知恵の輪 間 ぬけ作のブログ

木工木楽屋が参加したクラフト市・手づくり市の報告のブログです。

第6回 黒姫高原クラフト祭り

2014年09月29日 14時55分42秒 | クラフト市

今回の報告は 第6回 黒姫高原クラフト祭り です。

 

       Conv0001_2

開催日 2014年9月27日(土)・28日(日)

主 催 黒姫童話館

ところ 長野県上水内群信濃町黒姫高原

Conv0006 Conv0007

       Conv0009

このイベント会場は自宅のある京都から450kmとあまりにも遠く大変悩みましたが1回限りと思い申し込みました。

会場近くに

Conv0004 Conv0005

黒姫高原コスモプラザがありコスモスの花がきれいに咲いていました。

会場には

       Conv0011

Conv0012 Conv0013

ファイブスターズ黒姫号が走っています。まるでおとぎの国のようです。

今回の受付です。

       Conv0024

         雲のかかったテントの後ろの山は妙高山です。

会場はこんな雰囲気です。

Conv0031_2 Conv0032_2

Conv0033_2 Conv0034_2

会場内では

Conv0029_2 Conv0030_2

          こんなパホーマンスも

木工木楽屋のブース

     Conv0025

そしてこの男の子

       Conv0028

      なんと超難解なスーパーぬけ作君を解いてくれました。

今回の宿泊地

Conv0023 Conv0027

会場近くにある 道の駅しなの です。ホテルハイエースの後ろの山が黒姫山です。

今回の温泉

Conv0018 Conv0019

今回の会場から15分ぐらいのところにある牟礼温泉 天狗の館です。

そしてここにはなぜかこんなかわいい動物がいます。

Conv0020 Conv0021

   アルパカです。私 はじめて見ました。まだ子供だそうです。

Conv0026 Conv0035

参加させていただいて

好天にも恵まれてすばらしい2日間でした。黒姫・妙高山をバックにしてのクラフト市 良い思い出ができました。今回の走行距離1,013kmでした。ガソリン代・高速料金で約30,000円です。売り上げは・・・・・はずかしいので聞かないで下さい。ただ中年の男性が「私はクラフト市が好きでよく見に行くがあなたのような知恵の輪の体験ははじめてです。すばらしい。」と言って頂きました。知恵の輪の体験をしてくれた小学生が「おじさん 楽しかった。来年も又来て。」涙が出るほどうれしかったです。関係者の皆様に感謝です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金屋町楽市 in さまのこ 2014 | トップ | 第4回 越前秋季陶芸祭 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
木楽屋様 (黒姫童話館の佐藤です~^_^)
2014-10-07 11:27:18
木楽屋様

このたびは遠く京都から、黒姫高原クラフトまつりにご参加いただき本当にありがとうございました!2日間ともにお天気に恵まれ、無事に開催できてホッとしています。
スタッフが少なくて忙しく、お店を見に行けず…残念でした。
でも顔を合わせるたびに楽しくお話してくださって嬉しかったです。

遠方でご無理をおかけするとはおもいますが、
もしよかったら、またどうぞご参加くださいませ!
お山も景色もコスモスも、もちろん童話館も、
いつでも木楽屋様をおまちしております!

黒姫童話館 佐藤美由紀
ブログを見ていただきありがとうございます。担当... (佐藤美由紀 様)
2014-10-07 15:14:42
ブログを見ていただきありがとうございます。担当のスタッフの方からの投稿感激しています。1回限りと思っていたのですがお山・コスモス・美由紀様からの来年のおさそい大変うれしく思います。今 心が揺れています。 体力に自信があればまた来年申し込みます。アルパカと美由紀さんのお顔を見に行きます。その時はよろしくお願いいたします。きらく。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。