to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

マリリン 7日間の恋

2012-03-31 22:06:54 | the cinema (マ・ヤ行)

メイクを落として、
ヒールを脱いで、
それから――
秘密の恋におちた。

原題 MY WEEK WITH MARILYN
製作年度 2011年
製作国・地域 イギリス/アメリカ
上映時間 100分
原作 コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』(新潮文庫刊)
監督 サイモン・カーティス
出演 ミシェル・ウィリアムズ/ケネス・ブラナー/エディ・レッドメイン/ジュリア・オーモンド/ エマ・ワトソン/ジュディ・デンチ/ドミニク・クーパー

永遠のハリウッド・アイコン、マリリン・モンローが『王子と踊子』出演のためにイギリスに赴いた際の知られざるエピソードを、同作のスタッフであったコリン・クラークの回想録を基に映画化したラブロマンス
名優ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める『王子と踊子』の撮影で、ハリウッドからロンドンへと渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影に対する重圧などから現場に遅刻するように。ローレンスたちに冷たくされて困惑するマリリンに、第3助監督のコリン(エディ・レッドメイン)は第三者からの視点でアドバイスを送る。それを機に、二人は心を許し合う仲になるが……。

マリリン没後50年ということで公開されたコリン・クラークが出版した自伝的日記と、後に発見された資料をもとに制作されたドラマ。

舞台は1956年のロンドン。
このドラマの主人公コリン・クラークは高名な学者一族の末っ子。映画が趣味の彼は、努力の末
ローレンス・オリヴィエが監督・主演を務める「王子と踊り子」の撮影現場の第3助監督という名のマリリンの見張り役となる。

演技派女優への飛躍を胸にアクターズ・スタジオに通ったマリリンは、張り切って現地入りをするが
オリヴィエとの演技観の違いから次第に自信をなくし、情緒不安となり…
遅刻を繰り返すマリリンの見張り役として張り付いたコリンは、「王子と踊り子」の関係者などを冷静な視点で見つめながら、
誰もが憧れる大スターでありながら孤独なマリリンを知り、誠実に尽くして、、寄り添う。。。

これは映画好きのラッキーな青年と、マリリンの、心の交流にプラス仄かな恋心を描いているが、
彼の目を通してその時代の大スターたちのバックヤードを描いているのが興味深い。


ローレンス・オリヴィエの演技者としての自信にみちた姿勢と、一方で移り変わる時流を感じ受け止めてもいる製作者としてのいらだちと寂しさ。
セックスアイコンとしての自分を卒業したい30になるマリリンの意欲はオリヴィエに否定され、すれ違う。

周囲にトラブルメーカーとして騒がれる中、自信を失うマリリンにコリン青年の
「あなたはいい女優になりたいスター。オリヴィエは大スターになりたい俳優」
と評するのが印象的。
このあたりは、盲目的に恋に溺れる青年という感じではなく、
幼い頃からの愛情の渇きを、新婚の夫にも満たされず、絶えず誰かに愛されたい女性への
優しく純粋な想いとして伝わってくるのが爽やかなコリン。

つかの間の恋人としてのデートも終わる時、、
車から走り去る景色を眺めるマリリンの表情がなんともいえずいい・・。
そしてナット・キング・コールの「枯葉」が味わい深いシーン。


このコリン・クラークは高名な学者一族で、イートン校出身の23歳という設定ですが、
演じたエディ・レッドメインも実際、イートン校からケンブリッジというエリートなんだとか!
爽やか知的な彼は、春からバーバリーのモデルも務めるそうですね。

マリリンを演じたミシェル・ウィリアムズは思った以上にマリリン似だったし、
無理なくなりきっていたと思います。
ただ、、、オリヴィエの妻のビビアンが!?
あの世紀の美女が、何故に地味なジュリア・オーモンド ??ちょっと納得できない

シビル・ソーンダイク役のジュディ・デンチがいちいち説得力ありました!
「デビルズ・ダブル〜」とは別人のドミニク・クーパーもちょっと過去を引きずる青年を好演。

ただ、マリリンについてモンローウォークとシャネルN0.5以外、何も知らない人には
ただのラブストーリーとしては観れない、ちょっとキビシイかも知れないな〜という気はしましたが、
逆に、この作品でマリリンに興味を持つ若い人が増えたらいいな〜と思える作品だったです

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィギュアスケート世界選手権 | トップ | おめでとう〜♪ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ラッキーな青年。 (ボー)
2012-04-01 08:21:16
マリリン・ファンからすれば、まさに、そうです!
ちょっと私と交代していただきたい。
エディ・レッドメイン? 誰それ、と製作ニュースを聞いたときは思いましたが、とても適役でした。
ミシェルも、しかり。はじめに誰が彼女をマリリンにと考えたのか、感謝したいです。

ビビアン…このときは地味になってたのかも…と無理やり考えたりして?(苦笑)
Unknown (mig)
2012-04-01 10:10:11
kiraさん
ほんとオリビエの妻は地味でしたね〜。
コリン青年はハマってましたね。

>彼の目を通してその時代の大スターたちのバックヤードを描いているのが興味深い

うんうん、あとマリリンファンとしてはこれを通じてマリリン作品に興味持ってもらえたら嬉しいナーと。
本作、音楽がいいので全体的にいい雰囲気でした〜★
Unknown (mig)
2012-04-01 11:32:12

あれ???コメしたのに、、、入ってないのかな?あとからの公開ないですね
Unknown (オリーブリー)
2012-04-02 23:18:58
映画の裏側から、マリリンの繊細さや生真面目さを感じ、つかの間の触れ合いにも自然に入り込めたわ。
こー言う数日って、実にイイ!!
羨ましいな!(笑)
ミシェルが良かったよね。

昨日、入社式と研修で娘が東京へ。
色々と用意やら書類の書き物させられたけど、今週末まで戻らないのでゆっくりするわ〜疲れちゃった(笑)
ボーさん♪ (kira)
2012-04-03 00:42:58
>エディ・レッドメイン? 誰それ、と製作ニュースを聞いたときは思いました
そうよね〜
でも、時々凄く少年ぽくなる表情と、
優しいんだけどキチンと大事なところは抑えていくところなんか
好青年〜って思っちゃった

結構メイクに頼らなくても似てる〜って気になっちゃうのが不思議だったね、ミッシェル
migちゃん♪ (kira)
2012-04-03 00:50:11
でしょう〜?
だからローレンスがキミキミっていくらセリフで妻を持ち上げても、
かつての大スターなんて思えなかったわ〜

うん、音楽は懐かしさ満点で〜(私はね・・笑)
あと、マリリンのさり気ないレトロなファッションがよかったね〜
migちゃん♪ (kira)
2012-04-03 00:52:03
そうなの、、まだ暫くはこのままでいようと、
認証制は面倒でごめんなさいね
オリーブリーたん♪ (kira)
2012-04-03 12:52:56
マリリンの方から観れば決して恋ではないけど、
コリンにしてみれば夢心地の数日間だったでしょうねぇ・・
深刻さもそれほどではない、優しい雰囲気がよかったね♪

うん、「生命の洗濯」〜(笑)羨ましいよねー

新社会人おめでとう〜
何かと節目の年は気疲れするんじゃない?(ウチはちゃんと内定もらえるのか?
1週間かぁ〜、半分でもいい、ゆっくりしたい(爆)
のんびり出来ますように〜

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マリリン 7日間の恋/My Week with Marilyn (LOVE Cinemas 調布)
現在に至るまでアメリカのセックスシンボル、永遠のアイドルとして輝くマリリン・モンローがイギリスに渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』に出演した時の逸話を描いた作品。主演はミシェル・ウィリアムズ。共演にケネス・ブラナー、エ...
マリリン 7日間の恋 (あーうぃ だにぇっと)
マリリン 7日間の恋@一ツ橋ホール
マリリン 7日間の恋 / My Week With Marilyn (2度鑑賞) (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click NYで観て来た映画つづき 2012年はマリリン没後50年 ミシェル・ウィリアムズがマリリンになり切った話題作で日本では2012/3月公開。 当時オリヴィエの監督助手を務めていたコリン・クラーク自身による...
『マリリン 7日間の恋』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マリリン 7日間の恋」□監督 サイモン・カーティス □脚本 エイドリアン・ホッジス□キャスト ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、      ジュリア・オーモンド、ゾー・ワナ...
「マリリン 7日間の恋」(Vol.1) (或る日の出来事)
ミシェル・ウィリアムズさんの演じるマリリン。 期待以上に、うまくスクリーンに「マリリン・モンロー」と「ノーマ・ジーン・ベイカー(マリリンの本名)」を刻みつけてくれました。
マリリン 7日間の恋  監督/サイモン・カーティス (西京極 紫の館)
【出演】  ミシェル・ウィリアムズ  ケネス・ブラナー  エディ・レッドメイン 【ストーリー】 1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。撮影が始まるが、精神が不安定な...
映画:マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn これまた「映画愛」に溢れることに驚きつつ しみじみ。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑) 個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。 ただ、 「しみじみ度」でいうと、3つの中でトップかも! エンドロールの....
マリリン 7日間の恋(試写会) MY WEEK WITH MARILYN (まてぃの徒然映画+雑記)
アメリカで大ブレイクして、世界中の憧れの的となったマリリン・モンロー、演じるのはミシェル・ウィリアムズ。演劇の本場、イギリスの名優ローレンス・オリヴィエから「王子と踊子」の出演オファーを受けてやってくる。映画業界に入ったばかりのコリン(エディ・レッド....
「マリリン 7日間の恋」 マリリンというキャラクター (はらやんの映画徒然草)
惜しくもオスカーを逃したミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じる「マリ
人気者はつらいよ。『マリリン 7日間の恋』 (水曜日のシネマ日記)
マリリン・モンローが『王子と踊子』出演のためにイギリスに赴いた際の知られざるエピソードを描いた作品です。
マリリン 7日間の恋 (心のままに映画の風景)
1956年、マリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)は、ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める映画の撮影のためロンドンに降り立った。 本作に意欲を見せていたマリリンだ...
マリリン 7日間の恋 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(P) マリリン・モンローの年齢を超えたときからファンになりました。
好きにならずにいられない〜『マリリン 7日間の恋』 (真紅のthinkingdays)
 MY WEEK WITH MARILYN  1956年。ハリウッドで絶大な人気を博していたマリリン・モンロー(ミシェル・ ウィリアムズ)は、ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督する『王 子...
映画 「マリリン 7日間の恋」 (ようこそMr.G)
映画 「マリリン 7日間の恋」
マリリン 7日間の恋 (風に吹かれて)
マリリンに恋をして [E:kissmark]公式サイト http://marilyn-7days-love.jpコリン・クラークの二冊の回顧録を基にした物語1956年、初の製作兼主演作「王子と踊り子」
マリリン 7日間の恋 (佐藤秀の徒然幻視録)
自己撞着的マリリン・メソッド 公式サイト。原題:My Week with Marilyn。コリン・クラーク原作、サイモン・カーティス監督。ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッド ...
ミシェル・ウィリアムズ主演『マリリン 7日間の恋』(My Week with Marilyn) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを同作のスタッフであったコリン・クラークの原作(books My Week with Mar
マリリン 7日間の恋 (映画感想メモ)
魅力的過ぎるミシェル版マリリン。 いい加減あらすじ 映画業界に飛び込んだコリンは
『マリリン 7日間の恋』 (こねたみっくす)
永遠のセックス・シンボル、マリリン・モンロー。その評価は演技下手な三流女優、天性の才能を持つ女優、頭の悪い見てくれだけの女、天真爛漫な笑顔が永遠に魅力的な女性と様々。 ...
マリリン 7日間の恋/MY WEEK WITH MARILYN (いい加減社長の映画日記)
伝説の美女、マリリン・モンローのプライベートの恋・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。 監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。 撮影が始まるが、精神が不....
「マリリン 7日間の恋」:ミシェルもいいけどエマもね (大江戸時夫の東京温度)
映画『マリリン 7日間の恋』に関して、他の方のブログなどを見てみると、みなさん「
マリリン 7日間の恋 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
マリリン 7日間の恋(ミシェル・ウィリアムズ主演) [DVD]クチコミを見る世紀の大スター、マリリン・モンローの秘めた恋を描く「マリリン 7日間の恋」。無理にマリリンに似せようとし ...
マリリン 7日間の恋 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】マリリンさんと若者が出会って、逃亡し
マリリン 7日間の恋 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MY WEEK WITH MARILYN】 2012/03/24公開 イギリス/アメリカ 100分監督:サイモン・カーティス出演:ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、ジュリア・オーモンド、ゾーイ・ワナメイカー、ダグレイ・スコット、エマ・...
マリリン 7日間の恋・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
伝説に恋した七日間。 今年は、ハリウッドが生んだ永遠のセックスシンボル、マリリン・モンローの没後50年にあたる。 これは、モンローが全盛期を迎えつつあった1956年に製作されたロマンチック・コメディ...
『マリリン 7日間の恋』 ('12・初鑑賞39・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月24日(土) 神戸国際松竹 スクリーン4 にて 16:50の回を鑑賞。
「マリリン 7日間の恋」 (みんなシネマいいのに!)
 世の中には存在そのものがエロい困った女性がいる。 その代表はマリリン・モンロー
マリリン (映画的・絵画的・音楽的)
 『マリリン 7日間の恋』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)この映画は、原題が「My Week with Marilyn」であり、邦題だとマリリン・モンローが主体の恋物語のように思われてしまうところ、実は「My」とは、マリリン・モンローが出演する映画の助監督コリン・...
本気と演技を行ったり来たり『マリリン 7日間の恋』 (Healing )
マリリン 7日間の恋 ★★★★ 今年、没後50年を迎えるマリリンが かつて、ある青年にだけ見せた本当の姿 ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』の撮影のために イギリスを訪れたマリリン・モンロー。 慣れない異国の地での撮影、プレッシャー、 演...
マリリン 7日間の恋 (食はすべての源なり。)
マリリン 7日間の恋 ★★★☆☆(★3つ) 7日間の恋って・・・、男側からみたらだよね。 目の前に全力投球な恋愛体質な人だと、こんな男日常茶飯事じゃなんじゃない?...
マリリン 7日間の恋 (ここなつ映画レビュー)
稀代の名女優、20世紀のセックス・シンボル、マリリン・モンローの最盛期の頃のラブロマンスを描いた作品である。映画「王と踊り子」の撮影のためにハリウッドを旅立ち、ロンドンを訪れたマリリン・モンローの撮影時のエピソードを、当時のスタッフであったコリン・ク...
映画『マリリン 7日間の恋』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-34.マリリン 7日間の恋■原題:My Week With Marilyn■製作国・年:アメリカ・イギリス、2011年■上映時間:100分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月29日、角川シネマ有楽町(有楽町)□監督:サイモン・カーティス◆ミシェル・ウィリアムズ(マリリン・モンロ...
マリリン 七日間の恋 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1956年。ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演 を務める「王子と踊り子」の撮影で、ハリウッドからロンドンへと 渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。 スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影による プレッ...
映画評「マリリン 7日間の恋」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年イギリス=アメリカ映画 監督サイモン・カーティス ネタバレあり
映画・マリリン 7日間の恋 (読書と映画とガーデニング)
原題 My week with Marilyn2011年 イギリス、アメリカ 1956年ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)監督主演作品「王子と踊子」の撮影のためハリウッドからロンドンへやってきたマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)大歓迎を受ける彼女でしたが、...