木下寄席 きおろしよせ

生で落語を聴く会

高座づくり 準備のつづき

2016-10-20 00:49:37 | 日記
朱毛氈は布地が厚く、縫い合わせは普通のミシンでは無理である。
専門の洋裁屋へ頼むことにした。

準備2 屏風
高座で見かけるいわゆる金屏風をまずイメージした。
小ぶりな屛風があったのでそれで間に合わせる。
現物は刺繍の屛風なので、裏側に金紙を買って合わせたが、目に眩い。
これに赤の毛氈では落ち着かない。最近落語会でもこの組み合わせは見なくなった。
襖紙はゴワゴワして張るのがむつかしい。
障子紙にしたらしっくりした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰でも落語会 | トップ | 立川志らく落語大全集2016秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。