to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

八日目の蝉

2011-05-08 22:51:13 | the cinema (マ・ヤ行)
優しかったお母さんは、
私を誘拐した人でした。

上映時間 147分
原作 角田光代
脚本 奥寺佐渡子
監督 成島出
出演 井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司/市川実和子/平田満/渡邉このみ/劇団ひとり/風吹ジュン

誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス
会社の上司との不倫で妊娠し、中絶手術の後遺症で二度と子供を産めない体となったOL、野々宮希和子(永作博美)。相手の男はいずれ妻と別れると言いながら、その妻(森口瑤子)はいつの間にか子供を産んでいた。自らにケリをつけるべく、赤ん坊の顔を一目見ようと夫婦の留守宅に忍び込んだ希和子。ふと我に返ると、赤ん坊を抱えたまま家から飛び出していた。赤ん坊を薫と名づけた希和子は、そのまま逃亡生活の中で薫(渡邉このみ)を育てていくことに…。

この作品、『孤高のメス』の成島出監督だと知って、急遽行って参りました。
原作は未読、N○Kドラマもスポット予告ぐらいしか観ていませんでしたが、
昨年春に放送された日テレのMotherにテーマが酷似していることから関心が持てないでいました。

つまり、Motherの誘拐犯とされた小学校教師と、その動機もおかれた環境も異なる独身の本作女性が、
他人の子の母親になるという事で自分の生きる意味を見出し、法を犯し、
だけど、誰よりもその子に無償の愛を注ぎ、母親になる―・・・という.......。

Motherの主人公・小学校教師は法的にはどうあれ、実際事実は人命救助の、超法規的措置だと思えたので、逃亡する擬似親子を応援しつつ見守っていけたのに対し、
さて、同じく母性に焦点を当てたこちらの作品では・・・どうなのか。


冒頭いきなり二人の母の法廷での証言シーンで幕を開け、この物語の被害者と加害者の
事件後の心の明暗が観るものの胸に刻まれます。
出産し、何もかもこれから、という時に我が子を奪われた男の本妻のやり場のない怒り。
奪われた4年の時間は、それだけでは済まなかった!!
奪った犯人の希和子の陳述はというと・・・。
――それは許されるはずのない幸せだったことに間違いはない。のに、、、

成長した娘・恵理菜(井上真央)の胸が疼くような現在と、
不倫相手の妻の赤ん坊をさらった希和子との事件以降・・・厳しい環境の中にも安らぎのある幼少時代が、
交互に映し出されるストーリー展開は、2時間半という長さで効果的です。

家を出て独立して生活をする恵理菜に、ある日近づいてくるフリーライターの千草(小池栄子)が
ちょっと挙動不審にもみえるのだけど、そこにも秘密があり・・・、
この千草とのやり取りの中で、恵理菜は封印していた過去に向き合うきっかけを手にする。


「八日目の蝉」は哀しいのか?それとも、
「八日目の蝉」は幸せを観るのか・・・。二人の年頃の娘の会話・・・。

母と信じて過ごした4年の後の、恵理菜の不幸も全ては希和子の衝動から起こったこと。

母親の立場からみれば、とんでもない話で、
しかしまた、ヒトの幸福な人生を奪っておきながら、聖母のような愛情を持って薫を守る
希和子の母親としての姿にこそ、今の悩み多き女性へのメッセージが込められているのは間違いない。
けれど―・・・。

 

こういうテーマを扱う時に、被害者の母に問題があるかのような印象を与えて、
誘拐犯人の行動を擁護するような描き方に抵抗を覚えてしまった。
実際仮に私が産んだばかりの我が子を盗まれたら、
そして4歳になった子供に知らないおばちゃんとしてしか認知されなかったら――死んでしまいたくなるかも知れない。
こんな話で「大号泣した」とか「感動」とかあり得ない。どこに感動するの?しちゃいけないでしょう。と、正直思ってしまいました。。。

愛した男の本妻の子というのが、そもそも誘拐の動機ではないし、彼女の犯罪そのものになんら同情の余地はない。
一瞬の「天使の笑顔」を盗みとったその時から、少なくとも3人の人生をも奪い獲った。
しかしまた、その事を頑として謝らないところに、
世間を捨て、薫にのみ全てを捧げた彼女が、天晴れな紛れもない母の姿として心に残る。

誘拐犯の永作博美、盗まれた母の森口瑤子もそれぞれ素晴しかったけれど、
独身で、逃亡犯でありながら、野々宮希和子に肉親、またその親戚の影が微塵も描かれてないなど、
ストーリー展開・設定がウソっぽく思えて、女優陣の熱演も虚しく、ちょっと離れてみていた。

同じ角田光代サン原作の「空中庭園」も、壊れた家族とトラウマを抱えた母子の物語でインパクトがあったけど、シュールな世界だった。そしてラストはちゃんと着地した印象。
でも、コチラは犯罪絡みなので、どうしてもリアルを求めてしまう。

ただ一箇所、はらはらと涙がこぼれてしまったのは、
おどおど、せかせかとしたライターの千草の告白シーンでした。
今まで苦手系女子ばかりを目にしてきましたが、初めて小池さんに泣かされてびっくり(笑)
出演女優さんの演技はみんな素晴しかったですが、
やっぱり渡邉このみちゃんの時に不信感を、時に不安感を募らせる、あの表情と存在がとても良かったのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大輔くん、チャリティー演技... | トップ | ムビコレ、恭子ちゃん♪ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごくよくわかる (sakurai)
2011-05-10 19:44:35
母親が悪ものにようにあえて描いて、キワコのあり方をどこか肯定してしまうような泥沼に陥りそうになるのですが、絶対にキワコが悪い!そこをぼかしてしまったのは、カオルの幸せそうな笑顔なんですよね。なんかずるい話だなあと、感じたのも事実です。

本は既読なんで本とは違ったテイストでしたが、見せ方はうまかったなあ。

あ、キワコの両親は亡くなってて、親の遺産があって、数千万を所持してると言う設定です。
だからお金の心配なく逃亡出来るんですが、あのカルト教団に全部差し出す。。となります。
切なかったなぁ (マリー)
2011-05-10 20:43:03
こんばんは~~。

あの描き方は、妻の存在って凄く否定的でしたよね。あえて観る者がみんな奇和子に同情しちゃう作りにしてあったような気がした・・・
別れて別れてと迫るシーンとか、空っぽ!とののしるシーンとか・・・
実母のよいところなんて全然見せなかったし。だからあの星の歌をせがむシーンで、初めて私は心から彼女に同情してしまった。
本当に悪いのはあの旦那だと思うのだけど・・・

母性というものは血の繋がりより、心の繋がりだと思う。そこは揺るぎない・・・

そうそう、私も小池さん苦手だったんだけど~
この役はよかったですね~。
あの喋り方、歩き方、特殊な世界に生きてたんだな~と胸にせまってきました。
sakuraiさん* (kira)
2011-05-11 00:02:16
原作を知らないヒトには説明不足、端折り過ぎの為に、
違和感というか、設定自体が甘く感じて、
役者の演技も見事なのに、臨場感が感じられないのを、
sakuraiさんの記事にて納得した次第です。

まず臨時の日雇いでもない限り、いくら小豆島の小さな会社でも、
何ヶ月も偽名で給料を貰い続けるのはムリではないかとか、
私には突っ込みどころも多くて、気持ちが離れたままでした。

カルト教団も、随分都合がいいなぁ~と思っていましたら、
その金銭部分、省いちゃダメですよね~。
ともかく、巷では大絶賛されていますが、
なにかと残念な思いがする作品でした。
マリーさ~ん* (kira)
2011-05-11 00:18:37
そうなんですよ~♪
>あえて観る者がみんな奇和子に同情しちゃう作り
で、奇和子を聖母にして
彼女が妻子があることを承知で男とつきあい続け、本妻と別れて欲しいと願い、
挙句妊娠、そして子供のできない身体になったことの全てが、
「男が悪い」とか、挙句子供を置いて出かける「本妻が悪い」とかの印象にしてしまってることに一抹の不安を覚えます。

悪いのは不倫をしていたふたりであり、家宅侵入のうえ「誘拐」したことですよね~。
あの土砂降りの中、駅まで夫を送るぐらいであれば私でも子供は置いていくでしょう。
鍵はかけますが。

ともかく、誘拐して密度の濃い母と子の時間を持てたから幸せと言う・・
これはやはり怖いです。復讐でなく、「衝動」でひとを不幸にしたんですもの。
はじめまして (まつ)
2011-05-11 21:56:39
はじめまして。
いつも拝見させて頂いてます。
今回はTBさせて頂きましたので、いちおう報告しました。
gooブログを始めて短い上にTBも始めてなので、もしかしたら色々間違えてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
まつさん* (kira)
2011-05-13 12:56:37
初めまして。
gooブログ始められたばかりなんですね♪
今までもこんな拙いブログに目を通していただいて、恐縮です。
この作品、観る方の経験値とか性別などで
かなり感想が分かれる作品のようですね。

恭子ちゃん記事に傾き加減ですが(笑)これからも宜しくお願いします!
葛藤 (NAO)
2011-05-23 16:30:53
こんにちは~kiraさん。

私も感動とは程遠い感情で見ていました。
テーマが重かったのもそうですが、キワコの行動が
なにやら肯定化されているように感じてしまい・・。
かといって正妻の行動も共感できず。。。
というか、正妻が悪いような印象ばかり与えているような感じがぬぐませんでした。
でも、キワコのエリナに対する愛情は紛れもなくそこにあったのが救いだったのでしょか?
最後まで心の葛藤の折り合いがつかなかったですね。^^;
逆に小池栄子さんの千草にはちょっとウルっときました。
NAOさん* (kira)
2011-05-24 12:20:14
お久しぶりです~

>最後まで心の葛藤の折り合いがつかなかったですね
同じです!
キャストの演技もあって、犯罪そのものが、
「母性」という一言で覆されるかのような印象を与える本作品。
ちょっとアブナサも感じてしまうものでした。

衝動で犯罪を犯したけど、愛して育てて、幸せだったから・・・いいじゃんみたいな。。

これは一つ間違えると、、の思いが残る作品でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
八日目の蝉(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
角田光代のベストセラーの映画化、といっても原作は未読で、ドラマも未見だけど。 不倫相手の子供を堕ろした希和子(永作博美)は、不倫相手の夫婦の間に生まれた4ヶ月の赤ちゃん恵理菜を咄嗟に誘拐してしまう。妊娠した子供につける予定だった薫という名前を誘拐した赤...
『八日目の蝉』 踏みとどまるために必要だったのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。  母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」  この映画に、結...
八日目の蝉 (だらだら無気力ブログ)
直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した 女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘として...
八日目の蝉 ちょっと冗長すぎるが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=24 -6-】 今日は連休の谷間で電車がらがらかと思いきや、けっこう仕事の人も多いのだなあという混み具合、仕事があることはいいことだ!  さてこの映画、角田光代の原作は友人が貸してくれたので読んだが、読後の評価はきっと分かれてしまうだろうと思っていた。 ....
成島出監督 「八日目の蝉」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
原作を読み終わった時から、観たくて観たくて、しょうがなかった映画。 映画の日には映画館が満席で悔しい思いもしました。 そして今日、やっと公休 朝、早起きをして観てきました(^-^)v ふ、不覚! 原作も読んでて、冷静に観てるつもりだった筈なのに… な...
『八日目の蝉』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美子、田中 泯、風吹ジュン■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 チ...
八日目の蝉 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
公式サイト母性というものの無条件の強さを感じさせる物語だ。原作よりも、娘からの視点が強調されていることから、新しい世代に希望をつなぐメッセージが感じられる。不倫相手の ...
『八日目の蝉』 (ラムの大通り)
---- この映画、前に行ったとき 満員で入れなかったってヤツだよね。 「うん。とにかく人気が高い。 原作が角田光代の代表作にしてべストセラーだからかなと思ったけど、 これは見事に映画になっていたね」 ----映画になっていた…どういうこと? 「簡単に言えば、 映画と...
八日目の蝉 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/04/29公開 日本 147分監督:成島出出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、渡邉このみ、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン 優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 子どもを身ごもるも、相手が結婚してい....
八日目の蝉 (迷宮映画館)
あの女の子は反則です。かわいすぎる。。。
「八日目の?」みた。 (たいむのひとりごと)
まちがいなく泣く!って観る前から思っていたけれど、終盤にはいったらずっと泣きっぱなしで、嗚咽を漏らさないようにするため、何度も深呼吸する私だった[E:coldsweats01]ここ数年の永作さんの演技
『八日目の蝉』 (pure breath★マリーの映画館)
優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 『八日目の蝉』 監督・・・成島出 原作・・・角田光代 出演・・・井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン...
◆『八日目の蝉』◆ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、成島出監督、井上真央、 永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司出演。
■映画『八日目の蝉』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
どうしようもない男とのどうしようもない不倫に傷ついた女性が、不倫相手の男性と奥さんの間に生まれた赤ちゃんを誘拐したことから起こる悲しい物語を描いた映画『八日目の蝉』。 誘拐犯の女性・野々宮希和子を永作博美、彼女に誘拐されて数奇な人生を送ることとなった...
「八日目の蝉」 (俺の明日はどっちだ)
不倫相手の赤ちゃんを誘拐した女性が、警察に逮捕されるまでの4年間にわたりその子を我が娘として強く愛し続けた逃亡生活の顛末と、そんな誘拐犯に育てられた少女がやがて大学生へと成長したのち、果てしなく遠く感じていた自らの過去と向き合う姿を描いた直木賞作家...
映画:八日目の蝉 永作博美が突出して良いところが、長所でもあり欠点?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
愛人の娘を誘拐して逃亡する女性と、その成長した娘のストーリーが平行して物語を進む。 井上真央演ずる、0才~4才まで誘拐され、その時に刷り込まれた「母」のイメージのトラウマを持ったまま、大学生になった恵理菜。 ちょっとしたきっかけで自分のルーツを探る旅に。 ...
八日目の蝉(映画館) (Merry Merry)
優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 出演:井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司 監督:成島出 原作:角田光代 製作年:2011 製作国:日本 上映時間:147分 【内容】 子どもを身ごもるも 相手が結婚していたために出産をあきらめ...
八日目の蝉 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★ エンゼルたちのウォーズ 二人の女性の違いは、人と魂で向き合っているかどうかである。 エンゼルさんが希和子に語った言葉が真理だ。 実母は娘の心を理解しようとせず、自分を母親だと認...
八日目の蝉 (★ Shaberiba )
親となったら子供を「八日目の蝉」にしちゃいけないってことですね-。
八日の目の蝉(2011-027) (単館系)
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。 生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、 誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマ。 不倫相手の子供を生まれてす...
「八日目の蝉」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
なんといっても、エンディングがいい。ひとことキメ台詞を言ったらスパッと切り上げ、即暗転。実にすっきりしたエンディングだ。 物語は終わっているのに、だらだら弛緩した映像を垂れ流すようなエンディングは、性に合わないってことでしょ。 お、よく知ってるな。 耳に...
「八日目の蝉」 (NAOのピアノレッスン日記)
~優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした~2011年 日本映画    (11.04.29公開)配給:松竹         上映時間:147分監督:成島出原作:角田光代 「八日目の蝉」脚本:奥寺左渡子出演:井上真央 / 永作博美 / 小池栄子 / 劇団ひとり / 森口...
八日目の蝉 (にきログ)
さて、映画とドラマ両方見たので感想を書きたいと思います ちなみに映画を見てドラマ版が凄く気になっていたタイミングでNHKが2夜連続集中再放送をしてくれて凄く助かりました ちなみに原作は読んだことな...
八日目の蝉 (映画的・絵画的・音楽的)
 『八日目の蝉』を渋谷東急で見てきました。 (1)この映画は、TVなどで幾度となく予告編が流され、また書店では随分と以前から原作の文庫版が山積みとなっていましたから、制作側もかなり力を入れているのでしょう。  おそらく、『告白』とか『悪人』の線を狙っているの...
八日目の蝉☆独り言 (黒猫のうたた寝)
うう、、、どうしよう2時間越えのこの作品^^;っと思ったのは正直なところ。腰が引けている間に公開から時間が経ち、上映時間もそろそろ減ってきてしまうのと木曜レディースデイに背中押されての鑑賞です。『おひさま』の井上真央も、なかなかいいしなぁ~っとそんな連...
mini review 11545「八日目の蝉」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。誘拐された少女の大学生時代を井上真央が演じ...
八日目の蝉 (取手物語~取手より愛をこめて)
恵理菜は、過去の呪縛をとかなくては前にすすめない。
八日目の蝉 (のほほん便り)
直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。第35回日本アカデミー賞、10冠獲得!だから、快挙ですよね。 物語は、過去と現在。いろいろな時間を行きつ戻りつつ、親子に二代に渡る、心と身体の旅物語を浮き彫りにし...
映画評「八日目の蝉」(地上波大幅カット版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
現状では採点不可・・・ 2011年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり