ますますだいすき

好きなことだけ あれやこれやと ゆったり書いてます

梅雨の合間のミステリー

2017-07-12 21:16:14 | 未分類
梅雨も末期になってきました
末期は沢山降るから 今年もそうかな


そんな雨が止んでいた日のこと
孫君のことで電車に乗って娘の家まで出かける時 駅で同じ人に声をかけられ 世間話
全くしらない人です
なんとなく受け答えしてました
2回目ぐらいから こちらのプライベートなことの話になってきたので 3回目悪いと思いつつ その人を避けました
見つからないように駅のホームの影にいて 電車が着たら違う車両に乗りました



色々用事を済ませて 街の食料品売り場で買い物
梅雨で蒸し暑いのでなまもののために 氷が常備されています
隣で買ったものを仕舞っていたひとが氷を入れていたので 私も真似して入れました


すると その人が[暑い時は大変だよね]と一言
[そうですね]と言って その人と顔を合わせたら




なんと 駅で避けたご婦人


えー
なぜ?
ここに?
朝からかなり時間が経つけど 彼女はいったい何をしていたのかな?

本当に驚きました
驚きを通り越して ちょっと怖かった
彼女は全く私の顔を覚えていないのかな?



このミステリーを旦那に話したら ノーリアクション
[驚かない?]と聞いたら [はい]



こちらは全く感覚が違うので 話す気力が失われます

乗る電車の時間は同じだけど曜日は違っています
彼女はどこに通っているのかな?
お仕事ではないと思います
年齢も教えてくれて かなり上だったから

聞いてみたいような 聞くとお友達になりそうな

ちょっと面白い偶然でした
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 持ち手 | トップ | 鬼門 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む