to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ジョーカー・ゲーム

2015-02-11 14:32:18 | the cinema (サ行)

ジョーカーを見抜け。
全てを欺き、生き残れ。

上映時間 107分
原作 柳広司
脚本 渡辺雄介
監督 入江悠
主題歌 KAT-TUN 『Dead or Alive』
出演 亀梨和也/伊勢谷友介/深田恭子/小澤征悦/小出恵介/山本浩司/渋川清彦/田口浩正/光石研/嶋田久作

第二次大戦前夜に“魔王”の異名を持つ元スパイが設立した秘密組織“D機関”の暗躍を描いた人気作家・柳広司の同名連作短編集を、入江悠監督で映画化したスパイ・アクション。
上官の命令に背き、軍法会議で死刑を宣告されたその青年は、命を落とす直前に結城と名乗る謎の男に助けられる。結城の目的は、彼が設立したスパイ養成学校“D機関”に青年をスカウトすることだった。青年は過酷な訓練を経て、やがて“嘉藤”という名を与えられると、ついに初めてのミッションを命じられる。それは、国際都市“魔の都”に駐在する米国大使グラハムが隠し持つ、世界を揺るがす機密文書“ブラックノート”を奪い取れというものだったが…。

日本に実際に存在したスパイ養成&防諜を目的とした養成機関、陸軍中野学校の存在は知っていました。
最初に知ったのが何時だったのか覚えていないのですが、
誰の小説に出てきていたのかすら覚えていませんが、映画ではなかったような気がします。

で、本作はその陸軍中野学校がモデルと云われています。
まあ、平たく言えばスパイ養成スクールですが、
実際には東大や慶應義塾大などのエリートが多く、亀梨クン演じる嘉藤のような軍人は避けられていたようです。
スパイに求められるもの!に、軍人気質はネックだったんですねぇ~・・。
それを念頭においてご覧になれば、序盤の展開も現実味を帯びてくるハズ


“D機関”の司令塔・結城に拾われ、スパイとしての訓練を受けたその青年はやがて
“嘉藤”という名と経歴を与えられ、
数か国語を操り、瞬時に自分の置かれたシーンを細部まで完全記憶。
結城の右腕・神永の抜き打ち最終試験を見事クリア。初めてのミッションに就く――

  死ぬな 
   殺すな
 
 全てを欺き、生きて“ブラックノート”を持ち帰れ!


時代背景もあって、スパイグッズはちょいとレトロで期待はできないけど、
アクションも刀を使う時代劇の殺陣のような派手さはないけれど、VFXに頼らない、
その場にあるものを使って戦うジャッキーチェン的スタイルは臨場感も増すし
音を立てない、なるだけ静かなアクション、相手に気づかれない素早い動きはスパイ映画ならでは♪

昔のTVドラマ「スパイ大作戦」的なオープニングから、
魔の都での「ボーンシリーズ」を彷彿させる逃走シーン等、
スパイ映画好きな入江監督の想いが詰まった作品に仕上がっていたのではないでしょうか。

考えてみると、TVドラマは刑事モノが多く、SATや潜入捜査官が描かれることはあるし
企業ドラマでは産業スパイが登場する事もアルが、スパイ映画やドラマはお目にかかれない。
時代的にもスパイが生き難いのもあるけど、
この作品は、その点もクリアしているし、
ちょっと線が細い亀梨クンの新米スパイはちょっとマジなルパン風で(笑)
恭子ちゃん演じるリンは、、不二子ちゃん風
「Nのために」では罪に殉じる人だった小出クンがここでもイイです
伊勢谷さんはカッコイイ軍服似合いすぎです

時間的にも107分と、飽きさせないわくわくのスパイムービー。
大人から子供まで楽しめるエンタテイメント作品になってます♪
是非またこのメンバーで“D機関”の次なるミッションを描いて欲しい
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジミー、野を駆ける伝説 | トップ | ドラマ、な日々♪ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nakaji)
2015-02-11 21:53:59
こんにちは。
恭子ちゃん本当に不二子ちゃんでしたね。
どの服もコスプレ?(笑)も似合っててかわいかったですね~

こんばんは (kazu)
2015-02-11 22:24:15
思っていたより
軽快な映画で楽しめました。
恭子ちゃんの魅力もいっぱいでしたね♪
Unknown (ふじき78)
2015-02-12 07:27:06
深キョンは良かった。
でも、チャイナドレスは似合わんと思った。
ふじきさんに (sakurai)
2015-02-16 14:21:17
一票。
脇のところのデザインがもったいなかったです。
恭子さんの熱演に座布団二枚!
あとは帝都物語みたいな陸軍にちょっと興ざめ。
中野学校は、「ゴルゴ13」でお勉強(?)しました。
Nakajiさん♪ (kira)
2015-02-16 22:17:28
男性だけでなく、女性ファンにも
愉しめた恭子ちゃんの7変化♪どれも可愛かったー
kazuさん♪ (kira)
2015-02-16 22:20:56
これまでも、
恭子ちゃんの出演作の原作レビュー、参考に
楽しみにしていました♪
コレ、続編作ろうと思えば作れるんですよねっ(笑)
ふじき78さん♪ (kira)
2015-02-16 22:26:26
あれ?お気に召さなかったのね~、チャイナ風ドレス
私は、棒のような体系の女性が着るより100倍好きなんだけど~
sakuraiさん♪ (kira)
2015-02-16 22:33:54
おお~~っ!!
「ゴルゴ13」私の愛読書!!
そうだったのかあ~、、、それで知ったのか?私?

恭子ちゃんの衣裳は、チャイナとアオザイとか、ミックスしたかったんだろうなあ~と、
感じて観ていました。
何しろ架空の魔の都だし、ね
キョン見に始まり (ボー)
2016-11-07 07:08:42
キョン見も終わる。
伊勢谷はカッコイイ。
ボーさん(^^♪ (kira)
2016-11-08 22:57:30
めっちゃ短い記事に、
ボーさんの深~い思い遣りを読み取ったわ

コメントを投稿

the cinema (サ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ジョーカー・ゲーム  (Break Time)
今日から、2月です・・・
映画 ジョーカー・ゲーム (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     『ワイルド7』以来、スクリーンで久しぶりに見た深田恭子。   なんだか、リン(役:深田恭子)がルパン三世に登場する   峰不二子に見えましたね。   そ...
ジョーカー・ゲーム (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ジョーカー・ゲーム '15:日本 ◆監督:入江悠「日々ロック」 ◆出演:亀梨和也、深田恭子、小澤征悦、小出恵介、山本浩司、渋川清彦、田口浩正、光石研、嶋田久作、伊勢谷友介、千葉哲也 、リチャード・シェルトン、ジャスパー・バッグ、リチャード・モス ◆STOR...
ジョーカー・ゲーム (花ごよみ)
柳広司のミステリー・スパイ小説を映画化。 原作も読みました。 原作は短編になっています。 各短編をうまくつなぎ合わせて、 一つのストーリーにしています。 主に幽霊(ゴースト)とロビンソンが 元になっているのかな。 監督は入江悠。 主演は亀梨和也。 日本人ス...
『ジョーカー・ゲーム』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジョーカー・ゲーム」□監督 入江 悠□脚本 渡辺雄介□原作 柳 広司□キャスト 亀梨和也、深田恭子、伊勢谷友介、小澤征悦、小出恵介■鑑賞日 2月1日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は...
『ジョーカー・ゲーム』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、昔のスパイすぎふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★伊勢谷友介と深田恭子が好き好き。亀ちゃんはまあまあ】 亀梨和也はまあまあだと思う。 アクションも英語も主役として映画を牽引していた。 でも、こうい ...
「ジョーカー・ゲーム」 真面目な性格のルパン三世 (はらやんの映画徒然草)
邦画のスパイもので、傑作!と印象に残るものってあまりないですね。 洋画だと「00
『ジョーカー・ゲーム』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『ジョーカー・ゲーム』を観てきました。 亀梨くんと伊勢谷さんなので超シリアスなハードボイルドかと思いきや。。。いや真面目でしたよ。 でもなんだろう、脚本とかもシリアスだし大笑いするような場面でもないんだけど、どこかコミカルなんですよね~。この不思議な感...
「ジョーカー・ゲーム」ミッションを遂行した先にみた可能性ある限りミッションに終わりはないスパイ活動 (オールマイティにコメンテート)
「ジョーカー・ゲーム」は戦前の日本を舞台にスパイに身を投じた男がある任務の為に中国に潜入しそこで機密文章を奪うためにギリギリの可能性の中で繰り広げられる駆け引きを描い ...
ジョーカーゲーム (迷宮映画館)
これぞフィクション!って感じがぷんぷん。
ジョーカー・ゲーム (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編と「サイタマノラッパー」の入江悠監督なので、結構期待していたのですが、脚本があの渡辺雄介(「ガッチャマン」)ということもあり、何とも珍妙な作品に仕上がりました。突っ込みながら見るならそれなりに楽しいけど、映画館でみるより、深夜でみんなでわいわい...
ジョーカー・ゲーム (いやいやえん)
全てを欺き、生き残れ。 異能の天才たちによる“極限のスパイゲーム"が~ってことなんだけど、騙し合いの頭脳バトルが展開されると期待していたら肩透かし。 情報戦略で展開が読めないのではなく、話の展開が雑す
映画評「ジョーカー・ゲーム」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・入江悠 ネタバレあり
「ジョーカー・ゲーム」 (或る日の出来事)
新型爆弾の設計図を盗み出せ!
『ジョーカー・ゲーム(2015)』('17初鑑賞66・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 6月16日(金) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。