木下寄席 きおろしよせ

生で落語を聴く会

6/12 上野鈴本演芸場昼席

2017-06-12 23:05:45 | 日記
会場を目前で、チンドン屋を見た。台東区発足70周年記念事業で、松坂屋百貨店との協賛催しの宣伝らしい。
子どもが付いて回る、楽しいチンドン屋独特の演奏が聞こえなかった。
信号機が変わらないと思ったら、天皇陛下の車が通った。窓を開け手を振られていた。この年になって、初めて生で見た。
鈴本演芸場の昼席は、相変わらず団体客が多い。開演前に昼食を済ませないで、開演と同時に弁当を広げる。
まるで、列車が走り出すのを待って駅弁を広げる感じだ。

前座 林家彦星「つる」
春風亭朝之助「壺算」
古今亭菊之丞「権助魚」
入船亭扇遊「浮世床」夢の逢瀬。
林家正蔵「お菊の皿」
柳家権太楼「片棒」
三遊亭小円歌 三味線漫談
春風亭一朝「町内の若い衆」
仲入り
柳家小八「もぐらどろ」
柳家小里ん「真田小僧」随分なカットあり。
江戸家小猫 ものまね  鳥や動物の鳴き声をきき、寄席らしいと思った。
春風亭一之輔「竹の水仙」若手の人気・実力で先頭を走っているのは、間違いない。
大入り満員でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/12 立川流夜席 | トップ | 6/13 志の輔らくご »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。