東アジア歴史文化研究会

日本人の素晴らしい伝統と文化を再発見しよう
歴史の書き換えはすでに始まっている

『中韓がむさぼり続ける「反日」という名の毒饅頭』ケント・ギルバート著(悟空出版)

2017-12-08 | 日本をダメにする勢力
反日は猛毒、すでに脳幹が侵されている中韓
AIIBも一帯一路も成功する筈がないこれだけの理由

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

題名が強烈である。毒消しの猛毒が含まれている。毒には毒をもって毒を制す、哉。

「反日」は、中韓にとって自らの身体を蝕む毒性のつよい材料だが、なぜそのことに気がつかないでむしゃむしゃと食べ続けるのか。中韓は、もはや治癒の見込みのない麻薬患者か。

ケント・ギルバート氏は、北朝鮮の核ミサイルなぞ小さな問題であり、日本の本当の敵は中国であるとして、次のように言う。

「中共とかれらが支配する中国は、その創設、建国当初から、恐るべき戦争犯罪を重ねて来ました。ちなみに、国同士が対立して軍人同士が殺し合うことは『戦争』であって、何百万人の軍人が戦闘で死のうとも『戦争犯罪』ではありません。(中略)中共率いる中国は、自分たちの利益を生き残りのためなら、中国人同士の生命さえ犠牲にします。極めて残忍な方法で同胞の生命を奪うことすらためらいません。まさに非人道的な戦争犯罪国の極致です」

そういう国が日本に嘘放送を輸出し、日本が悪い国だと喧伝している。しかもそのプロパガンダに加担している勢力が日本にはごまんといるから始末に負えないのだ。

したがって、こういう残虐な性格をもつ国が経済繁栄を達成できるはずはないし、AIという独創的技術を自ら発明できる筈もなく、だから、先進国からそれを盗み出すわけで、「いかに世界最大の市場を抱えようと、中共の内包している硬直した仕組みそのものによって、いずれ国際競争に負け、衰退の道をたどっていく」と予想する。

ところが米国のメディアはAI開発で中国は米国を凌ぐと予測する記事が目立つのである(たとえばニューヨークタイムズ、7月20日、11月8日付け)。

ケント氏は弁護士だけぶ叙述は論理的である。上記の文脈からケント氏は、中国主導のAIIBとか、一帯一路はかならず失敗するのであり、日本もアメリカも協力するべきではないと正論を吐く。

「かならず失敗すると予告しておきたい」と明瞭なる自信をもって、ケント氏は断言し、こう続ける。

「いくらお金があろうと、こうしたプロジェクトの中核を担っているのが、およそ人権問題と中世と大差ない感覚を維持し、とても世界の主導的立場にはなれない中共である以上、集まってくる国は実利を掠め取りたいだけで、けっして心から協力する気持はありません」

なぜなら「言論の自由も民主主義もなく、自国民の命を虫けらのように扱う国を、国際的な経済発展のリーダーにするべきと考えている国が、いったいどれだけあるでしょうか。ノーベル平和賞の受賞者、劉暁波氏を犯罪者として扱い続けた事実を世界の人々が知っているのです。いま持っている経済力を振りかざせば、他国はひれ伏してついてくるというのが、いかにも中共らしい発想です。しかし、アフリカ諸国で資源目当てに投資し、しかもその請負まで中国企業にやらせて、中国人労働者を現地に送り込み、地元に何も落ちないどころか数々のトラブルを発生させている」

中国の表面の繁栄はともかくとして、こんな出鱈目なプロジェクトが成功する筈がないだろうとケント氏は重ねていうのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

内容紹介

中華人民共和国の建国以来、周辺地域の人民はもちろん、同胞に対してさえ恐るべき殺戮と人権蹂躙を繰り返してきた中国共産党。その黒歴史を隠蔽し、人民に「反日」という名の毒饅頭を与えながら民主化を封じ込め、独裁体制の基盤を築いた習近平の企みに、日本が立ち向かう術を著者は冷徹に説く。
また、中共に操られ、それでも日米との間をさまよいながら「反日毒饅頭」を糧に歴史戦を仕掛けてくる韓国・文在寅政権に対しては、「彼らにとって反日は快いのだろうが、思考停止に陥り、さまざまな弊害が身に及んでいることに気づくべきだ」と指摘する。緊迫する北朝鮮情勢も踏まえて、アメリカ人の立場から中韓との付き合い方、突き放し方を的確にアドバイスする会心の書。

出版社からのコメント

東アジアの「反日国家」に対して鋭い筆鋒で批判を続ける著者は、しばしば「ヘイト本作家」「レイシスト」などと非難されることがある。しかし、そのほとんどは、主張内容を読解、検証することなくレッテル貼りをする「逆差別」である。アメリカ人弁護士として、客観的事実をもとに自らの意見を論理的に述べる著者は、それに対して思考を停止させ、異なる考えを反射的に排除しようとする勢力こそが「ヘイトである」と論難する。本書においても、強い信念と決意をもって中韓の「ウソ」と「犯罪」を看破し、日本のとるべき対応を整然と綴っている。それは、日本が早く「エセ平和主義の夢」から目を覚まし、国際社会で正義の声をあげることを願う、エールでもある。日本を取り巻く極東の危機に放つ、著者渾身の一冊。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国全土50の都市に地下鉄... | トップ | 終戦を遅らせたソ連の秘密工... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本をダメにする勢力」カテゴリの最新記事