きらめきの花 

竹下雅敏氏の多くの講演録の中から、家族の絆(夫婦関係・親子関係)を中心に上映会を開催しています。

4/23(日)は上映会です。

2017-04-18 09:47:55 | 上映会のお知らせ

皆さま こんにちは~

こちらは、昨夜の大雨も上がり新緑がすっきりと美しい朝を迎えました。

さて、いよいよ今週の日曜日、上映会を開催します。

 上映会テーマ:家族の絆 〜親子(6):子育ての知恵(世界観)〜

「親が子どもを愛するのは、その子がかけがえのない存在だからです。」~この一行が分かるかどうか、この文章が現実には生きていない。~(お話の中から一部抜粋)

富を築いた人が幸せになっているか、心が平安で喜びに満ちているか、物に価値を置いている限り幸せになれない。

本当に必要なものは何であるかが分かるバランス感覚のある人間を育てることが大切であることをお話の中で伝えています。

子育てを通じて自分自身を育て直す。今から!知った時から!出会った時からがスタートですね。ご一緒に!!

 

日時:2017年4月23日(日)13:30~16:50(受付13:15~)

             13:30 ~14:34 DVD上映 ~約64分

                                 休憩

             14:45 ~16:50  交流会 (2時間05分)

                  交流会は自由参加です。

場所:広島市東区民文化センター3F小会議室(無料あります)広島駅から徒歩9分

参加費 : 500円(小学生以下無料)

 事前予約  要 お手数ですが、お問い合わせフォームはこちら

         または、長畑利子090-1330-2869までお願いします。

 映像提供元 : シャンティ・フーラ 

 主催 : きらめきの花

皆さまのご参加をお待ちしています!初めての方~お待ちしています!どうぞお気軽にご参加くださいね。

きらめきシスタ~ズ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月の上映会のご報告です。

2017-04-07 18:23:11 | 上映会の報告・感想

皆さま こんにちは~

3月26日(日)上映会を開催いたしました。

上映会のテーマは、家族の絆 〜親子(5):子育ての知恵(優先順位)〜でした。

ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

交流会では~お話を聴いて感じたことなどを一部ご紹介します。~

このお話は、高校の時の道徳などの時間に見ないといけない。

〇みんな働きすぎ。一日の生活のほとんどが仕事のことでいっぱいで、いい話を聴いても、体現したくてもできない現状がある。

〇知ることが大事。何に対しても心の声を聴いてあげないといけない。子供の気持ちになってみる。

〇親子であっても愛してなかったら淋しい生活になる。

〇愛を知らずに育ったが、竹下氏の教えで本当のことがわかった。

〇自分の体癖を愛して自分の気持ちに素直に生きている。それが愛に近いと感じる。

〇育てられる時に愛のない状態でずうっと生きてきた。友愛を大事にしている。

〇結婚指輪の意味、何のため?

交流会では、他に

時事ブログのこと、森友学園からみえる国や自治体の複雑な仕組みや国会議員や官僚の実態、本当のことを伝えないメディアへの不信感など諸々の意見がでて、皆さんは世の中の動きをしっかりキャッチされていました。

国の政治を司る面々のこのような姿から、幸せになれない生き方をしていることがわかりました。

みんな幼少期があったでしょう。そのときどのような気持ちで育ってきたのだろう~と思いを馳せています。

”人間は愛を知っている。でも、人間に対してはできない。”と今回のお話の中で話されています。

心の原点にかえってほしいと強く思います。

今回も多くの学びをありがとうございました。

   きらめきシスタ~ズ

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月の上映会のご案内です。

2017-04-04 16:35:13 | 上映会のお知らせ

皆さま こんにちは~

いつの間にか道端に~野に~山に~色とりどりの花が咲き始めました。

心も体もうきうき~何かが始まる予感に心が躍ります。

~4月の上映会のご案内です。~

上映会テーマ:家族の絆 〜親子(6):子育ての知恵(世界観)〜

家族の絆 〜親子(6):子育ての知恵(世界観)〜 竹下雅敏氏 講演映像

現代の社会では、ほとんどの人々の価値基準が“何を持っているか”であり、それによって人の価値が決まると思われている。

それは、社会的地位・財産・年収・才能などである。

このような物質的な価値観の中では、どうしても競争や他人との比較というものが出てくる。

本当に大切な価値観、大切なことは何なのか。揺らがない世界観を身に付けて頂きたい。~(お話の中から一部抜粋)

 

日時:2017年4月23日(日)13:30~16:50(受付13:15~)

             13:30 ~14:34 DVD上映 ~約64分

                                 休憩

             14:45 ~16:50  交流会 (2時間05分)

                  交流会は自由参加です。

場所:広島市東区民文化センター3F小会議室(無料あります)広島駅から徒歩9分

参加費 : 500円(小学生以下無料)

 事前予約  要 お手数ですが、お問い合わせフォームはこちら

         または、長畑利子090-1330-2869までお願いします。

 映像提供元 : シャンティ・フーラ 

 主催 : きらめきの花

皆さまのご参加をお待ちしています!!

きらめきシスタ~ズ

 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/26㈰は上映会です。

2017-03-22 00:27:48 | 上映会のご案内

皆さま こんにちは~

久しぶりの雨で朝を迎えましたが、午後からは青空が広がってきました。

まだ寒さを感じる今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、次の日曜日はいよいよ!上映会当日です。

家族の絆~親子~シリーズは、竹下氏が考える、社会の問題を根本から解決する全く新しい方法を伝えています。そんな社会が実現するためにまず必要なことは何か?人間とはなにか?何のために生きているのか?幸せに生きる方法とは?それを阻んでいるものは何か?を具体的に学んでいます。

家族の絆(1)正しい優先順位(父性と母性)

家族の絆(2)正しい優先順位(女性の生き方)

家族の絆(3)子育ての知恵(人生の目的)

家族の絆(4)子育ての知恵(愛とは何か)

そして、今回の家族の絆(5)子育ての知恵(優先順位)と続いています。

~3月の上映会のご案内~

上映会テーマ:家族の絆 〜親子(5):子育ての知恵(優先順位)〜

日時:2017年3月26日(日) 13:30~16:50(受付13:15~)

              13:30 ~14:36 DVD上映 ~約66分

                               休憩

         14:45 ~16:50  交流会 (2時間05分)

                  交流会は自由参加です。

場所:広島市東区民文化センター3F小会議室(無料あります)広島駅から徒歩9分

参加費 : 500円(小学生以下無料)

 事前予約  要 お手数ですが、お問い合わせフォームはこちら

         または、長畑利子090-1330-2869までお願いします。

 映像提供元 : シャンティ・フーラ 

 主催 : きらめきの花

皆さまのご参加をお待ちしています。

初めての方もお気軽にご参加くださいね。お待ちしています。

きらめきシスタ~ズ

五行類型論研究会はこちらからご覧ください。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月の上映会のご報告です。

2017-03-12 21:24:08 | 上映会の報告・感想

皆さま こんにちは~

2017年2月26日㈰上映会を開催いたしました。

上映会のテーマは、「幸福と徳目(後半)〜慈悲喜捨の教え」でした。

上映会には初参加の女性の方を含め、参加者は10名(主催者除く)でした。

大阪、山口、呉ほか市内各地から上映会に参加して下さった皆さま、本当にありがとうございました。ご自宅への到着はかなり遅い時間になることを思うと感謝の思いでいっぱいです。

~お話の中から印象に残ったこと~

〇大切なのは、自分の心の平安を保ち続けること。

〇今、幸せか?~ふっと自分に問いかける時、日常の生活の中で何かに囚われていたり、こだわっている自分にハッとします。

〇「捨」の教えは、邪な人には拘るな。気配を感じたら離れていなさい。人間は情で動く。真実で動いていない。しかし、昨日の自分もそうではなかったか?彼らはいずれ彼ら自身の経験によって学ばなければならない。邪な人には拘らないが適度な距をうまく保つ術を自分で学ばないといけない。そのヒントを伝えてくださっています。

~交流会の中でのお話を一部ご紹介します。~

上映会の感想は、

〇「不徳の人と拘らない」というお話を聴き、そんな人には、直感で自分から近づかなくてもうまく距離を保っていると感じている。

〇お話を聞いて、心の平安を保つこと・高い波動を保つことが大事とわかった。

〇情で動いてきた世代である。上司との関係もうまく渡ってきたのではなく、正義感が中心にあった。

〇「慈悲喜捨の教え」は、何度もみているが、その時々で入ってきたものが違う。自分に嘘がつけなくなる。自分をごまかして合わせていくことができなくなることが感覚的に分かってきた。

 

初めての方を迎えて、自己紹介に始まり、久しぶりに参加の方からは近況報告もあり、いつもながら大変有意義な交流会でした。

ひと月に一度の上映会ですが、竹下先生のお話から社会や経済の仕組みや自分自身の深層心理まで見つめて、正しく生きる術を学んでいます。そして、皆さんとこうしてお話ができ、お互いの思いを聞くことにより、現実に生きるヒントや気付きを頂いていますことに深く感謝いたします。

今回も多くの学びをありがとうございました。

きらめきシスタ~ズ

 第3回五行類型論研究会は、左側のブックマークからご覧ください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加