有為転変

タイトルは「事物は常に移り変わって行く儚いもの」と言う意味。
花や風景、季節の移り変わりを撮ってます

東三河ふるさと公園再び

2016年10月15日 | 山野草

9月下旬に、「東三河ふるさと公園」のツルニンジンを載せました。
「推定花期10月」と書いて有ったので、咲いてるかな?と再訪。
今度は見られるかと期待したのですが・・・。
またしても期待は裏切られ、蕾が一つだけで花は見られず。
それどころか既に花は終わり、数個の実が生っていました。
【画像クリックで別の大画像】


仕方なく他の花を探しますが、元々ここは花が多く有りません。(外来の花は沢山咲いてます)
一輪だけ咲いていたモチツツジ(餅躑躅)。


これも一輪だけ咲いていたゲンノショウコ(現の証拠)。


花では有りませんが、山芋のムカゴ(零余子)。
これの塩茹でやムカゴご飯が好きなのですが、公園では無暗に採る事はできません。


赤い実はガマズミ(莢蒾)、又はコバノガマズミ(小葉の莢)でしょうか?


ヒヨドリバナ(鵯花)


こちらはフジバカマ(藤袴)
 ※環境省RDB:準絶滅危惧種(NT)指定、愛知県RDB:絶滅危惧ⅠB類指定
公園内に「野草園」が有り、植栽だと思われます。
ヒヨドリバナやサワヒヨドリとそっくり、違いは葉が三つに分かれる事。
柵で近寄れず、咲いてる花は遠く近い花は蕾、長いレンズが欲しくなります。
【画像クリックで別の大画像】


植栽ながらも、秋の七草の最後の一つを見る事が出来ました。
花の少ない「ふるさと公園」を後にし、近隣の山裾を見て回ります。

 続く・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湿原周辺の花 | トップ | ふるさと公園から山裾へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イナ)
2016-10-15 10:12:29
またまた肩透かしですか!
ふるさと公園には嫌われてしまったかな?(*_x)\バキッ
花は人間の都合には合わせてくれないので仕方ないですね。
花の時期 (ぱぺっと)
2016-10-15 18:38:48
ツルニンジンは残念でしたね。
やはりタイミングをはかるのは難しいものがあります。
それにしても、モチツツジの開花は5月、6月?くらいだと思いますが、一輪だけ季節がはぐれてしまってましたね。
ムカゴ…本当に美味しいですよね。
近かったらお分けするのに、とつい思ってしまいます。
イナさん (季楽)
2016-10-15 20:14:33
今度も肩すかしでした、タイミングが合わないです。
ふるさと公園ではなく、どうやらツルニンジンに嫌われてるようで。
ぱぺっとさん (季楽)
2016-10-15 20:20:15
やはり自然は人間に合わせてくれません。
毎日見に行ければ良いのですけど、週末しか行けないので仕方ないですね。
モチツツジ、どうしたんでしょうね?
花期は春のはずなんですけど。
ムカゴの塩茹で、仕方ないのでスーパーででも。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む