to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

レ・ミゼラブル

2012-12-27 23:29:40 | the cinema (ラ・ワ行)

愛とは、生きる力。
原題 LES MISERABLES
製作年度 2012年
製作国・地域 イギリス
上映時間 158分
原作 ヴィクトル・ユゴー(原作小説)
脚本 ウィリアム・ニコルソン/アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク/ハーバート・クレッツマー
監督 トム・フーパー
出演 ヒュー・ジャックマン/ラッセル・クロウ/アン・ハサウェイ/アマンダ・セイフライド/エディ・レッドメイン/サマンサ・バークス/アーロン・トヴェイト/イザベル・アレン/ヘレナ・ボナム=カーター/サシャ・バロン・コーエン

19世紀のフランス。1本のパンを盗んだ罪で投獄され、19年間を監獄の中で生きたジャン・バルジャン。仮出獄した彼は再び盗みを働いてしまうが、司教の優しさに触れ、心を入れ替えると決意する。過去を捨て、マドレーヌと名前も変えながらも正しくあろうと自らを律して生きていくバルジャン。やがて市長にまで上り詰めるが、法に忠誠を誓うジャベール警部に自らの正体を見破られ逃亡を余儀なくされる。その一方で、薄幸の女性ファンテーヌから託された彼女の娘コゼットに深い愛情を注ぎ、美しい女性へと育てていくバルジャンだったが…。
ビクトル・ユーゴー原作の「ああ無情」。
私が小学生の頃は銀の燭台のエピソードが抜粋され教科書にも載っていて、子供心にかなり衝撃を受けた作品でした。

貧しさからパンを盗み、そこでジャベール警部に生涯忘れられない出会いをする。
仮出獄ののちもついてまわる「危険人物」の身分証に打ちのめされるバルジャンを、
ミリエル司教の愛と慈悲が救い・・・彼は良心を取り戻し、
名を変え、やがて財を成し、社会貢献出来るまでになるが…―
異常なまでに記憶力のいいジャベール警部は、バルジャンを犯罪者として執拗に追い詰める。

19世紀フランスの、民衆の悲惨な生活の中で繰り返される無常の連鎖・・――。



ファンテーヌの絞り出すような「夢やぶれて(I Dreamed a Dream)」でもうやられました
バルジャンの「彼を帰して」(Bring him home)も父の心情が伝わってきたし、
エポニーヌの「オン・マイ・オウン(On My Own)」には決壊しました
そして自由を求め、互いを鼓舞する学生達の若々しい民衆の歌」(The People's Song)
どのシーンも、役者としての歌が心を揺さぶり
朗々と歌い上げない、「シーンのセリフ」となっていたのがよかったです

正義の人なのに、顔に「孤独」と書いてあるようなジャベールを演じたラッセル・クロウの
哀愁の滲む歌もかなり良かったし、
子役の2人もとても上手かった
アマンダちゃんは綺麗で澄んだ歌声エディ・レッドメインも恋する貴公子、嵌ってました!
とりわけお気に入りは、革命に身を捧げるABCの友・アンジョルラス役のアーロン・トヴェイト♪
颯爽たる革命家振りが好印象でした

不条理に怒り、貧しさに泣き・・・それでも人を変えるのは今も昔も、「愛」で、
世を変えるのは若者達の勇気で、それを阻むのは、世間の「無関心」
だという、
古いけれど、今に繋がるテーマでもあり、
ラストは温かく、慰められるものになっていました
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつかのMerry Christmas......... | トップ | おめでとう☆と、ありがとう♪ »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動の嵐 (ノルウェーまだ〜む)
2012-12-28 11:21:27
kiraさん☆
まさに感度の嵐でしたねぇ。
この物語がいつの時代も愛されているのは、やはり普遍的なテーマである「愛」であり「勇気」なのでしょうねー
自分のためにではなく、愛する人のために自らを犠牲にしてまでも行動するという事に、多くの人が感動できるのが何だか嬉しいです。
おおっ! (miyu)
2012-12-28 15:35:56
ラッセル・クロウ良かったですよねー!
彼の正義ゆえの孤独や苦悩が力強くも絞り出すような歌声に
全てがのせられてるような感じがしました♪
アーロン・トヴェイトは、どこかで観たことあるなぁーってすーっごく
気になっちゃって仕方なかったのですが、
そのせいもあって、彼が出てると彼ばかり観てしまってましたw
ああ無情 (ボー)
2012-12-28 18:13:25
1回観終わって、予告編でも聴かれた、あのアンちゃんの歌しか覚えていないのですが、観ているうちは何度も、だらだらと涙の大河が…。
アマンダのコゼット、もっといっぱい見たかったな〜。
ノルウェーまだ〜む♪ (kira)
2012-12-29 10:58:34
仰るとおり、
家族や、愛する人の為に闘い、生きていく姿に感動がありましたね。
バルジャンやファンテーヌだけでなく、
エポニーヌやアンジョルラスの姿がそれを象徴した存在でした
今の教科書にも復活して欲しいと思っちゃった
miyuさん♪ (kira)
2012-12-29 11:09:00
ラッセル・クロウ,こういう役似合いますよね〜。
正義を振りかざしながらも一人ぼっち。
脅威の存在ながら、どこか危うい・・・
ちょっと『時10分、決断のとき』を思い浮かべちゃったわ〜

>アーロン・トヴェイトは、どこかで観たことあるなぁーって
そうそう、髪の色でスッゴク変わりますよねー
金髪、いいですよね
ボーさん♪ (kira)
2012-12-29 11:16:00
よく知っている物語でも、こんなに泣けるんですよね〜(笑)
アンちゃんの歌には説得力がありましたもんね。
アマンダのコゼットは思ったよりシーンが少な目かもしれませんが
だけど、かなり良いところでの登場だったし、ステキなシーンだったと思います
こんにちは。 (たいむ)
2012-12-29 20:32:53
そうそう。
好きの反対は嫌いじゃなくて無関心って何かで言ってました。
無知と無関心こそが罪であることを皆が自覚出来たらもう少し世の中は良くなるのかな〜って。

映画「レ・ミゼラブル」最高でした(^^)
こんばんは (ノラネコ)
2012-12-29 23:15:30
昔は「ああ無情」でしたね。
「レ・ミゼラブル」が一般的になったのはやっぱりミュージカルの影響かな。
私は舞台版の大ファンなので、この映画は大変に満足。
年の瀬に良いものを見せてもらったという感じです。
こんにちは (オリーブリー)
2012-12-30 12:23:16
もはや鉄板なお話だけど、旬の俳優さんたちが人間の基本的なものをそれぞれの立場で魅せてくれたって感じでした。
本当、まさに今に通じるお話ですよね〜日本のチェンジにも希望を持ちたいな(笑)
ミュージカル・・・ (ひろちゃん)
2012-12-30 18:06:29
苦手なのに、ボロ泣きでしたよ〜(苦笑)
アンの歌のシーンは、予告編で何度も泣いていたから、本編では、どうかと思いましたが、やはり泣きました(笑)
そして、エポニーヌのオンマイオウンは決壊するよね〜(泣)

>人を変えるのは今も昔も、「愛」で、
世を変えるのは若者達の勇気で、それを阻むのは、世間の「無関心」

古くても、普遍のテーマですよね。本当に素晴らしい作品でした!

>・アンジョルラス役のアーロン・トヴェイト♪

ゴシップガール観てた?その時の役柄より、今回のほうが、素敵でした(´∀`*)ポッ
若き革命家、良かったね^^
たいむさん♪ (kira)
2012-12-31 02:28:35
エポニーヌの、報われないのに尽くしてしまう、
あの親から生まれたとは思えない純粋な愛にも泣きましたが、
民衆を信じて決起した学生達に、土壇場で背を向ける民衆に怒り・・・
もうあそこは涙が駄々漏れでした
やはり純粋さは若者のものなのでしょうね
ノラネコさん♪ (kira)
2012-12-31 02:50:15
そうでした。職場の同僚とも話したのですが、
「昔ならったよねぇ〜。細かいとこは忘れたけど」
それでもインパクトのある物語で、原作も読んだんですよ〜。
舞台は息遣いとか気配とか、本当に生の迫力があるでしょうね♪
その舞台演出にかなり忠実なようで、観れて満足の作品です!
オリーブリーたん♪ (kira)
2012-12-31 02:54:26
うん、オリーブリーたんの言うように、
年の瀬に心が洗われるような作品だったわ
少なくとも、無関心に扉を閉めるような民衆にだけはならないと、神様に誓います
ひろちゃん〜♪ (kira)
2012-12-31 12:30:35
ミュージカル苦手なのにトライしてえらいっ!!
予告とヒューさま効果なのかしら

エポニーヌ!!
あの両親から、よくぞこんな健気な娘にぃ〜〜って、びっくりよね〜(笑)
ヘレナとサシャは、あのオゾマシイ(笑)ミュージカルを思い出させて
あのミンチのシーンがプレイバック気分が悪くなりそうだったけど
エポニーヌの純愛でたち帰れたわ

ゴシップガール、ほんの数回みれました♪
彼、金髪の方がいいよね〜
舞台で活躍してるなんて知らなかった!歌が上手くてステキだったねー
kiraさん☆ (mig)
2012-12-31 15:50:02
こんにちは☆

その場で歌って収録したのが良かったですね。
全編セリフじゃなくミュージカルとおなじうたにしたのも良かったけど休憩もないのでやや長く感じちゃいましたけどね 笑

今年もありがとございました!
いっぱいお話できて楽しかった♪
kiraさん素敵なお正月を、、、、!
migちゃん♪ (kira)
2013-01-01 22:39:10
昨年は、後半は読み逃げも多くて
ちょっと皆さんとあまりお話できなかったのがザンネンでしたが、
やっと仕事がひと段落し、映画に戻れた事で
しかも最後がこの作品で、絡めてよかったです。

そう、時間が長いのは我々主婦としては厳しいのですよ〜。
でも、臨場感ある歌にかなり満足しました♪

はい。
お正月は年末の疲れを取り、ゆっくりしたいと思ってますよ〜
あけましておめでとうございます (はらやん)
2013-01-05 15:26:14
kiraさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

僕もフォテーヌの歌のところで決壊しておりました。
ほんと歌に登場人物の気持ちがのっているという感じで。
役者さんもみなさん見事でしたよね。
特にアン・ハサウェイは良かったかなー。
僕もこの物語は現代にも通じるものがあると思いました。
他人に対して無関心、人より自分みたいな感じで、奪うことだけ・・・。
果たしてそれでいいのかという感じはありますよね。
お久しぶりです (みゆみゆ)
2013-01-05 20:33:15
こんにちは
なかなか映画を見ていないので、ご無沙汰になってしまっています。
ですが、このミュージカルの舞台が好きで何度か見ているので、これは絶対に見ようと思い見てきました。

映画を見て、改めて舞台装置や舞台転換などもよくできているな〜と思いましたが、具体的な景色などがやはり映画は素晴らしかったです!!

曲も話も分かっているのに・・・
(だからこそ?!)
私は最初の司祭様のところから決壊です(^^;
好い映画でした♪ (ひらで〜)
2013-01-06 11:19:29
始まってから、ず〜っと泣いていたような・・・
それも、好い涙で、心が洗われた、そんな気分。

昨年のラストを飾り、好い一年だったなぁと
幸せな気分にしてもらいました♪
サントラを即、購入してず〜っと聴いてます♪
ラッ・クロさんのジャベールが予想以上に好かった
はらやんサマ♪ (kira)
2013-01-06 17:39:47
明けましておめでとうございます

アンちゃんのシーンで決壊ですか。
上手く歌える歌手や、美しく歌える人は沢山いるでしょうが、
歌詞で言葉を伝えるのではなく、
演じながらセリフを歌に乗せるという部分で、
やはり今回のキャストは素晴しかったですよね。。。
ワタシは・・・・全てのキャスト(除く宿屋の夫婦)に泣かされたかも〜(笑)

今年も更なるステキな作品との出会いを期待して、
よろしくお願いします。
みゆみゆさ〜ん♪ (kira)
2013-01-06 18:00:40
本当にお久しぶりでした♪
PCの環境が変わったりで、gooホーム時代の方たちの大半を
見失っていたので、
訪ねて下さってとっても嬉しいです。

相変わらず舞台との変更など
解りやすい解説で、読み応えもありました♪

>私は最初の司祭様のところから決壊です(^^;
実は私もなんです〜
哀れなバルジャンに、ヒューさまに、もう泣かされてました(笑)
ひらで〜さん♪ (kira)
2013-01-08 12:16:11
実は3回目、観てきました(笑)
今回も友人のお付き合いでしたが、
やはり最初から最後まで、バルジャンの人生を見守り、
キャストのそれぞれの切ない心情に泣かされました!
ラッセル・クロウのハスキー・ヴォイス!味がありましたよね
Unknown (zooey)
2013-01-10 21:38:50
エポニーヌの「彼の世界に私はいらない」には
決壊せざるを得ませんよねえ。
まわりであまりにも評判がいいので
本当に!?と身構えて行ったひねくれ者の私ですが
他愛なく泣きました…
zooeyさん♪ (kira)
2013-01-11 12:29:48
ホント。初めて見る女優さんでしたが、
思いっきりやられましたねぇ〜。

>本当に!?と身構えて行った
解ります(笑)良くありますから、私も。
ご指摘のように、ちょっと端折った為に感動が薄くなっているところもあるでしょうが、
それぞれ人物の心の傷がちゃんと伝わってくるシーンに
何度も泣けましたね。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
レ・ミゼラブル(2012) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Les Miserables。イギリス映画。ヴィクトル・ユゴー原作、トム・フーパー監督。アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド ...
映画レビュー「レ・ミゼラブル」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
レ・ミゼラブル~サウンドトラック◆プチレビュー◆伝説的大ヒットミュージカルの映画化「レ・ミゼラブル」。音楽の力に圧倒される、力強い作品だ。 【70点】 19世紀のフランス。 ...
映画「レ・ミゼラブル」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「レ・ミゼラブル」観に行ってきました。世界各国の舞台で長年ミュージカル公演が行われてきた、ヴィクトル・ユーゴー原作の同名小説の実写映画化作品。なお、今作が2012年...
レ・ミゼラブル (そーれりぽーと)
今年の大本命、『レ・ミゼラブルを観てきました。 ★★★★★ ★がいくつ有っても足りない。 泣き過ぎて方針状態でエンドロールを眺めていました。 ミュージカル版の完全映画化と言うことで、キャスティングに全てがかかっていたのですが、これについては予告編を初めて...
劇場鑑賞「レ・ミゼラブル」 (日々“是”精進! ver.F)
どんな時にも、希望は残る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212210004/ レ・ミゼラブル~サウンドトラックサントラ ユニバーサル インターナショナル 2...
[映画『レ・ミゼラブル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆まさか、3時間近い上映時間とは思わず、女の子とレイトショーで観て、帰宅して落ち着いたら、この時間になってしまった。  明日も早いので、マジ寸評ですまん!  古典なので、あまり派手な起伏はないが、ミュージカルなので、その音楽の数々はやはり感覚に訴えてき...
レ・ミゼラブル (あーうぃ だにぇっと)
レ・ミゼラブル@TOHOシネマズ日劇
映画『レ・ミゼラブル』観てきたよ〜〜(ノω≦。)…ジーン… (よくばりアンテナ)
映画観終わって数時間経っているのに、 まだ歌声が耳に残っていて、どっぷりと余韻にひたっています。 映画館でハンカチを何度も使うくらい、どんだけ泣いてるのと つっこまれてもおかしくないほど涙...
レ・ミゼラブル / Les Misérables (勝手に映画評)
傑作ミュージカル『レ・ミゼラブル』の映画化。映画化したのは、ミュージカル版レ・ミゼラブルであり、ヴィクトル・ユゴーの小説版レ・ミゼラブルでは無いことに注意。ミュージカル版と小説版では、ストーリーに若干に違いがあるらしいです。 “お昼休み”の番組のメイン...
「レ・ミゼラブル」 (或る日の出来事)
かわいそうさを盛り上げる歌の力が加わって、気持ちよく泣けた〜。
映画:「レ・ミゼラブル」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年12月27日(木)。 映画:「レ・ミゼラブル」。 監  督:トム・フーパー 脚  本:クロード=ミシェル・シェーンベルク      アラン・ブーブリル      ハーバート・クレッツマー      ウィリアム・ニコルソン 原  作:ヴィクト...
レ・ミゼラブル (2012)/ヒュー・ジャックマン (カノンな日々)
もうね、あのファンテーヌの唄が聴こえてくるだけで条件反射的に感動の記憶が呼び起こされてしまいます。日本での舞台を1度観ただけなので偉そうなことは言える私ではありませんが ...
「レ・ミゼラブル」☆英ミュージカルそのままに (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
圧倒的な迫力と、胸を打つ感動の歌声。 冒頭の音楽から既にミュージカルの世界に惹き込まれる☆ 最初から溢れる涙を抑えきれずに、ポタポタと涙をこぼしながらただただ、見入る私。 人は何故こうまでも歌声に共鳴するのだろう?
レ・ミゼラブル (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LES MISERABLES】 2012/12/21公開 イギリス 158分監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、...
レ・ミゼラブル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 数ある映画ジャンルの中でも、ジャンルとしてここ数年あたしが一番好きなのはミュージカル映画なのですが、そんなミュージカル映画の決定版とも言えるコチラの「レ・ミゼラブル ...
レ・ミゼラブル  う〜ん 何故かツボには来なかった (Said the one winning)
監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、アーロン・トヴェイト、イザベル・アレンストーリー:...
レ・ミゼラブル (風に吹かれて)
慈悲の心と愛に出会って公式サイト http://www.lesmiserables-movie.jpビクトル・ユゴーの同名小説のミュージカル舞台版の映画化監督: トム・フーパー  「英国王のスピーチ」
「レ・ミゼラブル」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
囚人番号24601。 銀の燭台。 女性の忘れ形見。
レ・ミゼラブル (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Les Miserables監督:トム・フーバー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、サマンサ・バークス、ヘレナ・ボナム・カーター・・・
レ・ミゼラブル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(P) もういちど家族に対し見つめ直したくなるそんな映画。
レ・ミゼラブル (キノ2)
★ネタバレ注意★  トム・フーパー監督のイギリス映画です。  言わずと知れた超有名ミュージカルの映画化作品。  キャストは、主人公ジャン・バルジャンにヒュー・ジャックマン、執拗にバルジャンにつきまとうジャベール警部にラッセル・クロウ、娼婦に身を落と...
レ・ミゼラブル (心のままに映画の風景)
19世紀フランス。 パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。 マドレーヌと...
『レ・ミゼラブル』 ミュージカルファンよ、心配するなかれ (映画のブログ)
 奇異な目を向ける人もいただろうが、私は席を立つことができなかった。  私と友人は、場内が明るくなり、他の観客が帰り出しても嗚咽が止まらず、いつまでも泣き続けていた。  子供の頃に児童書『ああ無...
レ・ミゼラブル (Akira's VOICE)
感動で満たされた!  
レ・ミゼラブル (ダイターンクラッシュ!!)
2012年12月22日(土) 15:50〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1000円(割引料金) 『レ・ミゼラブル』公式サイト かの有名な古典であり、有名なミュージカルだ。 原作は読んでおらず、ミュージカルも観ていない。 リーアム・ニーソンの「レ・ミゼラブル」を観たが、内容を...
『レ・ミゼラブル』 2012年12月21日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『レ・ミゼラブル』 を鑑賞してきました。 今年の見納めでも良いと思っていた映画でしたが... 【ストーリー】  1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。...
「レ・ミゼラブル」みた。 (たいむのひとりごと)
何から何まで歌で表現した完全なるミュージカル作品はあまり得意ではないのだけど、子供の頃から慣れ親しんできた「レ・ミゼラブル」であり、バルジャン役がヒューさまであり、予告編のアンの歌声にすっかり惹かれて
レ・ミゼラブル・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
誇り高き人々の唄。 ヴィクトル・ユーゴーの不朽の名作を原作に、1985年にロンドンで初演されて以来、全世界で6000万人を超える観客を動員した傑作ミュージカル、「レ・ミゼラブル」の完全映画化。 十九世...
レ・ミゼラブル (だらだら無気力ブログ!)
素晴らしかった!!
レ・ミゼラブル (Memoirs_of_dai)
ミュージカルとトム・フーパーのマイナス点 【Story】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されるが、その後の生活で、銀食器を盗むという行為をして...
レ・ミゼラブル (とりあえず、コメントです)
ヴィクトル・ユーゴーの原作を舞台化した有名なミュージカルを映画化した作品です。 日本語版のミュージカルは帝国劇場で何度か観ていて、その度に胸いっぱいの感動を貰っていました。 そして、そのミュージカルの映画版も期待に違わず、素晴らしい歌声と感動を伝えてくれ...
レ・ミゼラブル (映画感想メモ)
素晴らしい。歌と音楽に圧倒された。 いい加減あらすじ 妹の子供の為にパンを盗んだ
レ・ミゼラブル (Break Time)
今朝も、冷え込みが強く寒い・・・
レ・ミゼラブル(2012)◇◆LES MISERABLES (銅版画制作の日々)
 愛とは、生きる力。 好き度:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。昨年最後ということでこの作品を選んだ。どちらかというとミュージカルはあまり得意ではない。そんな私はセリフも少しはあるのかと密かに期待していたのだが、何と全編歌なのでびっくり!! こ....
「レ・ミゼラブル(2012)」 与える、与えられる (はらやんの映画徒然草)
昨年末より公開され、映画ブロガーさんの間でも昨年のランキングの中で評価が高かった
『レ・ミゼラブル』 (みゆみゆの徒然日記)
 25日に公開を待ちわびていた『レ・ミゼラブル』を見てきました。キリスト教色が強いし、ある意味クリスマスらしかったでしょうか?ということで、自分へのプレゼントは貯まっていたポイントを使って、無料鑑賞です(笑)『オペラ座の怪人』『マンマ・ミーア』に続き、...
レ・ミゼラブル(2012年)☆愛とは、生きる力。 (☆お気楽♪電影生活☆)
FIGHT.DREAM.HOPE.LOVE.
う〜ん。。。疲れました。(^^;〜「レ・ミゼラブル」〜 (ペパーミントの魔術師)
ミュージカルを見ない私でも このシーンでうたわれるうたくらいは聴いたことがある ・・・という程度の知識。 日本でも何度も何度も上演されてる舞台だし 少なくともヒュージャックマンとかアンハサウェイがでるし すごいよっていう評判だけで見に行ってしまったったった...
映画「レ・ミゼラブル」 (FREE TIME)
元日はファーストデーなので、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。
・・・ふーん。『レ・ミゼラブル』 (水曜日のシネマ日記)
ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化した作品です。
映画『レ・ミゼラブル』 (健康への長い道)
 学校行事以外ではほとんど観劇経験のない僕でも存在は知っているロングラン・ミュージカル『レ・ミセラブル』。その映画化と聞かされても特に関心は無かったのですが・・・。  ミュージカル映画というと子どもの頃に観た『サウンド・オブ・ミュージック』とか『雨に唄...
『レ・ミゼラブル』 (時間の無駄と言わないで)
タイトルは知ってた。 「ジャン・バルジャン」って人が出てくるのと、銀食器を盗んじゃうエピソードも知ってた。 というか、恥ずかしながらその程度の知識しか持ち合わせていなか ...
レ・ミゼラブル (こんな映画見ました〜)
『レ・ミゼラブル』---LES MISERABLES---2012年(イギリス)監督:トム・フーパー 出演:ヒュー・ジャックマン 、ラッセル・クロウ 、アン・ハサウェイ 、アマンダ・セイフライド 、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター 、サシャ・バロン・コーエン ....
歓びの歌〜『レ・ミゼラブル』 (真紅のthinkingdays)
 LES MISERABLES  19世紀・フランス。病んだ妹の子を飢えから救おうと、たった一個のパンを盗 んだ男、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)。彼は19年もの長きに渡って 投獄され...
レ・ミゼラブル (花ごよみ)
レ・ミゼラブルやっと見てきました。 原作はヴィクトル・ユゴーの小説。 この小説を基にした、 大ヒットミュージカルを映画化。 主人公ジャン・ヴァルジャンの、 波瀾に満ちた一生を描く 監督はトム・フーパー。 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、 アン・ハサ...
ミュージカルで締める! (笑う社会人の生活)
31日のことですが、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。 ジャン・バルジャンを主人公に彼の波乱の人生を ファンテーヌやその娘コゼット、彼を追うジャベール警部などを絡めて描いた作品 有名なミュージカル舞台の映画化 まさに大作、大河ドラマですね ミュージカル...
2013年最初の感動!時代は無情ながら輝きに満ちていた (nameblog)
久しぶりの映画鑑賞ログです…チーン 昨年の後半もね〜映画を見る機会が多々あったのですが、PC修理がありなかなかログを残すまでには至らず (「海猿」、「踊る大捜査線」etc、よかったです) そんな超がつくスローな当ブログですが、 2013年初感動!!これは絶対に...
女は髪も歯も売った…「レ・ミゼラブル」 (Zooey's Diary)
やたらと評判のよいミュージカル映画「レ・ミゼラブル」を観て来ました。 子どもの頃に原作「ああ無情」を繰り返し読んで泣き、 遥か昔ではあるが、ブロードウェイでミュージカルも観た私にどう映るか、 些か不安ではあったのですが… 一切れのパンを盗んだために19年間...
映画「レ・ミゼラブル」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
福祉は大切だと思った。 母子家庭の不幸、小さな子供が虐待される不幸、非衛生的な環境で次々に倒れていく人々。貧富の差の生み出す社会構造、何よりも飢え、仕事もなく、仕事はあっても搾取されるのみ...
映画:レ・ミゼラブル 普段ノー・ミュージカルな私でも、展開される「魂」に震えた = やはり必見か(笑) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
普段ミュージカルしないワタクシ。 にとって、「映画化」は作品に触れる貴重な機会となる。 ので公開中のうちに、なんとか劇場へ。 冒頭 いきなし! ばばっと歌い出すので、「やっぱ苦手!」と思いつつ、我慢して見続けた。 すると、 監督トム・フーパー がこだわ...
レ・ミゼラブル 文句なしっ! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=4】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる17本目の鑑賞、妻と1月2日に鑑賞、朝から1人で3本鑑賞してようやく本命、そうとう疲労困憊やったのだ。 ラ・ミゼラブルは子供の頃以来、何度か本を読み、そして2005年の年末にミュージカル「「Les Miserables」を梅田芸....
レ・ミゼラブル  監督/トム・フーパー (西京極 紫の館)
【出演】  ヒュー・ジャックマン  ラッセル・クロウ  アン・ハサウェイ 【ストーリー】 19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。8年後、....
レ・ミゼラブル (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2012年英国 上映時間:158分 監督:トム・フーパー  さすがアカデミー作品賞にノミネートされた作品だけあって、かなり格調高く仕上がっている。原作は ヴィクトル・ユゴー、監督は『英国王のスピーチ』でオスカーを受賞したトム・フーパーである
映画『レ・ミゼラブル』を観て〜アカデミー賞3部門受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
13-1.レ・ミゼラブル■原題:Les Miserable■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:158分■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督:トム・フーパー◆ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)◆ア...
レ・ミゼラブル (いやいやえん)
思っていたよりも良かったー。でも泣くほどでもなかったかな。 主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、法の番人ジャベール役のラッセル・クロウ。不遇のファンテーヌ役のアン・ハサウェイが名曲「夢破れて」を素晴らしい声で歌いあげる(彼女が歌が上手...
レ・ミゼラブル (タケヤと愉快な仲間達)
監督  トム・フーパー  出演 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ 【あらすじ】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年....
レ・ミゼラブル (Yuhiの読書日記+α)
文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化したもの。監督はトム・フーパー、出演はヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド他。 <あらすじ> 1815年、ジャン・バルジ....
映画評「レ・ミゼラブル」(2012年版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年イギリス映画 監督トム・フーパー ネタバレあり
レ・ミゼラブル (RISING STEEL)
ご無沙汰してました!今年初めの映画レビューは大ヒットしたこの作品! レ・ミゼラブル / LES MISERABLES 2012年 イギリス映画  ワーキング・タイトル・フィルムズ ユニヴァーサル製作 監督:トム・フーパー 製作:ティム・ビーヴァン エリック・フェル...
映画 レ・ミゼラブル (2012年) (こみち)
JUGEMテーマ:洋画    ミュージカルを見ているような錯覚を受ける映画でした。   なので、映画としてvるのでなく、ミュージカルとして   観たほうがしっくりきます。    前評判とおり、ファ...
レ・ミゼラブル (のほほん便り)
なんと、普通の台詞まで歌で、終始一貫した音楽劇なのに驚きました。だけど、俳優さん達の圧倒的・歌唱力と、ベースになってるリズムが一貫してるので、違和感ありません。じつは、普通、ミュジカル映画の場合、「後で音を入れる」けれど、この場合、その場で録音したもの...