東アジア歴史文化研究会

日本人の素晴らしい伝統と文化を再発見しよう
歴史の書き換えはすでに始まっている

韓国経済、世界最下位転落 “終息宣言”前倒しの悪あがきも…消費者景況感指数

2015-07-31 | 韓国の歴史・韓国情勢
2015.07.31 MERSの「終息宣言」を前倒しした朴政権だが、韓国経済の危機は終わらない(AP) 韓国経済はついに「世界最低」に-。米調査会社ニールセンが発表した今年4~6月期の世界の消費者景況感指数で、韓国の指数は調査対象60カ国中、初の最下位に転落した。輸出も内需も不振で若者の失業率も高止まるなか、中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大がとどめを刺した。MERSの“終息宣言”を前 . . . 本文を読む
コメント

呉善花さん「日本は今こそ海外へ情報発信を!」

2015-07-31 | 歴史の書き換え
慰安婦問題を特集した本紙連載「歴史戦」の英日対訳版『History Wars』が産経新聞出版から発売されました。慰安婦問題に詳しい識者らは海外における情報発信の重要性から本書を高く評価しています。全国の書店や産経新聞販売店のほか、海外の書店でもご購入できます。 ■拓殖大国際学部教授 呉善花さん 私は韓国の反日がどのように作られていったかを明らかにした『Getting Over It!』を英語で . . . 本文を読む
コメント

「捏造された資料」ユネスコに反論書簡 日本の民間団体「南京」「慰安婦」中国の記憶遺産申請に異議

2015-07-31 | 歴史の書き換え
【パリ=内藤泰朗】中国政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に南京事件と慰安婦の歴史資料の登録を申請したことを受け、日本の複数の民間団体が30日、パリのユネスコ本部を訪れ、中国側の申請は「捏造(ねつぞう)された資料」に基づくものだとする反論書簡をユネスコ側に提出し、登録しないよう申し入れた。 10月初めに開かれるユネスコの国際諮問委員会で、登録の可否をめぐる勧告が出るのをふまえた . . . 本文を読む
コメント

犯罪者の赦免で経済活性化…朴大統領の切り札「100万人特赦計画」

2015-07-31 | 韓国の歴史・韓国情勢
2015.07.30 「特赦」を決断した朴大統領。これが経済対策の切り札なのか…(AP) 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、8月15日の「光復70周年」に合わせた特別赦免(特赦)を決断し、範囲と対象の検討を秘書官に指示した。政財界による「経済人も対象に含めてほしい」「経済再生の意味合いもある」との要請もあり、現政権では最大となる100万人規模の特赦となるといった報道もある。犯罪者を赦免する . . . 本文を読む
コメント

【突破する日本】安保法制を憲法問題にすり替える野党&一部メディアはまるで狼少年

2015-07-31 | 日本の政治・経済
2015.07.30 中国公表国防費の推移 ★(3) 戦後70年、わが国の平和は在日米軍と自衛隊による「抑止力」によって維持されてきた。憲法第9条によるものでないことだけは確かだ。 抑止力とは、相応の安全保障上の措置によって、相手がこちらを攻撃しようとする意志を鈍らせることだが、近年、わが国を取り巻く安全保障環境が激変し、その抑止力が低下している。中国は東シナ海、南シナ海での領土的野心を隠 . . . 本文を読む
コメント

【突破する日本】野党も一部メディアも批判の相手を意図的にか間違っている安保法案

2015-07-30 | 日本の政治・経済
2015.07.29 沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海に侵入した中国海警局の艦船(第11管区海上保安本部提供) ★(2) 端的に言って、今、「切れ目のない」安全保障法制が必要な理由は、著しく軍事台頭する中国に対して、国民の安全と国家の主権を守るために「抑止力」を強化することにある。 しかし、政府は外交上の配慮があって、中国の名前を出さない。安保関連法案に反対する一部メディアも、中国の軍事的台 . . . 本文を読む
コメント

「戦争のできる国」論の非常識 同盟と不可分の集団的自衛権(嘉悦大教授、高橋洋一)

2015-07-30 | 日本の安全保障
2015.07.28 安保法制について、「日本が戦争のできる国になる」「米国の戦争に巻き込まれる」といった反対派の主張があるが、これは妥当なのだろうか。 国際政治・関係論では、これまでの戦争のデータを数量分析して、定量的な答えを出している。エール大のブルース・ラセット教授とアラバマ大のジョン・オニール教授は、従属国ではなく独立国の立場を維持しようとするなら、(1)同盟関係を持つこと(2)民主主 . . . 本文を読む
コメント

【突破する日本】“外交上の配慮”が中国の軍事的脅威を分かりにくくしている安保法案

2015-07-29 | 日本の政治・経済
2015.07.28 中国が東シナ海に増設したプラットホーム(防衛省提供) ★(1) 安全保障関連法案の参院での審議が始まった。法案についての国民の理解が広がらず、安倍晋三内閣の支持率が落ちている。無理もない。 野党や一部メディアは、法案が戦争準備法であるかのように宣伝している。民主党は徴兵制が導入されるかのような冊子を作り、国民の不安を煽っている。女性週刊誌も徴兵制の特集を組み、若いお母 . . . 本文を読む
コメント

自民特命委、河野洋平氏と朝日新聞を断罪 慰安婦問題で提言最終案を策定

2015-07-29 | 歴史の書き換え
2015.07.28 河野洋平元官房長官 慰安婦問題をめぐる間違った認識が世界に広まっている問題で、河野洋平元官房長官と、朝日新聞が厳しく“断罪”された。自民党の「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」(委員長・中曽根弘文元外相)が策定した、同問題をめぐる提言の最終案に記されていたのだ。最終案の内容は、産経新聞が28日朝刊で報じた。 河野氏は1993年、「河野談話」を発表した後、政府 . . . 本文を読む
コメント

キムチ、自動車、中国人観光客・・・経済悪化でも日本悪者論が幅を利かす韓国

2015-07-28 | 韓国の歴史・韓国情勢
2015.07.27 自動車、造船、繊維、鉄鋼など韓国が得意としてきた輸出分野で、韓国企業の苦戦が続いている。通貨ウォンの上昇による価格競争力の低下が原因なのだが、輸出不振に加え、投資や内需の冷え込みで景気低迷に直面する韓国では「長期不況が始まった1990年代前半の日本のような状況に向かっている」との懸念が強まっている。 現状について韓国では「アベノミクスによる円安で韓国の輸出企業の競 . . . 本文を読む
コメント

「慰安婦の真実」訴える杉田水脈氏、国連へ テキサス親父や「なでしこアクション」と連携も

2015-07-28 | 歴史の真実
2015.07.27 トニー・マラーノ氏とともに国連に乗り込む杉田水脈氏 「慰安婦は性奴隷ではない」 国連の委員会で日本の民間団体などが訴え 国連女子差別撤廃委員の第63回プレ・セッションが、27日からジュネーブで開かれる。今回の検討対象国は日本で「慰安婦問題」が取り上げられる。「反日」組織の暗躍が指摘されるなか、舌鋒鋭い国会質問が「神質問」と評判となった、次世代の党の杉田水脈(みお)前衆 . . . 本文を読む
コメント

外国人投資家、中国から逃げ出す(宮崎正弘の国際ニュース・早読み)

2015-07-27 | 中国事情・中国情勢
7月26日 外資、陸続と中国株からエクソダス(大脱走) 記録的な売り越しを香港で。飛ぶ鳥、あとを濁しながら **************************************** 外国人投資家は、中国の緊急措置として行った株価対策(PKO)を「経済戒厳令」的な措置と見抜き、将来に見切りを付けて撤退を始めた。本格的な流れと考えられるのは市場が外国人の未曾有の売り越しを示しており、香港で . . . 本文を読む
コメント

周永康氏の粛清は“不発” 反腐敗キャンペーンはまだ続くのか? 次なる標的に温家宝前首相らの名も

2015-07-26 | 中国事情・中国情勢
12日付の中国共産党の機関紙「人民日報」は、周永康・前共産党中央政法委員会書記が収賄罪などで無期懲役の判決を受けたことについて「誰であろうと法律を超える特権はない」と判決を支持する評論を1面に掲載した。2年以上続く反腐敗運動は周氏の判決で「一つの大きな山を越えた」(共産党幹部)との見方もあるが、不正蓄財などが取り沙汰される指導者は多い。習近平指導部が他の大物政治家への捜査に着手するかどうかが注目 . . . 本文を読む
コメント

【産経抄】「旧日本軍だけを取り上げるのはアンフェア」 古今東西世界中で存在した「兵士と性」問題

2015-07-25 | おもしろいコラム
7月25日 慰安婦問題の扱われ方で納得できない点は数多い。中でも、古今東西世界中で「兵士と性」の問題は存在したのに、日本だけに非難の矛先が向けられている現状は不条理である。米サンフランシスコ市議会で審議される慰安婦の碑・像の設置決議案もまさにそうだ。 「日本軍に拉致され、性的奴隷の扱いを受けることを強制された」。決議案にはこう書かれている。基本的な事実認識が間違っている上に、橋下徹大阪市長が2 . . . 本文を読む
コメント

【目覚めよ日本 英国人記者が見た真実】歴史的事実を無視して日本を貶める中韓 本当の歴史を学び直すとき

2015-07-25 | 歴史の真実
2015.07.25 白洲次郎氏は「日本一かっこいい男」と言われた 【目覚めよ日本 英国人記者が見た真実】歴史的事実を無視して日本を貶める韓国、中国にはあきれるしかない 日本人は本当の歴史を学び直すとき ★(4) 私が1964年、フィナンシャル・タイムズ東京支局長として初来日したときに、世話をしてくれたのは麻生和子さんだった。吉田茂元首相の三女で、実業家の麻生太賀吉氏と結婚していた。麻生太 . . . 本文を読む
コメント