木下寄席 きおろしよせ

生で落語を聴く会

4/19 立川志らく独演会

2017-04-20 00:13:00 | 日記
国立演芸場での落語大全集2017春
小さんリスペクトということで、小さん師匠と談志家元の話をマクラにして、お客は大笑い。
演目は「鰻や」「禁酒番屋」「御神酒徳利」の三席。
「鰻や」のオチは志らく師匠のは独特である。
「禁酒番屋」も油にしないなど、そこかしこに、志らく師匠ならではが詰まっている。
マクラでの家元の話は懐かしく、TV出演でのTwitter炎上の話など、話題に事欠かない。
師匠ごとに独演会の雰囲気が異なっていて、落語家が客を選んでいるのだろうかと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情報 4月立川流日本橋寄席 | トップ | 情報 5月志奄・志獅丸の「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。