アルママの気まぐれ日記

家族の一員だった黄ラブのアルが虹の橋を越えてからは、主に大堀川周辺の動植物観察記録と日常生活の備忘録です。

大堀川周辺の野草_キクイモ(菊芋)

2016-10-12 | 大堀川周辺の動植物

大堀川水辺公園がオープンしてから、定期的に草刈り機が入り整備されてきた。刈り残された場所で生き残ったキクイモが開花。遊歩道から見ると、こちらに背を向けている花が多かった。日当たりの加減によるのだろう。
「全国農村教育協会かたちと暮らしの雑草図鑑」によると、キクイモは、江戸時代後期に渡来し、塊茎を採るために栽培されたが、それが野生化し、各地に増えた。これに類似の野生種がイヌキクイモと呼ばれているが、地上部で区別するのは困難なので、本によってはどちらもキクイモと呼んでいるそうだ。
キク科ヒマワリ属
2016年10月9日午後4時











↓ キクイモの花
内側に多数の筒状花、まわりには10~20個の舌状花が1列に並び。総苞片は3列に並ぶ。



↓ 総苞片はふつう3列に並び、上半部はそり返る。


『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大堀川周辺の野草_ヒレタゴ... | トップ | 大堀川周辺のトンボ_アキア... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。