アルママの気まぐれ日記

自宅近くの大堀川や柏の葉周辺の動植物と日常生活の備忘録。プラス最近家族の一員になった三毛猫と先住猫2匹の記録。

大堀川周辺の樹木_ネズミモチ(鼠黐)

2017-06-09 | 大堀川周辺の動植物

切られたネズミモチ(鼠黐)の幹から芽生えた枝に満開の綺麗な花。幹を良く見ると、何個かの鋸歯が残り、痛々しい。場所柄いつかは根こそぎ掘り返されてしまうかもしれないが、枯れることなく花をつけたネズミモチの木に頑張れとエールを送りたい。
モクセイ科 イボタノキ属 常緑小高木
2017年6月7日



↓ ネズミモチの花は、新枝の先に長さ8cmほどの円錐花序をつけ、白い小さな花を多数つける。花冠は長さ5mm程の筒状漏斗形、中ほどまで4裂し裂片は平開する。雌しべと雄しべ2本は花筒から少し突き出る。

↓ ネズミモチの葉は、側脈がはっきりしない。トウネズミモチははっきり見える。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉大薬草園の植物_ウツボ... | トップ | 家族が増えた_名前はまだ無い »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。