to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

2014-10-27 21:33:15 | the cinema (カ行)

上映時間 103分
製作国 フランス/アメリカ/ベルギー/イタリア
監督 オリヴィエ・ダアン
出演 ニコール・キッドマン/ティム・ロス/フランク・ランジェラ/パス・ベガ/パーカー・ポージー/マイロ・ヴィンティミリア/デレク・ジャコビ/ロバート・リンゼイ/ニコラス・ファレル/アンドレ・ペンヴルン/ロジャー・アシュトン=グリフィス
1956年、人気絶頂の中、26歳という若さで突然ハリウッドから引退し、モナコ大公レーニエ3世の妻、モナコ公妃となる道を選んだグレース・ケリー。その“世紀の結婚”から6年、いまだに宮中のしきたりに馴染めず、孤立感を募らせる息苦しい毎日を送っていた。そんな時、ヒッチコック監督から次回作「マーニー」のヒロイン役を直々にオファーされ、心ゆれるグレース。ところが折しも、モナコが国家存亡の危機に直面してしまう。フランスのド・ゴール大統領がモナコに過酷な課税を強要し、一触即発の緊張状態に陥ってしまったのだ。大国フランスを相手にやがて万策尽きるレーニエ。そんな夫を支え、愛する家族と国家を守るため、グレースはある覚悟を胸に行動を開始する。
オスカー女優、グレース・ケリーが26歳という若さで引退し、
世紀の結婚から6年後の宮殿を舞台に繰り広げられる、ある国家存亡の危機に際して
その時公妃は?という、史実をベースに描かれたフィクション

伝記ドラマという感じはそんなにしなかったし、
ちょっとサスペンス仕立てな部分で引っ張られて、最後まで楽しめました♪

人気絶頂の女優を捨ててヨーロッパの小国に嫁いできたハリウッド女優。
モナコ公女としての教育も十分とは言えず、周りを親戚に囲まれ、籠の鳥状態。
意見を言えばたかが女優のくせにと言われ、夫にすらアメリカ的とバカにされ、
この国の為、家族の為の努力が実らない、独りぼっちのグレース。


そんな時、モナコは庇護国であるフランスによって脅かされる。
ここではフランス側の内情にはあまり触れられていないが、彼らの敵・ドゴール仏大統領は
第二次世界大戦後も安定しない仏の政局、経済に強権的な姿勢で政策を進め、成功してきた人物。
そしてアメリカ嫌いでもあったらしい。

時を同じくしてヒチコックの新作「マーニー」への誘いに揺れていたグレースが、
自分を取り戻すまでにどんな時間が必要だったのか?!

レーニエ3世を演じるティム・ロスとかオナシスが、見分けがつかないシーンもあって
ちょっと執務室とか、男性の談笑シーンは解り難かったけれども、グレースが
デリエール伯爵に″ヨーロッパ流″の指導を受ける辺りからガラリと雰囲気が変わり、解り易い。


カルティエが再現したしたという、ホンモノのジュエリーが5つ。
沢山登場するジュエリーの中からみつけるのも楽しみの一つかも。
グレース・ケリーと言えばエルメスだけど、
他にもランバンが、シャネルが、ディオールが、当時の衣裳を一から作り上げたというのも、
この作品に大きく貢献して、観客を60年代のモナコに誘ってくれていたと思う。

勿論、ニコールは最後までニコールだったけど、十分クールビューティーな公妃でした!
そして、クライマックスへの序曲、
プッチーニの私のお父さんをマリア・カラスが歌い上げるシーンは、何の違和感もない
パス・ベガが成り切ってました~

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おかげさまで・・・ | トップ | 今夜は火・10 の恭子ちゃん~♪ »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ituka)
2014-10-28 21:26:56
物語もサスペンス調で惹きこまれましたが
当時のファッションを見られただけでも満足できましたよ。

昔、母親が個人で仕立て稼業してた影響から
テレビのファッション通信をたまに見るのが好きだったりします(笑)
もちろん、衣装もだけどモデルさんを見たいというのが本音です(爆)
itukaさん♪ (kira)
2014-10-29 12:10:37
名家に嫁げばあるあるの物語だったりしますけど(笑)
コレ、グレース的に、女性的にはいいけれど、フィクションとは言え
レーニエ3世の子孫的には、
またドゴールに象徴されるフランスの関係者的にはどうなの?
って、思いながら観てたわ

50~60年代ファッションって、基本のような気がしてます
可愛いも上品も確立されてて、ホントに好き~
衣装が素敵! (ノルウェーまだ~む)
2014-10-30 11:23:08
kiraさん☆
ほんと、衣装がとっても素敵でしたねー
ジュエリーに関してはほぼ気付かなかった私・・・(汗)
レーニエは執務室で見つけるのが難しいくらい、見分けつきませんでした(笑)
ノルウェーまだ~む♪ (kira)
2014-10-30 22:35:58
まだ~むの仰る通り、
「美しい女優のシンデレラストーリーの舞台裏」でも、
もっと共感を持たせる描写があれば、、でしたよねぇ・・・
ニコールのファッションと存在感で愉しめましたが、
私もこの副題は言い過ぎな気がしました
こんにちは (たいむ)
2014-10-31 14:08:51
サスペンス調なのが雰囲気を出してましたね。

仰るようにニコールはニコールだったけれど、”クールビーティ”同士はまっていましたね。
ニコール、グレースだから観る (ボー)
2014-11-01 08:58:44
グレースの写真を見ると、オードリー・ヘップバーンが演じたほうが似ていたかもと思います。もう今では無理だけど。
あのスピーチによって決着してしまう、というのが、いかにもドラマ的に弱い気がします。
たいむさん♪ (kira)
2014-11-01 21:04:29
そうでした♪
中盤を引っ張ったあの、スパイ騒動がなければ
いくらニコールをもってしても退屈したかも~ですよね(笑)
モナコに行きたくなりましたよね~
ボーさん♪ (kira)
2014-11-01 21:08:48
うんさっきお邪魔してきましたよ~

>あのスピーチによって決着してしまう、というのが、いかにもドラマ的に弱い
全くもって、同感ちょっと盛り上がりにかけたよね
こんにちは。 (オリーブリー)
2014-11-02 20:00:29
ヘンに顔を作りこまず、雰囲気勝負したニコールが良かったと思う。
お話は今ひとつ盛り上がらなかったけど、私もこの頃のファッションは大好きよっ♪
今はカジュアル志向で楽チンスタイルだから、上品で鮮麗されていて、観ていてウットリするだけでなく、心もピシっとしてくるわ(笑)
オリーブリーたん♪ (kira)
2014-11-03 09:45:08
>ヘンに顔を作りこまず、雰囲気勝負したニコール
そうそう!
その代りなのか、シーンごとのファッション、ヘアも含めて同一化という気合の入れようでしたね~。
まずその、ブランド力というのが強いニコールの味方でした
そう♪着るものでキモチも変わるのよね~。いつまでもシャネル丈のスカートに
ハイヒールでカツカツと背筋を伸ばして歩くおばちゃんでいたい
素晴らしい! (sakurai)
2014-11-10 11:45:15
いまだ、ハイヒールがはけない私。。
職業柄、ズック(!)です、はい。

結構なトリビアで、勉強になりました。
小国の悲哀というか、フランスの傍若無人ぶりとか、ブランド力の強さとか。
ニコールの幅の広さもすごいです。改めて。
sakuraiさん♪ (kira)
2014-11-12 20:26:17
あはは
膝上丈のスカートに、ハイヒールがおかしくないおばちゃんで
70までは行くわ(笑)

そうそう。一方でこの時代、世界のあちこちで独立小国が誕生したんですよね~。
フランス領からの独立もありましたよね~。
実は歴史が苦手(爆)
モナコ、、行ってみたくなりました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     字幕版で見たせいなのか、古き良き洋画のような   印象を受けました。   グレイス・ケリーがモナコ公国の公妃であり   ハリウッド女優だったことは知って...
『グレース・オブ・モナコ -公妃の切り札-』 2014年10月7日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『グレース・オブ・モナコ -公妃の切り札-』 を試写会で鑑賞しました。 今日のよみうりホールはほぼ満席でした。 映画は良かったのに、エンドロールで帰る人が多数いて残念だった。 どうして最後まで観ないんだろうか 【ストーリー】  女優を引退しモナコ大公レーニ...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (心のままに映画の風景)
1956年、人気絶頂の中、突然ハリウッド女優を引退し、モナコ大公レーニエ3世(ティム・ロス)と結婚したグレース・ケリー(ニコール・キッドマン)。 6年後、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていたが、折しも、国家存亡の危機に直面、フラ...
グレース・オブ・モナコ (映画的・絵画的・音楽的)
 『グレース・オブ・モナコ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ペーパーボーイ―真夏の引力』や『レイルウェイ 運命の旅路』で好演したニコール・キッドマンが出演するというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の最初の方では映画の撮影風景が映し出され...
おとぎ話の裏側。『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 (水曜日のシネマ日記)
ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーの目線で描かれた当時のモナコの内情を描いた作品です。
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (風に吹かれて)
モナコ公妃のスピーチ 公式サイト http://grace-of-monaco.gaga.ne.jp 実話を基にしたフィクション 監督: オリヴィエ・ダアン  「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」 人気
映画:グレース・オブ・モナコ Grace of Monaco 大女優最後の大芝居はフィルムでなくリアルの場で。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
グレース・オブ・モナコ=グレース・ケリー ヒッチコックが愛してやまなかった、お気に入り女優グレース・ケリー。 「泥棒成金」「裏窓」「ダイヤルMを廻せ!」 などの名作、おおし! その彼女を射止めたのは、カンヌ国際映画祭で知り合ったという、モナコ大公レーニエ...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) こういう映画は、歴史を知るいい切っ掛けとなりますな~。
「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」☆美しさvsサスペンス (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
何しろ美しい。 絶世の美女グレースケリーを演じるとしたらこの人しかいないよね・・・・のニコール・キッドマンしかり。 青い海と島々が浮かぶ絶景もそうだし、 煌びやかな衣装に荘厳な宮殿・・・・何もかもうっとりするような美しさに囲まれた、まさに美を愛でる作品...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GRACE OF MONACO】 2014/10/18公開 フランス/アメリカ/ベルギー/イタリア 103分監督:オリヴィエ・ダアン出演:ニコール・キッドマン、 ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ベガ、パーカー・ポージー、マイロ・ヴィンティミリア、デレク・ジャコビ、ロバート...
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 (こねたみっくす)
モナコ公妃を演じ切れ! ハリウッドでのオスカー女優という地位よりもモナコ公国レーニエ3世との結婚を選んだグレース・ケリーの切り札。それこそ公妃であり、女優でもあるとい ...
「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」☆美しさvsサスペンス (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
何しろ美しい。 絶世の美女グレースケリーを演じるとしたらこの人しかいないよね・・・・のニコール・キッドマンしかり。 青い海と島々が浮かぶ絶景もそうだし、 煌びやかな衣装に荘厳な宮殿・・・・何もかもうっとりするような美しさに囲まれた、まさに美を愛でる作品...
「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」みた。 (たいむのひとりごと)
ハリウッドを代表するオスカー女優で人気絶頂期に引退し、モナコ公国の公妃となったグレース・ケリーの物語。事実をもとにした”フィクション”ということで、ニコール・キッドマンのなり切りっぷりがとても良かった
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 / Grace of Monaco (勝手に映画評)
1982年に交通事故で世を去った、伝説の女優にしてモナコ公妃グレース・ケリー。その彼女が、1962年フランスとの課税問題に端を発する国家存亡の危機に見せた一世一代の大演技を描いた作品。 ニコール・キッドマンすげぇ。冷静に考えてみると、グレース・ケリーとニコール...
映画『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』★モナコを救ったグレース公妃のまばゆさ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164835/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     グレース・ケリー のこと→ コチラ モナコ公国 のこと→ コチラ       グレース・ケリー...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (そーれりぽーと)
47歳のニコール・キッドマンが33歳のグレース・ケリー妃を演じた『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』を観てきました。 ★★★★ 絢爛豪華な衣装とモナコでの暮らしっぷりを描く上で、そこに居るだけでハマるニコール・キッドマン。 海運王オナシスと、一番幸せだっ...
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」□監督 オリビエ・ダアン□脚本 アラッシュ・アメル□キャスト ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ■鑑賞日 10月25日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cya...
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』をトーホーシネマズ有楽座で観て、諜報的に勝つグレースが見たかったのだよふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★普通によくできた映画だけど「切り札」をタイトルに入れるなら、胸がすくどんでん返しが欲しかったね】    私はクラシック映画をほとんど見ないから、ニコー ...
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』を観てきました。 10月はコレを観たくて待ってたんです。 やっぱり、ニコール・キッドマンはニコール・キッドマン!グレース・ケリーはグレース・ケリーなんですよね。 でも、ニコールを起用した理由もわからなくはないです。あ...
映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」 (FREE TIME)
11月1日のファーストデーに映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」を鑑賞しました。
「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」 彼女の国の守り方 (はらやんの映画徒然草)
ハリウッドで人気絶頂であった女優グレース・ケリーが、モナコ公妃になると発表された
『 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 』おとぎ話では済まない人生 (映画@見取り八段)
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札~ GRACE OF MONACO ~     監督: オリヴィエ・ダアン    キャスト: ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ヴェガ、パーカー・ポージー、マイロ・ヴィンティミリア、デレク・ジャコビ、ロバー...
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーの華やかな シンデレラストーリーの裏に隠された激動の半生に迫る伝記ドラマと 書かれてありました。事故で亡くなったことしか知らなかったので、 激動の半生ってなんだろうと思っていました。 育ちのことでいろ....
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (迷宮映画館)
やけに似ている役者陣に敬服。
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  監督/オリヴィエ・ダアン (西京極 紫の館)
【出演】  ニコール・キッドマン  ティム・ロス  フランク・ランジェラ 【ストーリー】 女優を引退し、モナコ大公レーニエ3世と結婚した公妃グレースは、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていた。そんな折、夫の推し進めていた政策が当時...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 '13:フランス ◆原題:GRACE OF MONACO ◆監督:オリヴィエ・ダアン「エディット・ピアフ 愛の讃歌」「いつか、きっと」 ◆出演:ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ヴェガ、パーカー・ポージ...
映画・グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (読書と映画とガーデニング)
原題 Grace of Monaco2013年 フランス モナコ公国存亡の危機を救うため生涯一の難役に挑んだプリンセスの知られざる感動の物語 1956年、オスカー女優のキャリアを捨て、“世紀のロマンス”を経てアメリカからモナコ大公レーニエ3世(ティ...
映画『グレース・オブ・モナコ公妃の切り札』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-85.グレース・オブ・モナコ■原題:Grace Of Monaco■製作年、国:2014年、フランス・アメリカ・ベルギー・イタリア■上映時間:103分■料金:0円(ポイント使用)■鑑賞日:10月25日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:オリヴィエ・ダアン◆ニコール・キッド...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (いやいやえん)
【概略】 “世紀の結婚"から6年経った1962年、グレース・ケリーは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも控えめでいることを望まれる。そんなある日グレースがヒッチ...
映画評「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年フランス=アメリカ=ベルギー=ドイツ=スイス合作映画 監督オリヴィエ・ダアン ネタバレあり