東アジア歴史文化研究会

日本人の素晴らしい伝統と文化を再発見しよう
歴史の書き換えはすでに始まっている

「日米対立の道」 東京書籍版は、日本だけが悪役で、アメリカも他の国も登場しない一人舞台史観

2017-10-24 | 日本の歴史
国際派日本人養成講座より転載 ■1.「石油やゴムなどの資源を獲得しようとした」 日中戦争から抜け出せないまま、日米関係は悪化していく。東京書籍(東書)版は、「日本の南進」の項で、次のように描く。 イギリスやフランスなどがドイツとの戦争で劣勢におちいると、日中戦争が長期化した日本は,近衛内閣の下,これらの国々の植民地がある東南アジアに武力による南進を始めました。援蒋ルートを断ち切るとともに,石 . . . 本文を読む
コメント

「日中戦争に引きずり込まれた日本」 日本はどのように、日中戦争に引きずりこまれていったのか?

2017-10-22 | 日本の歴史
国際派日本人養成講座より転載 ■1.スターリンの天才 東京書籍(東書)版は「日中戦争の開始と長期化」の項の冒頭で、次のように書く。 満州を支配下に置いた日本は さらに中国北部に侵入しました。中国では,国民政府(国民党)と共産党との内戦が行われていましたが,抗日運動が盛り上がる中,毛沢東が率いる共産党は,蒋介石を指導者とする国民党に協力を呼びかけ,1936(昭和11)年に内戦を停止しました。 . . . 本文を読む
コメント

大東亜戦争は昭和20年8月15日に終わらなかった(加瀬英明コラム)

2017-10-03 | 日本の歴史
今年の8月17日は晴れたので、主催者の1人としてほっとした。私たちは午後2時前に、市ヶ谷台にひろがる防衛省の構内の一画に建立された、スディルマン将軍の像の前に集合した。 インドネシアのアリフィン・タスリフ駐日大使一行も、到着された。この日は、インドネシア共和国の独立を記念する72周年のよき日だった。定刻に、インドネシア独立戦争の英雄であるスディルマン将軍の銅像への第2回目の献花式が始まった。 . . . 本文を読む
コメント

朝鮮総督府の「一視同仁」チームワーク 日本人官吏と朝鮮人官吏の和気藹々としたチームワークが朝鮮の高度成長を支えた真実の歴史

2017-10-02 | 日本の歴史
(国際派日本人養成講座より転載) ■1.「大和系日本人」と「朝鮮系日本人」のチームワーク 朝鮮総督府で官吏をされていた人が、当時の体験を語った貴重な本がある。本年7月、102歳で亡くなられた西川清氏の『朝鮮総督府官吏、最後の証言』だ。表紙の帯には「おそらく総督府の実態を語れるのは私が最後だと思います」との発言がある。 この本の裏表紙にある写真が、西川さんの証言のすべてを物語っている。そこでは . . . 本文を読む
コメント

中国に告ぐ「靖国神社に戦犯は祀られていない」 韓国に告ぐ「枢軸国だった歴史を直視せよ」【野口裕之の軍事情勢】

2017-09-02 | 日本の歴史
戦後も米国は、朝鮮を国家でなく日本だったと公認。日本の統治権を取り上げ直接軍政を敷き、韓国光復軍も武装解除した。米国は38度線以北に陣取るソ連軍をにらみ(1)統治能力欠如(2)度し難い自己主張や激高しやすい民族性(3)偏狭な民族主義や共産主義の跋扈…など、信頼性を欠く韓国に国家たる権能を与えたくなかったのだ。実際、「臨時政府主席」の金九(1876~1949年)は個人資格で“帰国”した。 韓国は「日帝を打ち負かして独立を勝ち取った」のではない。終戦3年後、半島で統一国家建設をたくらむソ連に対抗した対日戦勝国・米国が韓国への長期信託統治を断念。米国に独立を大きく前倒ししてもらった棚ぼた式だった。 . . . 本文を読む
コメント

日本史最大のクーデター「本能寺の変」真実求め50年(明智憲三郎)

2017-08-24 | 日本の歴史
――「本能寺の変 431年目の真実」(文芸社)を書こうとしたきっかけは 明智 きっかけは先祖の起こした事件の真相究明に尽きる。私が20代のとき、ある書籍によって「明智光秀が恨みで織田信長を殺したというストーリーは、後世の軍記物として作られた話であった」という事実を初めて知った。子供の頃からその事実を知るまで、光秀の子孫として後ろめたい気持ちがあった分、その衝撃は大きかった。それ以来、どうして . . . 本文を読む
コメント

「三内丸山遺跡で縄文の文明と文化を考る」(宮崎正弘国際ニュース早読み)

2017-08-20 | 日本の歴史
夏休みの真ん中。国際ニュースを離れて随筆を書きます。今朝、午前6時開門前に靖国神社へ行って参拝を済ませました。 一番乗りもこれで5年連続、それまでは昼前に参拝していたのですが、あの夥しい参拝者の行列に感動する一方で、やはり靜かで、参拝者がすくない早朝が良いと思うようになりました。 開門前、すでに500人ほどの列ができていました。人々が何を祈ったのか、小生は参拝のあと、桜チャンネルのインタビュー . . . 本文を読む
コメント

日本史最大のクーデター「本能寺の変」真実求め50年、定説への挑戦(明智憲三郎)

2017-08-10 | 日本の歴史
時をさかのぼること天正10(1582)年、智将・明智光秀は謀反を起こし織田信長を自害に追い込む。日本史最大のクーデター、本能寺の変だ。その光秀の子、於寉丸(おづるまる)の血を引くという。 「曾祖父が明治14(1881)年、内務省に系図や短冊、笛などの伝承品を提出して名字を明田(あけた)から明智姓に復姓しました。『将来、子孫が明田を本姓と誤ることがあれば先祖の霊に相済まない』と考えたからだそうで . . . 本文を読む
コメント

『聖徳太子 本当は何がすごいのか』田中英道著(育鵬社)

2017-07-03 | 日本の歴史
文科省は聖徳太子を「厩戸王」とだけ記述させ、実在を葬ろうとしていた 聖徳太子不在論は津田左右吉、大山誠一、谷沢永一 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 日本の歴史学界には、まだ蒙昧な左翼思想に洗脳されたまま、おかしな主張を展開している人々がいる。最近もまた「聖徳太子はいなかった」等と頓珍漢な歴史論をのたまうガクシャがいる。岩波や朝日を中心とするブンガジンが相場 . . . 本文を読む
コメント

明治政府は何故に日清戦争を戦ったのか?

2017-05-25 | 日本の歴史
国際派日本人養成講座より転載 ■1.朝鮮が日本との国交を断った訳 列強がひたひたと押し寄せるなかで、維新に成功して発足した明治新政府は、早速、朝鮮との国交を求める。東京書籍(東書)版は、次のように記述する。 成立したばかりの新政府は、朝鮮に新しく国交を結ぶように求めますが、朝鮮はこれまでの慣例と異なるとして断りました。新政府は、1871(明治4)年、朝鮮が朝貢する清と対等な内容の条約(日清修 . . . 本文を読む
コメント

『日本人にリベラリズムは必要ない』(そもそもリベラルとは『破壊思想』なのだ)田中英道著(KKベストセラーズ)

2017-05-08 | 日本の歴史
平明に、しかし強烈な田中英道版の「反革命宣言」 リベラリズムを根源的に徹底的に批判した爆弾 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 内容紹介 西洋の思想をありがたがるな 「リベラリズム」は駄目な思想である 「リベラル」「リベラリズム」とは何か? 「マルクス経済学」(社会主義)から、フランクフルト学派「批判理論」、フロイト「エディプスコンプレックス」、丸山眞男の日本論「古層 . . . 本文を読む
コメント

国際共産主義はグローバル資本が生み育てた

2017-05-02 | 日本の歴史
「グローバリズムは日本の敵である」と、元ウクライナ大使馬渕睦夫氏はこのように主張しておられる。そもそもグローバリズムの本質とは何かが、われわれ日本人には理解できない。国際主義、国際強調という言葉だけを考えば別に悪いものではないように思える。しかし、グローバリズムを標榜するグローバル資本家が国際共産主義を産み育ててきたといえば別である。今までの歴史認識でもっとも難解なところであり、隠されていた事実が . . . 本文を読む
コメント

『日本が果たした人類史に輝く大革命』植田剛彦、ヘンリー・ストークス共著(自由社)

2017-04-10 | 日本の歴史
日本のアジア進攻がなければ、黒人大統領もスポーツ選手も誕生しなかった 人類平等の世界を築いたのは日本だったのだ @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 本書は日新報道から2015年に出た『目覚めよ日本』の改訂版である。前掲出版のおりに評者(宮崎)は以下のような書評を書いている。ここに再録してみよう。 読み終えて清涼剤をまとめて十本ほど呑んだような爽快感が残った。快 . . . 本文を読む
コメント

なぜ日本史から聖徳太子を消すのか!(櫻井よしこ)

2017-03-14 | 日本の歴史
聖徳太子は、その名を知らない日本人など、およそいないと言ってよいほどの日本国の偉人である。だが、文部科学省が2月14日に突然発表した新学習指導要領案によれば、その名が子供たちの教科書から消されることになりそうだ。 聖徳太子は新たに「厩戸王(うまやどのおう)」として教えられるというが、神道学者の高森明勅氏が「厩戸王」の事例をアマゾンで調べたところ皆無だったと書いている。皆が親しんできた名前を消して . . . 本文を読む
コメント

どの教科書にも書かれていない『日本人のための世界史』宮脇淳子著(KADOKAWA)

2017-03-04 | 日本の歴史
世界史から抹消されている2つの帝国 だから世界史はつまらない暗記学問として人気がないのだ *********************************************************************** 世界史の教科書がおかしい。 日本史の教科書がまるでおかしいから、世界史教科書がまともであったらへんなことになるのだが、歴史を解釈する大事な視点が異なると、欧米の . . . 本文を読む
コメント