to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

陽だまりの彼女

2013-10-12 22:30:16 | the cinema (ハ行)

最初で最後の“恋(うそ)”だった。

10年ぶりに再会した初恋の人には、
“不思議な秘密”があった――

製作年度 2013年
上映時間 128分
原作 越谷オサム『陽だまりの彼女』(新潮文庫刊)
監督 三木孝浩
主題歌 山下達郎『光と君へのレクイエム』
テーマソング ビーチ・ボーイズ「素敵じゃないか」
出演 松本潤/上野樹里/玉山鉄二/大倉孝二/谷村美月/菅田将暉/北村匠海/葵わかな/木内みどり/塩見三省/夏木マリ
取引相手を訪ねた新人営業マンの浩介(松本潤)は、そこで同じ中学校に通っていた幼なじみの真緒(上野樹里)と10年ぶりの再会を果たす。学年有数のバカとして名をはせ、何かといじめられていた彼女が、当時の姿から想像がつかないほど魅力的な女性になったことに驚く浩介。再会に運命めいたもの感じた二人は惹(ひ)かれ合うようになり、結婚を決意するまでに。だが、真緒は誰にも知られてはならない、とんでもない秘密を持っていて……。

「キュンキュンしたい~」と言っていた嵐ファンの友人は、この連休も仕事が入ったので、
初日舞台挨拶生中継の回、一人で行ってきました~。
TOHOシネマズ六本木の2回目の舞台挨拶のスタート前からをLIVEで流してくれて、その為か、
ほぼ観客は若い女性で占められ、流石、嵐。流石松ジュンといった感じで、
いつもの景観とはまるで違い(男性は1%くらいオバさんも数えるほど)華やかでした(笑)

登壇者は松本潤クンの他、上野樹里、玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月、菅田将暉、北村匠海、葵わかな、小籔千豊、三木孝浩監督と豪華なものでしたが、
この作品自体観る予定じゃなかったので、玉鉄と菅田くんの出演も知らず、登壇には嬉しい驚き♪
あと、恭子ちゃんのドラマ「リモート」でその名を覚えた大倉孝二さんがノリがよくて面白かったです

10年ぶりに再会した浩介と真緒が辿る恋の顛末・・・
これはロマンスのジャンルに入っているようですが、
終わってみればファンタジーの部類では?な感じを受けたのは私だけではないはず。。。


「鈍感男子」なジュンくんがなかなか可愛くて気に入っていたのに、
やはりどこかオレ様なオーラは隠しきれず(笑)一か所、見つけました(笑)

浩介と真緒の中学時代を演じた北村匠海くんと葵わかなちゃん、雰囲気似てないだろ~と舞台挨拶の時には感じたんだけど、不思議に違和感がなく、ちゃんと繋がってましたね~

舞台挨拶が上映前だったので、ネタバレNGだったわけですが、樹里ちゃんがお気に入りのシーンに挙げていた
玉鉄のシーンには、彼女のコメントもあって笑いがもれていて、
素敵な風貌なんだけど(「阪急電車~」もそうだったけど)やっぱり彼はこういうコミカルな役が似合うわで、
私の中では、いつも傷だらけの青春を生きる不良少年のイメージの、菅田将暉くんが普通の可愛い役で新鮮だった!
彼は「共喰い」「男子高校生の日常」と、公開ラッシュですね~

物語は、伏線が結構多くて、観客の大半は劇中の浩介よりも早い段階で真緒の秘密には気づくと思います。
私はそうじゃないオチを願っていたので、、、
ミステリーものじゃないんだから、当たらないで欲しかったよ!
当たってしまって、超~残念な思いをしたのは珍しいです

原作は知らないけど、林遣都クンが17歳で演じた「ちーちゃんは悠久の向こう」みたいに
主人公を高校生とか中学生にしたほうが違和感なかったと思うけど、、
その設定を除けば、嫌味なく展開されるちょっと初心な「鈍感男子」の初恋物語は和みます
ま、本編よりも
舞台挨拶の中継、結構30分近くはトークがあった気がするので、お得感はありました(笑)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランナウェイ/逃亡者 | トップ | 雑誌情報♪ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
男はどこに? (まっつぁんこ)
2013-10-13 19:59:07
男性率1%とのこと。
上野樹里、谷村美月、葵わかなと魅力的な女子が3人も出ているというのに!
今日“ムサシ”観に行ったら男率20%。
演目的には男性むけと思うけど藤原、溝端ではしかたないか。
それにしても男どもはどこで何をしているのでしょう?ゲームかな(笑)
まっつぁんこさん♪ (kira)
2013-10-14 21:07:25
女優陣の大ファンは、生を目指して六本木だったのでしょうか~?
でも、六本木会場も映ったんですけど、やはり若い女性ばかりが目立ちました。
ジャニーズファン、特に今や嵐ファンには太刀打ちできませんよ。チケ取るのも慣れてますしね~
丁度、「キッズリターン」の舞台挨拶付きのチケがまだ少しあるということで、惹かれたんですが、
それも良席ではなかったので、、失敗したかしら?
思いもしなかったのに、まっつぁんこさんの「枡」クン発言以来、もうこの作品のジュンくんは
枡クンにしか見えなくなっちゃった~
こんちは~ (タケヤ)
2013-10-20 16:07:30
女子中高生ばっかでしたね。
この作品。。。

ムスメと行ってなければただの怪しい人です(笑)

僕は小説版を読んでいたのでラストは
知っていましたが・・・kiraさんもそう思いましたか?

僕もラストの真緒のヒミツ、好きじゃないんだよなあ。
もっとフツーの恋愛映画でいいのにね。。
タケヤさん♪ (kira)
2013-10-21 12:15:05
>ムスメと行ってなければただの怪しい人です
カカカッ
いやいや、
樹里ちゃん、美月ちゃんのファンと思われたでしょう
この作品、ラストもご存じで行かれたのよね~。
これが観たいとパパにねだるお嬢さん方が可愛いわ

そそ、もっとフツーでもよかったのよ~~
Unknown (ふじき78)
2013-11-02 09:30:36
うああああああ。

娘とかいないから、ただの怪しい人だ。
よ、よし。そんな時こそエア娘で。
もっと怪しい。

原作通りかもしれないですけど、普通なハッピーエンドになる打開策はなかったのかなあ?
ふじき78さん♪ (kira)
2013-11-03 08:10:42
ふじきさんは、りっぱにジュリちゃんファンですよ~

ラブストーリーは、基本、出会いで惹かれて、途中で泣けて、
最後はドッチ?!みたいな盛り上げが多いと思うのだけど、、、
やっぱり普通に変えられなかったのは仕方ないとしても
最後の「繰り返す」予告みたいのは蛇足でしたよね?
アレじゃ、浩介にとってはノロイのようなもの
Unknown (三崎東岡)
2014-06-27 23:32:34
陽だまりの彼女に出ていた菅田将暉さんは、TBSで放送する予定の「金曜ドラマ1リットルの涙(2005年にフジテレビで放送された作品のリメイク版)」にでるそうですが、同じく陽だまりの彼女に出ていた葵わかなさんは同じくTBSで放送予定の「木曜ドラマ劇場(木曜ドラマ9)ライフ壮絶なイジメと闘う少女の物語(2007年にフジテレビで放送された作品のリメイク版)」に、同じく陽だまりの彼女に出ていた夏木マリさんは同じくTBSで放送予定の「日曜劇場受験の神様(2007年に日テレで放送された作品のリメイク版)」にもでるそうです(ちなみにTBS日曜劇場リメイク版の瑠璃の島には塩見三省さんはでない)。
三崎東岡さん* (kira)
2014-06-30 22:33:25
いつもTBSリメイクドラマ情報ありがとうございます。
検索して観ましたが、まだどれも確認できませんでした。
今後の情報に期待してみてみますね~♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
陽だまりの彼女 (あーうぃ だにぇっと)
陽だまりの彼女@よみうりホール
陽だまりの彼女~若者と老人の社会的孤立 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。越谷オサム原作、三木孝浩監督。松本潤、上野樹里、玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月、菅田将暉、北村匠海、葵わかな、小籔千豊、西田尚美、とよた真帆、木内みどり、塩 ...
陽だまりの彼女 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。女子率高し~。新人営業マンの浩介は、仕事の取引先で中学時代の幼馴染の真緒と再会。かつて"学年有数のバカ"と呼ばれて冴えないいじめられっ子だった彼女は、当時とは見違えるほど美しい女性に変身していた。10年ぶりの運命的な再会。幼い...
「陽だまりの彼女」運命の再会を果たした先にみた遠い記憶の片隅に残されていた浩介が助けた真緒の恩返し (オールマイティにコメンテート)
「陽だまりの彼女」は中学生時代の同級生と偶然再会した2人が意気投合して直後に結婚するも、その直後2人には思いもよらぬ結末を迎える事になるストーリーである。偶然の再開が時 ...
陽だまりの彼女 (とりあえず、コメントです)
越谷オサム著の同名小説を松本潤&上野樹里主演で描いたラブファンタジーです。 原作は未読でしたけど、有名だったのでどんな物語なのか気になっていました。 二人のキュートな演技に最後まで魅せられるような心温まる物語でした。
[映画『陽だまりの彼女』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・こ・れ・は、ヒロイン役の上野樹里・・・、その中学生時代を演じた葵わかなと言う、至高のキャスティングを含め、その段階をもってして、人類史上最強の「可愛さ」と言えましょう。          観に来た女性陣は、松本潤に、人類史上最強の「男らしさ(優...
お守り、江ノ島、ひっかき傷。~「陽だまりの彼女」~ (ペパーミントの魔術師)
ちなみに原作のレビューはこちら。 ⇒ お前、ブライアン食ったろ?(^-^)~「陽だまりの彼女」~ 原作と映画のオチは若干違いますが これ、女子にとっては さらにハッピーエンドでニマニマしたんじゃないでしょうか? 本と若干設定は変わりますが 冒頭いきなり「それ...
映画 陽だまりの彼女 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画   小説に近い設定だったので、あまり違和感がなかったのが良かったです。   江の島などの風景とほんわり感が小説のイメージだったので   最後まで楽しめて観ていました。   渡来真緒役の上野...
陽だまりの彼女 (単館系)
陽だまりの彼女 MOVIX川口 10/12公開 取引相手を訪ねた新人営業マンの浩介(松本潤)は、そこで同じ中学校に通っていた幼なじみの真緒 (上野樹里)と10年ぶりの再会を果たす。 学年有数のバカとして名をはせ、何かといじめられていた彼女が、当時の姿から想像がつか...
「陽だまりの彼女」:上野樹里がキラキラ? (大江戸時夫の東京温度)
映画『陽だまりの彼女』はデート・ムービーにピッタリの素敵なラブストーリー(だが、
陽だまりの彼女 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:三木孝浩 出演:松本潤、上野樹里、玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月 【解説】 「金曜のバカ」「ボーナス・トラック」などの越谷オサムのベストセラー小説を実写化したラブストーリー。パッとしなかった幼なじみと再会した青年が、魅力的な女性になった彼女と恋に落....
『陽だまりの彼女』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「陽だまりの彼女」 □監督 三木孝浩□脚本 菅野友恵□原作 越谷オサム□キャスト 松本潤、上野樹里、玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月■鑑賞日 10月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)...
映画『陽だまりの彼女』★愛する気持ちはずっとあり続けるファンタジー(^_-)-☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
            作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161397/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     社会人になって、10年ぶりに再会した恋人たち。 ...
「陽だまりの彼女」 想いが起こす奇跡 (はらやんの映画徒然草)
松本潤さん、上野樹里さん主演のラブストーリーでありファンタジーでもある物語。 中
『陽だまりの彼女』を109シネマズ木場7でネタバレ分かった状態で観てしまったけど、じゅりっぺキュート頂点ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★スクリーンに映る絵がとても気持ちいい】 原作未読。 ツイッターでその物スバリじゃないんだけど、 「てめえボカシ方がたんねえよ」って呟きに当たって、 ...
映画『陽だまりの彼女』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-80.陽だまりの彼女■配給:東宝、アスミック・エース■製作年、国:2013年、日本■上映時間:129分■料金:0円(観賞券使用)■観賞日:10月19日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:三木孝浩◆上野樹里◆松本潤◆玉山鉄二◆夏木マリ◆大倉孝二◆谷村美月...
映画 陽だまりの彼女 (風竜胆の書評)
 越谷オサムの同名小説を映画化した「陽だまりの彼女」。主人公の奥田浩介とヒロイン渡来真緒の、不思議で、コミカルで、ちょっと切ない愛の物語を描いた作品だ。  交通広告代 ...
陽だまりの彼女 (いやいやえん)
猫の恩返し的人魚姫ストーリーでした。 彼女無しの草食男子が、初恋の彼女と再会し、デートして結婚して→彼女に不調が!?から、ファンタジックなエンディングに着地する。 あまりにもファンタジックでピュアな恋愛にほっこりさせていただきました。 まあ彼女の秘...
陽だまりの彼女 (のほほん便り)
松本潤と上野樹里の初共演が、とても初々しく、可愛くて切ない、ファンタジックなオハナシでした。上野樹里のキラキラと、松潤の優しさを見るだけでも、観た甲斐あった気がして。なにげに、玉山鉄二がイイ味、出してました、夏木マリが登場したあたりから、予感はあったの...
映画評「陽だまりの彼女」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・三木孝弘 重要なネタバレあり