木下寄席 きおろしよせ

生で落語を聴く会

4/5 立川談笑独演会

2017-04-06 00:26:44 | 日記
国立演芸場での例月独演会です。
「千早振る」「紙入れ」「百年目・改」の三席。トークを入れて四席か。
「紙入れ」のオチのどんでん返しの、更に返しで大笑い。ヒヤッとするのです。
小引き出しに紙入れがあったと、親方が出す。ひぇ~、客は凍るね。
「百年目・改」は”調べたら”の台詞まで気付かなかった。新作落語のネタおろしかと思ったほど、間の心地悪さ。
「楽々トラベル」のタイトルでもおかしくない、現代に舞台を移している。
「百年目・改」と気づいた客の喜び、師匠に「やられた!」と心底思ったね。
暖かい日だった。帰りの北総線が混みあって、汗ばむほどだ。印西の桜も一気に開花するか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情報 5月ふなっ子寄席 | トップ | GW印西鉄道模型クラブ運転会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。