to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ロボジー

2012-01-22 01:02:21 | the cinema (ラ・ワ行)

製作年度 2011年
上映時間 111分
脚本 矢口史靖
監督 矢口史靖
音楽 ミッキー吉野
出演 五十嵐信次郎/濱田岳/吉高由里子/川合正悟/川島潤/田畑智子/和久井映見小野武彦/森下能幸/田中要次/田辺誠一

「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が贈る痛快ドタバタ・コメディ
弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しかし、発表直前の1週間前にロボットが大破してしまう。慌てた3人はとっさの判断で、一人暮らしの頑固老人・鈴木(五十嵐信次郎)をロボットの中に入れて出場したところ、鈴木の奇妙な動きが絶賛され……。

今月の楽しみな1本でしたが、期待しすぎたのでしょうか~?
とにかく矢口監督らしいゆるさで、それがいい味にもなっているんですが、
デビルズ・ダブル」を観た後でもあり、あまりにまったりとして起伏がないし、笑えないし.....
久しぶりに途中で出ようかと思いました
ごめんなさい、超辛口デス。
ファンの方はスルーして下さいね

基本ワタシはこういう映画やドラマは突っ込みなしで楽しめる方だと思うんですが、
或いはツッコミながら、それを楽しんだりもする方なんですが、
コレは突っこんだら・・・もぅ笑えません、、、




映画的にはああいうオチでOKなんでしょうが、
やっぱりヘンに笑いを取りにいかないで、WBみたいなラストが私は好きです。
ガンバリはきっと実になるというような、そんなラストがいいなあ

キャストはみんなヨカッタです。
吉高さんはやっぱり、シリアス系よりこういう役が似合っててよかったし、
だから余計にああいうラストで悦に入って欲しくなかったかも。
エンディングの「MR. ROBOTO」を使いたいための映画だったの?というくらい
ドモアリガ ト ミスター・ロボット~
ミッキー・カーチス率いる「五十嵐信次郎とシルバー人材センター」のカバーが合ってました(笑)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の恭子ちゃん♪ | トップ | 「平清盛」 第3回 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ituka)
2012-01-22 22:07:48
なんとなく映画全体が淡々としてた印象からか
イマイチ盛り上がらなかったです^^;
できれば、着ぐるみは最後の苦渋の決断として
ひとにバレないよう綿密な実行計画なんかを描いた方がワタシの好みですかね(笑)
そうなると、サスペンスコメディみたいになっちゃいますね^^
珍しいよね(^^ゞ (ひろちゃん)
2012-01-22 22:27:58
kiraさん、途中で出ようと思ったくらいダメだったんだ~(^_^;)
私は、期待した以上の面白さは感じられなかったけど、嫌いじゃない作品でした^^

私の場合は、この作品自体が、ありえない設定(じいちゃんがロボットに入るって(^^ゞ)と思っていたので、まあ映画(フィクション)と言うことで、楽しんだもの勝ちかな~と思って
観ました♪

デビルズ・ダブル、ロボジーと同じ順番で観たのね(^_-)-☆逆の順番で観たら、どうだったのかな?やっぱり、ダメだった(合わなかった)
かな(^_^;)
itukaさ~ん♪ (kira)
2012-01-23 00:16:37
まあ、3ヶ月でロボット開発の無理を理解できない木村電気の社長のキャラとか、
それを受ける側の3人のキャラ設定の時点でこの展開は読めるんですけどねぇ・・
あの工科大での若者たちを描いた後の
あの根っからのロボヲタ・吉高ちゃんをあんなオチにしてしまって
笑いを取るのが、こんな時代の若者に失礼とプンプン
「社会の現実ってこんなものん」「軟らかくなんなよ」みたいでイヤ
ひろちゃん~♪ (kira)
2012-01-23 00:28:44
実は本文に、もっと「ココがいや」って書いてたんだけど(笑)
結局、削っちゃったのよ
あんな強力マグネットつけててアレを着脱できるのか?
おじいちゃんのニオイがするニュー潮風があんなことやこんなことしててスルーしちゃったり、
いくらなんでも中に人が入っててあのロボットの手で
40キロの人間を引っ張る・・

笑えない漫才を延々みせられてる気分でした
ラストもなんかあざといカンジがしちゃって、、
おじいさんがいいことしちゃって、あの老人会の出し物で幕だったらまだヨカッタのに

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ロボジー』 成長の鍵はコレだ! (映画のブログ)
 『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デビルキャッ...
ロボジー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(F) 物語の流れを変えたあのキッカケが弱過ぎたかな。
★ロボジー(2011)★ (Cinema Collection 2)
クリックよろしくです 変形しない。 戦わない。 働きもしない。 そんなロボットに 日本中が恋をした――。 上映時間 111分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2012/01/14 ジャンル コメディ 映倫 G 【解説】 「ウォーターボーイズ」「ハッピー...
No.296 ロボジー (気ままな映画生活)
「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督がロボットを題材に描くオリジナルのコメディドラマ。弱小家電メーカー、木村電器で働く小林、太田、長井の3人は、企業 ...
『ロボジー』・・・ドモアリガトーミスターロボット(懐) (SOARのパストラーレ♪)
2012年最初の映画鑑賞は私の大好きな矢口監督の鈴木さんシリーズ(?)最新作! これまでの作品のような終盤へ向けての盛り上がり感は少々控えめだが、笑いと感動のツボをうまくおさえたストーリー展開はやっぱり矢口監督ならではの面白さ。“ジジイとロボット”というあ...
「ロボジー」 またまた意外な組み合わせ (はらやんの映画徒然草)
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の最新作です。 今まで
『ロボジー』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ロボジー」□監督・脚本 矢口史靖 □キャスト 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正悟、川島潤哉       田畑智子、和久井映見、小野武彦鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(...
ロボジー (だらだら無気力ブログ!)
吉高由里子が素晴らしい。
『ロボジー』 (beatitude)
家電メーカー木村電器の窓際社員、小林(濱田岳)、太田(川合正悟)、長井(川島潤哉)の3人は、いつもワンマンな木村社長(小野武彦)から流行の二足歩行ロボット開発を命じられる。近く開催されるロボット博での企業広告が目的だった。しかし、ロボット博まであと1週間...
ロボジー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ロボジー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は、予告編を見ただけでなんとなく全体がわかってしまう感じがして、パスしようかなと考えていたところ、実際に見てみるとなかなか面白く出来上がっていたので、拾い物でした。  それには、主演のミッキー・カ...
ロボジー ぎゃはははは~っそないくるか~! (労組書記長社労士のブログ)
【=2 -0-】 妻に「観に行く?」って聞いたら、「どうせ、すぐにテレビでするでしょ」って断られてしまったが、どうも気になる映画だ、どうせならスクリーンで観ておきたい。 波乗り帰りのTOHOシネマズの日、「マイウェイ 12,000キロの真実」を先に観ておこうと思ってた....
映画『ロボジー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-6.ロボジー■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:111分■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,000円□監督・脚本:矢口史靖□照明:長田達也□編集:宮島竜治□ロボット・デザイン:清水剛□音楽:ミッキー...
ロボジー (銀幕大帝α)
11年/日本/111分/コメディ/劇場公開(2012/01/14) -監督- 矢口史靖 『ハッピーフライト』 -製作- 亀山千広 -脚本- 矢口史靖 -出演- *五十嵐信次郎『デッドボール』・・・鈴木重光 *吉高由里子『カイジ2~人生奪回ゲーム~』・・・佐々木葉子 *濱田...
ロボジー(2012-005) (単館系)
ロボジー MOXIXさいたま 12番スクリーン ハッピーフライトは見ているんですがあれはあれで楽しいけど二度と 見たくない。 その監督の最新作。 ロボ爺 木村電器のロボット開発スタッフは3名(小林...
ロボジー (いやいやえん)
家電メーカーで働く3人のエンジニアは、ロボット博に向けて二足歩行ロボットを開発、しかし開発中のロボットが大破してしまう。困った3人はお爺さんにロボットの着ぐるみを着てもらい、何とかロボットを発表すること
【映画】ロボジー…北九州は映画ロケが多い的な話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ゴールデンウィークも本日で終了。 そんなゴールデンウィーク後半の過ごし方・その2 2013年5月4日(日曜日・みどりの日)は、朝から友達と福岡のコンサートに行くという娘を小倉駅まで送った後に昼寝。夕方から帰省する(本当は小倉で飲んで、早朝の新幹線に乗る)とい...