to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

追憶

2017-05-20 21:55:44 | the cinema (タ行)

会いたくても、
会えなかった、
愛する人へ――

上映時間 99分
原案:脚本 青島武、瀧本智行
監督 降旗康男
音楽 千住明
出演 岡田准一/小栗旬/柄本佑/長澤まさみ/木村文乃/矢島健一/北見敏之/安田顕/三浦貴大/渋川清彦/りりィ/西田尚美/安藤サクラ/吉岡秀隆
1992年、冬の能登半島。13歳の四方篤は、親に捨てられた同じような境遇の田所啓太、川端悟と共に、軽食喫茶「ゆきわりそう」を営む仁科涼子、山形光男を慕い、家族のような日々を送っていた。しかしある事件をきっかけに、幸せだった日々は突然終わりを告げ、少年たちは離れ離れになってしまう……。
そして25年後、刑事となった四方篤は、あの日二度と会わないと誓った川端悟と偶然再会。
幼少期を共に過ごした少年たち3人が一つの殺人事件をきっかけに、刑事、被害者、容疑者という形で25年ぶりに再会。
それぞれが家庭を持ち、歩んできた人生が再び交錯し、封印したはずの忌まわしい過去と対峙することになる。
そして――と、
物語は二つの事件を軸に、刑事・四方篤の行動を追いながらの展開となっていくのですが、
一見、サスペンス色が強いけれども、
終わってみれば、犯人も動機も霞んでしまう、
不孝な少年期を経た3人の、秘めた絆の物語でした。

1992年と25年後と、、、
ほんの僅かな時間に交わった人たちの中にあった、かけがえのないもの…
舞台となる、冬の富山の美しさ、荘厳で神秘的な日本海の映像もまた見所!
登場人物たちの心情に寄り添いながらも美しい風景が、一層ドラマを盛り上げていました。



女優陣はともかく、3少年の25年後を演じる岡田・小栗・柄本クンが嵌ってる。
演技力もあるとはいえ、闇を抱えたまま人生に立ち向かうそれぞれのキャラがぴったりマッチ。

現在の旧友3人が、刑事・容疑者・被害者という所も文句なく、
この三人は、こういう不幸な境遇(の役)が似合ってるというか(笑)
特に柄本くんはロクヨンでも感じた、出てくるだけでその役での男のストーリーが見えてくるというほどの雰囲気があって、秀逸。

題材として特に目新しくはないテーマ、展開なのに、それをここまで沁みるドラマにしたのは
原案・脚本の2人。『脳男』『グラスホッパー』の滝本智行さんと、
東京難民』『ペコロス、母に会いに行く<TV>』『グラスホッパー』青島武さんなのですね。
私は『蒼い瞳とニュアージュ』WOWOWで覚えた方でもあります。

親に捨てられた子供たちが、現在にあがきながらも
悲しくも忘れ難い想い…―シンプルなストーリーと美しい色彩の映像。
その映像美に優しい千住さんの音楽がプラスで、
文字通り、目と心と耳で味わえた満足の1本でした

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発見🌟アリナミンの恭子ちゃん | トップ | 光をくれた人  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「追憶」 (ここなつ映画レビュー)
オープニング、海の荒波の風景が映し出され、「ザ・日本映画」の様相を呈している。そして内容ももちろん「ザ・日本映画」なのであった。こんな風に、故郷と、隠された過去と、解......
【映画】追憶 (ただただ映画を楽しんでる人のブログ)
【解説・あらすじ】「鉄道員(ぽっぽや)」「あ・うん」などの名作を手掛けた監督・降旗康男と撮影・木村大作が9年ぶりにタッグを組み、岡田准一を主演に迎えたヒューマンサスペ......
追憶  監督/降旗 康男 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  小栗 旬  柄本 佑  長澤 まさみ 【ストーリー】 富山県警捜査一課の四方篤は、漁港で旧友の川端悟の刺殺体と対面する。容疑者として浮上した田所啓太を含......
映画「追憶」 (FREE TIME)
映画「追憶」を鑑賞しました。
追憶 (花ごよみ)
監督は降旗康男、 撮影は木村大作。 主演は岡田准一。 小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、 木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆等が共演。 四方篤、田所啓太、川端悟、 幼なじみの3人が......
17-145「追憶」(日本) (CINECHANが観た映画について)
会いたくても、会えなかった人たち  ある日、富山県の漁港で殺人事件が発生する。被害者の川端悟は捜査に当たる四方篤刑事の幼なじみだった。しかも、川端と事件の前日に会って......
追憶 (試写会) (風に吹かれて)
それぞれの理由 公式サイト http://tsuioku.jp5月6日公開 監督: 降旗康男  「鉄道員」 「憑神」 「あなたへ」 「少年H」 富山県の漁港で刺殺体が発見された。駆けつけた富山......
『追憶』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「追憶」□監督 降旗康男□原案・脚本 青島武 瀧本智行□キャスト 岡田准一、小栗 旬、柄本 佑、長澤まさみ、木村文乃■鑑賞日 5月14日(日......
追憶 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2017/05/06公開 日本 99分監督:降旗康男出演:岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、矢島健一、安藤サクラ、吉岡秀隆、りりィ、安田顕、三浦貴大 会いたくても、会えな......
映画『追憶』★かさぶたのような運命を愛が凌駕したような (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170036/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 舞台は富山。 ・篤(刑事):岡田准一 ・悟(被害者):柄本佑 ・啓太(容疑者):小栗......
追憶 (2017) 99分 (極私的映画論+α)
 主演はここに写っていないひらパー兄さん(笑)
「追憶」☆様々な形の愛 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
評価も高く、映画館もまだまだ満席に近いという事で、ちょっと期待が高くなっちゃったかな・・・・ 一番胸にぐっとくるのは、オープニングとエンディングで流れる、情感のこもっ......
「追憶」旧友が殺された先にみた25年前の事件と向き合う2人の旧友背負った贖罪 (オールマイティにコメンテート)
「追憶」はかつての友人3人がある事件をキッカケに別れてから25年の月日を経て再び再会した3人だったが1人の友人が殺害された事で25年前の事件が再び向き合う事になるストーリーで......
『追憶』を東宝シネマズ渋谷4で、『日本一短い「母」への手紙』を神保町シアターで観...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
母役を思いながら2本まとめてレビュー。 ◆『追憶』 ▲果てしなくオーラがないのが上手い西田尚美(だよね)。  まあ、本音で言えば岡田君の写真が使いたいんだけど。 五 ......
追憶 (とりあえず、コメントです)
降旗康男監督が青島武と瀧本智行のオリジナル脚本を岡田准一主演で描いたドラマです。 予告編を観て、どんな物語が描かれているのだろうと気になっていました。 美しい音楽と共に......