to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

アンナ・カレーニナ

2013-03-31 12:34:36 | the cinema (ア行)

原題 ANNA KARENINA
製作年度 2012年
製作国・地域 イギリス
上映時間 130分
原作 レフ・トルストイ
監督 ジョー・ライト
出演 キーラ・ナイトレイ/ジュード・ロウ/アーロン・テイラー=ジョンソン/ケリー・マクドナルド/マシュー・マクファディン/アリシア・ヴィキャンデル/ドーナル・グリーソン
19世紀末のロシア。満ちあふれる美貌を持ち、政府高官のカレーニン(ジュード・ロウ)の妻であるアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)はサンクト・ペテルブルクの社交界の華。ある日彼女はモスクワへと旅立つ途中で、騎兵将校のヴロンスキー(アーロン・テイラー=ジョンソン)と出会う。一目で惹かれあう2人。必死で平常心を保とうとするアンナだが、舞踏会で再会した2人は、もう情熱を止めることができなかった。アンナは欺瞞に満ちた社交界と家庭を捨て、ヴロンスキーとの破滅的な愛に溺れていく――。

女性が自由に生きられなかったこの時代、恋愛を知らないで18歳で政府高官の夫と結婚し
一人息子にも恵まれ、貴族階級の社交界は退屈であっても、
何ひとつ不自由のない暮らしをしていたアンナは、列車の中でヴロンスキーと出会い
お互いに一目惚れ。アンナは初めての恋に心が波立つ。

アンナは旅の目的である兄夫婦の仲を取り持ち、兄嫁の妹、キティから舞踏会に誘われる。
17歳のキティは、その舞踏会でヴロンスキー伯爵のプロポーズがあると信じており、だから
兄の友人であるリョーヴィンからの求婚を断っていたのに…―
現れたヴロンスキーはアンナと、周りが引くくらい踊り続けるのだった――。

その日からのヴロンスキーは、アンナの行く先々に現れ、たちまち
サンクトペテルブルクの社交界の噂になり、夫カレーニンの知るところとなるが、
ヴロンスキーに夢中のアンナは、もはや自分の気持ちを偽れず…

この愛に平穏などない。悲痛か至福か、どちらか
不倫も、思いを遂げれば"純愛"か。それでも、、男と女では失うものはあまりに違うが.......

貴族でありながら農民と一緒になって領地を耕す好青年リョーヴィンが、
親友であるアンナの兄が、家庭教師と浮気をするのを咎めて言う「パンの盗み食い」に
満腹であっても別腹だという兄は、結局この浮気によって何も失わないのですが

初めての焦がれるような恋に、総てを捧げる勢いのアンナの情熱的な恋の顛末と、
キティを一途に想い続ける誠実なリョーヴィンの、理性的な恋の行方が並行して描かれ、
妻が不倫した事でいきなり嫌われる夫となりながら、妻が破綻するのを見過せないカレーニンの、
「服を奪う者に、コートも差し出す」姿
が泣かせます。。。

それぞれに一途とも言える3人の、愛の苦悩の人生が描かれているのだけど、
あまりに美し過ぎて重くない



冒頭から凝った舞台仕様の演出に、まずびっくりですが、
帝政ロシアの貴族階級の物語に、これがピタッと嵌っています

堅苦しい兄の職場である役所のシーンとか、舞踏会のダンスシーンなど、
全員がバレエをやっている役者ではないかと思うくらいに、動きがユニーク且つ美しい演出で、
殊に、ヴロンスキーを待ちながら次々に違う相手と踊り続けるキティと、
まるで鳥の求婚のポーズのような独特の手の動きをみせるアンナとヴロンスキーのダンスは印象的♪

それに何といってもオスカーを獲得した衣装が素晴しい!
総額1億8000万円相当のCHANELのダイヤモンドジュエリーを纏うキーラにただただため息です

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信長のシェフ 最終回 | トップ | 今月の気になる作品♪ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~ (くう)
2013-03-31 13:19:50
>妻が破綻するのを見過せないカレーニンの、
「服を奪う者に、コートも差し出す」姿が泣かせます。。。

ですよね~。
死にそうだからと手紙を出し、ダンナと愛人を握手させるアンナに、
マジかよ、あんた…とツッコミながら見てましたわ~^^;
カレーニンがすごい聖人に見える映画でした。
つまみ食いの兄もラストはさすがに悲痛な表情でしたね。
不倫はつまみ食い程度にしておいた方が…って言うのは
時代が違っても同じかも~。
くうさん~♪ (kira)
2013-03-31 22:47:19
そこですよぉ~
>死にそうだからと手紙を出し、ダンナと愛人を握手させるアンナ

恋は盲目というより、あまりに世間知らずのまま恋に堕ちた悲劇、
やりたい放題だけど、それでも運命の人に出会えて、
幸せと、痛みを知ったのは、
何も無かったより良かったのかな?
「ある公爵夫人の生涯」よりはヒロインに同情できなかったです~

不倫は男性にお得なつまみ食いでしたね~。
現代はこうはいかないと思うけど(笑)
こんにちは♪ (yukarin)
2013-04-01 12:48:17
ほんと美しく描かれすぎてて重くはなかったですね。
不倫を美しく描かれすぎるような....
でもキーラのドレス姿が素敵でうっとりと見てました!

ところで突然ですがブログのタイトルを変更しました。
今後ともよろしくお願いいたしまーす♪
yukarinさま♪ (kira)
2013-04-02 13:05:46
もう、今となっては手垢のつき過ぎた感のあるテーマですが、
ジョー・ライト監督作品は、いつもちゃんと文学の香りが漂っていて
魅せてくれますよね~♪
この時代の女性は、求められるか、親の言いなりで結婚という選択肢しかなかったのでしょうねぇ。。
あとは、つまみ食い(笑)
きっぱりと恋愛に突き進む女性は珍しかったのでしょう。
キーラは輝いてましたね

ブログタイトル、エイプリールフールかと思っちゃった~
そうそう (オリーブリー)
2013-04-03 14:52:47
何か今更感はあったんだけど、さすがジョー・ライト、この手法、私は好きでした。
やっぱり映画って観て楽しむものだから、衣装や映像から、貴族社会や人物像を感じさせられるのっていいね。

愛だの恋だので死ぬ気にゃなれないけど(苦笑)未来永劫、男と女の間には~~なんだろうね^^
オリーブリーたん♪ (kira)
2013-04-03 21:59:58
そうそう、時代もテーマも、映像化され尽くしてるもんね~。
キーラのお相手、私は多分初めてだったんだけど、青年将校のコスもイケルし、ダンスも画になってたね。

この時代の貴族社会の夫婦を描くのに、“舞台で演じてるように”廻していくのが、
なんか私も凄く好きだったわ

多分リョーヴィンの実直さ、カレーニンのラストがなければ、やなドラマだったかも(笑)
なんせ (sakurai)
2013-05-28 16:25:17
本場のロシア映画を40数本、4年以上にわたって、毎月見てたもんで、すっかりにわかロシア通。
ロシア映画のすごさって、何がすごいかというと、採算度外視!!
親方日の丸どころか、国家予算をつぎ込んで作る、商業的な結果をまるで求めてない、とにかく芸術的なものを作るのに惜しみない金をつぎ込む・・・。
もうそんなつくり方をできる映画は、未来永劫ないと思いますので、こうい作り方もあるかも・・です。
でも、あんまり好きじゃないです。
アンナは、どう見てもキーラのイメージじゃないかもなああ~です。
sakuraiさん♪ (kira)
2013-05-29 12:36:56
なるほど。sakuraiさんにしてみれば、
ロシアが舞台な作品だけど、ロシア文学の味のしない(重厚感の足りない)
エンタメ作品になっていたと感じられたのですね。

大昔に読んだ時は、まだ子供だったのもあって、スキャンダラスな印象しかなかったのですが、
キーラがアンナを演じたことで、これから読む方のアンナの印象は変わるかもですね
なんか、ジュードが演じたからか、ひたすらヴロンスキーが気の毒でしたわ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アンナ・カレーニナ (あーうぃ だにぇっと)
アンナ・カレーニナ@よみうりホール
【アンナ・カレーニナ】結婚は両手が自由な束縛、不倫はがんじがらめの束縛 (映画@見取り八段)
アンナ・カレーニナ~ ANNA KARENINA ~    監督: ジョー・ライト    出演: キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィ...
脳科学の証明。『アンナ・カレーニナ』 (水曜日のシネマ日記)
ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作を実写化した作品です。
『アンナ・カレーニナ』 2013年3月22日 GAGA試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アンナ・カレーニナ』 を試写会で鑑賞しました。 GAGAの新試写室でした。 場所も外苑前駅の近くで良い所でした。 座席は4列+後ろ一列パイプ椅子で全部で40名強の入れるくらいの大きさですが、 スクリーンが高いので長い映画には不向きですね。 2時間10分はチョイきつ...
アンナ・カレーニナ(2012) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:Anna Karenina。レフ・トルストイ原作、ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナ ...
アンナ・カレーニナ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 アンナ・カレーニナ オリジナル・サウンドトラック [CD]ロシア文学の古典をオリジナリティあふれる演出で映画化した「アンナ・カレーニナ」。人生を文字通りの舞台にたとえた演 ...
アンナ・カレーニナ (映画の話でコーヒーブレイク)
本作は飛行機の中で鑑賞しました。 旧式の機種で、一斉上映システムだと知らず最初に「リンカーン」を選択したのですが、 画像のトーンが暗い上に、時々映像がぶれたりと鑑賞に堪え難いレベルだったので、 「アンナ・カレーニナ」に変更。最初から見るにはどうするのかし...
アンナ・カレーニナ (心のままに映画の風景)
19世紀末のロシア。 政府高官カレーニン(ジュード・ロウ)の妻にして、社交界の華と注目されるアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)は、華やかな生活の裏で夫との愛なき結婚に空虚なものを抱いてい...
アンナ・カレーニナ (とりあえず、コメントです)
トルストイの有名小説をジョー・ライト監督がキーラ・ナイトレイ主演で描いた大河ドラマです。 何度も映像化されたこの物語が今度はどんな作品になるのだろうと楽しみにしていました。 19世紀末の帝政ロシアを舞台に、破滅へと向かう悲劇の愛が美しい映像と共に描き出され...
アンナ・カレーニナ (試写会) (風に吹かれて)
舞台劇でした公式サイト http://anna.gaga.ne.jp3月29日公開米アカデミー賞衣装デザイン賞受賞原作: アンナ・カレーニナ (レフ・トルストイ著)監督: ジョー・ライト  「プライド
アンナ・カレーニナ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ANNA KARENINA】 2013/03/29公開 イギリス 130分監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィキャ....
アンナ・カレーニナ /ANNA KARENINA (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click  ロシアの文豪トルストイの小説を「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督&キーラ・ナイトレイコンビで 新たに映画化した文芸ロマンス。 アカデミー賞では、衣装デザイン賞受賞 衣装も舞台も素...
アンナ・カレーニナ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そこは出口の無い、愛の牢獄。 19世紀末の帝政ロシアの社交界を舞台に、青年将校と禁断の恋に落ちる人妻の悲劇を描いたトルストイの古典「アンナ・カレーニナ」。 過去に幾度となく映画化されてきた作品だ...
アンナ・カレーニナ/キーラ・ナイトレイ (カノンな日々)
ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作で世界的にも有名な「アンナ・カレーニナ」を『つぐない』のジョー・ライト監督がキーラ・ナイトレイを再び主演に迎え19世紀ロシアを舞台に愛 ...
『アンナ・カレーニナ』 (ラムの大通り)
(原題:Anna Karenina) ----久しぶりに、二日続いての映画のお話。 最近ではスルーしてしまうことも多いのに、 まさか『アンナ・カレーニナ』とは…。 「そうだね。 ぼく自身も驚き。 まさか、これがこんな映画だったとは…? 観るまでは、この作品については 不倫の愛...
『アンナ・カレーニナ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アンナ・カレーニナ」□監督 ジョー・ライト□脚本 トム・ストッパード□原作 レオ・トルストイ □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、       ケリー・マクドナルド、マシュー・...
『アンナ・カレーニナ』 (こねたみっくす)
男の不倫は気弱な遊び、女の不倫は強欲な本気。 リアリズムの巨匠レフ・トルストイの代表作を文芸作品だけが得意なジョー・ライト監督がリアリズムとは真逆の舞台劇のような展開 ...
アンナ・カレーニナ (そーれりぽーと)
トルストイとかさっぱりですが、豪華な衣装に惹かれて何の前知識も無しに『アンナ・カレーニナ』を観てきました。 ★★★★ 踏まえてもう一度観直したく映画。 幕が上がり舞台劇が始まる。 舞台劇を観ているかのような感覚で登場人物達や背景が目まぐるしく入れ替わり、...
アンナ・カレーニナ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 アンナさんの恋愛遍歴を描いた映画です。
ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演『アンナ・カレーニナ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ロシアの文豪トルストイの最高傑作として知られる『アンナ・カレーニナ』を『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が、キーラ・ナイトレイ主演で映画化。19世紀末のロシアを舞台に愛のない結婚をしたヒロインが運
アンナ・カレーニナ (花ごよみ)
監督はジョー・ライト監督 主演はキーラ ナイトレイ 原作はロシアの文豪トルストイの作品。 ヴロンスキーに一目惚れして、 社交界から見放され、 徐々に精神バランスが崩壊、 社会的地位を捨て、 人生を転げ落ちる、 愚かで哀しすぎる人妻アンナ。 対照的な人生を....
恋するオンナはアホですか?~「アンナ・カレーニナ」~ (ペパーミントの魔術師)
”杏奈、カレーにな”って変換する私のPC。なんでやねん! 失礼しました。 アカデミー賞で撮影賞・美術賞・衣装デザイン賞・作曲賞にノミネート(うち衣装デザイン賞を受賞)。 ま~ふだんのチョイスなら見に行かない作品だけど。 ジュード・ロウとキーラ・ナイトレイで...
アンナ・カレーニナ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アカデミー賞衣装賞を獲得しただけにロシアの帝政時代の貴族の豪華な暮らしぶりが実感できる。舞台劇を取り込んだ演出が斬新だ。キーラ・ナイトレイのくっきりした目鼻立ちが感情の起伏をよく表現できている。社交界から追われて絶望に落ちていく様子と大地に足をつけて実...
アンナ・カレーニナ (悠雅的生活)
運命の愛。
アンナ・カレーニナ (こんな映画見ました~)
『アンナ・カレーニナ』---ANNA KARENINA---2012年(イギリス)監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン 、ケリー・マクドナルド 、アリシア・ヴィキャンデル 、エミリー・ワトソン、 ドーナル・グリー....
アンナ・カレーニナ (迷宮映画館)
普通に作ってくれた方が・・・
アンナ・カレーニナ (いやいやえん)
ざっくり言ってしまえば不倫ドラマなのですが。トルストイの有名な文芸作品なので何となくは知っていましたが、ちゃんと作品に触れるのは実は初めて。 時代コスと言えばこの人、キーラ・ナイトレイ主演。ジュード・ロウがその夫を演じていました。 舞台は19世紀後...
映画『アンナ・カレーニナ』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-30.アンナ・カレーニナ■原題:Anna Karenina■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:130分■観賞日:4月7日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,800円 □監督:ジョー・ライト◆キーラ・ナイトレイ(アンナ・カレーニナ)◆ジュード・ロウ(カレ...
アンナ・カレーニナ (映画と本の『たんぽぽ館』)
地道が一番・・・だけどやはり憧れる情熱の愛 * * * * * * * * * * ジョー・ライト監督にキーラ・ナイトレイとくれば、 私の大好きだった「プライドと偏見」。 さて本作は・・・。 実はもう少し本格的な歴史絵巻的作品かと思っていました。 (すみ...
映画評「アンナ・カレーニナ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年イギリス映画 監督ジョー・ライト ネタバレあり
アンナ・カレーニナ (2012年) (のほほん便り)
何度も映像化されてる、ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作だけに、あえて斬新なアプローチ。映画全体を舞台劇とし、場面転換の際には映像が隣のステージに移動するという独特の手法を用いています。でも、大いに目の保養作品でした。美男美女で、映像的にも、とてもキ...