きらくなブログ

ヒーリングスペース 小林はり・きゅう院「きらく」

良いお年をお迎えください!!

2008-12-30 11:56:22 | きらくだより
 2008年を振り返りながら、

2009年の計画などを立てる時です。

「きらく」は5日から始めます。

一年間ありがとうございました。

そして2009年本当によい年にしてゆきたいです、

どうぞよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気ぜわしい疲れ

2008-12-24 17:50:44 | きらくだより
 今日はクリスマスイブ、そして年賀状も明日まで、

この後続くのは、忘年会に年越し・・

気ぜわしさと、食べ過ぎに注意の時です。

たまにはゆっくりお風呂に入り、

ぐっすり寝ましょう

そして年末年始冬を充分楽しみましょう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒くなってきました。

2008-12-16 16:55:17 | きらくだより
 急に寒くなってきました。

着る物で調整することは大事ですが、

体の中から温めることも大事です。

 我が家はしょうがをよく使います、

身体の中から温まる感じがします。

色の黒いもの、ゴマ、牛蒡

土の中にあるもの、人参、大根、レンコン、サトイモ・・

なども身体を温めるようです。

 そんなものを頂いて、風邪には負けない身体を作っておきたいものです。

そうそう、醤油も食後の血流をよくし身体を温め、食物の中の鉄分の

吸収を促す効果があるようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何とかしてください!

2008-12-12 16:35:17 | きらくだより
 一番初めの何とかしてくださいは、息子の小学校の入学の時の担任、

息子が4年生で転校して、5年か6年だったか、突然の電話

「明日から修学旅行についていくんですが、身体が・・」

よく覚えていてくれたものです。

二番目は、「明日から新婚旅行なんですが、お腹が・・」

そして三番目、「なんとしても明日は長野に行かなくてはいけないのに・・」

そうそう「腰が痛いんですけど、飛行機で台湾に・・」ということもあった。

たまたま皆さん治す力があったようで、何とかなったが、

身体の中に、その力がない時は時間はかかります。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

体験して頂く

2008-12-10 12:13:12 | きらくだより
昨日の夜は、品川区女性起業家交流会の12月の定例会でした。

インサイトマーケティーング(深く洞察する)

なる考え方を教えてもらい、一人がケースになり、

その人のやっていることを話し、そこを利用する人は、

どんなことを望んでいるのか、ほんとの深いところは

なんなのかを皆に考えてもらいました。

たとえば「きらく」鍼・灸に、何を求めているのか?

・中が見えなくて不安・どんな人がやっているのか不安
・この病気に鍼灸が良いのか、それとも他の良い方法があるのか?
・料金がわからない・・

そしてどうしたら良いかを考える。

話しているうちに、刺さない鍼って?ということになりその場で体験して頂く。

 なかなか伝わりずらい、体験が一番なのかも・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカの研究ですが「頭痛は薬より鍼」

2008-12-08 14:46:26 | きらくだより
[ワシントン 1日 ロイター] 慢性的な頭痛の軽減にはアスピリンなどの薬よりもはり治療が効くとの調査結果を、米デューク大の研究者らが1日、専門誌Anesthesia and Analgesiaで発表した。

 片頭痛や緊張性頭痛など慢性の頭痛患者約4000人が対象となった複数の研究を再調査したところ、はり治療を受けた患者では62%に改善が見られたのに対し、薬の服用では45%だった。

 また、実際のはり治療では53%に改善が見られたが、医療対象とならない位置にはりをうつ偽の治療では45%だった。効果が現れるには平均で5―6回の治療が必要だった。ー記事からコピーしましたー

 聞くところによると、アメリカのお医者さんの二人に一人は

鍼をしているんだそうです。

いつだったか、周りにお医者さんが3人もいて、話していたら

「鍼灸師って良いよね、直接できることがあるから・・」

と思いもかけず、言われてびっくり!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロワッサンプレミアム

2008-12-05 15:35:16 | きらくだより
 友達の鍼灸師が、施術と施術の間の身体に良いものは

何かないかと考え「さらさらきれい茶」というお茶を作りました。

 腸内細菌が増えるらしいというお茶で、とても飲みやすく

便秘の人にはお薦めなんです。

それから洗顔石鹸(皮膚の常在菌を落としすぎない)

ゲル(油、人工的な界面活性剤を使わない)も開発して、

お茶を練りこんだおこげも作りました。

そのおこげを気に入ってくれた桐島洋子さんが、

クロワッサンプレミアル誌一月号の中で紹介してくれています。

 そんなことでその雑誌を頂いてしまいました。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

いのち、生きるということ

2008-12-03 16:08:45 | きらくだより
咳がでるからと言って、薬を入れて吸入をする、

そのせいで、こんどは口腔にカビが生えるという、

そしてそのカビを殺す薬を飲む(結構高い)・・

その人の自己治癒力はどこに行ってしまったんだろう?

そして身体に、菌が入って炎症を起こしているという。

人の身体はそんなふうに設計されているのだろうか?

それでもそれを乗り越えて生きてゆくのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

撫でて落ち着く痛み

2008-12-02 15:53:34 | きらくだより
 以前、「激痛です!」と言って見えた方が、

ほとんど撫でているような、私の鍼のやり方でも消えてしまった

ということが不思議だが、知り合いが、腕がすごく痛いということになり、

やはり撫でていたら、落ち着くようになり「少し収まった」という。

痛みってつらい、これこそ科学で追求して、楽になるように

何とかならないかと思う。

科学では解らないが、鍼灸は使える、使わないともったいない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加