氣楽亭 日乗

大阪生まれで奈良県広陵町の長閑で氣楽な田舎暮らしの氣功師が氣ままに綴る懐かしい昭和の年代記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

セルロイドの筆箱

2006-05-18 09:55:29 | 懐かしい品物
私が小学校に入学した昭和30年代の初めに入学祝で貰った「文房具セット」に入っていた筆箱は「セルロイド」でした。
小学校の6年間に文房具は劇的に変化します。

最初に使っていた「セルロイドの筆箱」には野球のピッチャーの絵が描いてありました。
文房具にキャラクターは未だ描かれていません。

ランドセルの中で「セルロイドの筆箱」は角がすぐに壊れます。
セロテープや接着剤は未だ有りません。
角が割れた「セルロイドの筆箱」を気にせずに使っていました。

「セルロイドの筆箱」がなんとも懐かしく感じます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加