to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

僕と妻の1778の物語

2011-01-21 21:56:31 | the cinema (ハ行)
製作年度 2010年
上映時間 139分
原作 眉村卓
脚本 半澤律子
音楽 本間勇輔
監督 星護
出演 草なぎ剛/竹内結子/谷原章介/ 吉瀬美智子/陰山泰/小日向文世/浅野和之/大杉漣

TVドラマ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」を手掛けたスタッフが、再び草なぎ剛を主演に迎え、実話から生まれた感動の物語を映画化したヒューマン・ストーリー。
SF作家の朔太郎と銀行員の妻節子は、高校1年の夏休みに付き合い始めてからずっと一緒だった。だがある日、腹痛を訴えた節子が病院に入院し、彼女の体が大腸ガンに冒されていることが判明。医師(大杉漣)に余命1年と宣告された朔太郎は最愛の妻にだけ向けて、毎日原稿用紙3枚以上の短編小説を書くことにする。

これは・・多分予告は観たような気がします。が、
昨年後半、特に12月は劇場鑑賞はほとんどチャンスがなかったので実を云うとメインの2人が「黄泉がえり」のふたりで、難病モノというぐらいの情報しか残っていませんでした。

で、観ていると、キャストも谷原さん浅野和之さん大杉漣さん小日向さん「僕生き」、
小日向さん大杉漣さん浅野和之さんの3人は「僕カノ」と「僕アル」にも揃って出演されていましたよね。
で、これらは剛クン主演のドラマ「僕シリーズ3部作」と呼ばれている訳ですが、、、
この映画のタイトルで気づけよってカンジですよねσ(^_^;)キャスティングもヒロインを除けば全く同じ
シリーズ中の「僕生き」を彷彿とさせるシーンが見受けられたのは、帰ってから調べてみたら演出は同じ星護さんだから当然といえば当然なのですね。
ちなみに、シリーズは全部観ましたが、私が一番好きだったのは「僕カノ」で、演出のメインは平野眞さんと三宅喜重さんでした。
そして、ドラマの3本の脚本は全て橋部敦子さん(「フリーター、家を買う。」など)でした。

前置きが長くなりましたが、これもステキなお話であるのに、上に書いたような作品が脳裏に甦り、
柳の下の泥鰌(ドジョウ)を狙った作品という印象が残ってしまいました。

おそらくSF作家・朔太郎のショート・ショートは実際の1778篇の中から選ばれたものと推察しますが、
3割方はチョット笑える、或いはチョット愉しい。
そして何れも小説のタイトルがキャッチーで良かったです。

空想がちで不器用な朔太郎の、医師の「笑えば免疫力があがる」という言葉に賭けた1日1編のショート・ストーリーは、
一般観客向きでなくてもイイのかも知れない。彼の理解者であった節子が楽しめれば・・、それが目的なのだから。
純粋にSF小説を愛する夫婦の仲の良さが心地いい始まり―。
でも、びっしり積まれた原稿用紙・・・・・・。
舞台となる時代を設定されていたら、ケイタイもパソコンも登場しない、
ファックスと万年筆の世界に、もっと納得したのかも。
個人的には、節子が自分の母親に向かって本音を口にするところでうるっとしました。が、、、、

「僕生き」での思い出の木→「僕妻」サクと節子も木を求めて旅をする
「僕生き」コーラスの生徒→「僕妻」病院の患者と関係者、のシーンにはやっぱり気持ちが引いたし、
これは監督自身が原作に感動し実現した映画なのに、ヒットした自身の作品と同じようなシーンを挿入・・って、
ファンは喜ぶものなんだろうか??
それに、後半は引っ張りすぎもあってやっぱり長いと感じてしまったし、
余計な演出で私的には最後盛り下がってしまった、ちょっと残念な作品でした。

感動ものと謳っているわけですが、特に泣かせよう的演出も無く、前半は結構楽しめました。
穏やかで思いやりのある夫婦の姿は観ていてとても気持ちの良いもので、
奇跡を願って積み重ねていく原稿の高さは、サクの(眉村氏の)愛情の軌跡。
これが実話だということが先ず素晴しい世界だと思えます。

特にシリーズの中でも、「僕生き」がお好きな方とか、
出演者のファンは満足されるかも知れませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソーシャル・ネットワーク | トップ | いつかの恭子ちゃん・・♪ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (るい)
2011-01-22 11:33:39
おくばせながら、昨年はありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。
この映画、私も記事にしました。
作家眉村卓さんの実話だというところと、
TVでのCMで、草なぎさんと竹内さんにぎゅう~っと心を掴まれて…。
こういうふうに、想い合って生きていくって素敵だなと思いました。
るいさん* (kira)
2011-01-22 14:30:22
こちらこそ、今年も仲良くしてくださいね♪

るいさんのところにも書きましたが、
レントゲン、、、残酷ですよね、、、
体の中央を走る大小の黒点に泣けました。

辛い現実だけをみるのではなくて、
明るい方に目を向けようとするサクの創作の日々は、
本当に凄いですよね~。ステキな夫婦愛でした
こんにちは (たいむ)
2011-01-22 18:15:30
笑えるショートショートでなかったら観に行かなかったかも。
「僕の・・」シリーズは一応「僕生き」と「僕カノ」は見ていたのだけど。

それ程泣かせようって意図が感じられなくて良かったです。けど、後半はちょっと同じく私も長く感じました。そこはやっぱり難病ものですね(^^;
たいむさん* (kira)
2011-01-24 21:23:22
難病モノは苦手だと仰る方がおおですよね~。
実は私はそうでもないのです。
戦争モノ、難病モノには、先に逝くものの想いや、
残される者の切なさが描かれていて、
心に響くものがある、と思うから。

でも、中途半端や、やり過ぎが目立つのもこの難病モノに多い気がします

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
僕と妻の1778の物語 (佐藤秀の徒然幻視録)
竹内結子の今際の美しさ 公式サイト。眉村卓原作、星護監督、草磲剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、大杉漣、風吹ジュン、陰山泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江。SF ...
僕と妻の1778の物語 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
わては父を夫人と同じ病気で亡くしたばかりなのであまり気が進まなかったけど、かなり評判がいいので見ることにした。命あるものはいつか土に返るもので、例外はない。この映画を見て、いつまでも悲しんでいてはいけないのだと前向きな気持ちになれた。
【映画】僕と妻の1778の物語 (しづのをだまき)
2010 日本
『僕と妻の1778の物語』(2011)/日本 (NiceOne!!)
監督:星護出演:草なぎ剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山泰、大杉漣ワーナーマイカル全国一斉試写会にて鑑賞公式サイトはこちら。SF作家である、眉村卓氏の実話をもとにし...
僕と妻の1778の物語 (あーうぃ だにぇっと)
監督: 星護 キャスト 朔太郎☆草なぎ剛 節子☆竹内結子 谷原章介 吉瀬美智子 陰山泰 集金人☆小日向文世 浅野和之 近所のおばさん☆佐々木すみ江 医師☆大杉漣 節子の母☆風吹ジュン 他
映画「僕と妻の1778の物語」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『僕と妻の1778の物語』(公式)を、先日(1/16)鑑賞。日曜の夜の回で観客は15名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。 この手の作品は高評価でないと非難を受け易いのですが、本音で書くと、作品1点、草なぎ剛さんと竹内結子さんの存在感...
『僕と妻の1778の物語』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「僕と妻の1778の物語」□監督 星 護 □脚本 半澤律子□原作 眉村 卓 □キャスト 草? 剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山 泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江、大杉 漣、風吹ジュン■鑑賞日 1月16日(日)■...
「僕と妻の1778の物語」みた。 (たいむのひとりごと)
なんかかんか言いわけしようが涙腺はすこぶる弱いので、ひとしきり泣かされてきた。病気・子供・動物ものの映画(邦画は特に)は意図的に外しているのだけど、この映画は「1778の物語」にあたる“ショートショー
僕と妻の1778の物語 (だらだら無気力ブログ)
草なぎ剛主演のフジテレビ系TVドラマ『僕の生きる道』シリーズのスタッフ がSF作家眉村卓とガンで亡くなった夫人との間の実話を基に草なぎ剛を 主演に迎えて映画化したヒューマンストーリー。 ガンに冒されて余命1年と宣告された妻のために毎日1篇の小説を書き続け ...
僕と妻の1778の物語 (だめ男のだめ日記)
「僕と妻の1778の物語」監督星護原作眉村卓出演*草なぎ剛(朔太郎)*竹内結子(節子)*谷原章介(滝沢)*吉瀬美智子(美奈)*陰山泰(新美)内容SF作家の朔太郎(草なぎ剛)と銀行員の...
映画「僕と妻の1778の物語」 (FREE TIME)
映画「僕と妻の1778の物語」を鑑賞しました。
映画「僕と妻の1778の物語」を観ました!!(2011-01) (馬球1964)
映画「僕と妻の1778の物語」を観ました!!
僕と妻の1778の物語 笑えばいいのか泣けばいいのか・・・  (労組書記長社労士のブログ)
【=5 -2-】 年が明けてまだ12日間やのにもう5本も映画を観ている。 こんなペースで見ていたら、この1年間で152本も映画鑑賞することになるやん!←って、ないないヾ( ̄o ̄;)(笑)  SF作家・朔太郎と銀行に勤める妻、節子は、人も羨む仲睦まじい夫婦。朔太郎は一旦小説を...
『僕と妻の1778の物語』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 僕と妻の1778の物語 』 (2010)  監  督 :星護キャスト :草?剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江、大杉漣、風吹ジュン SF作家である眉村卓と、余...
【映画】僕と妻の1778の物語 (新!やさぐれ日記)
▼動機 僕シリーズ最新作 ▼感想 竹内結子が物足りない ▼満足度 ★★★★☆☆☆ このへん ▼あらすじ SF作家の朔太郎(草彅剛)と銀行員の妻節子(竹内結子)は、高校1年の夏休みに付き合い始めてからずっと一緒だった。だがある日、腹痛を訴えた節子が病院に...
最後の最後に妙な感動。『僕と妻の1778の物語』 (水曜日のシネマ日記)
SF作家が闘病生活を送る妻の為に毎日1編の短編小説を書く日常を描いた作品です。
僕と妻の1778の物語 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  ガンで余命1年の宣告を受けた妻と愛妻家の夫とのラブストーリーである。この類の物話は、捨てるほど手垢のついたお話なので、簡単に先読み出来てしまう。ただ僕の好きなSF作家の眉村卓氏の実話だということで映画館に足を運んだわけである。  彼は妻の悦子...
『僕と妻の1778の物語』 | 大ヒット要因は内容よりも目の付けどころの良さ? (23:30の雑記帳)
カレーを頼んだらハヤシライスが出てきた、みたいな。 「日比谷」と言ったら「渋谷」に連れて行かれた、みたいな。 「泣ける」と聞いて観てみたら「シュールなSF」でした、みた ...
【僕と妻の1778の物語】 (日々のつぶやき)
監督:星護 出演:草なぎ剛、竹内結子、大杉漣、谷原章介、吉瀬美智子、風吹ジュン  余命1年の妻に、僕は何が出来るだろう。 「朔太郎はSF作家、結婚8年目になる妻の節子と二人幸せに暮らしていたが、ある日節子が検査に行った病院から連絡を受け余命一年の大腸...
映画評「僕と妻の1778の物語」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・星護 ネタバレあり