木下寄席 きおろしよせ

生で落語を聴く会

5/18 立川志の輔一門弟子だけ!!

2017-05-19 00:04:05 | 日記
久し振りの新宿西口。「箱寿司」で助六を買う。ここは、昔のままだ。
地下で食べ物のイベントがあった。
練馬区大泉学園のあわ家惣兵衛「惣兵衛最中」を買い、会場で食べた。美味しい最中だった。
上手いものに出会うと得した気分になる。
志の太郎を除き、新宿明治安田生命ホールは思い出深いところ。
落語会的にもいい会場だ。弟子だけのせいか、のびのびとリラックスしている雰囲気が、客席にも伝わる。
志の太郎「人間ていいなぁ」
志の彦「元犬」
志のぽん「風呂敷」
志の八「宗論」独特の雰囲気を持つ落語家だ。当然、古典も独特の雰囲気がある。ラマダンの真っ最中はいい。
仲入
志の春「男の相談」タイトルの男ってところが、みそか。
晴の輔「火焔太鼓」師匠が一番感慨深い会場だろう。十分のマクラののち、火焔太鼓でしめた。
これだけの顔ぶれだ、満員御礼。納得した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情報 6月立川志の春水曜落... | トップ | 情報 6月傳志会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。