きらくなブログ

ヒーリングスペース 小林はり・きゅう院「きらく」

生き方はいろいろですが・・

2009-05-27 11:13:11 | きらくだより
 この間、乳がんという診断を受けたけれども、

治療は何もしない、という方と話しをしました。

 暮れに父が、肝臓に腫瘍があると言われ(前に一度切っている)

さすがにちょっと考えたらしくセカンドオピニオンを受けたら、

診断は「何かの集積物」ということで、腫瘍ではありませんでした。

 最近、回りでも二ヶ所くらいには、診て貰う人が多いようです、

”やまい”生きてゆく中のひとつの出来事です、

大事な自分のことですから、納得できるよう

自分で選んでゆきたいものですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原因は?

2009-05-22 17:14:36 | きらくだより
 突然朝起きたら、目やにがいっぱい、ありゃ~

その前何日か、肩こりを感じたり、頭の重さを感じたり、

のぼせている、と思っていた。

きれいに目を洗い、市販の目薬をつけるが、よけいに痒い感じがする。

一応目医者さんに行く、「アレルギー性の結膜炎」という診断。

なんとなくのぼせを取りたいなぁ~とおもう、

自分で少し鍼などしてみたが、土日にいろんなことがあるので、

師匠のところに出かける、なんということでしょう!!

すっきり!師匠の技はもちろん、

人の身体ってほんとによく出来ています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫雲膏(しうんこう)

2009-05-15 14:44:09 | きらくだより
鍼灸師の方が、唇に「紫雲膏」が良いです、と書いてありました、

傷をつけたときにつけたり、「痔」にも良いとされます。

指に怪我をしたとき試したことがあります

やはり回復が早いような気がします。

蜜蝋、とうき・・など食べられるもので出来ています。

ちょっと唇が荒れていましたので塗ってみましたら

いい感じです、安心ですしね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軟蘇の法

2009-05-08 15:14:26 | きらくだより
白隠禅師(1685年ごろ)の健康法に

軟蘇の法というのがあるそうです。

頭の上に「蘇」を乗せてそれがどろっと溶ける様に、

イメージをし、それと同時に身体が緩まるという方法です。

連休に行った、奈良の飛鳥寺の隣の売店で「蘇」が売られていました。

牛乳を7.8時間煮詰めたものだそうです。

チーズのようです。

モンゴルのパオの中で作られていたものが

伝わってきたのではないかと、添え書きに書いてありました。

日本はシルクロードの終着地なんだなぁ~と思わされました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加