知恵の輪 間 ぬけ作のブログ

木工木楽屋が参加したクラフト市・手づくり市の報告のブログです。

第9回 木曽の手仕事市

2016年08月25日 09時35分03秒 | クラフト市

今回の報告は長野県の木曽福島で開催された第9回木曽の手仕事市です。

開催日2016年8月27・28日(土日)です。

今回の会場は木曽福島旧中山道周辺です。

主催は木曽の手仕事市実行委員会です。

木工木楽屋は2013年の第6回に参加させていただき3年ぶりの出店です。2013年のブログ

 このポスターは今回送っていただいたはがきサイズのチラシをスキャンしたものです。

今回の会場はこんな感じです

 シャトルバスも運行です。

 木工木楽屋は

 

旧マツヤさん(電器店)の建物の中での出店です。3店が出店です。

2日目はガレージの奥の建物の中なので立て看板をお借りし art YOSHIさんが上手に案内を書いてくれました。

こんな感じで皆さん熱心に知恵の輪に挑戦です

中には5月に飛騨高山のイベントで知恵の輪を購入していただいた方がわざわざ木工木楽屋に会うため(少し考えすぎ)来ていただいた方もおられます。2日共知恵の輪に挑戦してくてた美人のお嬢様もおられます。(少しほめすぎ)

お弁当

 このイベントは事前にお弁当の注文があり私は2日共お願いしました。ペットボトルのお茶がついて600円でした。各自のブースまで配達していただき食べ終わった後 空き容器の回収も来ていただきました。感謝です。ここまでされる主催者様は過去にありません。

交流会

 

今回の交流会は木曽川にかかる橋を渡ったところにある木曽郡民会館の2階です。誰とは言いませんが『この交流会のためにこのイベントに参加している』と言っておられる方もおられます。

 乾杯~

     

 

このお菓子菓子蔵喜しろうさんで26日食べたものです。

 

 食べ物や飲み物もおいしいものばかりあり食事制限中の私には辛い交流会です。(わらう)

私はこの演奏中に早々と退席しましたが最後までおられたかたは大変楽しかったと言っておられました。

私はお酒が飲めないのと早くお風呂に入りたいので交流会にあまり参加しませんがこの交流会は出展者の方にはお薦めです。

会場の近くに道の駅木曽福島がありここで2泊です

 

金曜日にはなかったのですがここにも手仕事市の看板が・・・  実行委員会さん頑張っている 最高です。

 

 

ここの朝食バイキング最高です。3年前は500円でした。薬少々(?)が気になります。私1ヶ月の薬代9,000円です。つらい。

 時間は前後しますが

 26日(金)昼ごろから今回の会場でもある福島宿を散歩しました。

   

このようなガレージ・空き地が出店者のブースになります。

 このあたりにも大きいポスターが うれしいです。

 

 こんな消火栓発見 パチリ。

今回のお風呂

  今回 木曽路の宿 いわやさんで3回もお世話になりました。建物の四階にお風呂があります。最初の二回は貸切りました。(まちがい 貸切状態でした)日曜日はアメリカ(たぶん)の方と二人で リオオリンピックや世界情勢の話を流ちょうな英語でお話ししました。(うそつき)

写真のお二人には大変お世話になりした

 N.Nさんありがとう

 京都に来られたら息子と遊びに来て下さい。

今回のお土産

御菓子司 宝来屋さんの美人の女将さん 3年前に来た私のことを覚えてくれていました。びっくり。帰る前に挨拶に行った時 何故か枝豆いただきました。ゆでた枝豆を食べながらこのブログを書いています。感謝です。8月30日10時16分

参加させていただいて

大変楽しい2日間でした。主催の実行委員会の小幡さんはじめ多くのスタッフ・ボランティアの皆様に感謝します。このような素晴らしいイベントに参加できたことをうれしく思います。木曽福島で楽しい思い出ができました。また来年地元の地蔵盆と日にちが重ならなければ申し込みます。このイベントの関係者の皆様に感謝します。きらく。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 東御前田町 地蔵盆 | トップ | マキノ メタセコイアマーケッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。