木下寄席 きおろしよせ

生で落語を聴く会

7/13 幕末太陽傳

2017-07-13 23:11:05 | 日記
宝塚を語る落語会 立川らく次「幕末太陽傳」
内幸町ホール満員でした。
客層が落語のファンではなく、大半が宝塚ファンの人たちです。
「幕末太陽傳」は落語「居残り佐平次」を舞台化したものらしい。
廓言葉の解説からはじまり、細部に宝塚がちりばめられています。
らく次さんの宝塚愛がこれほどとは驚きでした。
1部は「寿限無宝塚バージョン」「居残り佐平次」
2部は「二階ぞめき」「お見立て」
真打ちになったんだと実感しました。宝塚ファンにも落語の面白さが伝わって欲しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情報 第3回木下寄席 | トップ | 第3回木下寄席特別公演 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。