東アジア歴史文化研究会

日本人の素晴らしい伝統と文化を再発見しよう
歴史の書き換えはすでに始まっている

韓国衰退化の病理としての反日 (渡辺利夫・拓殖大学総長)

2015-05-30 | 日韓関係
韓国は、鉄鋼や石油化学などの重要産業で、欧米や日本が生産開始から先発国の生産量に到達するまでに要した歴史的時間を「圧縮」する、急速な発展過程をたどった特有の後発国である。私はこれに「圧縮型発展」と名づけたことがある。圧縮型発展の結果、韓国の1人当たり所得水準は、各国の国内物価水準で調整された為替レートで測れば日本とさして変わらないレベルにまで達している。 ≪就業期待が持てない若者たち≫ しかし、 . . . 本文を読む
コメント

「反日」という「バカの壁」からの脱出 (呉善花・拓殖大学教授)後編

2015-05-28 | 日韓関係
「反日」という「バカの壁」 韓国の「反日」は「反日心情・侮日観」と「唯一の正しい歴史認識・反日民族主義」の混合体である。そのように完成された一つの固定した考え、揺るぎのない考えである。 一つの固定した考え、完成された考えにはその先がない、未来がない、そこが終局の地点となっている。だから相手の考えを耳に入れる余地がない。多角的な視点から物事を見て判断することができない。自分のいやな事、知りたくな . . . 本文を読む
コメント

「反日」という「バカの壁」からの脱出 (呉善花・拓殖大学教授)前編

2015-05-28 | 日韓関係
反日への入り口 私の幼い頃、母は戦前に父と共に日本で働いた時分の思い出をなつかしみながら、日本人への親しみを込めてしばしば語ってくれた。1960年前後のことである。私が育ったのは済州島の海村だったが、村の人で日本をことさらに悪くいう人はいなかった。村の祭りになると、私はしばしば、ムーダン(巫女)のおばさんの勧めで、母に教わったいくつかの日本語の単語を大人の前で披露してみせた。いつも拍手喝采で、ム . . . 本文を読む
コメント

恨と火病と疑似イノセンスと 異常な反日行為と心の病 (呉善花・拓殖大学教授)後編

2015-05-27 | 日韓関係
呉善花氏(評論家・拓殖大学教授) 自分を無罪とする責任回避 恨の多い人がそのまま恨を抱え続けていくと、一種の怒り症侯群である火病にまで至ることが少なくない。「怒りや悔しさをまともに発散できなくて、無理矢理に我慢するうちに火病になる」のだが、多くの人はそこまで我慢することなく、四方に怒りを爆発させていくことになる。韓国人がしばしば激しやすいといわれる理由もそこにある。いずれにしても、なぜ韓国人は . . . 本文を読む
コメント

恨と火病と疑似イノセンスと 異常な反日行為と心の病 (呉善花・拓殖大学教授)前編

2015-05-27 | 日韓関係
呉善花氏(評論家・拓殖大学教授) 反日行為を担う「代償的擬似健常者」 東日本大震災直後の3月末、韓国では「竹島は日本の領土」と明記した日本の教科書が検定合格したことに強く反発、義捐金募集活動を中止し、全額を返還したり、独島守護団体や慰安婦支援団体への寄付に振り向けたりする自治体が続出した。 同年9月のAFCチャンピオンズリーグでは、韓国チーム全北現代の応援スタンドに「日本の大地震をお祝いし . . . 本文を読む
コメント

中国政治局常務委員トップセブンの中枢はどうなっているのか(宮崎正弘の国際ニュース・早読み)

2015-05-26 | 中国事情・中国情勢
5月26日 そして中国共産党最高レベルの主流派がみえてきた 習近平の常務委員会の中枢は王岐山と愈正声。これで『太子党』三人組だ **************************************** 政権の座に就いて三年、「史上最弱の皇帝」といわれた習近平は着々と権力基盤を築いている。王岐山はどちらかと言えば金融経済のエキスパート、まだ「救急車」という渾名があるように、リスクが出現 . . . 本文を読む
コメント

アメリカとの対立も辞さない習近平 「米中冷戦時代」の到来か(石平のチャイナウォッチ)

2015-05-25 | 中国事情・中国情勢
先月末から今月中旬までの日米中露の4カ国による一連の外交上の動きは、アジア太平洋地域における「新しい冷戦時代」の幕開けを予感させるものとなった。 まず注目すべきなのは、先月26日からの安倍晋三首相の米国訪問である。この訪問において、自衛隊と米軍との軍事連携の全面強化を意味するガイドラインの歴史的再改定が実現され、日米主導のアジア太平洋経済圏構築を目指すTPPの早期締結の合意がなされた。政治・経済 . . . 本文を読む
コメント

「アジアインフラ投資銀行(AIIB)と中国の戦略 バブル崩壊前夜の大博打か!?」(宮崎正弘氏講演)

2015-05-24 | 研究会の案内
第116回東アジア歴史文化研究会 日時 2015年5月28日(木)午後6時30分~8時45分 会場 常円寺本堂1F会議室(新宿駅徒歩7分・地図参照) テーマ「アジアインフラ投資銀行(AIIB)と中国の戦略 バブル崩壊前夜の大博打か!?」 講師 宮崎正弘氏(作家・評論家) *************************************************************** . . . 本文を読む
コメント

AIIBの2倍、日本のアジアのインフラ投資に13兆円(宮崎正弘の国際ニュース・早読み)

2015-05-23 | 中国事情・中国情勢
5月22日 日本がアジアのインフラ投資に13兆円 AIIBを横目に大胆な提言、中国に衝撃の波紋 ******************************************************************************** 安倍晋三首相は5月21日に東京で開催中だった「アジアの未来」の晩餐会で演説し、今後5年間で13兆円をADB(アジア開発銀行)と連携するかたちで . . . 本文を読む
コメント

習近平は経済政策でも李克強首相から主導権をもぎ取る腹づもり(宮崎正弘の国際ニュース・早読み)

2015-05-22 | 中国事情・中国情勢
5月20日 中国の新経済政策「海と陸のシルクロード」は、中味より習近平の人事 どうやら李克強首相から経済政策の主導権を取り上げるつもりらしい **************************************** 中国の矢継ぎ早やな新経済政策は、あきらかに党主導に移り、従来、経済政策立案、実践の責任を負った国務院から主導権をもぎとったかたちに変化している。つまり改革開放路線の根幹にあ . . . 本文を読む
コメント

壮絶な所得の奪い合いへ向かう韓国 無策・朴政権はさらなる反日か

2015-05-18 | 韓国の歴史・韓国情勢
経済の低迷でソウル市内も格差は拡大(ロイター) 2015.05.15 韓国経済が崖っぷちに立たされている。「円安ウォン高」が加速し、輸出の減少が止まらず、サムスン電子や現代自動車までが大幅減益に見舞われているのだ。急激に進む所得格差の拡大と、有効な対策を取れない朴槿恵(パク・クネ)政権。10人に1人が最低賃金未満で働く同国では、今後、壮絶な所得の奪い合いが始まるという。経済評論家の三橋貴明氏が . . . 本文を読む
コメント

令計画の失脚後、誰が中央権力の中枢部を掌握しているのか(宮崎正弘国際ニュース早読み)

2015-05-17 | 中国事情・中国情勢
2015.05.15 ■誰が中央権力の中枢部を掌握しているのか、栗戦書か? 孫春蘭か? 胡錦涛政権の中枢を担ったのは団派の令計画だった。息子のフェラーリ事故のもみ消しを、こともあろうに胡錦涛の政敵、周永康(当時、政治局常務委員)に依頼し、旗色が悪くなるや習近平に胡麻をすったが、失脚は避けられなかった。 実弟の令完成が機密文書を持ち出した郭文貴と同時に米国へ逃亡し、慌てた王岐山が密かに渡米した . . . 本文を読む
コメント

中国が躍起になって日本をAIIBに招き入れようとする背景と窮状

2015-05-16 | 中国事情・中国情勢
AIIB設立記念式典で記念写真におさまる、習主席と各国代表ら=2014年10月24日、北京(ロイター) 2015.05.14 中国の輸出が大幅に減少している。中国税関総署によると、2015年3月の米ドルベースの輸出額は、前年同月比15%減、4月は同6.4%減であった。特に、日本向け(4月は12%減)と、EU向け(同0.7%減)が、中国の輸出減少を牽引している。 さらに、現在の中国は輸入も落ち . . . 本文を読む
コメント

アメリカで暴動が起こるとなぜ韓国人の店が必ず襲われるのか(黄文雄の歴史から読み解くアジアの未来)

2015-05-15 | 韓国の歴史・韓国情勢
2015年5月14日号 ◎NYタイムズが初めてハングル記事を掲載!韓国人経営者の人種差別を暴露http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150509-00000048-rcdc-cn  ニューヨーク・タイムズが、初めて韓国語の記事を掲載したそうですが、その内容は、「ニューヨークのネイルサロンの70〜80%は韓国人が経営しているが、多くの従業員が不当な扱 . . . 本文を読む
コメント (3)

北が高射砲で「国防相」処刑 「居眠り」理由? 複数の正恩氏側近の粛清も

2015-05-14 | 北朝鮮関係
2012年10月、北朝鮮の労働新聞が報じた、金正恩第1書記の隣で敬礼する玄永哲氏(聯合=共同) 2015.05.13 韓国の情報機関、国家情報院は13日、北朝鮮の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長(国防相に相当)が反逆罪のため4月30日に銃殺されたことを明らかにした。国会の非公開の委員会で報告されたと聯合ニュースなどが報じた。 玄氏は金正恩第1書記の側近で軍総参謀長も務めるなど軍要職を歴 . . . 本文を読む
コメント