒曲」実の娘を預かった先にみた子供を守り切った父親としての自覚  (オールマイティにコメンテート)
「まほろ駅前狂騒曲」は2011年4月に公開された「まほろ駅前多田便利軒」の続編で、行天の実の子を預かる事になった多田と行天がある事件に巻き込まれていくストーリーである ...
まほろ駅前狂騒曲 (とりあえず、コメントです)
瑛太&松田龍平が便利屋として活躍するシリーズ第3弾です。 主演二人の仲の良さがそのまま現れているようなキャラクターが楽しくて、新作も楽しみにしていました。 原作よりはちょっと軽快なコンビが事件に巻き込まれていく物語は微妙なところもありつつも楽しめました~ ...
「まほろ駅前狂騒曲」 (2014 東京テアトル=リトルモア) (事務職員へのこの1冊)
東京都の地図をみてもらえば、その町がちょっと変なことに気づくはずだ。そこだけ、神奈川県側にぶかっこうに飛び出ているのである。だからその町の道には、横浜中央交通のバスが通り、停留所そばに住む老人は、なぜか常に間引き運転を疑っている。まほろのモデル、町田...
まほろ駅前狂騒曲 (映画的・絵画的・音楽的)
 『まほろ駅前狂騒曲』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)第1作の『まほろ駅前多田便利軒』を見て面白かったので、この作品もと思い映画館に行ってきました。  本作は(注1)、第1作と同様、まほろ駅前で便利屋を営んでいる多田啓介(瑛太)と、そこに転がり込んできた...
今日の映画観賞 まほろ駅前狂騒曲 (地下室で手記)
ロケ地が分かりやすい映画を見てきました。 10月5日、映画『まほろ駅前狂騒曲』公開記念マッチデーとしてFC町田ゼルビアvsガイナーレ鳥取という試合がJ3でありまして、映画に絡んだイベントをいろいろと用意していたにも関わらずに、台風が来て大雨洪水警報が...
名コンビ再び~『まほろ駅前狂騒曲』 (真紅のthinkingdays)
 まほろ駅前で 「結構真面目に」 便利屋を営む多田(瑛太)の元に、中学時 代の同級生行天(松田龍平)が転がり込んでから早2年。世話焼きで誠実な多 田と、自由気ままな行天はそれなりに上手くやっていた。ところが、行天の元妻 ・三峯(本上まなみ)から 「娘...
「まほろ駅前狂想曲」、瑛太と松田龍平の脱力コンビ (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 瑛太・松田龍平ファン、脱力系コメディファン ☆☆☆☆ 三浦しをん原作の、東京のある街まほろ駅前に開業する便利軒の物語。前作「まほろ駅前多田便利軒」から、テレビ「まほろ駅前多田番外地」をへて、今作が3作目。 同じ登場人物が出てくるので...
まほろ駅前狂騒曲 (la Casa del Lapiz:鉛筆庵)
           2014年/日本/124分 監督:大森立嗣 原作:三浦しをん 出演:瑛太、松田龍平、高良健吾、真木よう子、本上まなみ ストーリー:まほろ市で便利屋を営む多田啓介(瑛太)のところへ、中学時代の同級生・行天春彦(松田龍平)が転がり込んで3年目。行天....