テケの日記帳

エンタメ・グルメ・社会・健康・美容などなど、日々気がついたこと気ままに書いていきます。気が向いたら見てね!

鳥取県中部の地震は南海トラフ地震の前兆?

2016年10月22日 12時00分03秒 | 災害・災害対策
昨日(2016年10月21日(金)午後2時7分ごろ)の鳥取県中部を震源とする地震では震度6弱を観測しました。

マグニチュードは6.6あり、震源は深さ11kmでした。これだけ浅いと震度は大きくなりますね。

大阪管区気象台は、「1週間程度は最大6弱程度の地震(余震)に注意の必要がある。」また、この鳥取地震による南海トラフ地震への影響について「距離が離れていることと、内陸型と海溝型でメカニズムが違うことから、影響はないと考えられる。」という見解を示しています。

ちょっと、ここでマグニチュードの規模感を見てみましょう。計算式みても良くわからないからエネルギーの円で比較したものが解りやすいと思います。


出典:須田肇税理士事務所 Suda Hajime Certified Public Tax Accountant Office

東南海トラフ巨大地震のマグニチュードはM8~M9です。これだけのエネルギーが深さ約30km付近から地上に向けて放出されるわけですね。

しかも、直下型地震ではなく東日本大震災のようにプレート境界の地震ですから、揺れている時間が非常に長いことと、大津波が想定されます。

南海トラフ巨大地震のメカニズムは過去記事を見てね。⇒南海トラフ巨大地震に注意!異常変動が物語る事実

不安は尽きないのですが、なんとか発生日は知りたいものですね。これは誰でも考えることなので、多くの方たちが挑戦していると思いますが未だにかなっていません。。

今回の「鳥取県中部の地震が南海トラフ地震の前兆ではないか。」という根拠を調べてみました。

【過去の地震との符号】

863年 越中越後地震(新潟)⇒6年後⇒869年 貞観地震(三陸東方沖)、869年 肥後地震(熊本)⇒11年後⇒880年 出雲地震(鳥取)⇒7年後⇒887年 仁和地震(南海トラフ地震)

1943年 鳥取地震⇒1年後⇒1944年 東南海地震(三重県沖)⇒2年後⇒1946年 南海地震(和歌山県沖)⇒70年間⇒南海トラフ地震の3兄弟のうち東海地震が発生していない??

2007年 中越沖地震(新潟)⇒4年後⇒2011年 東日本大震災⇒5年後⇒2016年 熊本地震2016年 鳥取地震⇒X年後?⇒南海トラフ地震


・・・というように過去に発生した地震と直近の地震の間隔は違いますが大きな違いはなくパターンとしてはかなり似た感じです。

その他、松原照子氏の予言。。テケとしては金儲けに走る彼女は信用しないと断じましたが、その予知能力は当たる可能性があるかも知れません。。松原照子 東南海地震予言

その松原照子氏が言うには、時期は「カレンダーの日付が赤くなっているのが見える」予兆として・・・「伊豆半島付近で起きるM6級の地震のあと1週間以内くらいには日本列島切断が起きる。」「伊豆半島の山々が紅葉しない。」

伊豆半島については東京大学名誉教授村井俊治氏が顧問を務めるJESEAジェシア(地震科学探査機構)によれば、「駿河湾付近で沈降の進行が見られる。」「伊豆半島、駿河湾付近の水平変位が複雑に異なる方向を向いていて非常に不安定」ということで要注意だそうです。MAG2NEWS

今年はラニーニャ現象が起きていて、途中で気象庁が言うには、「今後冬にかけてラニーニャ現象が続く可能性が高い(70 %)。 」ということで、秋でも夏日があったりしてますから「紅葉が遅れる」もしくは「ちゃんと紅葉しない」かも。。デスバレー 最高気温が凄い

そして、今年の水曜日が祝日の日は11月23日(水)勤労感謝の日となります。でも、不安を煽ってもしかたないので、備えるしかないですね。。

災害備えについて、水や食料は当然ですが、普段から家庭や仕事での生活圏でイザ!というときの脳内シュミレーションが大切かと思います。

実際に起きたときにパニックにならないためにもです。。

たとえば、津波に関して「5分以内に10m以上の大津波が到達する」と予測されていれば、地震が発生して大きな揺れが到着する数秒~数十秒前に警報を発してくれる「緊急地震速報」が出たとたんに行動を起こさないと逃げる時間が無いかも知れません。じゃあ、どこに逃げる?非常用持ち出し袋はスグに持ち出せるところにある?・・・そんなシュミレーションをやるとやらないとでは大きな差が出るかもしれません。。

東南海地震が来ないで欲しいのですが、時間があるときにじっくりと考えてみるのも良いかもね。

PS:松原照子氏の東海大地震の予言原文を掲載しているサイトがありました。松原照子氏の東海大地震の予言原文

ちょっと、ネットで拡散されていることと細かいところでニュアンスが違う気がします。。

サイト管理者は実際に松原照子氏とお会いしているようで、下にようなコメントも載っていたので転載させていただきます。。ここでは、「7」という数字がでています。ちなみに、2017年で水曜日の祝日は『2017年5月03日(水)憲法記念日』のみです。あっ、でも、2017年の7は赤字にならないかな。。

>管理者はこの東海大地震の規模はM8,7位と35年前に松原氏から聞いている。

>尚、松原氏は東海大地震の直前に伊豆半島の周辺を大台風が通過するとも又、東海大地震の発生日に付いて7の数字が関係するしこの数字が赤かったと言っておられた。糸魚川から静岡線の断層は約10m程の段差が出来る。又、横須賀の空母が傾くとも云っておられた。

>何分にも35年も昔の予言の話なので時空を超越しているとは言うがどうでしょうか!・・

なんか、「当たるも八卦当たらぬも八卦」的な気になってきたwww

クリックしていただけると励みになります(*゜▽゜*)
ブログランキング・にほんブログ村へ










ジャンル:
災害
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コハダとシメサバが美味しい... | トップ | 藍井エイル 無期限活動休止の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
7なら (Unknown)
2016-10-25 19:42:40
11/23の1+1+2+3=7じゃないですか?
( ゚Д゚) (テケ)
2016-10-25 20:54:19
コメントありがとうございます。

確かに!

当たらないと良いのですがw

怖い。。。

コメントを投稿

災害・災害対策」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事