木下寄席 きおろしよせ

生で落語を聴く会

落語「酢豆腐」 かくやのこうこ

2017-08-05 12:48:22 | 豆知識
落語「酢豆腐」にでてくる“かくやのこうこ”のかくやって何?
銭のない町内の若い連中が、かくやのこうこ(覚弥の香々)で一杯やろうとします。
糠漬けをかき回すのは誰か。食べたいが糠漬けに手を入れるのは嫌な連中は、いろいろ言い訳をします。
香々はお漬物ですが、「かくや」とは何か。
覚弥とは、刻んだ漬物をいう。みそ漬、たくあん、ねか漬などの古漬を刻んで水にさらし、酒、醤油などをかけて食べる。
江戸時代の初め、東照公の料理人岩下覚彌の創始(随・松屋筆記)とも、高野山の隔夜堂を守る歯の弱い老僧のために作られたものから(随・柳亭記)ともいう。“隔夜”堂で、“かくや”か。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8/4 立川流日暮里寄席 | トップ | 情報 10月コテン玉手箱Part.9 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

豆知識」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。