木下寄席 きおろしよせ

生で落語を聴く会

今日(7日)の立川流日暮里寄席

2016-12-07 22:44:11 | 日記
前座は立川談四楼の五番目の弟子語楼
語楼「手紙無筆」
志の彦「元犬」なかなか聞く機会の少ない噺家である。
らく兵「転失気」前座ネタでもあるが、二つ目ともなると違うなぁ。当然か。
談之助
土橋亭里う馬「味噌蔵」
仲入
こはる「風呂敷」
談修「看板のピン」登場人物のメリハリがいいね。
ぜん馬「淀五郎」大ネタをたっぷり。噺を楽しんでいる高座は客をも巻き込む。
拍手が続いたね。九時半を過ぎた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情報 年忘れ志遊の会 | トップ | 情報 談修アンプラグド 立... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。