東アジア歴史文化研究会

日本人の素晴らしい伝統と文化を再発見しよう
歴史の書き換えはすでに始まっている

「日本をダメにするリベラルの正体とは何か-なぜリベラル勢力は凋落したのか」山村明義氏講演レジュメ

2017-06-22 | 日本をダメにする勢力
第135回東アジア歴史文化研究会(2017年6月22日)講演レジュメ

テーマ「日本をダメにするリベラルの正体とは何か-なぜリベラル勢力は凋落したのか」
講演者 山村明義氏(作家・ジャーナリスト)


1.国際・国内共に、国家と社会に摩擦と軋轢による「事件」を生むリベラルの存在

①国際
アメリカ大統領選=「LGBT」や「ポリティカル・コレクトネス(PC)などのリベラル派の偽善と欺瞞により、トランプ大統領の誕生を生んだ。イギリスでは、リベラル派の移民政策の拡大が、ブレグジッド(EU離脱)の最大の呼び水となった。

②国内
今国会で騒動となった森友学園問題、加計学園問題はリベラルが引き金を引いた意図的な「事件」である。まず朝日新聞を始めとするマスメディアで、昨年5月ぐらいから日本会議バッシングが始まった。同時に、政界ではヘイトスピーチ法など、保守派への打撃となる法案が成立。今国会での「テロ等準備罪法案」は、左翼やリベラルに対する牽制という隠れた意味もあったが、今後は憲法改正などをめぐってますます混迷と混乱が起きるだろう。現在のリベラルなメディアや学界には、物事の本質を捉えようという姿勢がない。つまり、相手を批判し、倒すことだけが目的となり、日本らしさや日本人らしさが失われた。

リベラリズムとは、あらゆる価値観を無くし、平等とすることを目的としている。戦後、このリベラリズムの思想を取り入れたのがGHQで、GHQは、憲法改正の議論すら封じ、日本人から自信と誇りを失わせてきた。日本国に対してリベラリズムを取り入れた代表格が、民政局のチャールズ・ケーディスやハーバート・ノーマン(政治顧問)、ゴードン・シロタなどという共産主義者を含む「ニューディーラー」たちであった(国家・社会の弱体化)。

2.リベラリズムの歴史学的・地政学背景と最近の日米のリベラルの傾向

最近の日本では、アメリカと同様、「ポリティカル・コレクトネス(PC)」や「多文化主義」(マルチ・カルチャリズム)、多様な文化的行動を「権力批判」や「国家共同体批判」に結びつける異文化学習(カルチャラル・スタディーズ)が流行している。これらには、「リベラリズム」の概念であるが、隠された狙いがある。

例えば、それぞれ「PC」がネット上で飛び交う「ヘイトスピーチ」、「カルチャラル・スタディーズ」にはマルクス主義の「批判理論」に基づくアカデミズム(学界)による「国家共同体批判」や「マルチ・カルチャリズム」(多文化共生主義)は、水面下で「移民政策推進」や「伝統文化の廃止・衰退」を狙っている。この考え方は、あくまで日本独自のものではなく、欧米の理想主義的な「リベラリズム」が生んだものである。

もともと「PC」は、「あらゆる人種・性別・年齢・文化・宗教・政治指向・性癖などの違いを偏見・差別を含まない表現をしなければならないという考え方と実行」とされる。 日本も最近「PC」の考え方を取り入れ始めたため、ジェンダーフリーやフェミニズムに続くLGBT思想などが発生。逆に国家や社会に大らかさがなくなり、社会全体に「言論統制」に近いような息苦しさを生んでいる。

また、「カルチャラル・スタディーズ」は、「常に国家や共同体は、民衆を監視すると考えられるため、宗教・教育文化を”物”として捉える」という「モノ化」の理論となっている。「マルチ・カルチャリズム」は、文化を並列平等に扱い、「社会や国家にはそれぞれの文化があることは認めない」(「日本人にリベラリズムは必要ない」田中英道著・ビジネス社)という「価値平等」的なものとする。従って、日本の歴史や伝統文化は、ますます「無意味・無価値論化」させるのが、日米ともにリベラリストの最大の狙いとなる。

3.リベラルの「表」と「裏」

表向きは「自由主義」、「平等主義」、「公平(公正)主義」、「啓蒙主義」、「寛容主義」、「多文化主義」、「平和主義」、「進歩主義」
その裏は、「隠れマルクス主義」(田中英道氏)、「偽善主義」、「後退主義」、「二重基準主義」、「奴隷主義」(アンドリュー・ジャクソン第7代合衆国大統領)、「失敗棚上げ主義」、「反国家主義」、「白い暴力革命主義」

4.戦後リベラルの「犠牲」になった勢力

①(確信犯的犠牲者) 朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、テレビ朝日、TBS、NHK、大江健三郎、瀬戸内寂聴、坂本龍一、小森陽一、内田樹、山口二郎、浜矩子、香山リカ、古賀茂明、井上達夫、鳥越俊太郎、福島瑞穂、辻元清美、山尾志桜里、小西洋之、その他多数

②(「未必の故意」(知らず知らずに影響を受けている)犠牲者)
読売新聞、産経新聞など保守系マスメディア、2009年の総選挙で民主党政権に投票した多くの日本国民、長島昭久ら民主党の保守系議員、宏池会などかつて「保守本流」と呼ばれたリベラル派、文科省、宮内庁ら官僚

③ネオ・リベラリスト
菅野完(作家)、橘怜(作家)、古市憲寿、三浦瑠麗、竹中平蔵、橋下徹、ロバート・ケーガン(民主党の元外交顧問)、今井総理秘書官ら周辺はネオ・ベラリストが多い。

5.今後の対策

時代的背景で考えると、今後はLGBTなど新しい「PC」が出てくるだろう。単なる「平和主義」や「価値平等主義」は生き残れない。 今後、偏狭で戦後日本的な「リベラル思想」に対しては、徹底的に無視・黙殺するか、日本の歴史や伝統文化に対する探求や普及により、その価値を強めて行くしかない。そのためには、日本らしさや日本人らしさ、その地域の地域らしさから始め、個人に関してもその個人が能力と個性を発揮する限りにおいて、その価値を認め、伸ばしていくしかない。「水平」ではなく、「垂直」の歴史観を取れる日本人が増えていくことが必要である。


山村明義氏プロフィール
1960年熊本県生まれ。早稲田大学卒業後、金融業界誌、雑誌記者を経てフリーランス・ジャーナリストからノンフィクション作家へ。政治・行政・外交ジャンルを中心に、経済、社会、宗教、芸能・スポーツ分野まで幅広く取材・執筆を行い、リベラル思想の退潮を知る。その後、世界のあらゆる思想を比較しても日本の神道思想が優れていることを学んだことをきっかけに神道思想家となる。これまで『外務省 対中国、北朝鮮外交の歪められた真実』(光文社)、『本当はすごい神道』(宝島社新書)、『神道と日本人』(新潮社)、『GHQの日本洗脳-70年続いた支配システムの呪縛から日本を解放せよ』(光文社)『劣化左翼と共産党 SEALDsに教えたい戦前戦後史』(青林堂)、『GHQが洗脳できなかった日本人の「心」』(ベストセラーズ)、『日本をダメにするリベラルの正体』(ビジネス社)など、多数のノンフィクション作品がある。2012年「神道文化賞」(財団法人神道文化会)を受賞。長い伝統と歴史を誇る日本国家と日本人を守ることを目標とする「保守系作家・ジャーナリスト」として活躍中である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第135回東アジア歴史文化研究... | トップ | 第136回東アジア歴史文化研究... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本をダメにする勢力」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL