東アジア歴史文化研究会

日本人の素晴らしい伝統と文化を再発見しよう
歴史の書き換えはすでに始まっている

【新・悪韓論】韓国社会「北朝鮮体質」への道に一直線 朴正煕政権下に戻った検察の職権乱用

2017-02-24 | 在日問題
2017.02.23
サムスン電子副会長、李容疑者は、ソウルの特別検察官事務所に連行された=18日(ロイター)

韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権は、完全なレームダック(死に体)状態にある。

そのなかで、検察権力は一夜にして「体制の番犬」から「公憤集団の走狗」に変わった。公憤集団を操るのは「ともに民主党」(以下、民主党)の旧盧武鉉(ノ・ムヒョン)系の実力者たちであり、そのトップが次期大統領候補ナンバーワンの文在寅(ムン・ジェイン)前代表だ。となれば、今日の状況は、文政権のためのウオーミングアップと見ることができる。そこで何が行われているのか。

政権が文化人のブラックリストを作成したとの“疑惑”では、元大統領秘書室長と現職の閣僚が職権乱用罪で逮捕された(=閣僚は逮捕後に辞任)。一国の政権がブラックリストを作成するのは、政権を批判している文化人に政府広報誌の執筆を依頼したくないし、政府後援イベントにも招きたくないからだ。いわば「当たり前の自己防衛策」の範疇(はんちゅう)に入るだろう。

盧政権は、いわば“文化人のレッドリスト”を作成し、「赤い文化人」を高級公務員に抜擢(ばってき)し、さまざまな優遇措置を講じていた。当時、「盧武鉉のコード人事」と呼ばれた。コード(波長)が合う「赤い文化人」を優遇するためのリストだ。

ブラックリストも“レッドリスト”も本質は変わらない。むしろ“レッドリスト”は特定少数に利益を与えたが、ブラックリストによる不利益者が出たわけではない。

これで逮捕・拘留するとは、「検察の職権乱用」であり、許可した裁判所の「公憤におもねる姿勢」の表れだ。

サムスン財閥の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(=特別検察官が17日、贈賄や横領、偽証の容疑で逮捕した)に対する1月12日の取り調べは、「午前9時半ごろから22時間に及ぶ長時間の聴取」だったと、聯合ニュース(17年1月13日)は伝えている。

「22時間に及ぶ長時間の聴取」に対して、「人権問題」との批判世論が起きないのは、サムスン財閥が悪辣(あくらつ)なことを散々してきたからだろう。とはいえ、文政権のためのウオーミングアップ過程で、朴正煕(パク・チョンヒ)政権下での北スパイ容疑者に対する取り調べ方式が復活したとは言えまいか。

文政権が正式にスタートすれば、検察は「体制の番犬」の立場になり、政権が煽り醸成する「社会的公憤」を背景に、保守政治家、財閥総帥を標的にして、「職権乱用」を続けるのだろう。

もちろん、「反日教」の教義に反するような言動をしている人物に対しても、同様だろう。

それは、とりもなおさず「韓国社会の北朝鮮的体質化」への道だ。体制内の「悪」を庇護することにより、左翼政権への道をつくった朴大統領の罪は極めて重い。

■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「上から目線の歴史学」妄信... | トップ | 金正男氏の暗殺で蘇る120... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

在日問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL