to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

歩いても 歩いても

2008-08-06 19:12:17 | the cinema (ア行)
人生は、いつもちょっとだけ間にあわない
製作年度 2007年
上映時間 114分
原作・脚本・編集・監督 是枝裕和
音楽 ゴンチチ
出演 阿部寛/夏川結衣/YOU/高橋和也/田中祥平/寺島進/樹木希林/原田芳雄


長男の命日のために、老いた両親に家に久々に顔を揃えたある一家の一日をスケッチしたホロ苦くも温かな家族ドラマ。なにげない会話の積み重ねを通して、家族ゆえのわだかまりやいたわりといったない交ぜの感情を抱える登場人物の揺れ動く心の機微を、ユーモアを織り込みつつ辛辣かつ温かな眼差しで繊細に描き出していく。監督は「誰も知らない」「花よりもなほ」の是枝裕和。

夏の終わりの季節。高台に建つ横山家。開業医だった恭平はすでに引退して妻・とし子とこの家で2人暮らし。その日、久々に子どもたちがそれぞれの家族を連れて帰郷した。その日は、15年前に亡くなった長男の命日だったのだ。次男の良多は、もともと父とそりが合わなかった上、子連れのゆかりと再婚して日が浅かったこともあって渋々の帰郷。両親がいまだそれぞれに長男の死を受け止めきれずにいることが、良多の心をますます重くする。いつも陽気でソツのない長女のちなみは、そんな家族のあいだを取り持ち、家の中に軽い空気を持ち込むが…。

是枝監督のお母さまへの「何もして上げられなかった」思いから始まったという作品。

老いた両親だけで暮す年季の入った実家の台所、
浴槽の小さなお風呂場に、壊れたタイル。
うちわを持って座りたい縁側に、家を建てたときに植えた父親の大事な木。(ここでは百日紅)
そして、息子や娘の家族も交えての一日の中で繰り広げられる会話の中に、
どこかで「あるある」というシーンにでくわすいい作品でした!

「ちっちゃ~い」
「誰にも隠れて聴く音楽」
そして「いつも、ちょっとだけ間に合わない」些細な事。。。

樹木希林さんの包丁裁きと、とぼけた毒を含んだセリフが印象的でした。
あるいても~ぉ あるいても~ぉ」で
何故か唐突に涙がこぼれました。直後に笑っちゃうんだけど
同じ「としこ」さん繋がりで、「魂萌え!」のとしこさんも思い出しました・・・

それにしても、息子って―
気付かない振りして、母親の中に潜む、鬼の部分をちゃんとみていたりするんだね、、
気をつけよう――遅いかも知んないけど(汗

「誰も知らない」では涙が止まりませんでした。
この監督は少年を撮るのがとても上手いと思いますが、本作では女性を撮っても上手いんだと
思いを新たにしました~
「誰も~」に続いて出演のYOUと寺島進さん、いい味だしてます♪
映画の阿部寛ちゃん、作り過ぎない「ちっちゃい男」良かったです~
でも、姑としての顔、お婆ちゃんの顔、妻としての顔、なにより、息子を奪われた母としての顔をみせて、
樹木希林さん、素晴しかったです

跡継ぎの長男を亡くした老いた父。兄を亡くした弟。父を亡くした少年が海に向かう途中の階段で
さりげなく労わりを見せるシーンがスキです


またしても、お目当ての映画を観れず、少しの待ち時間で観れたこの作品。
思った以上に素敵な作品でした
ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜の課外授業~! | トップ | 「学校じゃ教えられない!」 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素朴だけど深い~ (cyaz)
2008-08-06 22:19:06
kiraさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
是枝作品の中では僕はこの作品が一番好きでした。小さな家族の中に色んなエッセンスが注ぎ込まれた、そして役者の度量も測れる素朴だけど深い映画だったと思います。
改めて親の居るうちに親孝行しておかなきゃと思いました。

毎日暑い日続きますが、kiraさんもどうぞご自愛下さいませ^^
現実的ですね (fujisan)
2008-08-07 00:17:10
kiraさん,TBありがとう
僅かに一泊二日の話ですが、身近な話が織り込まれた物語でした。
わが身にかえって、考えさせられるところも多々ありました。
自分自身を映し出しているようにも思いました。
いい映画でしたね。
kiraさんのお好みの映画も教えてくださいね。
母という存在 (ぺろんぱ)
2008-08-07 05:46:20
TBありがとうございます。

「♪歩いてもぁ~♪で唐突に涙」のkiraさん・・・。それだけでもこの映画の存在理由は大きいのですね。是枝監督の「さりげないシーンを撮る上手さ」が分かる気がします。

家庭に於ける「母」の存在の為す力を感じた作品です。
こんばんは♪ (ミチ)
2008-08-09 22:14:22
kiraさんお元気~~?
「東京タワー」に引き続き、自分の母親のことを強く思い出す作品でした。
あと、姑のこともね

「歩いても歩いても」っていうタイトルからブルーライトヨコハマを思い出さないなんて私もダメねぇ。
レコードっていうアイテムと、いしだあゆみの声がとっても懐かしかったです

もしかしたら年度末の邦画ベスト5に入っちゃうかも???
cyazさん~* (kira)
2008-08-13 11:00:24
こんにちは!毎日暑いですね~
是枝作品、2つしか観てないですが、
大号泣してしまった「誰も~」は、一度見たら忘れられない作品でしたが、
こちらもインパクトのあるセリフと画で心に刻まれるシーンがありましたね。
是枝監督、あまり間を空けすぎないで、次回作お願いしたいです♪
fujisanサマ* (kira)
2008-08-13 11:09:15
こんにちは~
コメント、有難うございます♪
>僅かに一泊二日の話ですが
そうなんですね、、。この作品を観ての帰り道、
1日はあっという間、時には1年さえもあっという間なのに、
注意して見ると、こんなに1日は長く、
振り返ると貴重だったりするんだと、改めて思ったりしました。。
いい映画の感想、共有できて嬉しいです♪
これからも宜しくです!
ぺろんぱさん* (kira)
2008-08-13 11:50:11
お越し下さり、嬉しいです

是枝監督、本当にさりげないシーンをステキに繋げてきますよねぇ♪
頭のいい方だという気がします!
「あるいてぇも~ぉ♪」の、あの音楽が流れた瞬間に、
いろんなその後の数十年、の長さが襲ってきたんでしょうか(照)

母としての女―。子供が自立してからの姿をみて
心に迫るものがありますね、、、。
ミチさん~* (kira)
2008-08-13 11:59:32
お越し下さり、ありがとうです~
本当に、自分の過去のシーンを再現されているのか?
コレ、再現ドラマ??と、思うシーンの連続だったですぅ(笑)
「歩いても歩いても」は、「しゃべれども~」とか、
「働けどハタラケド」なんて方に思考が行っちゃいますよね
予告を何度もみせられていても、あそこは思いがけなかったー♪
私もこれは今のトコ上位にきましたよ!
お腹も満足!? (nikidasu)
2008-08-14 13:11:14
茗荷と豆のご飯、豚の角煮、とうもろこしの天麩羅、白玉…。
手際の良い手順を含めて、その美味しそうな料理の数々に
すっかり見入ってしまいました。

それにしても、編み物しながら話し続ける樹木希林、
すごかったッス。
単純に感動でありました。
TBありがとうございました (ryoko)
2008-08-16 23:09:31
こんばんは!
>色んな顔をみせて、樹木希林さん、素晴しかったです。

ホントに一人の人間の色んな面を、見事に演じておられましたね。「来年も来てね」と言いながら「忘れてもらっちゃ困るんだ」と言った時の一瞬に、母のやり切れない悔しい思いが詰まってました。
レコードをかけたときの一言、夫は冷や汗もんですよね。
「子供は作らない方が・・・」と言った時の姑の顔、あんなこと言われたらいやだなぁ~。
って、すべて毒のある台詞ばかりが記憶に残っておりました
nikidasuさん~* (kira)
2008-08-17 13:58:50
お越し下さり、有難うございます!

あの手際の良さで、母の手料理を覗き込む心理になりましたよね(笑)
本当に公開時期もまさにうってつけ、
暑くて食欲も落ちていたし、
茗荷と豆のご飯は多少のアレンジをして好評でした~

男性の方には母という幻想が砕けたのでは?
ryokoさん* (kira)
2008-08-18 00:29:07
コメント、有難うございます♪

子供も成長すると、特に一度離れて別に家庭を持つと
親との距離の詰め方がちょっとぎこちなくなったりする、
そのビミョウさとかがとても可愛く描けていたと同時に、
大人となった息子に本音で切り返す母親に、たじろぐというのも解り
嫁の立場~娘の立場~母の立場のどれもがリアルなホームドラマでしたね~
毒があっても憎めない、、家族って面倒ですよね
TBありがとうございました (HIROMI)
2008-08-25 00:35:07
食事の場面で唐突に歌が流れるところとか、思わず笑いがもれる場面が多かったですね。それでいて苦い現実をリアルに描いて、う~んあるある、と思いながら観ました。是枝監督、いいいですね。
はじめまして。 (hyoutan2005)
2008-08-25 23:21:40
TBありがとうございました。
女性的とも思えるような細やかな監督の観察力と表現方法に驚かされました。
どこにでもある日常が見事にスクリーンに納まっていて、何となく胸がきゅんとなったりもする映画でした。
HIROMIさん* (kira)
2008-08-26 15:23:27
樹木希林さん演じる母の部分も、
「あるいてぇも~」をそこでかけさせるオンナの部分も
そこまでやるか、なみたいですが、実はコレ結構な確率で「ある」話ですよね~(爆)
毒をちらつかせながらも温かい作品でした~♪
hyoutan2005さん* (kira)
2008-08-26 19:35:25
こちらこそ、ご丁寧にご挨拶、有難うございました。
日常の中の、家族の棘とか、
オンナの毒といったものが絶妙の「間」とともに描かれていて、
それが本当に人間臭い味わいとなっていました。
是枝監督の繊細さとセンスに、これからも注目ですね
遅くなりました (悠雅)
2008-10-30 22:13:26
こんばんは。
すっかりお邪魔が遅くなってしまってごめんなさい。

イントロ数秒で何の曲だかわかって、今でも全部唄えるくせに、
その瞬間まで、ちっともこのタイトルと結びつかなかった…のに、
今となっては、タイトルを観るたび、メロディつきだったりして困ってます(笑)

樹木さん、『東京タワー』のオカンもよかったけれど、
このお母さんは、飴と毒が共存していて、
お料理もレース編みも手際よくて堂に入ってて、
「働いていない」と言われることに反発しながらも、
常に黙って家族を支え続けた証明のようで、
そのくせ、ヒヤリとすることを平気で言うって…
何だかちょっとかっこよくさえ思いました。

確かに知らず知らず、2人の息子を比べていたかもしれないけれど、
期待云々ではなく、息子を不本意な形で失ってしまった母の悲しみを思うと
蝶を追う姿に涙してしまいました。
悠雅さん* (kira)
2008-11-01 20:21:33
こんばんは!お越し下さり嬉しいです~。

「読書会」ならぬ、映画観賞会みたいにこの作品をテーマに語りたいぐらいですよね!
友人は私とは別に観ていたようですが、
やはりこの作品は自分の母や姑、自分の子供時代など、
あるある話は尽きないと言っていました。
ちょっと昔に帰って横山家に入っていた感じでしたよ。

唐突に、あのタイミングであの曲をかけて(笑)言ってしまう母、
もう、息子は父よりドギマギですよね~

子供を亡くすと、、子供はその時のまま年を取らないんでしょうね。
あの時の原因の少年は年を取っていく・・。
あの蝶を追う姿には私も泣けました
こんにちは~♪ (メル)
2009-02-01 10:17:10
kiraさん、こんにちは☆

ほんとに、”あるある"でいっぱいの映画でしたね~。

嫁の立場で見てたり、娘の立場だったり
あの次男の立場だったりして見てましたし
私もこの映画を見た後は、鑑賞後感想会みたいなのを開いて、みんなと語り合いたいくらいでしたわ(笑)

年齢的には娘よりもちょっと母親の方に
近くなりかけてる私ですので(^_^;)
彼女の気持ちもよくわかって、毒をはきたくもなる気持ち、わかるわ~・・なんて思ったりもしました。女の部分もねd(^-^)
それに、自分の息子は死んだのに、助けた子供は
どんどん年をとり成長し・・たまらんでしょう、それは、と。
人間には優しいところと鬼のようなところ
両方あるんだよなぁ~・・なんて思ったり。

・・とこういうことをつらつら書いてると
きりがなくなりそうなタイプの映画ですよね(^_^;)

とにもかくにも良い映画を見せてもらいました。
メルさん* (kira)
2009-02-05 02:22:51
この作品の登場人物は、
みんな、どこか、
「遠い昔の自分」だったり「いつかの私」だったり、
「時々意識する、自分の姿」もしくは
「いつかみた親」の風景だったり(笑)
本当に、語りだしたらきりがないくらい
「家族」を丁寧に描いてましたよね。

これがたった1泊2日のお話なんですもの。
回想シーンもなく、ありきたりの息子夫婦の里帰りに絡ませて、
親の孤独、老い、無念の思いが伝わってくるし、
いつまで経っても、親は親。
大きくなっても子供にとって帰る実家は煙たくても懐かしいもの。
有難くも面倒なもの、、、肉親のもつ微妙な間合いも実に上手く出てましたね
それぞれの思い (sabunori)
2009-10-25 23:10:23
kiraさん、こちらもTBありがとうございました!
タイトルだけでは「歩いても歩いても」があの曲から来ていることに全然気づきませんでした。ワタシトシタコトガ
あの実家の使いこまれた台所が妙に観ていて落ち着きました。
あのコーンの天ぷら、作ってもらって食べたいです♪
(自分で揚げるのはパチパチはねるからパス。笑)
私はどうしてもお嫁さんの立場に立って鑑賞してしまいました・・・。
sabunoriさん* (kira)
2009-10-27 19:35:38
この作品のタイトルからあの曲を想像した人っているのでしょうか
曲が流れれば、恐らくはちゃんとそらで歌える私でさえも
びっくりでした~。懐かしすぎて、ナツカシスケギテ・・・

懐かしついでに、もう、
気分は里帰りした出来の悪い子供になってみていましたよ(笑)
とはいえ、あの息子のいない場面での嫁と姑のシーンは、
経験がありますよ~。「同じだっ」と思いながら、遥かな昔を思い出しました(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
是枝裕和監督の「歩いても 歩いても」を観た! (とんとん・にっき)
新宿武蔵野館で、是枝裕和監督の「歩いても 歩いても」を観てきました。阿部寛、YOU、樹木希林、原田芳雄など、芸達者な俳優が数多く出ているので、普段はあまりこのような映画は観ないのですが、なぜか観てみたくなり、行ってきました。チラシに、「家族のことを想う時
『歩いても歩いても』 (ラムの大通り)
----これって是枝裕和監督の『誰も知らない』以来となる現代劇。 けっこう話題を読んでいるよね。 「うん。彼はドキュメンタリー現場が長く、 その後に作られた最初の劇映画が『幻の光』。 それ以降も『ワンダフルライフ』とか『ディスタンス』とか…。 正直言って、 どち...
「歩いても 歩いても」:月島駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}月島にもこんな高いタワーがあるのか。 {/hiyo_en2/}歩いて登ったら大変でしょうね。 {/kaeru_en4/}歩いても歩いてもてっぺんにつかない。映画の「歩いても歩いても」みたいに。 {/hiyo_en2/}って、映画の「歩いても歩いても」ってそういう話じゃないでしょ...
『歩いても歩いても』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「歩いても歩いても」□監督・原作・脚本・編集 是枝裕和 □キャスト 阿部寛、樹木希林、夏川結衣、原田芳雄、YOU、高橋和也、田中祥平、寺島進 ■鑑賞日 6月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0....
映画「歩いても 歩いても」を試写室にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「歩いても 歩いても」@映画美学校第一試写室 映画の話 ある夏の終わり。横山良多は妻・ゆかりと息子・あつしを連れて実家を訪れた。開業医だった父と昔からそりの合わない良多は現在失業中ということもあり、気の重い帰郷だ。姉・ちなみの一家も来て、楽しく語らい...
歩いても 歩いても (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ある年、夏も終わりに近付いた頃、横山良多は、妻のゆかりと息子のあつしを連れて実家に向います。以前から、開業医だった父とそりの合わなかった良多にとっては、現在、失業中ということもあり、気の進まない帰郷となっています。良多の姉、ちなみの一家も来ていて、賑や...
歩いても歩いても (JAZZと映画・本)
どこかのブログで見てみたい映画としてあげられていた。 「歩いても歩いても」を見た
『歩いても歩いても』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
夏のある日、横山良多は妻のゆかりと息子のあつしとともに実家に帰省した。この日は、15年前に他界した兄の命日。しかし、失業していることを口に出せない良多にとって、両親との再会は苦痛でしかなかった。[上映時間:114分] 夏の終わり、良多は15年前になくなった兄...
『歩いても 歩いても』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督・原作・脚本・編集:是枝裕和出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平、樹木希林、原田芳雄鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<Story>ある夏の終わり。横山良多(阿部寛)は妻・ゆかり(夏川結衣)と息子・あつし(田中祥平)を連れて...
歩いても 歩いても (まてぃの徒然映画+雑記)
是枝監督の最新作。時代劇があまり好きでなく「花よりもなほ」を観てないので、「誰も知らない」以来の是枝監督作品に期待が高まる。15年前に海で溺れた子供を助けて亡くなった長男純平の命日に、実家に集まる横山家の姉弟。冒頭は、ちなみを演じるYOUとおばあちゃんの...
歩いても 歩いても(映画館) (ひるめし。)
人生は、いつもちょっとだけ間にあわない
「歩いても 歩いても」家族劇の名作 (ももたろうサブライ)
監督 是枝裕和少しあらすじ 横山家では母(樹木希林)と娘ちなみ(YOU)が料理をしていた。ちなみは家族と一緒に両親と同居することを申し出ていた。 そこへ横山良太(阿部寛)が妻(夏川結衣)と子どもを伴って帰省する。この日は良太の兄で後継ぎとして期待されていた...
映画『歩いても 歩いても』 (健康への長い道)
昨日14:05からの回を観ようと、12:45に劇場に着いたら満席でした蓮。 というわけで、今日仕事帰りに出直しました。18:45の回に滑り込みセーフ玲、整理番号は17。凄い落差秊。 Story ある夏の終わり。横山良多(阿部寛)は妻・ゆか...
歩いても 歩いても (Diarydiary!)
《歩いても 歩いても》 2008年 日本映画 長男の命日に久しぶりに実家に集まっ
映画 【歩いても 歩いても】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「歩いても歩いても」 是枝裕和監督の最新作は、ある家族の一日を描いたホームドラマ。 おはなし:横山良多(阿部寛)は妻(夏川結衣)とその連れ子とともに自分の実家にやってきた。この日は、15年前に他界した兄の命日だった。 もうすぐお盆。日本全国で...
【2008-174】歩いても 歩いても (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その日、家族は久しぶりに集まった──。 長男の15回目の命日 人生は、いつもちょっとだけ間にあわない
歩いても 歩いても (シャーロットの涙)
車ではなく、、、歩くのだ
「歩いても 歩いても」 (俺の明日はどっちだ)
『人生は、いつもちょっとだけ間にあわない』 親子、兄弟、従兄弟、姑…、さまざまな家族の係わり合いを通じて人間同士の距離感や結びつきを改めて考えさせてくれ、個人的には今年一番心に染み渡った家族ドラマの秀作。 長男の命日のために開業医として働いていた老いた...
歩いても 歩いても・・・・・。 (銅版画制作の日々)
 歩いても~♪歩いても~ このタイトルは、これだったのだそう、あのいしだあゆみが歌った「ブルーライト・ヨコハマ」。懐かしい~~ 8月8日、京都シネマにて鑑賞。何が凄いって、樹木希林の演技だ漂々としていて、彼女の口から吐き出す言葉は結構怖いものがある。ま...
歩いても歩いても☆独り言 (黒猫のうたた寝)
街の明かりがとても綺麗ね♪ヨコハマ~ブルーライト・ヨコハマ~♪もしかしたらタイトルはこの曲からだったの?っと思ったワンシーン『歩いても歩いても』観てきました。長男の命日に実家に集まった家族の2日間のおはなし実家は町の内科医院・・・久しぶりに訪れる次男と...
『歩いても 歩いても』プレミア特別上映 2008-No31 (映画館で観ましょ♪)
是枝裕和監督と阿部寛さんを かなり上の席から見てきました。 遠くからでも顔が小さくてスタイルの良さが分かる阿部さん。 少し間を取...
歩いても、歩いても (映画の話でコーヒーブレイク)
神奈川地区ではチネチッタでしか上映していない「歩いても、歩いても」。 ファーストデイ割引きを利用すべく、久しぶりに川崎まで足を伸ばして来ました。     {/m_0091/}{/m_0091/}{/m_0091/}{/m_0091/}{/m_0091/}{/m_0091/}{/m_0091/}{/m_0091/}{/m_0091/}{/m_0091...
歩いても 歩いても:是枝作品初鑑賞は「不思議な充足感」だった (犬儒学派的牧歌)
★監督:是枝裕和(2007年 日本) 京都シネマにて。 ★あらすじ(Yahoo!映画より引用) 夏の...
歩いても歩いても (へでいくっ!)
実家に集まった家族の一日。 「人生は、いつもちょっとだけ間に合わない。」 私の場合、人生は、「わかってるけど後回し」の連続。自分の親の老いに気づいてはいても、なかなかこう優しく手を差しのべることが出来ない。元気なうちは、変に優しくすると、急に老いぼれて...
「歩いても歩いても」プレミア試写会 (まぁず、なにやってんだか)
昨日、C.C.Lemonホールの「歩いても歩いても」プレミア試写会に行ってきました。 招待ハガキには、阿部寛さんが舞台挨拶されると書いてあったので、もう何日も前からワクワクしていました。 当日の舞台挨拶は、昭和の雰囲気をかもし出している部屋のセットに、阿部寛...
『歩いても、歩いても』 8P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:8P休日に『Invitation』を読んでいたら、是枝監督の映画広告・宣伝美術を担当している葛西薫さんっていう人の『歩いても、歩いても』記事があって、突然見に行きたくなり急遽近所の映画館へ。【STORY】夏のある日、横山良多(阿部寛)は妻のゆかり(夏....
歩いても 歩いても (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。是枝裕和原作、監督。京浜急行三浦海岸駅前の不二家で一息つく横山良多(阿部寛)、妻ゆかり(夏川結衣)、息子あつし(田中祥平)。普通なら一気に実家へのはずだが、心の準備ができず、いつまでもうだうだ状態なのが痛い。
歩いても歩いても (シネマ大好き)
冒頭、母(樹々希林)が娘(YOU)と料理の仕度をする場面。皮を剥かれるにんじんや、包丁で切られるミョウガ、ざるで水を切られる枝豆が瑞々しく、「パフューム」を思い出した。海辺に続く階段も、家の内も外も、強すぎない光と影が微妙に交錯して、つつましい何気な...
『歩いても 歩いても』 (いつか どこかで)
映画『歩いても 歩いても』を見てきました。 脚本・監督は是枝裕和。
家族と言う名の風景写真~「歩いても 歩いても」 (ひょうたんからこまッ・Part2)
『歩いても 歩いても』 (2007年・日本/114分) 公式サイト ある日突然、天国へ旅立った大切な人。 現世に残された者たちは、 彼らの思い出を抱えたまま・・・、その後を歩く。 共に生きた...
『歩いても 歩いても』 久しぶりに実家へ帰った気分 (ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー)
『歩いても 歩いても』を観てきました。 場所は、シネカノン有楽町1丁目。 初日舞台挨拶ということで、是枝監督、阿部寛、夏川結衣、田中祥平、YOU、樹木希林、原田芳雄、高橋和也が上映前に登壇。 なんたって“青い鳥”以来の夏川結衣ファンなもので、初の‘生’結衣...
歩いても歩いても (愛猫レオンとシネマな毎日)
「誰も知らない」「花よりもなほ」の是枝裕和監督の最新作は、ある家族の1日の物語。 15年前、海の事故で亡くなった兄の命日のため、久々の帰郷をする弟一家。 いつも来ている姉の賑やかな一家も加わり、両親の家には、笑い声が響く。 いい映画でした。 たっ...
【映画】歩いても 歩いても (新!やさぐれ日記)
▼動機 是枝裕和 ▼感想 面白かった ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 夏のある日、横山良多(阿部寛)は妻のゆかり(夏川結衣)と息子のあつし(田中祥平)とともに実家に帰省した。この日は、15年前に他界した兄の命日。しかし、キュレーターの仕...
歩いても 歩いても (カトリーヌの雨傘)
  生活の匂いを消す・・・  白い壁 片付けられた部屋・・  子供なんてまるでいないみたい  生活臭が漂う事が悪いと思っていた  「歩いても歩いても」★20008 日本映画★是枝裕和監督★映画館観賞★わずらわしくて それでも気にかかる家族 というなの一つの....
歩いても 歩いても (悠雅的生活)
 百日紅。剥がれたタイル。おばあちゃんち。
『歩いても歩いても』@ギンレイホール (たーくん'sシネマカフェ)
シネカノン配給でよい作品そうなのはわかっていたけど待ち。やはり名画座へ来てくれました♪(もちろんギンレイ)「歩いても歩いても」(C)2008「歩いても 歩いても」製作委員会監督・原作・脚本・編集:是枝裕和出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平....
「歩いても 歩いても」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ある家族のリアル。たった二日間、正味丸一日の彼らの会話と日常で、ここまで表現できるなんて!
歩いても歩いても (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年6月28日 公開作品 2009年1月23日 DVDリリ-ス ★★★★★ 是枝裕和監督が「母に何もしてやれなかった」という後悔から作ったと知って★が一つ増えて 星5つ! 「この家は俺が働いて建てたんだ!おばあちゃん...
mini review 08357「歩いても歩いても」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『誰も知らない』『花よりもなほ』の是枝裕和が、家族の情景を鋭くとらえ、しんみりと描いたホームドラマ。15年前に死んだ兄と比較されて育ち、実家に居心地の悪さを抱いている男を阿部寛がユーモアと悲哀を込めて演じる。そのほか、夏川結衣、樹木希林、原田芳雄などが家...
映画「歩いても 歩いても」 (おそらく見聞録)
監督:是枝裕和(やっぱりドキュメンタリーな方) 出演:阿部寛(滑舌が…ちょっと)夏川結衣 YOU(超適役) 出演:樹木希林(◎)原田芳雄(◎)高橋和也 寺島進   5年前に死んだ兄と比較されて育ち、実家に居心地の悪さを 抱いている男と、その家族の情...
歩いても 歩いても (龍眼日記 Longan Diary)
横山良多(阿部寛)は妻ゆかり(夏川結衣)と息子あつしと共に実家を訪れる。 実家で待つのは開業医だった父(原田芳雄)と母(樹木希林)、姉ちなみ(YOU)と その家族たち。 昔から父親とそりが合わず医者になることを拒んだが現在無職の良多。 初めて尋ねる夫の...
歩いても歩いても (こんな映画見ました~)
『歩いても歩いても』 ---STILL WALKING--- 2007年(日本) 監督:是枝裕和 出演:樹木希林原田芳雄 阿部寛、夏川結衣 、YOU、田中祥平、加藤治子 長男の命日のために、老いた両親に家に久々に顔を揃えたある一家の一日をスケッチしたホロ苦くも温かな家...
阿部寛 夏川結衣 樹木希林 / 歩いても歩いても (中川ホメオパシー )
ワケもなくバンザイ どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの高城剛担当、ブロッケンです。 是枝裕和脚本・監督の映画『歩い...