木下寄席 きおろしよせ

生で落語を聴く会

談修インザダークVOL4

2016-10-28 23:08:46 | 日記
立川談修さんの独演会に会員二人で行ってきた。

インザダークの意味を初めて知った。
この独演会がはじめてだったから、趣旨を聴き、タイトルに納得する。
しかし、言わないのだぁ~。皆さんに足を運んでいただきたいから。

「一人酒盛」「お茶汲み」「黄金餅」の三席。

一席目の「一人酒盛」もたっぷり聞かせてくれる。
飲めそうで飲めない相方に同情してか、客の方が思わず笑ってしまう。
所作もいい。「黄金餅」でも所作におぉぉぉ~。感心しきり。
丁寧でいて無駄がない。
「お茶汲み」はオチまで客をそらさずもっていき、客がどっと笑ったこと。
楽しい落語会だった。木下寄席もこんな会にしたい。

談修師匠に対し、地味なイメージを勝手にしていたけど、どうしてどうして、客をそらさないうまさ。もっと、独演会をして欲しい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日は談修インザダークVOL.4 | トップ | 立川語楼落語勉強会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。