有為転変

タイトルは「事物は常に移り変わって行く儚いもの」と言う意味。
花や風景、季節の移り変わりを撮ってます

マツムシソウは咲いたかな?(1)

2016年09月17日 | 山野草

今回はマツムシソウが咲いたかな?と見に行ってみました。
まずは、花を探しながら林道を歩きましょう。
ヒヨドリバナ(鵯花)が沢山咲いています。


アブが蜜を吸いに来ていました。
【画像クリックで別の大画像】


蜜を求めてダイミョウセセリも。
【画像クリックで別の大画像】


この林道には、葉に斑の入ったヒヨドリバナが多く見られました。
調べると、ウィルスに感染すると斑入りになるようです。


ヌスビトハギ(盗人萩)
先日載せたのは既に実が生っていましたが、こちらはまだのようです。


アキカラマツ(秋唐松)も咲いてますね。


最近時々登場する、トウバナ(塔花)、いやイヌトウバナ(犬塔花)でしょうか?


秋ですね、ヤマブドウが食べ頃・・・かなり酸っぱいので止めておきましょう。
【画像クリックで別の大画像】


続きは次回へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中秋の名月 | トップ | マツムシソウは咲いたかな?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山野草」カテゴリの最新記事