to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

J・エドガー

2012-02-08 21:20:27 | the cinema (サ行)

だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。
原題 J. EDGAR
製作年度 2011年
上映時間 137分
脚本 ダスティン・ランス・ブラック
監督 クリント・イーストウッド
出演 レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/ジョシュ・ルーカス/ジュディ・デンチ/ケン・ハワード/エド・ウェストウィック

半世紀もアメリカを裏で支配した謎多き男の真実。
1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人としてアメリカをコントロールしてきた。しかし、フーバーには絶対に人に知られてはならない秘密があった……。

ちょっと遅れましたが、イーストウッド監督作品のディカプリオ、観てきました。
アメリカの正義、FBIに君臨し続けた男の半生を描くというものだけに、伝記モノにありがちなゆるさは無く、
アメリカを襲う犯罪と戦いながら、
一方で、吃音の内気な青年であり、秘密を抱えて生涯を独身で過ごす虚構の人生でもあった権力者の物語。
ディカプリオはその複雑な男の心理を、22歳から77歳までを熱演。見応えがありました!

物語は人生の終盤に差し掛かった70代のフーバーが、回顧録作成の為に、
自身が関わってきたアメリカの事件を部下に口述するという形で、時代を行き来する展開。
フーバーの歴史は取りも直さずFBIの歴史。アメリカを揺るがした事件に関わり、
捜査の近代化を図りながら、アメリカを守るという信念の下、要人たちの秘密を握り50年も権力を手放さない男。

その為にルーズベルトは彼に逆らえずJ・F・ケネディは彼の監視下に置かれ、
ニクソンにとって彼はこの世でいちばん邪魔な存在となった―・・・

そんな男が、
鏡に向かって呪文を唱えるが如きの、己を奮い立たせる「英国王のスピーチ」もどきの姿や
決して誰も見ることのなかったであろう倒錯者を窺わせるシーンも含めて、
ヒトの秘密の上に優位に立ちながらも、秘密を持つものの哀しさとか孤独も描かれて、
潔癖症で自己愛が強く、正義の名の下に権力を握り続けた男の禁断の部分にも踏み込んだ描写がなされます。

この実際の、アメリカの犯罪の歴史に君臨するFBIの功労者を、こんな風に見せる。
やっぱりある意味、イーストウッドは凄いです。
でも、話題の老けメイクもさすがだったけど、やっぱりレオの演技は凄いです


イーストウッド監督がレオに関する記事で、こう言っています。
レオは枠から飛び出し、いつも違う役を求めてきた。彼は演技というプロセスに惚れ込んでいて、自分の能力を伸ばそうとしている」。
そこにお互い、共感し惹かれあいもしたのでしょう。記事全文はコチラ

特にジョン・エドガー・フーバー長官に関心がなくても、FBIが関与してきたアメリカの犯罪史としても、
アメリカの正義といわれた男のドラマとしても、
興味を持って観ることが出来る作品だと思います。
でも、どちらかと言うと男性にオススメかな〜。私は結構好きでした
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「平清盛」 第5回 | トップ | 大ちゃん、四大陸選手権 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そういえば (まっつぁんこ)
2012-02-08 22:50:49
「どちらかと言うと男性にオススメ」
気がつかなかったけど(笑)言われてみればその通りですね。
Unknown (mig)
2012-02-09 10:38:18
おはようです★
kiraさんレオくんファンだからきっと尚更頑張りみれて良かったでしょう
もうちょっとこの人物を知りたいと思えたり、内容的に惹き込まれる作りにして欲しかったナぁってちょっと思っちゃった
こんにちは♪ (yukarin)
2012-02-09 12:59:43
私、こういう男のドラマ!というのが好きなんですよね。
レオもいろんな役に挑戦してますね。
自ら監督にやりたいと電話したというだけありますね。
演技もとても素晴らしかったです♪
まっつぁんこさん* (kira)
2012-02-09 21:00:15
記事をアップしてTBする時にもやっぱり・・というカンジでした(笑)
日本人に馴染みのない人物であるだけに、
女性には感情的にも余りフィットしないという気がしてましたが
レビューにもそれが表われていたと思います
migちゃん♪ (kira)
2012-02-09 21:05:56
こんばんは〜
ゲイネタが多かったらどうしよう〜とか、心配しながらでしたが(笑)
やはりイーストウッド監督は上品でした
migちゃんも言ってたように、映画的盛り上がりがないカンジは受けましたが、
結構好きなテイストだったのよー
でも、若い時代は少なくて残念〜〜
yukarinさま♪ (kira)
2012-02-09 21:15:32
またしても”愛に苦しむレオ”でしたが(笑)
最近のイーストウッド監督作品は、ちょっと余り惹かれなかったので、
渋くて濃密な男のドラマが、レオの演技で興味深く観れたので満足です♪
国家に向ける愛、自己愛、母への愛に、そして・・・と、
やはりこれも男の愛のドラマでしたね
残念… (オリーブリー)
2012-02-11 12:25:06
こんにちは。

レオ君、アカデミーノミネート逃したのが不思議。
今年の男優陣はそれ以上なのかな(苦笑)

一人の人物像が分かりやすく表現されてる作品でした。
しいて言えば、老けメイクのレベルが低かったな〜ここに違和感持つと物語に入れなくなっちゃう。
オリーブリーたん♪ (kira)
2012-02-12 00:26:27
ノミネート作品、未公開作品がそれほど凄いのか?
イヤ、、判りませんが・・・

ナオミとアーミー・ハマーの老けメイクはわざと?でしょ?(苦笑)
それにしても、その老人部分がけっこう長いのは
想定外でした

殆ど事件としては知ってたものばかりなので、やはりレオの演技と
その私的な描写がけっこう興味深かったので良かったかな〜

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『J・エドガー』 (こねたみっくす)
初代FBI長官、革新者、マザコン、同性愛者、秘密主義、権力者、正義を愛するアメリカ国民、そして近代アメリカの裏の歴史ジョン・エドガー・フーバー。 恐喝・盗聴・科学捜査を駆 ...
J・エドガー (佐藤秀の徒然幻視録)
ディカプリオがフィリップ・シーモア・ホフマン化 公式サイト。原題:J. Edgar。クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュ ...
J・エドガー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(F) ディカプリオのフィルモグラフィーに、またひとつ箔が付く。
J・エドガー / J. Edger (勝手に映画評)
虚実に包まれた謎の人物である、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画。一応、歴史的事実を元に描かれていますが、フーバーを巡る物語自体は、創作という形になっています。1972年のフーバーが回顧録を口述していると言う設定で物語は進み、時に応じ....
映画レビュー「J・エドガー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆ディカプリオがフーバーの青年期から老年期までを怪演。伝説の男が信じた正義は現代アメリカの闇を ...
J・エドガー / J. EDGAR (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカでは誰もが知る存在を恐れられていた実在の人物、J・エドガー=ジョン・エドガー・フーバーを レオナルド・ディカプリオが熱演の、クリント・イーストウッド監督最新作 またまた2時間超えの長さ! ...
クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar)脚本はダスティン・ランス・ブラック(ガス・ヴァン・サント監督「ミルク」でアカデミー賞脚本賞受賞) 物語・F
J・エドガー(試写会) J.EDGAR (まてぃの徒然映画+雑記)
ディカプリオが、一瞬レスリーとダブりました。 FBIを創設して初代長官に就任し、8代の大統領に仕えたジョン・エドガー・フーバーを、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演で描く。物語は、晩年のフーバーがFBI創設前夜からの話を口述筆記させる...
FBIを創った男〜『J・エドガー』 (真紅のthinkingdays)
 J. EDGAR  初代FBI長官J・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、老境に 差し掛かってもその地位に君臨していた。彼は、半世紀近くに渡るFBIでの 出来事を、自らの回想録と...
J・エドガー (あーうぃ だにぇっと)
J・エドガー@よみうりホール
J・エドガー/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
FBIの初代長官となったジョン・エドガー・フーバーの半生をクリント・イーストウッド監督がレオナルド・ディカプリオを主演に描く伝記ドラマです。FBI長官のJ・エドガーといえば有 ...
『J・エドガー』 (ラムの大通り)
(英題:J. Edgar) ----J.・エドガーって何した人? 「何をしたというよりも、 ある地位に君臨し続けたという方が分かりやすい。 J・エドガー、J・E・フーバーは、FBIの初代長官。 20代にして、FBI前身組織の長となり、 以後、死ぬまで長官であり続けた男。 20世紀の半....
J・エドガー/J. Edgar (LOVE Cinemas 調布)
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』の...
「J・エドガー」 「アメリカ」の国家像とかぶる (はらやんの映画徒然草)
ジョン・エドガー・フーヴァー、彼はFBI初代長官にして、48年もの長期にわたりそ
「J・エドガー」 (或る日の出来事)
FBI(アメリカ連邦捜査局)(Federal Bureau of Investigation)の初代長官ジョン・エドガー・フーヴァー(在位1924年〜1972年)とは、どんな人物だったのか。
劇場鑑賞「J・エドガー」 (日々“是”精進! ver.A)
フーバーのもたらした、光と闇… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201280004/ キネマ旬報 2012年 1/15号 [雑誌] キネマ旬報社 2012-01-06 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-...
『J・エドガー』 毛布をかけてもらうには? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  クリント・イーストウッド監督がJ・エドガー・フーバーの映画を撮る!  その報に接したとき、あまりにも上手い組み合わせに驚くとともに、傑作になることを予感してワクワクした。 ...
J・エドガー(2011)☆★J. EDGAR (銅版画制作の日々)
 だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。デカプリオ&イーストウッド監督初のコラボが実現! 評価:=60点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 これは事前にジョン・エドガー・フーヴァーなる人物について知っておくべきでした。まだ未見の方、その方が良いと思いま...
J・エドガー (Akira's VOICE)
その男,葛藤につき。  
J・エドガー 自らの権威にここまで執着する人物ってすごい!ってのを見事に描いていた (労組書記長社労士のブログ)
【=7 -0-】 最近、クリント・イーストウッド監督の作品は絶対に見逃せないと思っている。 封切りからずいぶん経ってしまったが、先日ようやく鑑賞できた(上映時間がなかなか噛み合わなかった) 期待を裏切らず、興味深い、のめり込める作品だった! FBI初代長官として...
J・エドガー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【J. EDGAR】 2012/01/28公開 アメリカ 137分監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 1924年にFBI初代長官に任命さ....
J・エドガー (風に吹かれて)
FBIに48年君臨した男公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hoover監督: クリント・イーストウッドFBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガ
『J・エドガー』 「強い男」の神話 (Days of Books, Films )
J.Edgar(film review) クリント・イーストウッドは『J・エドガ
J・エドガー (そーれりぽーと)
クリント・イーストウッド監督×レオナルド・ディカプリオ。 これは興味深い!しかしJ・エドガーて誰?何の話? 何の予備知識も無いまま『J・エドガー』を観てきました。 ★★★★ んー、なるほど益々この人物が興味深い。 クリント・イーストウッド、よくもこれだけ全...
『J・エドガー』 ('12初鑑賞13・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 1月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:35の回を鑑賞。
J・エドガー (キノ2)
★ネタバレ注意★  クリント・イーストウッド監督が、レオナルド・ディカプリオを主演に、初代FBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーの生涯を描いた映画。  フーヴァー長官と言えば、巨大な権力を背景に政治家や社会活動家やその他有名人に対して諜報活動だの恐...
J・エドガー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
権力の裏側で、男が守ろうとした“正義”の根にあったのは何か。 実に48年間に渡ってFBI長官としてアメリカの司法の世界に君臨し、クーリッジからニクソンまで8人の大統領に仕えた男、ジョン・エドガー・フー...
『J・エドガー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「J・エドガー」□監督 クリント・イーストウッド □脚本 ダスティン・ランス・ブラック □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、       ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘ...
「J・エドガー」(2011・米) (ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー)
クリント・イーストウッド監督作品、レオナルド・ディカプリオ主演映画 「J・エドガー」を試写会で観てきました。 映画の公開日は1月28日です。 J・エドガーと言われると「誰?」って感じですが、 これが「フーバー長官」と言われると なん...
【J・エドガー】栄光の人物の光と影 (映画@見取り八段)
J・エドガー〜 J.EDGAR 〜 監督: クリント・イーストウッド    出演: レオナルド・ディカプリオ、アーミー・ハマー、ナオミ・ワッツ、ジョシュ・ルーカス、ジェフリー・ドノヴァン、リー・トンプソ...
J・エドガー (心のままに映画の風景)
1919年、司法省に勤務していた・ジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、新設された急進派対策課を任され、その後、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。 片腕となるクライ...
J・エドガー  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ナオミ・ワッツ  アーミー・ハマー 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガー・フーバー。彼は自分の業績を回顧録に残そうと考え、自らのキャリアについて語り始める。1919年、当時の司法長...
J・エドガー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:J. Edgar監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチetc・・・まだまだ若い!ディカプリオ。
J・エドガーという人 (笑う学生の生活)
1日のこと、映画「J・エドガー」を鑑賞しました。 イーストウッド監督、ディカプリオ主演 期待は高まるわけですが 50年もの間 権力を手にしたFBI初代長官 J・エドガー・フーバーの話 ストーリーは淡々と語られていき 伝記のようですね ちょっと 盛り上がりに欠けたか...
J・エドガー (映画的・絵画的・音楽的)
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...
J・エドガー (我が頭に巣くう映画達)
33点 2011年のアメリカ映画で、 監督はクリント・イーストウッド、 主演はレオナルド・ディカプリオです。 FBIの初代長官である、ジョン・エドガー・フーバーの 生涯を描いた作品です。 う〜ん...
J・エドガー (いやいやえん)
これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。 ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官
猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
映画評「J・エドガー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり
【映画】J・エドガー…ヤッパリ、アメリカの昔話は退屈 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日、帰省する息子を小倉駅まで迎えに行った足で、そのまま「アイアンマン3」を観てきました 感想文は後日…といっても、まだ「アベンジャーズ」のもアップしていない私でした 早速ですが、以下は映画観賞記録です(もうすぐ1年遅れに) 「J・エドガー」 (監督...