to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

鑑定士と顔のない依頼人

2013-12-28 22:32:00 | the cinema (カ行)

原題 LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER
製作年度 2013年
製作国・地域 イタリア
上映時間 131分
脚本:監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽 エンニオ・モリコーネ
出演 ジェフリー・ラッシュ/シルヴィア・フークス/ジム・スタージェス/ドナルド・サザーランド/フィリップ・ジャクソン/ダーモット・クロウリー

『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督と音楽はエンニオ・モリコーネ。
天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が遺した美術品を査定してほしいという依頼を受ける。屋敷を訪ねるも依頼人の女性クレア(シルヴィア・フークス)は決して姿を現さず不信感を抱くヴァージルだったが、歴史的価値を持つ美術品の一部を見つける。その調査と共に依頼人の身辺を探る彼は……。

一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァージル・オールドマンは、極端に人間嫌いで
いつも手袋とハンカチが欠かせないほどの潔癖症。
ゲイでもないのに一度も女性と付き合ったことすらない彼の密かな楽しみは、
彼に画家としての才能を認めてもらえなかったビリーを相棒に、不正に手に入れた女性の肖像を描いた名画の数々。
それを隠し部屋で眺めては悦に入るヴァージルの平穏が、
ある強引な鑑定依頼によって少しずつ乱されていくミステリー。


前半のカリスマオークショニアの日常の、テンポが良くて丁寧なヴァージルウォッチングの中に
中盤からの謎を解くカギが潜んでいるため、
結構ある程度の予測がつく展開に結末ですが、主人公には気の毒だけど楽しめました
偏屈な美術鑑定士に訪れる出来事は、美術品の真贋を見抜く能力とは関係がなかった(苦笑)

傲慢で偏屈な鑑定士。ジェフリー・ラッシュはまり役!
画家として認められずオークションのサクラに甘んじている相棒役のドナルド・サザーランドが味わい深い。
そして、今年は結構観たジム・スタージェスくんが思いの外登場シーンが多かったわ
ただ、ミステリアスなヒロイン…、私的に何かが物足りなかった

ヒューゴの不思議な発明」や「リベリオン」が過ぎったり、
「スティング」を思い出したりしながら結構楽しめました。が、
これは男性の方がお好きな作品かも知れないと思いました

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寂しい、、左手 | トップ | 47RONIN »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2013-12-30 12:56:43
ヒロインは美女ってほどでもなかったよねー笑
でも有名な女優じゃないのがよかったかな。
この役はジェフリーさんか、リチャードジェンキンスかな。笑
孤独な男、ジェフリーラッシュ似合う。

ジムくん、なかなか美味しい役でしたね!

あと1本書いてからベストやります!
kiraさんのも楽しみだよー!
ジムくんの (オリーブリー)
2013-12-31 14:37:55
「アップサイドダウン」なんてセリフがあって、狙い?とか思っちゃった(キルが苦手だから観てないんだけど~汗)

ミステリーと観るか、ラブと観るかで感想が分かれそうだけど、雰囲気と映像は見応えあったわ。

って、ちょっと聞いて。
これ上映した単館劇場、整理番号順に入場する自由席なんだけど、座席にハンカチ置いてトイレ行って戻ってきたら、ハンカチが前のバーにかけてあって、おばさん(と言っても同じぐらい~爆)が座ってんの?!
「席取ってあるんですけど」って言ったら、「自由席でしょ?」と言うから、「そうです。だからハンカチ置いて席取ってあるんですよ」って言ったら」「はいはい、じゃあ、座りなさいよ」って捨てゼリフだよ?!!
凄く混んでいて、前列しか空いてなかったから移動するのが嫌だったんだろうけど、その言い草にビックリした。
別意味、印象に残る映画になったわ(苦笑)
migちゃん♪ (kira)
2014-01-03 10:32:10
明けましておめでとう

なんだか彼女が姿をみせてから、一気にラブモードで(笑)
ミステリーじゃなくなってきたのもあって
先が読めてしまったけど
ジェフリー・ラッシュの孤独だけどちょっと可笑しい名演に救われました

うん、謎の女は、イメージがついてないのがよかったのかもね♪

まだTBも返してない~、ベスト記事
間に合ったら後でお邪魔しますね
オリーブリーたん♪ (kira)
2014-01-03 10:48:08
>「アップサイドダウン」なんてセリフがあって、狙い?とか思っちゃった(キルが苦手だから観てないんだけど~汗)
うんうん
あれね、設定に惹かれて、苦手キルがヒロインなのに行ったわ
ちょっと被るジムくんの出で立ちでしたよ♪

ミステリー度は前半だけだったね(笑)

整理番号順に入場する自由席。うん、そういった映画館に限って
ちょっといい映画を独占上映したりするから、困ったちゃんに遭遇する率も多いよね~。
おばちゃん(私もだけど、爆)って、怖いものないのかね~。
「寒いのに先に来て並んでいた」あげくの席確保、なんだから、
それを人のモノどけてちゃっかり座るなんてイヤな思いしたね。
おばちゃんでも、イジワルおばちゃんには気を付けよう
想像つきやすい? (ボー)
2014-01-19 22:08:09
うーむ。予測のついた人、多かったのかなー。私も珍しく、わかったのですけど。
ボーさん♪ (kira)
2014-01-25 18:40:46
うむ
判りやすくて、親切な運びだったし、キャストも限定だったしね~~
どうもお (sakurai)
2014-04-04 10:39:41
年末に公開が始まって、やっと当地まで来ました。
で、公開前は、結構騒がれてたんだけど、その後あんまり評判を聞かず。。
ネタばれしないように、みんな口をつぐんでいたのが、それとも、なんだ~、こんなもん?と思ったのか。。。
どっちなんだろうなあ~と思いながらの鑑賞でしたが、・・・・後者でしたかね。
なにはともあれ、ジェフリーさんは、ぴったりはまってましたね。さすがのうまさでした。
でも、あのおっさんには、惚れないよねえ~。
sakuraiさん♪ (kira)
2014-04-12 01:13:10
お返事が遅くなり、大変申し訳ないです
で、劇場鑑賞できたんですね♪

>結構騒がれてたんだけど、その後あんまり評判を聞かず。。
ハイ。。。でも、
それって、公開劇場が少ない上に、矢継ぎ早にどんどん新作が上映され、
いい作品であっても直ぐに押しやられていってしまう、
新しいものの賞味期限がうんと短くなってきているという感じがシマスデス。。

コチラは、好きな雰囲気で始まったものの、途中からが
めっちゃ平凡な、、予想通りで残念でしたね~

Unknown (くう)
2014-10-01 02:23:55
>ただ、ミステリアスなヒロイン…、私的に何かが物足りなかった

う~ん…解るっ!
そこまで惹かれるーー?っと思いました^^;
そして、どう見てもスッピンじゃないし引きこもりでもないよな~と思ってました(爆

美術品は素晴らしかったけれども、可哀想すぎて、なんだかもう…^^;
くうさん♪ (kira)
2014-10-03 08:25:55
手あかがついてない分、新鮮なヒロインでしたが
ミステリアス、、ではなかったような、、(笑)

プロとプロの対決、、というか騙しのテクですが、
私が被害者なのに、そこまで同情できなかったのは、
やっぱり序盤に描かれていたカレの冷たさ、欲の楽しみ方かな~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
鑑定士と顔のない依頼人/ジェフリー・ラッシュ (カノンな日々)
『ニュー・シネマ・パラダイス』のイタリアの巨匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が『英国王のスピーチ』のジェフリー・ラッシュを主演に美術競売人が謎めいた女性からの鑑定依頼に ...
鑑定士と顔のない依頼人 (だらだら無気力ブログ!)
これは見応えあって面白かったなぁ。
鑑定士と顔のない依頼人  THE BEST OFFER (映画の話でコーヒーブレイク)
NHK「あさイチ」で紹介していたのを見て、面白そうだったので鑑賞決定。 邦題がなんともミステリアス。 豪華なセットに凝った小道具、不思議な雰囲気のある作品です。 時代設定は20世紀初頭かしら?と思っていたら、携帯が出てくるはネットでオークションに 入札するはで....
『鑑定士と顔のない依頼人』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「鑑定士と顔のない依頼人」 □監督・脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ □キャスト ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、       ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン ■鑑賞日 12月2...
鑑定士と顔のない依頼人 (とりあえず、コメントです)
ある鑑定士が謎の依頼人と出会ったことから大きく運命を変えていくサスペンスです。 予告編を観て、どんな結末になるのだろうと気になっていました。 ジュゼッペ・トルナトーレ監督の紡ぎ上げる物語は、かなり心がぞわぞわするような展開になっていました。
映画・鑑定士と顔のない依頼人 (読書と映画とガーデニング)
2013年 イタリア原題 La migliore offerta英題 The Best Offer 一流の鑑定眼を持つオークショニア、ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)世界中の一流オークションからのオファーが絶えない男だが、芸術への熱烈な愛に比べ、人間、特に女性が苦手....
鑑定士と顔のない依頼人 /LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「ニュー・シネマ・パラダイス」 「海の上のピアニスト」などの ジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作はミステリー。 美術品鑑定士であり、有名一流オークションを仕切るオークショニア、 潔癖性で、常に....
『鑑定士と顔のない依頼人』 2013年12月14日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『鑑定士と顔のない依頼人』 を鑑賞しました。 今日は14日なので東宝で(笑) もちろん満席御礼でした この映画は見逃せません ベスト1候補に急浮上です。(この年末で印象深い映画になった) 【ストーリー】  天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマ...
鑑定士と顔のない依頼人 (I am invincible !)
ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は鋭く確かな鑑定眼と豊かな知識を持つ、超一流のオークショニア。 芸術品、特に女性の肖像画を熱愛する一方、人付き合いが嫌いで潔癖症の偏屈。
鑑定士と顔のない依頼人 (gala)
丁寧な作品作りは眼の保養となり、含蓄ある台詞まわしは心に滋養を与え。 イタリアの凄さをたっぷり堪能させていただきました。 敢えて言うなら、《詐欺集団が詐欺師をたぶらかした》 と言ってしまうと《みもふたもない》となってしまうので、 ここは、台詞の中から...
鑑定士と顔のない依頼人 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ジェフリー・ラッシュ主演、監督は 「ニュー・シネマ・パラダイス」などで 知られるジュゼッペ・トルナトーレが務めた 映画「鑑定士と顔のない依頼人」が公開 されましたので観に行ってきました。 鑑定士と顔のない依頼人 原題:LA MIGLIORE OFFERTA THE BEST OFFER 製作...
映画:鑑定士と顔のない依頼人 La migliore offerta 予告編が良かっただけに... 失望も大きい。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ジュゼッペ・トルナトーレ監督(ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」)の新作ミステリー。 予告篇が良くできていたので、期待が大きかった。 これが大幅に裏目に出てしまったかな... 予告篇では「謎」までを提示するが、本編でもその「謎」の提示まで...
鑑定士と顔のない依頼人 (試写会) (風に吹かれて)
どんなものでも偽れる偽物の中にも本物はある公式サイト http://kanteishi.gaga.ne.jp12月13日公開監督: ジョゼッペ・トルナトーレ  「ニュー・シネマ・パラダイス」 「海の上
鑑定士と顔のない依頼人 (心のままに映画の風景)
天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が遺した美術品を査定して欲しいとクレア(シルヴィア・フークス)という女性から依頼を受ける。 屋敷を訪ねたヴァージルは、決して姿を見せないクレアに不信感を抱...
鑑定士と顔のない依頼人 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年1月1日(水) 16:25~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1000円(映画サービス・デー) パンフレット:未確認 老いらくの恋と思いきや。 『鑑定士と顔のない依頼人』公式サイト ミステリーなどという宣伝文句を知らずに観た。 最後の15分位から、驚くべき展開。まあ...
『鑑定士と顔のない依頼人』 (ラムの大通り)
(原題:La migliore offerta) ----この『鑑定士と顔のない依頼人』って、 人気の高いジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品だよね。 「そうだね。 日本では『ニュー・シネマ・パラダイス』が異常なほど人気が高いものね。 フォーンは知っていると思うけど、 あの映画、...
”峰不二子”>美女コレクション(おい)~「鑑定士と顔のない依頼人」~ (ペパーミントの魔術師)
新手のオレオレ詐欺映画?(わわわわわ) ネタバレを含みます、これから見る方は鑑賞後に。m(_ _)m 欲しい絵画は仲間と組んで安価で競り落としてマイコレクションにしちゃうんだから 決して清廉潔白なおじいちゃんじゃないです。 あれだけクレアに対して怒りMAXだっ....
鑑定士と顔のない依頼人 / La migliore offerta (The Best Offer) (勝手に映画評)
姿を見せようとしない女性の依頼人からの美術品鑑定依頼。当初は、姿を見せようとしない依頼人に反発を覚えていた鑑定士のオールドマンだったが、ある時、依頼人の姿を隠れ見て、その美しさに引かれていってしまう・・・。 互いに時には非常に失礼な態度を示し反発し合い...
真贋~『鑑定士と顔のない依頼人』 (真紅のthinkingdays)
 LA MIGLIORE OFFERTA    THE BEST OFFER  潔癖症で、孤独に生きる美術鑑定士のヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ ラッシュ)は、クレアと名乗る女性からの電話を受ける。それは彼女が亡き両親 から相続した広大なヴィラにある、美術品の査...
「鑑定士と顔のない依頼人」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La migliore offerta」…aka「The Best Offer」2013 イタリア ヴァージル・オールドマンに「シャイン/1995」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」「英国王のスピーチ/2010」のジェフリー・ラッ...
・・・哀れ。『鑑定士と顔のない依頼人』 (水曜日のシネマ日記)
著名な美術品鑑定士と姿を見せない女性依頼人の物語です。
「鑑定士と顔のない依頼人」 (或る日の出来事)
今年最初に観た映画は、これだ!
「鑑定士と顔のない依頼人」 (ここなつ映画レビュー)
2013年のラストに観た作品がこれでした。「鑑定士と顔のない依頼人」。我ながら良い作品をとっておいたものだと思います。宣伝文句通り。「ジュゼッペ・トルナトーレが仕掛ける極上のミステリー。衝撃のラストを知ると構図は一転する。」とか何とか。めくるめく豪華絢爛な...
鑑定士と顔のない依頼人  (映画と本の『たんぽぽ館』)
鑑定士=偽装を見破ることが仕事だが・・・ * * * * * * * * * * 天才的審美眼を誇る鑑定士でありオークショニアでもある、 バージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)。 彼のもとへ、資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという...
劇場鑑賞「鑑定士と顔のない依頼人」 (日々“是”精進! ver.F)
恋は盲目… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402110001/ 【送料無料】鑑定士と顔のない依頼人 [ ジュゼッペ・トルナトーレ ]価格:1,575円(税込、送料込) ニュー・シネマ・パラダイス(Blu-ray Disc)価格:...
映画『鑑定士と顔のない依頼人』観てきた~♪ (よくばりアンテナ)
やっと金沢でも公開されたので喜び勇んで観て参りました。 ミステリーなので上手く騙されたくてワクワクしてたので 事前に情報をなるべく仕入れずに鑑賞。 鑑定士って職業がいまいちわかってないのですが、 一流のオークショニアってなかなか権威のある職業の...
鑑定士と顔のない依頼人 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
音楽はもちろん、美術がすばらしいので圧倒された。贋作の中にはある印が必ずあるとベテラン鑑定士は言う。オートマタは日本のからくり人形が発祥なのだけど、声まで再生できるとは驚いた。セリフの一つ一つから各シーンそれぞれに意味があり、エンディングに繋がっている...
鑑定士と顔のない依頼人 (迷宮映画館)
さすがに本物の絵の持つオーラが感じられました。
映画『鑑定士と顔のない依頼人』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-109.鑑定士と顔のない依頼人■原題:La Migliore Offerta(英題:The Best Offer)■製作年、国:2013年、イタリア■上映時間:131分■料金:0円(1カ月FP5本目)■観賞日:12月30日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本:ジュゼッペ・トルナ...
「鑑定士と顔のない依頼人」 The Best Offer (2013 GAGA) (事務職員へのこの1冊)
監督が「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ。音楽は巨匠エンニ
鑑定士と顔のない依頼人 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
鑑定士と顔のない依頼人 '13:イタリア ◆原題:La migliore offerta ◆監督:ジュゼッペ・トルナトーレ「シチリア!シチリア!」「海の上のピアニスト」 ◆主演:ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、シルヴィア・フークス、ドナルド・サザーランド、フィリッ...
鑑定士の運命 (笑う社会人の生活)
5日のことですが、映画「鑑定士と顔のない依頼人」を鑑賞しました。 美術鑑定士ヴァージルは、資産家の両親が遺した美術品を査定してほしいという依頼を受け、屋敷を訪ねるも 依頼人の女性クレアは決して姿を現さず不信感を抱くヴァージルだったが、歴史的価値を持つ美....
鑑定士と顔のない依頼人 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER】 2013/12/13公開 イタリア PG12 131分監督:ジュゼッペ・トルナトーレ出演:ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランド 一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァ....
『 鑑定士と顔のない依頼人 』動き出した歯車 (映画@見取り八段)
鑑定士と顔のない依頼人 ~ LA MIGLIORE OFFERTA ~      監督: ジュゼッペ・トルナトーレ    キャスト: ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、シルヴィア・ホーク、ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン、ダーモット・クロウリー、リヤ・ケ...
映画評「鑑定士と顔のない依頼人」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2013年イタリア映画 監督ジュゼッペ・トルナトーレ ネタバレあり