四季の花ごよみ

園芸種の花、野の花など、花の写真を中心に、時には蝶や野鳥なども登場するかも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「トラデスカンティア・シラモンタナ」

2016-09-20 00:29:16 | 庭の花

ツユクサ科 トラデスカンティア属 メキシコ原産の多年草

茎葉が白い毛に覆われていることから「白雪姫」「ホワイトベルベット」の別名もあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

苞に毛のある「毛露草」

2016-09-20 00:20:58 | 野の花

畦道に沢山咲いていた「毛露草」

あまり毛が写ってないですが花の形を見ただけでそれと分かります。

 

 

 

 

 

普通の露草より花は大き目

花弁は丸っこく、オシベ・メシベも短め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下は普通の露草です。

花弁も細長く、オシベ・メシベも長く突き出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

野草「白花桜蓼」

2016-09-20 00:12:31 | 野の花

「シロバナサクラタデ」 タデ科 タデ属 田んぼのあぜ道など湿地に生える多年草

タデ科の花の中でも特に美しい花を咲かせますが、最近はあまり見かけなくなりました。

この写真のものは植栽品です。

 

 

 

 

 

この「白花桜蓼」とは別に「サクラタデ」(桜蓼)というのもあります。

写真だけ見ると、これ「桜蓼」じゃないの?って言われそうですが

花が小さいので多分「白花桜蓼」の方ではないかと・・・。

 

 

 

 

 

 

「桜蓼」と「白花桜蓼」の明確な相違点をよく知らないのでうまく説明が出来ないのですが

この場所で毎年見ているので単に見た目の印象で「白花・・・」だろうと思っています。

もし違っていたらごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

「桜蓼」「白花桜蓼」共に雌雄異株だそうですが、ここに載せたものはみんな雄花のようですね。

オシベが花弁より長い・・・突き出ている。

あ、花弁と書きましたがタデ科の花は花弁を持たず、花弁に見えるものは「萼」だそうです。

 

 

 

 

 

 

今年は「桜蓼」はまだ見てないなあ。

一つの花が5~6ミリと大きくてとっても綺麗・・・タデ科の花はみんな綺麗だけど桜蓼は特に美しい。

数年前には群生している場所もあったけど年々少なくなってきた。

畦道が綺麗に草刈りされてしまうからね。

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

花巡り・ダリア園

2016-09-19 18:16:24 | 花巡り

ダリア園・・・続きです。

全てに品種名がつけられていたのですがあまりにも数が多いので品種名は気にせず花の色や花弁の形を重視して写しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

季節の花・ダリア

2016-09-16 14:48:45 | 園芸種の花

兵庫県川西市にある「黒川ダリア園」に行ってきました。

開園して間もない時期でしたが既に沢山の花が咲いていました。

沢山写したのでまだ写真の整理が終ってないのですがとりあえず数枚を。(撮影日9月10日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

群生する「ニラ」

2016-09-16 14:08:58 | 野の花

「ニラ」は野菜として畑に植えられるけど、野生化しているものも多いですね。

田んぼ道の草むらで群生状態のところがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

青空にダリア

2016-09-15 22:59:29 | 自然

郊外にあるダリア園です。

青空の下、色とりどりのダリアが咲いていました。

これからどんどん咲き進み10月半ば頃が見頃だそうです。(ダリアの花の写真は後ほどアップ予定です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

青空にススキ

2016-09-15 22:50:35 | 風景

青空に伸びるススキの穂・・・まだまだ残暑は厳しいけれど秋の訪れを感じることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

「ナツハゼ」紅葉

2016-09-15 22:31:28 | 樹木

「ナツハゼ」(夏櫨) ツツジ科 スノキ属の落葉低木

夏に、ハゼの木のように紅葉することが名前の由来とのこと。

原産地は日本、朝鮮半島、中国だそうですが、全国の山地・丘陵地でごく普通に見られます。

 

 

 

 

 

 

ブルーベリーの仲間で、実は食用になること、

また紅葉が美しいことから最近では庭木としても人気があるようです。

この写真のものは鉢植えで戸外に展示されていました。

まだ実は若いですが完熟すると黒くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

彼岸花の季節

2016-09-12 23:40:04 | 野の花

今年も彼岸花の季節がやってきました。

当地ではまだほんの僅かしか咲いてなくて、この日(9月10日)見かけたのはたったの2ヵ所だけ。

これからどんどん咲いてくるのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ヒガンバナ科「リコリス」

2016-09-12 22:51:09 | 園芸種の花

鉢植えにされていた「リコリス」 ヒガンバナ科 ヒガンバナ属の球根植物

飾ってあったんじゃなくて物置小屋の傍に投げ捨てられたように置かれていて

当然日当たりも悪いし、背景もゴチャゴチャしていたのが残念でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ヒユ科「千日紅」

2016-09-11 23:11:39 | 園芸種の花

「センニチコウ」(千日紅) ヒユ科 センニチコウ属 南アフリカ原産の春蒔き一年草

外出先の花壇に群れ咲いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

花マクロ・ムギワラギク

2016-09-10 22:58:12 | 水滴

外出先で、プランターに植えられた麦藁菊が咲いていました。

4~5月に咲く花だと思っていたけれど今頃でも咲くのですね。

 

 

 

 

 

「ムギワラギク」(麦藁菊) キク科 ヘリクリサム属 オーストラリア原産

本来は宿根草だけど、日本の夏には弱いので園芸上は一年草扱いなんだとか。

 

 

 

 

 

 

花の数は少なかったので色んな角度で写してみました。

ヘリクリサム属特有のカサカサした手触りの花でドライフラワーとして利用されることも多いように思います。

 

 

 

 

 

 

蕾も可愛い・・・メタリックな輝きが美しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

「コムラサキ」花と実と

2016-09-09 00:08:22 | 園芸種の花

公園の「コムラサキ」の果実がほんのり色づいてきていますが、中にはまだ出来たばかりの

若い実があったり、まだ花も残っていたり色々混じっていました。

「コムラサキ」(小紫) クマツヅラ科 ムラサキシキブ属の落葉低木 

一般に「ムラサキシキブ」(紫式部)と呼ばれていますが、栽培されているのは「コムラサキ」が殆どです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

9月の松葉菊

2016-09-08 23:53:34 | 園芸種の花

4~5月が花の最盛期の「マツバギク」も、それ以外の季節でもポツポツ咲いているのをよく見かけますが、

道端に作られた花壇の一画で、この時期にしては多目の花を咲かせていました。

「マツバギク」(松葉菊) ツルナ科 ランプランサス属 南アフリカ原産の多年草

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加