to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

トリスタンとイゾルデ

2007-08-08 22:06:18 | the cinema (タ行)
ワーグナーの傑作オペラやシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の基にもなった悲恋の物語を映画化

製作年度 2006年
監督 ケヴィン・レイノルズ
出演 ジェームズ・フランコ/ソフィア・マイルズ/ルーファス・シーウェル/デヴィッド・パトリック・オハラ/ヘンリー・カヴィル


強大で冷酷なアイルランド王に支配されていた暗黒時代のイングランド――
幼い頃、アイルランドの兵によって両親を殺された騎士トリスタン(ジェームズ・フランコ)は
コーンウォールの領主マーク(ルーファス・シーウェル)によって助け出され
甥のメロート(ヘンリー・ガヴィル)と兄弟のように育てられる。
戦闘の際、毒を仕込んだ剣により瀕死のトリスタンは葬船にて葬られるが敵国アイルランドに漂着、イゾルデ(ソフィア・マイルズ)に助けられる。
薬草に詳しいイゾルデは王の娘であることを隠し、海辺の小屋に匿い献身的に看病をし、やがて自然に惹かれあい結ばれるが・・・

別れよりも残酷な試練――
生まれて初めて愛した人は、命の恩人の妻となり、失望し苦悩するトリスタン
無関心を装う生真面目な少年のようなトリスタン
抑えきれず偲びあうようになった後の情熱的な瞳

ジェームズ・フランコを見ているだけでもOKですが(笑)
少年時代のトリスタン役のトーマス・サングスター君も惹きつけるものがちゃんとあって嵌ってましたし
王家のしきたりだという船葬のシーン
イゾルデを賭けた勝ち抜きバトルシーン(ここでもフランコかっこ良かった
婚礼に向かうイゾルデの、灯りを焚いた船のシーン
など、幻想的で美しい映像に、手抜きのないストーリー展開

そしてなんといってもトリスタンはコーンウォールの勇敢な戦士
髪を乱して戦うシーンはカッコイイ
                     


途中、後継者としての立場をめぐるゴタゴタの時は、
「ロード・オブ〜」のシーンとかぶっちゃいましたが
ストーリー的には「ロミ+ジュリ」よりも好きかも〜
ということで、古典的なラブストーリーがお好きな方には観て損はない1本だと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (25)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 止まらない〜 | トップ | 今週号のTVぴあ »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (M)
2007-08-09 22:31:42
kiraさん、

TB&コメントをありがとうございました♪
ジェームズ・フランコの美しさはもちろんですが、
>少年時代のトリスタン役のトーマス・サングスター君も惹きつけるものがちゃんとあって
とっても同感です!!
ラブ・アクチュアリーの時もとっても可愛く且つ存在感ありましたもの!
Mさん〜* (kira)
2007-08-10 01:07:03
こんばんは!お越し下さって、ありがとうございます。
トーマス・サングスター君、子役とはいえ、存在感がありますよね!
表情、身のこなしにやはり光るものがあります

マーク王と、メロートに関しては、Mさんと同じ感想をもちました。
男同士の感情をきっちり描いていたのも面白かった理由なんでしょうね〜

こんにちは♪ (ミチ)
2007-08-11 07:08:19
kiraさんと同じような時にこの映画を鑑賞していたなんて奇遇ですよね〜。
できれば大きなスクリーンで見たかったんですけど、地元では公開されなかったんですよ(泣)
古典的な悲劇だけど、ジェームズ・フランコの魅力が炸裂していて女性ファンが増加した作品ではないでしょうか。
愛と忠義の間で悩む彼も良かったし、マーク王が立派だったことが物語を引き締めていましたね。
おはようございます♪ (ひめ)
2007-08-11 07:18:45
ジェームズ・フランコ、素敵ですよねぇぇ。
映像も美しかったですね♪
私、こういう中世の騎士モノが大好きなので大満足でした。
マーク王とか、周りの人もしっかりと描かれていましたよね。
ちょっと脱線 (ひめ)
2007-08-11 07:21:43
あぁっ、さっき書き忘れてしまいました。
kiraさんはフカキョンが大好きなんですか?
私も好きです♪
むか〜し、to Heartというドラマに出ていたような・・・。
関係あるのかな〜と思って書いてみました。
ミチさん〜☆ (kira)
2007-08-11 22:43:38
こんばんは〜

数あるDVDの中で同じ時期にチョイスって、なんか嬉しいっス(笑)
ジェームズ・フランコ、王子でしたよね〜
マーク王のルーファス・シーウェルもこの作品でファンになったひとも多かったのでは??
でも、ふたりで話すシーンではてっきりバレて、試されているのかと思ったら・・すっかり骨抜きになってたなんて・・
ひめさ〜ん* (kira)
2007-08-11 22:56:46
こんばんは〜
中世の騎士モノ、私もけっこう好きだったのかも知れません。
なにしろ、王子好き、姫好きだし〜(笑)

そうなんです!「神すこ」で恭子ちゃんのファンになりました
以前お邪魔した時に、なんとなく感じるものがあって
好きな女優さんのとこのぞいて、深っちゃんのところで
「スペトラ」ってあるのをみてとっても嬉しかったです!!
金城さん、池内くん、とか出てたし
もちろん、深っちゃんも、恭子ちゃんの共演者だしね♪
ブログタイトル、もちろん半分は!
TB&コメント有難う御座いました♪ (Aki.)
2007-08-12 02:26:50
こんばんは〜♪
あは♪トリスタン=フランコ君を満喫されたみたいですね〜^^
繊細さとか逞しさとかちゃんと滲み出てて結構上手な役者さんだなぁ〜と思いました(^^ゞ
と言いつつ、姫好きなワタクシはイゾルデばかり観てたって噂も・・・
お話もラストも良い感じで、ほんと観て損はない一本でしたね!

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
おじゃまします (ピロEK)
2007-08-12 13:18:44
おじゃまします。私のブログにコメント及びTBをお寄せいただきありがとうございます。
この映画は低予算なのに綺麗に映像が作られていて満足できた作品です。
私の場合、剣と鎧で戦われると目が曇って(?)評価の高くなるので正当な評価かどうかは微妙な訳ですが^^;
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
こんにちは! (アイマック)
2007-08-12 14:51:22
お盆はいかがお過ごしですか?

ロミジュリより、切実なお話でしたねえ。
マーク王がいい人だったのが、余計に辛い・・・
ジェームズ・フランコの恋に溺れる目がなんとも悩ましかったです。
小品にしては、しっかりつくられてあって、満足の映画でしたね☆
こんにちは (はらやん)
2007-08-12 17:23:07
kiraさん、こんにちは!

ジェームズ・フランコはけっこう目ヂカラありましたね。
恨みがましい目、うるうるしている目、女性はこのチカラでぐっときちゃうのかな。
さまざまな恋愛悲劇のベースになっている物語ので新鮮味ないかなと思ってみたら、逆に王道感あって楽しめました。
戦のシーンも迫力もありましたよね。
Akiさん* (kira)
2007-08-13 01:03:07
こんばんは〜
お越し下さり、ありがとうございます♪

姫好きのAkiさんも満足の作品でしたか(笑)
綺麗というより可愛い姫・イゾルデでしたね。
船で輿入れのシーンはとってもステキで、印象的でした。
利発なイゾルデに終始リードされがちなトリスタンが微笑ましかった〜(←どんなんでもスキなんですが)
ホント、スクリーンで観たかったです。
ピロEKさん* (kira)
2007-08-13 01:56:24
こんばんは〜
お越し下さり、ありがとうございます♪

長い間お蔵に入っていただけあって、きちんと良く出来た脚本だったし、
お好きな中世らしいバトルシーンも迫力がありましたね
剣と鎧で戦うフランコくんに目が曇ったわたしも(笑)大満足の作品でした
アイマックさん* (kira)
2007-08-13 02:06:17
こんばんは〜
お盆ですね〜、正月休みよりもGWよりも長いお盆休み〜、
主婦にも夏休みをおくれ〜でございます(笑)

マーク王なんていい人だったんでしょう。
妻に溺れるカレもいじらしかったです。
信頼の絆が取り戻せるラストは良かったですよね!
はらやんサマ* (kira)
2007-08-13 02:18:14
こんばんは〜
お越し下さりありがとうございます!

公開時には忙しくて見逃し、そのまま忘れていたくらいでしたが、
この春「ハリー」に再会(笑)再燃しました♪
>逆に王道感あって楽しめました
ホントでした〜。
結構緊張感をもって最後まで観れましたよね♪

天然コケッコー、ご覧になったんですね、いいなぁ〜
Unknown (ちゃぴちゃぴ)
2007-08-13 12:49:42
kiraさん、こんにちは〜
TB&コメントありがとう〜。
これはもぉ、ジェームズ・フランコにノックアウトされましたねぇ
目力にやられます。
男気では、マーク王の方があるように思います。
戦闘シーンも、迫力があってよかったですよね。チャンバラは大好きです。
私も、コスプレ系は大好きなので、それだけで評価がUPしてしまいます。
泣けるほどはいかなかったのですが、切なかったです。
私も、TBさせていただきますね。
Unknown (サラ)
2007-08-13 21:56:43
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
ジェームズ・フランコ君、いいですよね〜
あの目がたまりません
ワタシも「ロミ+ジュリ」のストーリーよりも好きです
中世の時代物、ストーリーは王道、そして美男美女、ワタシのツボを満たしてくれた一本でした
ちゃぴちゃぴさん* (kira)
2007-08-14 00:39:36
こんばんは、お越し下さりありがとうございます

ふたりのシーンでは、利発で勝気そうなイゾルデがお姉さんのようにみえ、
トリスタンが少年っぽくみえないでもなかったですが
戦うシーンでは立派な戦士
いろんな表情がみれてオトクでした(笑)

マーク王はいい人過ぎて、ちょっと罪作り?
メロートの心情も思いやって欲しかった・・
サラさん〜* (kira)
2007-08-14 01:01:44
こんばんはー
お越し下さり、ありがとうございます♪

ジェームズ・フランコ君、またまた哀しいラスト
カレは幸せな時でも、どこかもの哀しげな瞳で
幸薄さを予感させますよね(笑)
このトリスタン役もぴったりじゃないですかー
今後も注目していきたいです〜
TB&コメントありがとうございました☆ (rikocchin)
2007-08-15 22:41:45
古典には古典の素朴な良さがありますが、この作品は台詞や考え方とかがやや現代的な要素も含みつつ、洗練された台詞がとてもストレートに響いて来て大変良い映画だと思いました☆
ジェームズ・フランコも良かったですね☆
rikocchinさん〜* (kira)
2007-08-16 12:52:57
こちらにもコメント、恐れ入ります!

>洗練された台詞がとてもストレートに響いて
たしかに二人の会話は、現代風と感じる場面もありましたが、
テンポもよく、心に響いてきて違和感なく物語りに入っていけましたよね
最初から最後まで楽しめました〜☆
古典的 (miyu)
2007-08-25 21:24:48
ラブストーリーに美男美女。
もうそれだけで充分でしたよね(´▽`*)アハハ
ジェームズ・フランコ君お好きなのかな?
このテのベタな悲恋ものってどうしても
胸が締め付けられてハマってしまいますよね。
miyuさん* (kira)
2007-08-26 01:21:54
こんばんはー☆
ラブストーリー好き、青春ドラマ好きでゴザイマス(笑)
あと、子どもモノによわいかも
ジェームズ・フランコ君、もぅ〜、やられちゃいました♪
戦うシーンも、結構がんばってましたよねー
他の作品も今度観てみたいです!
こんにちは! (由香)
2007-09-11 16:32:53
kiraさん、お邪魔します。
TB&コメントありがとうございました。

ジェームズ君ははまり役でしたね。
髪型も騎士姿もカッコ良かったです。
そして、憂いを帯びた表情も素敵〜〜〜
後半は泣き顔が目立っったので、胸がキュンキュンキュンキュン・・・大変でした(笑)
マーク王も善い人でしたねぇ〜
いつも悪役のルーファスにトキメイテしまいましたわ(汗)
ロミ&ジュリよりも、こちらの方が切ないお話かもしれませんね。
由香さん♪ (kira)
2007-09-12 09:07:57
おはようございます!
いつもコメントをありがとうございます。

ジェームズくん、これこそ"中世顔"って云うくらいはまってますよねー(爆)
友情と(ここでは忠誠ですが)恋、
いつもどちらもは手に入らない彼に同情します
ルーファス・シーウェル、今回はおいしい役でしたよね♪
上司の鑑のような最後の決断に、参っちゃった方も多かったでしょうね。
私はやっぱり、王としてはメロートへの配慮の無さでだいぶ不満分子デス

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
トリスタンとイゾルデ/ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ (カノンな日々)
この映画は『シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の元にもなった古典』というを大々的に宣伝文句にしているんですが、ワタシ的には「ロミオとジュリエット」といって最初に思い出すのはディカプリオ版なんですけど(笑)。ま、比較云々はともかくとして、古典的ケルト...
トリスタンとイゾルデ (M's daily life)
「トリスタンとイゾルデ」 原題 :TRISTAN+ISOLDE  (2006年 米・独・チェコ・英 126分) 監督 :ケビン・レイノルズ 出演 :ジェイムズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル 鑑賞
DVD 【トリスタンとイゾルデ】 (ミチの雑記帳)
DVDにて「トリスタンとイゾルデ」 1500年前にケルトの伝説として誕生した、史上最も美しい悲恋物語の映画化。ワーグナーのオペラやシェークスピアの戯曲の基にもなっています。 おはなし:暗黒時代のイギリス。コーンウォールの領主マークに育てられた騎士トリスタン(...
トリスタンとイゾルデ (ひめの映画おぼえがき)
トリスタンとイゾルデ 監督:ケヴィン・レイノルズ 出演:ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル、デヴィッド・パトリック・オハラ、マーク・ストロング、ヘンリー・カヴィル... 「史上
『トリスタンとイゾルデ』 愛は死より切なく、そして尊い。 (銅版画制作の日々)
東宝シネマ二条にて鑑賞『トリスタンとイゾルデ』はあの「ロミオとジュリエット」の原点となった史上最も美しい悲恋物語だそうだ。私もこのタイトルだけは記憶にあったが・・・。「ロミオとジュリエット」の原点とは知らずかの有名なシェイクスピアはこのお話を基に戯曲を...
トリスタンとイゾルデ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) シェークスピアの『ロミオとジュリエット』の元になったお話だそーです。 もちろんワタクシ、知りませんでした。 しかも、予告編などを観ても正直あまり惹かれるものはなかったんですよね〜。 ま、それで...
トリスタンとイゾルデ (小部屋日記)
TRISTAN & ISOLDE(2006/アメリカ)【DVD】 監督:ケヴィン・レイノルズ 出演:ジェームズ・フランコ/ソフィア・マイルズ/ルーファス・シーウェル/デヴィッド・パトリック・オハラ/マーク・ストロング/ヘンリー・カヴィル 『トリスタンとイゾルデ』 または 『ト...
「トリスタンとイゾルデ」 愛とは満たされる気持ちと不安な気持ち  (はらやんの映画徒然草)
トリスタン伝説はもともとはアーサー王伝説にも取り込まれたケルト民話の一つです。
『トリスタンとイゾルデ』 (たーくん'sシネマカフェ)
本日2本目の鑑賞。「ロミオとジュリエット」の原点とよばれる作品の映画化-Story-重傷を負った騎士トリスタンは、敵国アイルランドの海岸に流れ着く。同国の姫イゾルデに助けられた彼は互いに惹かれあいながらも彼女の元を離れた。しかし、彼の育ての親と彼女の結婚によ....
トリスタンとイゾルデーあの日に誓う物語 (晴れたらいいね〜)
観たかったんだよね〜、ジェームズ・フランコの騎士王道ラブ・ストーリーです。 ジェームズくん…(⌒┐⌒) じゅる画像てんこもりにしてしまいました トリスタンとイゾルデ 原題:TRISTAN + ISOLDE監督:ケビン・レイノルズ 出演:ジェームズ・フランコ&...
トリスタンとイゾルデ (愛猫レオンとシネマな毎日)
この映画は製作総指揮を「グラディエイター」のリドリー・スコットが務め、監督を「モンテ・クリフト伯」などの文芸作品の名手として知られるケヴィン・レイノルトズを指名して完成させたもの。 舞台は暗黒時代のイギリス・・・ローマ帝国の崩壊のあと、イングランドの...
「 トリスタンとイゾルデ 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : ケヴィン・レイノルズ 出演 : ジェームズ・フランコ /ソフィア・マイルズ  /ルーファス・シーウェル   製作総指揮 : リドリー・スコット 「 グラディエーター 」 公式HP   ||  「 トリス
トリスタンとイゾルデ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は死より切なく、そして尊い。』  コチラの「トリスタンとイゾルデ」は、10/21公開になったシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の原典になったイングランドの騎士トリスタンとアイルランド王女イゾルデの伝説を描いた映画なんですが、早速観てきちゃいま...
トリスタンとイゾルデ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】コーンウォールの領主マーク(ルーファス・シーウェル)に育てられた騎士トリスタン(ジェームズ・フランコ)は、戦闘の末重傷を負い、敵国アイルランドに流れ着く。アイルランド王の娘イゾルデ(ソフィア・マイルズ)から献身的な介護を受けた...
『トリスタンとイゾルデ』(2005) (【徒然なるままに・・・】)
随分と待たされたものである。 予定通りなら一昨年の秋にはお披露目の運びだったのが、手直しの追加撮影とやらで延期され、それでも昨年中には観られるかとも思っていたのに、結局日本へ入ってきたのは今年の秋。しかも公開劇場数はかなり少なく、その大半が僅か2週間程...
トリスタンとイゾルデ…の記事&オタク部屋を片付ける決意? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}部屋を片付けないといけません{/face_acha/} 数日前、息子の学校の家庭訪問が実施され、廊下の端に置かれていた私のオモチャ(ガンプラ・フィギュア)が嫁の手により撤去され私の部屋に{/face_ase1/} 今、かなり部屋がいや〜んなオタク部屋な様相を呈してお...
トリスタンとイゾルデ あの日に誓う物語(DVD) (ひるめし。)
愛は死より切なく、そして尊い。