to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

結婚しようよ

2008-02-16 00:54:32 | the cinema (カ行)
       オレの夢は
       消えていない。
       それは、家族のなかに
       生きている
製作年度 2007年
上映時間 120分
監督 佐々部清
脚本 寺崎かなめ,市倉久至,佐々部清
出演 三宅裕司/真野響子/藤澤恵麻/AYAKO(中ノ森BAND)/金井勇太/中ノ森BAND/ガガガSP/岩城滉一/入江若葉/松方弘樹

フォークソング全盛の70年代に青春を謳歌した団塊世代の父親と家族の物語を
吉田拓郎の名曲の数々をバックに綴るハートフル・ホームドラマ。
監督は「半落ち」「出口のない海」「夕凪の街 桜の国」の佐々部清監督。

平凡なサラリーマンの卓(三宅裕司)の楽しみは、毎晩家族4人全員で食卓を囲むこと。ある日、彼が駅前で吉田拓郎の曲を演奏するバンドに合わせて歌を熱唱していたとき、充(金井勇太)という青年と知り合う。卓は一人暮らしだという充を夕食に招き、妻の幸子(真野響子)と長女の詩織(藤澤恵麻)、次女の歌織(AYAKO)に紹介する。(シネマトゥデイ)


不動産会社に勤めながら、夕食の時間には遅れず帰宅する夫。
何があっても家族4人揃っての夕飯。
昔だったらいざ知らず、平成の現在、何処を探しても居ないようなオヤジ。
今時あり得ないような家庭。
だって、バンド活動していても一人だけ帰らなくちゃならない大学生って、可愛そう。
門限7時っていうのと同じだし(笑)

だけど自分の作った香取家のルールに、こよなく幸せを感じ拘る卓にも
青春時代の大切な思い出があり、封印した夢があった・・・。

親にだって若い頃があり、夢を追っていた時代がある
そんな当たり前の事に気付く暇もなく成長して行く子供たち・・・
夢と引き換えにして、手に入れ守ってきたたいせつなもの―その象徴が、家族の団欒

人と人との出会い。それによって築かれ繋がれ、得たもの。無くしたもの。
その後の人生を左右する出来事にぶつかった時、
いつも全てを手にしたまま、自分の道を進めるとは限らない。
それは親であっても、子であっても、男も女もみな同じ。

平凡なサラリーマン、真面目に仕事をこなし、誠実に人と向き合い
家では自分の作ったルールを守ってくれる、優しい妻と子供たち。
それが、駅前で若者の歌う『落陽』を聞いた日から香取卓の家庭が少しずつ変り始める・・・
大人もまた、自分たちに有った青春を子供も迎えていることに思い及ばない

吉田拓郎の大ファンである佐々部清監督が、夢にまで見た全編“拓郎ソング”で綴る、
どこか懐かしい、温かで理想的な家族の物語。

長女・詩織(藤澤恵麻)とそば打ち職人を目指す青年(金井勇太)との初々しい恋の顛末。
ちょっとばかしくすぐったくなるような香取家の人々。
彼らを取巻く人たちも、皆善意の人々で、悪人は登場しない。
ルールの崩壊の危機にうろたえる卓や、そんな愛すべき父から巣立って行く娘を
応援しながらもなぜかあついものがこみ上げてくるラスト。

佐々部監督の描く平凡で幸せな家庭。つつましく幸せな人びと。
そして数々の拓郎のヒット曲
ガガガSPや中ノ森BAND の歌う拓郎のヒット曲も十分イケテます

拓郎の"つま恋”の映像には、ファンでなくてもやられます。
ここにきて、並々ならぬ監督のタクローへのエールを感じずにはいられません。
そして、全ての拓郎世代の、昔の青年たちに―
これから新しくふたりで人生の船出をしようとしている若者へ―
一緒にエールを送りたくなる1本です
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜のめぐる~ | トップ | 未来講師 めぐる #006 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
特に落陽が好き・・・ (たけちゃ)
2008-02-16 11:57:17
もう随分ながいこと行ってないけど、自他ともに認めるオンチなんだけど、カラオケでは必ずといって良いほど吉田拓郎から数曲は選曲してました、そんな共感を持てる・・主人公の家族や周囲の人々のあたたかさにも泣かされてしまいました。。
とろろでいつもTBいただいてるのに、こちらからはgoo全体にTB不調で残念です、コメントはURLを記入しなければ大丈夫なんですよねぇ♪
たけちゃさん♪ (kira)
2008-02-16 12:40:54
お久しぶりです、コメントありがとうございます♪
アメブロからTB下さる(できる)ところや、URL入れてもOKだったり、
様々な不具合が生じているようですね。申し訳ないです

かなり年下の友人のリクエストで観に行ったのですが、正解でした!
なんだか素直になれる映画でしたよね。いつもカラオケで「落陽」を歌っていた時代もありました~。
拓郎の回復を祈りたい気持ちに、、、
長女役の藤澤恵麻ちゃんが可愛かったです
はじめまして (hibiki)
2008-02-16 16:55:13
TBからやってきました。
映画、いろいろ観ていらっしゃるんですね。
レビュー、とても参考になりました。
またお邪魔させて頂きます。
Unknown (あるきりおん)
2008-02-17 08:52:22
TBありがとうございます。
Excite→goo間のTBの調子が悪いみたいで、コメントにて失礼しますm(_ _)m
いい映画でしたね。
吉田拓郎さんとは縁も所縁もないんですが、気軽に観に行って凄い感動しました。
また遊びに来ます。
hibikiさん☆ (kira)
2008-02-17 14:21:15
初めまして。
エコー、TB有難うございました♪
私も大好きな「夕凪~」カテゴリーはほとんど、
あと映画カテを見させて頂きました。
思いがけず嬉し涙と元気をもらえる作品でした
これからも宜しくお願いします。
あるきりおんサマ* (kira)
2008-02-17 15:39:00
こんにちは!
「新!やさぐれ日記」のあるきりおんさまですね?
Exciteもそうですか~
どうも申し訳ありません
この作品、タイトルに惹かれる人もそんなにはいないと思われ、
加えてR-45なんて書かれちゃうと、引いちゃう人も居ますよね(笑)
思いがけない幸せなひと時でした
監督の願いのこもった、素敵な作品でしたね!

「新!やさぐれ日記」
こんばんは。 (sabunori)
2008-02-19 23:29:19
娘2人がいい子でしたねー。あ、奥さんも。
お父さんだっていくらなんでも一生家族4人揃って毎晩一緒に夕飯を食べられるとは思ってないはずですよね。
(思っていたりして?)
それにしてもお父さんが家族自慢をしようと家に呼んだことであんな展開になるとは、まさに自分で自分の首を絞めてしまったんですねー。(笑)
久しぶりに聴く吉田拓郎の曲はやっぱりよかったです。
中ノ森BANDの唄う「やさしい悪魔」「風になりたい」はとても新鮮でした!
sabunoriさん* (kira)
2008-02-20 21:54:35
どこかくすぐったくなるような家庭、
理想的な家族でしたよね♪
姉が結婚する時の亡くなった父を重ねてみたり、、
やっぱり
母親と父親では子供に対する思いが違うもんだと実感しました。
昭和ノスタルジーに終わらず、平成を頑張って生きてきた拓郎世代に元気を貰え、
とっても後味のいい作品でしたね。
中ノ森BANDの「風になりたい」がお気に入りです
Unknown (noko)
2008-03-07 22:38:56
TBありがとうございました。
拓郎ファンとしては懐かしさで涙が出るぐらい嬉しくて・・・
それにストーリーも良く出来ていて、
家族っていいなって思える心温まるいい映画でした
ラストで流れる「今日までそして明日から」に、
元気をもらって帰りました(*^^)v
nokoさん* (kira)
2008-03-08 12:30:35
初めまして、コメント有難うございます♪
ストーリー自体はなんてことないのに
拓郎のヒット曲の数々がうまく使われていて
善良さがにじみ出るようなキャスティングも好感が持て、
R-45じゃないぞって感じでしたね。
「帰りたくなる」家庭。
これから新しく家庭を持とうという若い世代に
二人で観に行って貰いたい作品でした~
こんにちは♪ (nyanco)
2008-03-20 15:04:47
コメントとTBありがとうございました♪
本当に気恥ずかしくなるような仲の良い家族なんですが、それがまたかえって新鮮で、ほほえましい気持ちになりました。
三宅裕司や中ノ森BANDのAYAKOがいい味出していましたよね~。
ベタな展開が余計に泣けてしまうところもあって、観終わった後は幸せな気持ちになる映画でした!
nyancoさん♪ (kira)
2008-03-20 22:18:11
観終わっていい気持ちになる、
これってやっぱり重要ですよね~
佐々部監督、思いっきり贅沢な作品を作っちゃったなあ~という感じします(笑)
ほんとは、三宅裕司って苦手だったんですけど、ここでは良かったし、
も一人苦手な松方弘樹もいい味出してましたねー
お母さん役の真野さんも、みんな良かったです~♪
Unknown (ひめ)
2009-03-02 18:38:51
たしか、イキガミを見たときにkiraさんに
「結婚しようよ」にも金井勇太くんが出てるって教えてもらって
それから気になっていたので、見ました^^

THEホームドラマ!っていう感じが、受け付けない人もいるかな??
なんて思ってしまったのですが、やっぱりこういうのは万人受けするかもですね。
というか、私自身とても気に入ったし

知らない歌もあったけど、どれもマッチしていたし良かったですよね!
って、監督さんが吉田拓郎さんのファンなんですね~!
納得!!
ひめちゃん♪ (kira)
2009-03-03 23:21:14
そうそう、その時の会話、覚えててくれたんだぁ~
そう、あの時、ひめちゃんが金井君のこと気になってたら
この作品の彼もきっと喜ぶかな~って思ったの。
だって、なかなかほんわり、いい雰囲気の彼に合ってたでしょう?

最近流行の、ストーリーに歌詞を合わせるわけでもないのに、
全編拓郎が違和感なかったですよね♪

イマドキはあり得ないほどの家庭だけど、実は昔は普通にあった家族の姿。
なんか佐々部監督、いいですよね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
結婚しようよ (八ちゃんの日常空間)
史上初のR-45指定…嘘です。R-45推奨(笑)まぁ、タイトルからしてズバリそのままでしょう。団塊の世代、いや拓郎世代の人のための映画のようなものですから…。とは言っても昭和のあの頃のノスタルジーでも青春の回想でもなく、現代の話です。つまりは年頃の娘を持つお父...
結婚しようよ (ネタバレ映画館)
イカ天司会者vs.クールスvs.ビジーフォー
映画「結婚しようよ」を観ました!!(2007-25) (馬球1964)
映画「結婚しようよ」を観ました!!2007年の25作目です。この映画は拓郎ファンにはたまりません。全国では2/2公開となっています!!
結婚しようよ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
佐々部清監督、三宅裕司、真野響子主演。吉田拓郎20曲を散りばめたタイムループ映画。このライブハウスの店主岩城滉一がループのつなぎ役。最後はここに行き着く。
『結婚しようよ』 (ラムの大通り)
----『結婚しようよ』って吉田拓郎の歌だよね。 このビジュアルとはイメージが合わないけど、 どんな映画になってたのかニャ? 「いやあ。なんというか珍作だったね。 ていうか、いろんなこと考えちゃった」 ----ん?どういうこと。 「少し長くなるけど、いいかな。 吉田...
  映画 『結婚しようよ』 (青空と夏みかん~yamaguchi walker~)
映画『結婚しようよ』     2008年2月2日ロードショー ミュージシャンを志した青年は、 彼女と生まれてくる子どもの為に 音楽への道を諦めた・・・。 泣いて笑ってまた泣いて・・・。 拓郎SONGにのせてあなたに贈る...
「結婚しようよ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・松竹/監督:佐々部 清) 吉田拓郎の大ファンだという佐々部清監督が、30年来の夢だった、“吉田拓郎の歌を全編にフィーチャーした映画”を実現したホームコメディ。 52歳
結婚しようよ/三宅裕司、真野響子 (カノンな日々)
映画のプロモーションでは、三宅裕司さん、岩城滉一さん、モト冬樹さんの3人が目立って活動していたこともあって、私はてっきりフォーク全盛の70年代に青春時代を送ったオヤジたちの再びの青春模様を描く物語かとばかり思っていたんだけど、ちょっと違ってました。ちょっ...
『結婚しようよ』 @東劇 (映画な日々。読書な日々。)
香取家の主人・卓は、不動産会社に勤める平凡なサラリーマン。専業主婦の妻・幸子、大学生の長女・詩織、バンド活動に情熱をそそぐ次女・歌織の一家4人で、卓の決めた「晩ご飯は必ず全員揃って食べる」というルールを守って暮らしてきた。だが詩織は想いを寄せる苦労人の...
結婚しようよ (龍眼日記 Longan Diary)
香取卓(三宅裕司)は専業主婦の妻(真野響子)と娘2人の4人家族。 住宅会社に勤めごくごく普通の日々を送る生活。 そんな卓のただ1つのこだわり・・・それは「毎晩家族4人揃って夕飯を食べる」。 ところが最近になって長女に好きな男性ができ、次女は仲間とのバ...
「結婚しようよ」 (みんなシネマいいのに!)
 吉田拓郎のようなフォーク歌手を目指していた団塊世代のサラリーマンが主人公のホー
真・映画日記『結婚しようよ』 (          )
JUGEMテーマ:映画 2月4日(月)◆705日目◆ 午後6時前に終業。 これなら池袋でも映画が間に合う。 神谷町から日比谷線~丸の内線と移動し池袋へ。 「シネマロサ」で『結婚しようよ』を見る。 吉田拓朗+家族劇。 現代を舞台にし、恋愛と家族とノスタ...
『結婚しようよ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「結婚しようよ」□監督 佐々部 清 □脚本 佐々部 清、寺崎かなめ、市倉久至 □キャスト 三宅裕司、真野響子、AYAKO、藤澤恵麻、金井勇太、岩城滉一、モト冬樹、入江若葉、松方弘樹、田山涼成 、中ノ森BAND(YUCCO、CHEE...
結婚しようよ♪ (Dear...)
この前の水曜日に、映画『結婚しようよ』を観てきました。(公式HP http://
「結婚しようよ」 全編に溢れる家族愛、そして拓郎 (明日へのヒント by シキシマ博士)
大の吉田拓郎ファンだという佐々部清監督が、熱い思いを込めて完成させたのが、この映画「結婚しようよ」です。 でも、拓郎ファンにしか受け入れられない映画では決してありません。
結婚しようよ (夫婦でシネマ)
吉田拓郎のヒットナンバーが全編に散りばめられた、『団塊の世代』の父親たちに送るホームドラマ。監督は、「夕凪の街・桜の国」の佐々部清監督です。
結婚しようよ■不発のドラマ (映画と出会う・世界が変わる)
監督が佐々部清というので、期待したのだが、最近見た映画の中では最も満足度の低いものであった。何だろうか、この内容のスカスカさとドラマのなさは?ドラマの中の各エピソードがまったく展開しない、不発である。第一、登場人物が全く生きていない。何だろうか、この映...
結婚しようよ (ひめの映画おぼえがき)
結婚しようよ [DVD] 監督:佐々部清 出演:三宅裕司、真野響子、藤澤恵麻、AYAKO、金井勇太、中ノ森BAND、ガガガSP、田山涼成、岩城滉一、モト冬...
映画評「結婚しようよ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・佐々部清 ネタバレあり